ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

西洋アジサイ

今週の高幡不動尊(07/08)ヤマユリが咲いた

七夕の週末は雨は降らなかったけど、どんより曇り空となり織姫と彦星が会えなかった東京多摩地区。

昭和記念公園でも咲いていたヤマユリ。高幡不動尊でもきれいに咲いていた。
高幡不動尊201807
心なしか昭和記念公園のヤマユリよりも香りが強いような気がした。

高幡不動尊201807
ヤマユリはたくさん花を咲かせると花の重みで倒れてしまう。
高幡不動尊201807
上の写真はちょっとわかりづらいけど、左下から茎が伸び、花の重みで横倒しになっている状態。

高幡不動尊201807

これも横倒しになって咲いているヤマユリ。これが自然のままなんだろうけど大丈夫なのか?

まだアジサイが咲いているところもあるので、ヤマユリとアジサイが同時に見ることができる。
高幡不動尊201807

あじさいまつりが前日7日(土)に終わって、人が少なくなってしまった四季の道の西洋アジサイ。
高幡不動尊201807
だいぶ花びらの色があせてしまっている。
高幡不動尊201807
高幡不動尊では、アジサイが来年もきれいに咲くように、アジサイの毬切り(花の剪定)を行う。
今年は9日(月)に行うそうなので、この日が咲いているアジサイを見ることができる最後の日となった。

弁天池のハス。順調に咲き始めている。
高幡不動尊201807
そして、弁天池の周りで毎年飛び回っているシオカラトンボが今年も飛び始めた。
高幡不動尊201807
大きくトリミングしてみた。
高幡不動尊201807
すごい顔をしている。顔のほとんどが眼・・・

今週の高幡不動Vol.491
(撮影 2018年7月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     





今週の高幡不動尊(07/01)いきなり真夏の風景

関東甲信地方が梅雨明けした翌々日(7月1日)の東京多摩地区は完全に真夏。

あまりの暑さからだろうか、高幡不動尊の境内はお参りの人もまばら。
高幡不動尊201807
あじさいまつり期間中(7月7日まで)なので、露店も出ているけど、この日は商売にならなかったかも(汗)
高幡不動尊201807

炎天下でもしっかり立っている土方さん。誰か日よけの番傘でもさしてあげてと言いたいぐらいの日射し。
高幡不動尊201807

大日堂横の六地蔵さんは回りを木々に囲まれていて、ちょっとだけ涼しく感じる。木陰ってすごいね。
高幡不動尊201807

四季の道の入り口付近の西洋アジサイはまだなんとか見頃を保っているように見える。
高幡不動尊201807
でも、日があたる場所の西洋アジサイを良く見ると花の色もあせてきて見頃過ぎになっている。
高幡不動尊201807
これは四季の道の奥の方。ちょっと木陰になるからだろうか、まだ見頃を保っている。
高幡不動尊201807
アジサイはそろそろ終わりになってきて、見に来る人もかなり少なくなってきた。

弁天池のハス。噴水が気持ちよさそう。
高幡不動尊201807
先週は蕾だけだったけど、今週はいくつか咲き始めていた。
高幡不動尊201807
蕾がたくさんあるので、まだこれから楽しめるね。

高幡不動尊参道の七夕飾り。参道を京王線高幡不動駅側から高幡不動尊の方向を見たところ。
高幡不動尊201807
せっかくの七夕飾りなのに歩いている人が少ないね。この炎天下では仕方ないか。
高幡不動尊201807
今年はあまりにもいい天気が続いたためか笹の葉がすでに茶色くなってしまっている。
高幡不動尊201807
この写真を撮っていて、七夕飾りは晴天の日に見るのが良いのか、それともちょっと小雨模様の時の方が似合うのか、良くわからなくなってきた(笑)

今週の高幡不動Vol.490
(撮影 2018年7月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/23) 早くも七夕飾り

高幡不動尊201806

この週末は土曜日が梅雨空となった東京多摩地区。
高幡不動尊とその参道では早くも七夕飾りが飾られていた。
高幡不動尊201806
高幡不動尊は七夕とはあまり関係ないので、飾りは入り口の仁王門前だけ。参道の七夕飾りはまた別の記事で。

この日は午前中はたまにパラパラと降るだけだったが、昼過ぎからは本降りになってしまった。
高幡不動尊201806

雨が似合うアジサイとは言うもの、雨が降っている時に写真を撮るのはちょっと面倒。
高幡不動尊201806
小雨が上がったタイミングで撮ってみたものの期待の水滴があまりついていない・・・
高幡不動尊201806

