ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

赤とんぼ

昭和記念公園 夏から秋に咲く花々

昭和記念公園の秋はコスモスがメインだけど、当然それ以外の色々な花も咲いている。

まずはツユクサ(露草)、ツユクサ科。この青色がお気に入りの花。
昭和記念公園201709
初夏の頃から咲いているけど、梅雨草ではなく露草と書くだけあって、いまの時期が最盛期。

ゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ(風露草)科。
昭和記念公園201709
生薬として下痢止の薬として用いられ、煎じて飲めばしっかり(薬効が)効くことから付けられてた名前だそうだ。
こちらはピンク色のゲンノショウコ。
昭和記念公園201709
ピンク色は西日本、白色は東日本に多いそうだ。

これはマリーゴールド、キク科。花壇などでとてもよく見かける花。
昭和記念公園201709
春から秋までずっと咲き続けて、水がない状態でも枯れない強い花。
マリーゴールドは黄色、オレンジ色、そして下のように黄色とオレンジ色が混じった色の花がある。
昭和記念公園201709
根に防虫効果があるらしい。

これはペンタス、アカネ科。夏から秋にかけて花壇できれいに咲いている花。
昭和記念公園201709
白色、赤色、ピンク色、紫色などがあるそうだ。
昭和記念公園201709
別名が草山丹花。沖縄など熱帯で咲いているサンタンカ(山丹花)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201709

これはヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
昭和記念公園201709
実が盗人の忍び足の足跡に似ていて、さらに花が萩の花に似ていることからついて名前だそうだ。
昭和記念公園201709
確かに花は萩の花に似ているけど、この実は足跡に似ているかな。

日本庭園の池の回りではたくさんの赤とんぼが飛んでいた。
昭和記念公園201709
赤とんぼって本当に全身真っ赤っ赤だね(笑)

昭和記念公園(Vol.233)
(撮影 2017年9月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ヤマユリなど

昭和記念公園のこもれびの丘にはヤマユリが咲いている。

立川口から一番遠い場所にあるので、真夏に歩いて行くのは大変なんだけど、
この日は梅雨空で涼しかったおかげで、楽に行くことができた。
昭和記念公園201607-7

倒れかけたヤマユリが木切れで支えられている。
昭和記念公園201607-6
高幡不動尊と同じで、倒れてしまったヤマユリ。
昭和記念公園201607-3
花が重いから支柱を立てないとダメだね。昭和記念公園201607-4
ちょっとかわいそうな姿だけど、この姿でもいい香りがする。

ヤブラン、キジカクシ科又はユリ科。
昭和記念公園201607-5
晩夏からの花だから、ちょっと咲くのが早いよう気がする。

ツユクサ、ツユクサ科。いい色の花、私のお気に入り。
昭和記念公園201607-2
梅雨の草ではなく、朝露の露の草なので、これから秋にかけてたくさん咲く花。 

カリガネソウ(雁金草)、シソ科。花の形が雁(ガン)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201607-8
別名がホカケソウ(帆掛草)。帆掛け船の方が近いような気がする。

ネムノキ、マメ科。あじさいの花とのコラボ。
昭和記念公園201607-10
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、まだあじさいが咲いている姿を
たくさん見ることができる。

 この花はムクゲ。タチアオイ(立葵)やフヨウ(芙蓉)、ハイビスカスと同じアオイ科。
昭和記念公園201607-11
ムクゲはかなり大きな木になる。

クチナシ、アカネ科。
昭和記念公園201607-9
この花はなぜこんなにいい香りがするんだろうというぐらいいい香りがする。 

今年初めての赤とんぼ。
昭和記念公園201607-1
まだ梅雨があけていない東京だけど、赤とんぼがたくさん飛んでいて秋の雰囲気。

 昭和記念公園(Vol.173)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

赤とんぼ

赤とんぼ
   D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.10 昭和記念公園

今シーズン、初撮りの赤とんぼ。

赤とんぼは、身体の赤いとんぼの総称ですが、これはアキアカネでしょうか?

