ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

風車菊

今週の高幡不動尊(11/19)もみじまつり

この週末は土曜日は寒くて小雨が降るあいにくの1日だったが、翌日曜日は朝からいい天気になった東京多摩地区。

11月18日から30日まで開催されている高幡不動尊のもみじまつりの様子。
もみじまつりと言っても特に何かが催されたり飾られたりするわけではなく、静かにきれいな紅葉を楽しむ、落ち着いたおまつり。
高幡不動尊201711
鐘楼ともみじ。京都に行った気になって撮ってみたけど(笑)

17日まで開催されていた菊まつりの飾り棚の後をそのまま使ってござれ市が開催されている。
高幡不動尊201711
寒い日だったけど、紅葉もきれいに色づいていて思ったよりも人が多かった。

五重塔まわりはきれいに色づいて見頃になっている。例年より少し早いかもしれない。
高幡不動尊201711
毎年この時期は万燈会があるので五重塔に提灯が飾られている。
高幡不動尊201711
上写真の真っ赤に色づいたもみじの下から五重塔を見上げたところが下の写真。
高幡不動尊201711
もみじが影になるから当然色が悪い。かなり明るさを調整したんだけどこれ以上は無理かな。

山あじさいが咲く場所もだんだんと色づき始めた。
高幡不動尊201711

こちらは境内奥、大日堂横の六地蔵さん。ここの紅葉は境内で一番遅いのでまだこれから。
高幡不動尊201711
高幡不動尊の紅葉はここが一番絵になると思う。

逆光でちょっと輝いて見えるもみじ。写真にすると小さい枝が邪魔でいまひとつだった・・・(涙)
高幡不動尊201711

弁天池回りで咲いている菊。花びらの先が開いて風車のように見えるこの菊は風車菊や風車咲きと呼ばれる。
高幡不動尊201711
こちらも弁天池回りで咲いている菊、ノコンギク、キク科だろうか。
高幡不動尊201711
これからだんだんと花が少なくなる時期。当分は紅葉があるからいいけど、そのうちブログネタに困るようになる・・・

この週末は本栖湖キャンプ場に行って夜は鍋を食べる予定だったけど、土曜日が雨になってしまって中止。10月にも予定していたけど2週連続台風で中止、残念。もう今年は行けないので、また来年。

今週の高幡不動Vol.466
(撮影 2017年11月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

高幡不動尊 菊まつり2015 いろいろな菊

このところ週末の天気が悪くて、散歩もあまりできず、ネタ切れ
菊まつり2015
ブログネタがないので、昨年の秋に開催された高幡不動尊の菊まつりで見かけたいろいろな菊。

見た感じが風車に見える風車菊。
高幡不動尊201511-10
この菊は初めてみた時はちょっとビックリだったなぁ。
 
菊まつりでは、こういう大菊が目立つけど
菊まつり2015

名前がわからない小菊たちも展示されている。
高幡不動尊201511-12
大菊とはまた違った良さがある。
高幡不動尊201511-6
緑色の葉の上に赤紫の花が浮き出て見える。
菊まつり2015

花が塊になった菊。いろいろな品種がある。
高幡不動尊201511-11

これはタキビという名前がついていた。
高幡不動尊201511-4
言われてみれば焚き火・・・か。

これはポンポン菊。ピンポン菊とも呼ばれる、まん丸でかわいい感じの菊。
高幡不動尊201511-8
 白色や紫色もある。
菊まつり2015

これは名前がわからないが、茶せんのような菊。
高幡不動尊201511-1

これは江戸菊。
高幡不動尊201511-7
平たいよれた感じの花びらが特徴
高幡不動尊201511-2
江戸菊は古典菊と言われ、江戸時代に各地の殿様が奨励して育てた菊の1つで、
昔の地名がつけられた嵯峨菊、肥後菊、伊勢菊などがある。
菊まつりには、嵯峨菊、肥後菊も飾られていたんだけど、写真がない(汗)