奥殿横から大師堂に向かう階段横のアジサイは最近花の勢いが落ちてきているようで残念。
高幡不動尊201806
弘法大師像前の立て札が新しくなっていた。

先週も見かけたウズアジサイ。
高幡不動尊201806
今回は境内の違う場所。ちょっと色合いが違う。
高幡不動尊201806

西洋アジサイと額アジサイがきれいに咲く四季の道入口付近。このときは小雨が一旦上がっていた時。
高幡不動尊201806
まだ見頃の状態が続いている。
高幡不動尊201806
四季の道の奥の方は西洋アジサイがきれいに咲いている。

弁天池に来ると思わず撮ってしまう、アジサイと噴水(笑)
高幡不動尊201806

気が付かない間にハスが大きく伸びて来ていた。来週には咲くかな。
高幡不動尊201806
いよいよ高幡不動尊のあじさいまつりも終わりに近づいてきている。7月7日(土)の七夕の日まで。


今週の高幡不動Vol.489
(撮影 2018年6月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 ネムノキ

昭和記念公園201806
梅雨空になった週末の昭和記念公園の様子。
ネムノキ、マメ科がたくさん咲いていた。ネムノキは合歓の木と書くが、夜になると眠るように葉が閉じることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201806
木の上で咲くので葉の上にきれいな毛が生えている感じに見えるけど、アップでみると化粧用の刷毛に似ているかな。
昭和記念公園201806
不思議な形をした花だね。

朝から時々パラパラと小雨が降るこの日の昭和記念公園は休園日?と思うほど人が少なかった。
昭和記念公園201806
イチョウ並木を見上げると、もうこんなにしっかりとした銀杏が成っている。
昭和記念公園201806

みんなの広場もガラガラ。まるで真冬の昭和記念公園のようだ。
昭和記念公園201806

梅雨空のおかげで西洋アジサイが元気そう。昭和記念公園201806

これはタイサンボク、モクレン科の花。漢字では泰山木または大山木と書く。
昭和記念公園201806
かなり大きくて立派な花。
昭和記念公園201806
いい香りがするそうだが、木の上の方なので今ひとつわからない。

こちらはクチナシ、アカネ科の花。
昭和記念公園201806
この花はとてもいい香りがするが、背も低いのでしっかり香りを楽しめる。

これはハナイカダ(花筏)、ミズキ科の実。
昭和記念公園201806
1つ1つの葉っぱの真ん中に誰かが実を置いたような不思議な様子。

クロコスミア、アヤメ科。別名、モントブレチア、ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。
昭和記念公園201806
南アフリカ原産でオレンジ色が鮮やかな花。
昭和記念公園201806
花は下から上に順番に咲いていく。
昭和記念公園201806
白いアジサイ、アナベルもまだまだ見頃が続いていた。
昭和記念公園201806

昭和記念公園(Vol.274)
(撮影 2018年6月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(06/17)アガパンサスが咲いた

雨が降りそうだけど降らないという梅雨時期らしい週末になった東京多摩地区。

先週、まだ蕾だった仁王門横のアガパンサス、ユリ科が咲いていた。
高幡不動尊201806
アガパンサスは夏の暑い時期に涼し気な色の花を咲かせてくれる花。

この日は第三日曜日。ござれ市が開催される日なので、あじさいまつりが始まってから一番人出が多かった。
高幡不動尊201806
不動堂に上がる階段にお参りの列が出来ているのを見るのは1月の初不動のとき以来かな。

いつも撮る四季の道の入り口。毎週人が少なくなるタイミングを狙って撮っているけど、この日は無理だった(汗)。
高幡不動尊201806

四季の道入り口で咲いている数少ない赤い色の西洋アジサイ。回りに比べて少し咲き遅れていたけど見頃になってきた。
高幡不動尊201806

四季の道の奥の方もこんな感じで、今日は人が多い。
高幡不動尊201806
でも、鎌倉などに比べたらね・・・(笑)
高幡不動尊201806
アジサイのイメージ通り、パステルカラーの西洋アジサイ。

これは先週も紹介したガクアジサイ金平糖。
高幡不動尊201806
この前はマクロレンズで撮ったので花の一部だったけど、これが葉っぱも含めた全体の姿。

これは高幡不動尊では割と珍しいウズアジサイ。花の端が丸まって渦を巻いたように見えるから。
高幡不動尊201806
江戸時代に園芸品種として育てられ、オタフクアジサイとも呼ばれるそうだ。

これも以前紹介した山アジサイ益城花八重。これマシキハナヤエと呼ぶ。ひょっとして熊本県の益城町に関係するアジサイ?
高幡不動尊201806
1つの枝から分かれて咲いているのに花の色が違う。これがアジサイの面白いというか不思議なところ。