 

今週の高幡不動(10/08)体育の日って感じがしない

10月に入った最初の週末は3連休。東京多摩地区は天気がいまひとつ安定しない連休だった。
高幡不動201210-1
だんだんと参拝者が多くなってきた。七五三参りの姿もチラホラと見かける。

高幡不動尊の境内は完全に秋。胴体が真っ赤な赤とんぼ。
高幡不動201210-12
赤トンボはアカネ属(又はアカトンボ属)に属するトンボの総称だけど、狭義ではアキアカネのこと指す。

ススキが輝き始めた。
高幡不動201210-8

真っ赤なハナミズキの実。
高幡不動201210-3

ヒオウギの花のあと。もうすこし経つとこの中から艶やかな黒いタネが顔を出す。
高幡不動201210-10


まだ赤くなっていないこの実は万両かな。同じような実をつける千両、百両、十両と呼ばれる植物もある。
高幡不動201210-6万両
百両と十両は万両よりも背が低く実の数が少ないそうだ。千両は葉の上に実をつけるので見た目はちょっと違う。

風で飛ばされて下に落ちたのだろうか、お地蔵さんの頭巾がいくつもかけられていてかわいい。
高幡不動201210-7

ミズヒキ(水引)、タデ科。水引草とも呼ばれる。
高幡不動201210-5
日陰に咲く小さな花なので、なかなかうまく撮れない。

サルビア・ガラニチカ。メドセージという名前で流通しているが間違いなんだそうだ。よくわからない話
高幡不動201210-2サルビア・ガラニチカ
下はキバナアキギリ。上の花を黄色にしただけのように花の形が似ているが、両方ともシソ科アキギリ属。似ていて当然かな。
高幡不動201210-4キバナアキギリ
アキギリ属ではなくサルビア属としている資料もある。そういえばこれで赤ければサルビアの花だ。

弁天池そばのホトトギス。まだ蕾だけどそろそろ咲きそうな気配。
高幡不動201210-9

いま一番きれいなのは、この秋明菊かな。
高幡不動201210-11

この日10月8日は体育の日。でも頭の中の体育の日はいまでも10月10日。子どもの頃から長年慣れ親しんだ日付は法律のように簡単には変わらない。

東京オリンピックの開会日を東京地方の「晴れの特異日」だった10月10日にしたから、それを記念して体育の日にしたのでは?と思ってWikipediaを調べてみると、ちょっと勘違いがあったようだ。

確かに東京オリンピックの開会式の日である10月10日を1966年(昭和41年)から国民の祝日にしたのは間違いはなかったが、晴れの特異日ではなかった。昭和34年発行の「気象ハンドブック」では秋の晴れの特異日は10月14日と11月3日なんだそうだ。

別の資料によると10月10日が体育の日に制定されてから34年間で東京地方で1ミリ以上の雨が降った日はたった5回らしい。どうりで記憶の中の10月10日は晴れの日が多いわけだ(東京生まれではないけどね)。
でも特異日は単純に晴れる割合が高いだけでなく「前後の日に比べて高い日」という定義があるので、単純に10月10日が晴れる割合が多いだけでは特異日にはならないんだって、いろいろ難しい。

いろいろ御託を並べたけど、この日10月8日の体育の日は晴れたよ

今週の高幡不動Vol.235
(撮影 2012年10月08日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年9月)コスモスとイチョウ並木

昭和記念公園で一番有名なのは秋のコスモス。
昭和記念公園201109-6
テレビでも良く紹介されるコスモスまつり。いろいろな種類のコスモスが次々と咲くため9月中旬から11月最初までと長い期間楽しめる。
昭和記念公園201109-14

秋の好天に恵まれた連休の中日、9月18日の昭和記念公園のコスモスとイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201109-1

