ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

鬼太郎

水木しげるロード

12月に行った水木しげるロード。前回は境港駅のすぐ前だった。今回はその続き。

水木しげるロードは境港駅前から本町アーケードまでの約800m。この間に妖怪などのブロンズ像やオブジェが設置されている。

平日でしかも朝から雪やミゾレが降る生憎の天気で観光客がほとんどいない。
水木しげるロード201212-6

境港駅から歩いていくといくつも妖怪のブロンズ像があるが、いきなりメイン(?)の鬼太郎。これは自分の中の鬼太郎とちょっとイメージが違う。
水木しげるロード201212-2
鬼太郎には別にゲタのブロンズ像がある。そう思って上の鬼太郎を見るとゲタをはいていない。
水木しげるロード201212-3
ちなみに白いのは雪・・・
こちらの方が鬼太郎のイメージに少し近い。
水木しげるロード201212-1
ブロンズ像だけでなく本物の鬼太郎もいる(笑)
水木しげるロード201212-7
そばのお土産店の人に鬼太郎とツーショットの写真も撮ってもらった。その写真は未公開(笑)。

ねずみ男。これはだいたいイメージ通りかな。
水木しげるロード201212-5
こちらの方がさらにイメージに近い。見た目も態度も・・・
水木しげるロード201212-12
足がちょっと人魚っぽいな。

ねずみ男もブロンズ像だけでなく本物がいた。
水木しげるロード201212-8
写真撮っていい?って聞くと、ポーズをとってくれた。妖怪の世界でもピースが写真のポーズになっているようだ。ちなみにここは水木しげる記念館前。時間がないから入らなかったけど・・・

目玉の親父。この大きさだとお椀のお風呂にしっかりつかることができないよ。
水木しげるロード201212-4

これはべとべとさん。夜道を歩いていると後ろをつけてくる妖怪。足音がするだけで危害を加えないとされている。なかなかかわいい
水木しげるロード201212-10
ここには現在139体のブロンズ像があるらしいけど、このべとべとさんが一番気に入った。

ここは美容院だったか床屋だったか忘れたけど、シンプルなヘアにしてくれるらしい。
水木しげるロード201212-11

ここはまさに妖怪屋さん。この目玉の街灯は欲しいな。
水木しげるロード201212-13
帰りの飛行機の時間待ちで寄ったため、妖怪のブロンズ像を撮っただけ。1時間ほどの滞在でバスで松江に戻った。またゆっくり来たい。

(撮影 2012年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

水木しげるロード 境港駅前のブロンズ像

先月、松江に行った時、帰りの飛行機まで少し時間があったので水木しげるロードに行ってみた。

左隅の灯台っぽい建物がJR境港駅の駅舎。正面の建物はみなとさかい交流館というそうだが、すごいデザイン。
水木しげるロード201212-5
建物もすごいがこの看板もすごい。
水木しげるロード201212-4
松江からバスでここに到着した時は、雪とあられの中間のようなものが大量に降っていて、とても出歩ける状態ではなかった。

とりあえずこの建物の中に避難したら「さば寿司」の看板。
水木しげるロード201212-2
遅めのお昼ご飯。脂がのっていてすごく美味しかった。
子どもの頃からばってらが大好き。ばってらとさば寿司ってどうちがうの?

境港駅の待合室。ここは寝転んで待っていてもいいのかな(笑)。
水木しげるロード201212-1
きっぷうりば。天井にもいろいろと。
水木しげるロード201212-12
駅舎は結構狭いから、ちょっとまとまって観光客が訪れたらすぐいっぱいになりそう。

水木しげるロード201212-3
水木しげるロードに行く前に目についたのが駅の目前にあるこのブロンズ像。
水木しげるロード201212-6
なんだかすごくいい感じ

水木しげるロード201212-11
お父さんが書き物しているのを興味深げに見る子どもの姿。
水木しげるロード201212-8
ねずみ男は鬼太郎よりちょっとお兄ちゃん。水木しげるロード201212-7
楽しい団らんの風景。
水木しげるロード201212-10
鬼太郎の足が子どもっぽくてすごくいい。なんだか子どもの頃が懐かしい。
水木しげるロード201212-9
水木しげるさんも、昔は回りに妖怪が集まる中で、こうやって描いていたのかな(笑)

これから水木しげるロードに向かうが、所々にシャーベット状に溶けた雪が残っていて、ほとんど誰も歩いていない(汗)。

(撮影 2012年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園 散策

秋のバラフェスタの神代植物公園から深大寺にお参り。
神代植物公園201210-8
深大寺に来る楽しみは美味しいそばを食べること。
神代植物公園201210-4
釜揚げ田舎そばを頼んだんだけど、こんな感じで出てきた。ちょっとイメージしていたのと違う。

みそおでん。団子やせんべいなどちょこちょこと食べ歩き
神代植物公園201210-7

鬼太郎茶屋、いつも写真を撮るだけ。人が多くて中に入ったことがない。
神代植物公園201210-5
コロッケなんかを売っているみただけど、ここも写真を撮るだけだね。
神代植物公園201210-6
鬼太郎って境港市じゃないの?って思う。作者の水木しげるさんの出身地が境港で、昭和34年(1959年)に家を購入し、それ以来50年間住んでいるのが深大寺のあるこの調布市。