いま境内奥にある大日堂に向かう階段横の額アジサイがきれい。
高幡不動尊201806
この階段を上がったところに山門があるんだけど、そこで何かが行われていた。
高幡不動尊201806
いままでこの場所に灯籠はなかった。この灯籠のオープニングセレモニーのようなものだろうか。
高幡不動尊201806

弁天池にかかる朱色の橋のたもとで咲く青いアジサイ。
高幡不動尊201806

この時期になると出店されるアジサイ柄のタオルなどを売っている露店。
高幡不動尊201806
いままでは不動堂の正面で出店していたけど、今年は場所が違う(汗)。

高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日(土)まで。
山アジサイはすでに見頃を過ぎ、西洋アジサイ・額アジサイが見頃になっている。

今週の高幡不動Vol.488
(撮影 2018年6月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


今週の高幡不動尊(06/09)ガクアジサイ 金平糖

2018年6月9日、高幡不動尊のあじさいまつりの様子。

高幡不動尊ではたくさんの種類のアジサイを見ることができるが、かわいいアジサイとしてオススメはこの八重咲きで白い縁取りが特徴の金平糖(コンペイトウ)というガクアジサイ。
高幡不動尊201806
なぜ金平糖という名前がついたのかはわからないが、インターネットで検索すると、静岡県にある加茂花菖蒲園で栽培されている、紫式部という品種と八重咲き品種とを交配・作出されたオリジナルのアジサイだそうだ。
高幡不動尊201806
咲いている場所は藤棚の横、山内経之供養塔の前。

6日に関東甲信地方が梅雨入りしたが、この日(9日)はいい天気になった。
高幡不動尊201806
しかも気温は東京で32℃となり、今年はじめての猛暑日となった。

高幡不動尊201806
夏の花、アガパンサス、ユリ科はまだ蕾。猛暑日になるのがちょっと早過ぎると困っているかもしれない。

西洋アジサイとガクアジサイが壁のように咲く四季の道入口。もう見頃になっている。
高幡不動尊201806
手前右側の人は奥の方で咲いている紅色の西洋アジサイ(下写真)の写真を撮っている。
高幡不動尊201806
高幡不動尊は青系のアジサイが圧倒的に多く、特に紅色の西洋アジサイは非常に少ない。

ブログにアップしているアジサイも青系が多い。
高幡不動尊201806
上写真の西洋アジサイも下写真のガクアジサイも見頃となっている。
高幡不動尊201806

ここは四季の道の奥の方。
高幡不動尊201806

弘法大師像前の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806
弘法大師もゆっくりアジサイ鑑賞していることでしょう。

毎週撮っている大日堂前の墨田の花火(スミダノハナビ)。
高幡不動尊201806
中央部分の花も咲いている。
高幡不動尊201806

これも高幡不動尊では珍しい紅色のガクアジサイ。紅色の西洋アジサイよりは多いけどやはり少ない。
高幡不動尊201806

高幡不動尊にあじさいを見に来た人達。
高幡不動尊201806
ここから見た写真はいままで撮ってことがなかったかもしれない。ちょっと新鮮。

今週の高幡不動Vol.487
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/03 その2)弁天池回りの様子

あじさいまつりが始まった高幡不動尊、その弁天池回りの様子。

弁天池という名前がついているだけあって、池の真ん中には弁天堂がある。
高幡不動尊201806
ガクアジサイの背景が弁天堂。

弁天池には小さな噴水もあって、暑い時期には涼し気な光景を作ってくれる。
高幡不動尊201806
同じところをレンズの絞りを変えて撮ったらポワーンと丸いボケが写った。
高幡不動尊201806

高幡不動尊201806
高幡不動尊の境内で西洋アジサイが一番早く咲く弁天池周辺はもう見頃。
高幡不動尊201806

5月にはアヤメ(菖蒲)やカキツバタ(杜若)が咲いていたが、この日はハナショウブ(花菖蒲)が咲いていた。花菖蒲は花びらの根本に黄色い模様がある。
高幡不動尊201806
花びらが紙かガーゼでできているように見える。
高幡不動尊201806

ここからは、あじさいまつりの期間中、一般公開される豊泉寮とその奥の茶室や庭の様子。
高幡不動尊201806
庭のツツジがガラス戸にきれいに映って、縁側でツツジが咲いているような錯覚に陥る(汗)

茶庭や日本庭園でよく見かけるカエデの1つアオシダレ。
高幡不動尊201806
こちらはこの時期でも葉が紅色のベニシダレ。
高幡不動尊201806
ベニシダレには手向山と呼ばれる品種などがある。

茶室の一番奥の方で咲いていたザクロ(石榴)、ザクロ科。
高幡不動尊201806
それほど大きな花ではないけれど、新緑の時期に赤い花は目立つね。

さて、今週末の天気はどうでしょうか?