続きを読む

百草園 紅葉はさすがにまだ早い

久しぶりに百草園に行ってみた。前回は5月だったから、5ヶ月間も行っていなかったことに・・・夏が暑くてあまり散歩をしなかったことと、昭和記念公園に行ようになって来る機会が減ったかな
百草園201010-11
門を入ってこの階段を見上げた風景がちょっと懐かしかったりして。受付の人は顔を覚えていてくれて、ちょっと立ち話。いまは何も見る物がなく、訪れる人も少ないとのこと。次に賑わうのは紅葉の時期(11月)だそうだ

心字池のスイレン、エサをもらえるかと思ったのかコイがたくさん寄ってきた
百草園201010-8

真っ赤な赤とんぼ、とまっているところがちょっと遠かった。
百草園201010-7

ちょっと日本庭園らしい場所でみかけたこの時期ならではの彼岸花。
百草園201010-10
あまり密集して咲かずに、あちこちでちょこちょこっと咲いている。
百草園201010-2
ここはしっかりと手入れがされているから、彼岸花もあまり密集して咲かないようにちゃんと手入れしているんだろうね
百草園201010-1
ちょうど日が差してきた。日陰で見るとちょっと不気味な彼岸花だけど、日が当たって光っている姿はなかなかきれいだ。

百草園201010-5
先週道志のキャンプ場で見かけたシュウカイドウ(秋海棠)がここでもあちらこちらで咲いていた。

なんかいい香りがすると思ったら金木犀だった。まだ蕾が膨らんだ状態だけど、もういい香りが漂っている。
百草園201010-9

遠くで赤い実がたくさんなっている、何の木だろう?遠くてよくわからないけど、葉の感じがマンリョウ(万両)に似ている。でもマンリョウって、あんなに大きな木にはならないらしいから違うみたいだ。
百草園201010-3
上の写真だとちょっと紅葉が始まっているように見えるけど、まだまだこれから。

ここからは池袋サンシャインや新宿の高層ビル、東京タワーなどが見えるけど、背が高くなったスカイツリーが高層ビルの奥にうっすらと見えていた。(下の写真には写っていない
百草園201010-4
この風景がこんな感じに色付くまで、まだちょっと待たなければならないようだ
百草園201010-12
これは昨年11月後半の写真

百草園201010-6
苔むした木の株。この上に真っ赤なモミジの葉が乗っかる日はまだちょっと先だけど、久々の百草園で秋の始まりを感じることができた。
この時期は晴れるとカラッとして気持ちがいいよね

散歩写真(vol.150)
(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.96)秋の散歩道いろいろ

散歩道200910-1
散歩道で見つけた赤とんぼ、この写真はピントを合わせるのにすごく苦労した
デジカメのオートフォーカスの設定をいろいろ変えながら20枚以上撮ったけど、後で見たらちゃんと撮れたのはわずか1,2枚。あまりにピントがあわないので途中でいい加減嫌になったけど、こいつがずっとじっとしていてくれたので何とか撮れたようなもの・・・

赤とんぼって言うけど、広義ではトンボ科アカネ属(アカトンボ属)のトンボの総称、狭義ではアキアカネのことを言うそうだ。アキアカネって「秋茜」って書くそうだが、なんかかわいい感じ(漢字)だね

(下写真)シソ科のコリウス。和名で金襴紫蘇(きんらんじそ)、錦紫蘇(にしきじそ)などとも呼ばれ、園芸品種としていろいろな品種があるそうだ。花はマメ科っぽくてかわいいけど、葉っぱが紫蘇(しそ)って感じ
散歩道200910-4散歩道200910-3
でも、ちょっとケバケバしすぎじゃないかなぁ、この葉っぱ

(下写真)ナス科のエンジェルトランペット。エンゼルストランペット、朝鮮朝顔の別名がある。チョウセンアサガオの仲間として園芸品種になっているが毒性があるので注意が必要
散歩道200910-5散歩道200910-6
なんでまた、こんな下向きに咲いているのだろう、のっぽさんの帽子みたいだ。(上写真右)でもこういう感じで咲いていると下からのぞいて撮ってみたくなるよね

(下写真)近所の畑で見つけたアオイ科のオクラ。確かにアオイ科っていう感じの花
散歩道200910-2
あたり前だけど、花のそばにしっかりオクラの実が成っている。オクラはネバネバ感がたまらない食感で美味しいけど夏の野菜っていうのは気のせいだったかな・・・