菊まつり2015
毎年飾られている小菊で作られたカメ。
菊まつり2015

もともとブログネタが少ないこの時期、さらに天気が悪い週末が続いてしまって
散歩にも出られず、過去ネタで失礼しました。


今週の高幡不動(11/03)菊まつりが始まった

11月最初の週末は天気が今一つはっきりしない3連休となった。

一番晴れたのが連休最終日の11月3日。いつもと違ってこの日は午後の様子、逆光気味・・・。
高幡不動201411-4
やはり午後の方が参拝者が多いかな。

10月28日に始まった菊まつり。この週末が菊まつり最初の週末。
高幡不動201411-3
 整然と並べられた菊たち。菊の審査はまだこれから。11月5日という話?
高幡不動201411-13
 モコモコとした厚物とよばれる菊たち。菊まつりでは一番オーソドックスな菊。
高幡不動201411-6
 管のような細い花びらが特徴の管物とよばれる菊たち。
高幡不動201411-7
ちょっと変わった一文字菊。審査前で花びらの形を整えるために花びらのところに綿がつめてある。
高幡不動201411-8

多摩地区の菊愛好会の展示コーナー。
高幡不動201411-12
 これはきっと富士山をイメージしたもの。
高幡不動201411-11
 何年か前に初めてこの菊を見たときはちょっと驚いた、かざぐるまみたいな「風車菊」。
高幡不動201411-5
 
これは初めて見る菊かもしれない。「かがり火」という名前がついていた。
 高幡不動201411-9
花びらの先端が分岐して炎のようになっている。
高幡不動201411-10
この菊で赤色はないのかなぁ?

これは鐘楼のところで見つけた3色に色付いたモミジ。いいタイミング。
高幡不動201411-2

五重塔にはブルーライトアップや万燈会にはかかせない提灯が飾られていた。
高幡不動201411-14
手前のカエデはまだ色づいていない。
高幡不動201411-15
上の写真は2011年11月下旬の様子。今年もこういう光景が撮りたいね。

世界糖尿病デーのブルーライトアップは11月8日(土)から14日(金)まで。
高幡不動201411-1
天気予報によると、また台風が近づいているとか。
この時期に強い風が吹くと色づく前に葉が落ちてしまう(涙)

今週の高幡不動Vol.335
(撮影 2014年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

高幡不動尊 菊まつり(2012年)

2012年第42回高幡不動尊の菊まつり。10月27日(土)から11月18日(日)まで開催。
高幡不動尊菊まつり2012-10

11月5日と13日に審査が行われていろいろな賞が贈られる。
これは「ちかいうち」の3ヶ月間を経て先日衆議院の解散を決断した内閣総理大臣賞。
高幡不動尊菊まつり2012-3

辞任して第3極勢力結集の動きに忙しい東京都知事賞。
高幡不動尊菊まつり2012-5
結局、衆議院選挙と東京都知事選挙の投票日が同じ日になった。

新しい大学の設置を認可しないといい出して騒動になった文部科学大臣賞。
高幡不動尊菊まつり2012-4
この秋、話題の人が忙しい中わざわざ高幡不動尊に来て審査したわけではないだろうけど

多摩菊花連盟に参加している多摩地区の11市の菊作り愛好会も参加している。
高幡不動尊菊まつり2012-2
高幡不動尊のお膝元、日野市の日野市菊友会。
高幡不動尊菊まつり2012-1
多摩菊花会。多摩地区ではなく、多摩市だろうね。
上の方にある審査対象の大きな菊以外に、菊友会のコーナーには中小の菊がたくさん飾られている。
高幡不動尊菊まつり2012-6
下は花びらが風車のように見える風車菊。
高幡不動尊菊まつり2012-7
下はすごく菊らしい花びらをしている菊。
高幡不動尊菊まつり2012-9

菊人形ではないが、いろいろ形取った菊飾りも展示されている。
これはクジャク。菊まつり後半になって羽根の花も咲きそろった。
高幡不動尊菊まつり2012-8
これは何だかわからなかったけど、パンダのようだ。
高幡不動尊菊まつり2012-11
毎年お馴染みのカメ。今年は「兎と亀」と書かれていて気がついた。
高幡不動尊菊まつり2012-13
一緒に並んでいるのは(写真の右隅)ウサギだった。
BlogPaint
さらに真ん中の山には、ボール紙のようなもので作られた「うさぎ」と「カメ」が山を登る姿があった(ハート印のところ)。