お腹も落ち着いたので、再び神代植物公園のバラ園へ。
神代植物公園201210-10
ブルーンムーン、ドイツのバラ。落ち着いたいい色だ。

ファルツァー・ゴールド、ドイツのバラ。
神代植物公園201210-9
2種類が並んで咲いているように見えるけど確か同じ品種。最初は白っぽくてだんだん黄色が深くなるんじゃないかな。

神代植物公園201210-11
スペクトラ、フランスのバラ。最初は黄色で開花がすすむと花びらの先が赤くなるらしい。

続いてダリア、センチメンタル。これはポンポン菊にそっくり。
神代植物公園201210-2

ダリア、禅。名前と同じで渋い赤、
神代植物公園201210-1

ダリア、ポンポンショコラ。これは見事にショコラ(チョコレート)色。
神代植物公園201210-3

これはダリアじゃなくて、チョコレートコスモス。売店で売っていたもの。
神代植物公園201210-12
しっかりチョコレートの香りがした。花の香りがチョコレートなんてほんと不思議だよね。

この売店でカサブランカの球根を買った。
果たして来夏、我が家の狭い庭でカサブランカが咲くか?それまでにモグラに食べられてしまったりして(涙)

(撮影 2012年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

東京で雪、松江でも雪

久しぶりに東京都心でも雪が積もった1月24日の早朝、羽田から出雲空港へ向かった(仕事です)。

こういう大雪の場合、世間的に雪で羽田から飛行機が飛ばないのは仕方ないと許されても、雪で自宅から羽田空港にたどり着かなかったら許されないという、世の中の理不尽さを少し感じながら、早めの(と、言ってもこれ以上早い電車はない)京王電車の始発(高幡不動4:43発)に乗った。

心配するほどの遅れもなく、無事に羽田空港に到着。現地の天候によっては大阪空港か羽田空港に引き返すという条件付き運航ながら飛行機(JAL1663便)も無事に離陸。
珍しい積雪のおかげで真っ白な東京を見ることができた。
BlogPaint
この広い河川敷がある川は荒川。クローバ印が秋ケ瀬、星印が首都高5号と外環自動車道をつなぐ美女木JC、花印のあたりが高島平。

あっという間に山梨県。八ヶ岳(リボン印)と諏訪湖(ハート印)、遠くに北アルプス(音符印)も見える。まさに高台からの絶景。飛行機の窓からなので当然なんだけど
BlogPaint
羽田から日本海側の空港に飛ぶのが初めてだからだろうか、この光景はいままで見た記憶がない。

南アルプス(白根三山:北岳、間ノ岳、農鳥岳)の上を通過。
BlogPaint
星印が日本で2番目に高い北岳(3193m)、尾根づたいに間ノ岳(ハート印)、そして農鳥岳(クマ印)。この山が大好きで学生時代には何度か縦走した。

南アルプスを通過したあとはだんだん雲が多くなり、次に見えたのが若狭湾。敦賀市(パンダ印)と美浜町(花印)あたりのようだ。
BlogPaint

写真を撮った時に、これらすべてがわかっていたわけではなく、これらの場所がわかったのは、後日以下のサイト(Flightradar24.com)で島根・鳥取方面の航空路を確認して、GoogleMapの写真と照らし合わせたから
航空機
このサイトはいま飛んでいる航空機(もちろんすべてではない)が地図上で表示され、クリックすると行き先だけでなく機種や高度、速度などの情報が表示される。飛行機のアイコンは自動的に動くのでずっと見ていても飽きない。

どういう仕組みなのかちょっと気になったので調べてみると。GPSベースにした精度の高い航空機の位置や管制を行うために航空機が発信するADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)という1090MHzの信号がある。このサイトは、それを航空無線マニア(ボランティア)が受信して、そのデータをサーバーにあげてもらって地図上に表示する仕組みになっているそうだ。

このADS-Bの仕組みはまだ日本の航空機に搭載が義務付けられているわけでなく、比較的新しい機種にしか搭載されていないらしいので、日本の大手航空会社の古い機種はこの地図に表示されない方が多いとのこと、ちょっと残念。

1時間半ほどで出雲”縁結び”空港に着陸。天候によっては戻るなどの条件付き運航だっただけに、着陸したら全然雪がなく拍子抜けした。
松江201201-5
車で30分ほどの松江市内へと向かう。

続きを読む

深大寺 蕎麦と鬼太郎

いきなり屋根の上に下駄が・・・
深大寺201110-7
ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるさんの生まれ故郷、鳥取県境港市にある水木しげるロードなどは有名だけど、水木しげるさんは東京都調布市に長く住んでいることから、この調布市にも鬼太郎ゆかりのものが作られている(規模はかなり違うと思われるが)。
深大寺201110-6
ということで深大寺門前に鬼太郎茶屋がある。ちゃんと店の前には鬼太郎もねずみ男もいる。
深大寺201110-5
鬼太郎はちゃんと下駄をはいている。じゃあ屋根の下駄は誰のだろう?
続きを読む
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