(下写真)なぜか最初から挑戦的な姿で立っているカマキリ。このカマキリはさらにカメラを近づけると前脚を振り上げ威嚇してきて、最後はレンズに乗り移ってきた。液晶からカマキリの姿が消えたと思ったら、カメラを持つ手のそばに居て、お〜ビックリ
散歩道200910-7

(下写真)10月3日は中秋の名月ということで十五夜お月さんを撮ってみた。左が撮った写真で、右はそれを少し拡大したもの。うさぎさんは何処に・・・
散歩道200910-9散歩道200910-8
高ズームのコンパクトデジカメで撮ったお月さんの写真としてはまあこんな感じかなぁ。お月さんだけだとやっぱりちょっと寂しいので、回りに何かが写っていた方が十五夜お月さんって感じがする

実は十五夜だった10月3日に撮った月は薄い雲がかかってしまっていて、いまひとつ鮮明でなかったので、これは翌4日の夜に再チャレンジした写真
でも天気予報で、実際の満月は旧暦15日より遅れる傾向があり、今年の場合は10月4日の方が満月に近いって言っていたので、まあいいかな

それにしても、中秋の名月の写真はもうちょっとタイムリーにアップしなくてはいけないよね反省

すべての写真はクリックすると拡大表示されます
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.38)誰もいない百草園

散歩で久しぶりに京王百草園に行って来た

この時期の百草園は、年初から梅、桜、ふじ、あじさいの順に花が見頃になって人がたくさん訪れる時期があり、次は紅葉シーズンまで中休みの状態

だからお客さんは誰もおらず、今回は園内の手入れをしている係りの人を2人見ただけ。前回の訪れた時(7/8)の記事はこちら
前回の記事の日付を見て8月は百草園に行っていなかったことがわかった

(下写真左)隣にある八幡神社から見た百草園の裏門、ちょっと風情がある入口
散歩写真-4散歩写真-7
(上写真右)百日紅(サルスベリ)ともみじの葉っぱ
百日紅の花と陽にあたったもみじの葉っぱ、ちょっとだけ色づいたもみじの葉っぱがあって、実際に見るともう少しきれいなんだけど、なんだか色が混じって騒がしい感じに写った

やっぱりこのあたりは修業が足らない

(下写真)園内の心字池、心安らぐところ
沖縄琉球村の池と水の色はよく似ているけど、ひっそりと静か
散歩写真-11散歩写真-8

百草園は高台にあってなかなか景色もいいところ
水分補給をしながら、景色を見ると遠くに多摩川と浅川と程久保川が合流するあたりが見える(下写真左)
散歩写真-5散歩写真-6
(上写真右)新しいデジカメの写りぐあいをテストするついでにカルピスソーダの缶を撮ってみた。
本当はがよかったんだけど、売ってなかった

ところでこのカルピスソーダのデザインって新しいのかななんだか初めてみたようなデザインあの懐かしい水玉模様はどこへ水玉模様はカルピスだけなんだろか、なぜ

下写真左はクマバチ。ちょっと暗くてシャッター速度が遅くなったので、飛んでいる時の姿はブレブレ。こういう時こそAUTOではなくシャッター速度を自分で設定できるコンパクトデジカメが欲しい

これを撮った時は、クマバチって刺されると危ないハチだと思っておっかなびっくりだった後で調べてみると実は温厚な性格で、しかもオスは針がないから刺せないらしい皆さんご存じでしたか?
散歩写真-9散歩写真-10
上写真右が赤とんぼ。正式な名前は・・・?
すぐに飛んで逃げてしまうので、ズームで近寄ったらデジタルズームになるまで拡大してしまって画質がいま一つ。このカメラを使う上で1つ勉強になったしかも明るさが結構適切なカメラだ

人に会うこともなくゆっくりできて、クマバチと赤とんぼの写真が撮れたので、ちょっとうれしい散歩になった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