高幡不動尊の「菊まつり」が終わると、引き続き「もみじまつり」が開催され、23日、24日には高幡不動尊では「万燈会」、高幡不動駅から参道周辺では「たかはたもみじ灯路」が開催される。

これら秋の行事が終わると、しばらく静かなお不動さんに戻る。

(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(11/11)曇天の菊まつり

土曜日はいい天気だったが日曜日は朝からどんより曇り空。午後には冷たい雨が降り始めた高幡不動尊。

寒くなってくると、この露店が出てくる。
高幡不動尊201211-2
まだいま頃の気温では湯気がそれほど出ないから、ソソラレル度は低いけど(笑)

境内は七五三参りで賑わう。天気は今ひとつでも雨が降っていなければ大丈夫。
高幡不動尊201211-1

菊まつりも期間の半ばを過ぎて花も見頃になってきている。
高幡不動尊201211-6
ポンポン菊がかわいいね。
高幡不動尊201211-5
この細い花びらの菊は管物と呼ばれる品種。
高幡不動尊201211-3
上は花びらが太い管物で太管と呼ばれ、下は細い管物で細管と呼ばれる。
高幡不動尊201211-4
この花びらは菊には見えない。菊はやっぱり下のようなのがオーソドックス。
高幡不動尊201211-12
ちなみに、これは多摩市長賞を受賞していた。

弁天池回りでも菊が咲いている。
高幡不動尊201211-8
下は花びらが風車のように見えるので風車菊と呼ばれる品種かな。
高幡不動尊201211-10
ホトトギスもそろそろ終わり。葉も色が変わってきた。
高幡不動尊201211-9

このところの冷え込みで境内のモミジも急速に色づいてきた感じがする。
高幡不動尊201211-7
18日までの菊まつりが終わったら、翌日から紅葉まつりが続く。
高幡不動尊201211-11
11月14日の世界糖尿病デーにちなんで五重塔がブルーライトアップされる。

今週の高幡不動Vol.240
(撮影 2012年11月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊 菊まつり(2010)

いまごろ・・・だけど、2010年秋の高幡不動尊「菊まつり」の様子

今回はいつも写真を楽しく拝見させてもらっているbabathegiantさんつながり企画「2010年、後出し写真」に参加させてもらっています
菊まつり2010-11
菊の品評会らしい典型的な三本立ての菊。
今回はこういう菊ではなく、私が気に入った小菊・中菊が中心菊まつり2010-2
昨年も目を引いた、花びらの先が袋状になった風車菊。

菊まつり2010-14

菊まつり2010-6
筆で書いたような花びらの色の付き具合がすごく印象的。

菊まつり2010-13
この菊も花びらの先だけ白くてなんだか気になった花

菊まつり2010-12
クレヨンで色を塗ったような花びらの菊。

菊まつり2010-1
塊状になったポンポン菊。

菊まつり2010-3
左下の花はちょっとトイプードルを連想する色、前にもアップしたかな

この花はこれから色が変わるのではなく、きっとこの色なんだろうね。
菊まつり2010-115
菊って本当にいろいろな種類があるね

下の4枚は古典菊かな。昨年は古典菊を集めたコーナーがあったが今年はなかった。
菊まつり2010-7
菊は日本を代表する伝統的な園芸植物で、花だけでなく栽培方法や鑑賞の仕方などもいろいろな工夫がされてきた。
その中で江戸時代に各地の大名が保護奨励してその地域独自の発展を遂げた菊の総称を古典菊と呼び、嵯峨菊、伊勢菊、美濃菊、肥後菊、江戸菊などがある
菊まつり2010-8
白と黄色は菊らしい色なんだけど、花びらが違うと印象も違ってくる。
菊まつり2010-4
上の白と黄色は嵯峨菊だろうか?

この紫色はベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作)にも似ている。菊まつり2010-5

上の細い花びらはこの管物と言われるタイプの菊のまっすぐな花びらを改良したものなんだろうか・・・菊まつり2010-10

典型的な菊、厚物の花の中ではこの色あいのが好き
菊まつり2010-9
babathegiantさんのつながり企画「2010年、後出し写真」のおかげで、いつかアップしたいと思っていた菊まつりでアップしそこなった写真を記事にすることができた、ありがとうございます

(撮影 2010年10,11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