今週の高幡不動Vol.486
(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 初夏の花々

梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


今週の高幡不動尊(06/03)あじさいまつりが始まった

6月1日(金)から高幡不動尊のあじさいまつりが始まった。
すでにたくさんのあじさいが見頃になっている。

これは藤棚そばで咲いているガクアジサイ ダンスパーティー。
高幡不動尊201806
名前はわからないけど、これも同じ場所で咲いている、ガクアジサイ。
高幡不動尊201806

大日堂前のスミダノハナビ(墨田の花火)。
高幡不動尊201806
よく見ると少し剪定されたようで若干小さくなっている。

山アジサイ紅。先に咲いた左側の花はかなり紅色が濃くなっている。その次は右上、そして下の順で咲いたのだろう紅色の濃さが違う。
高幡不動尊201806

山内のお地蔵さん(弘法大師)の周りの西洋アジサイもかなり咲き始めた。
高幡不動尊201806

背の高い西洋アジサイとガクアジサイが壁にように咲く四季の道入口付近。毎年定点観測している場所。
高幡不動尊201806
だんだんと咲き始めているのがわかる。
下は四季の道の奥の方。このあたりはまだこれからかな。
高幡不動尊201806

四季の道で咲くガクアジサイ。装飾花(ガク)は咲いているけど、中央の本物の花はまだつぼみ。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近の西洋アジサイはかなり咲いて来ている。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近に咲いている高幡不動尊では珍しい紅色系の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806

あじさいまつりが始まった最初の週末はいい天気に恵まれて、かなりたくさんの人が来ていた。
高幡不動尊201806
天気予報では週の半ばに雨が降り、そのタイミングで梅雨入りするのではないかとのこと。
雨が似合うアジサイだけど、写真はいい天気の日に撮りたいね。

今週の高幡不動Vol.485
(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(05/27)山アジサイが見頃

平年並みの気温が戻ってきて快適な週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の弁天池では、初夏の花、スカシユリが咲いていた。
高幡不動尊201805
ここではオレンジ色と赤色の2種類のスカシユリが咲くけど、毎年オレンジ色がかなり先に咲く。

同じく弁天池そばの西洋アジサイもこの1周間でかなり色づいて見頃近しの状態。
高幡不動尊201805

高幡不動尊では割と遅咲きの大日堂前のスミダノハナビ(墨田の花火)も咲き始めていた。
高幡不動尊201805

六地蔵さんの前でもアジサイが咲いて、六地蔵さんもアジサイの季節を楽しんでいることだろう。
高幡不動尊201805

山内では山アジサイが見頃になっている。
高幡不動尊201805
これは山アジサイ大虹。中央部分の本当の花もかなり咲いている。

私のお気に入りの山アジサイ、ミカタヤエ(美方八重)。
高幡不動尊201805

薄水色がいい感じの山アジサイ、舞妓アジサイ。装飾花が丸く手毬状になる。
高幡不動尊201805

白いアジサイのアナベル。最初は薄黄緑色でだんだんと白くなっていく。
高幡不動尊201805
手前のアナベルはもうかなり白くなってきている。

そしてこれはちょっと珍しいピンク色のアナベル。
高幡不動尊201805

西洋アジサイが壁のように咲く四季の道はまだこれから。
高幡不動尊201805
ここの西洋アジサイも部分的には少し咲いていたりするけど。
高幡不動尊201805

奥殿の横ではハギ(萩)、マメ科が咲き始めていた。萩は秋の七草だよね。
高幡不動尊201805

山アジサイが見頃になっているが、境内の隅ではまだツツジがきれいに咲いている。
高幡不動尊201805
高幡不動尊の第35回あじさいまつりは6月1日(金)から7月7日(土)まで。
山アジサイはもう見頃になっている。

今週の高幡不動Vol.485
(撮影 2018年5月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     




今週の高幡不動尊(06/03) あじさいまつり始まる

梅雨入り目前の週末。土曜日も日曜日も爽やかな晴れとなった東京多摩地区。
平均的な関東の梅雨入りは6月8日頃なので、次の週末はひょっとすると
梅雨入りしているかもしれない。

高幡不動尊では6月1日(木)から第34回あじさいまつりが始まっている。
高幡不動尊201706
あじさいまつりの時期には必ず不動堂前に出る露店。今年も定位置に。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)。写真にはきちんと写っていないけど、
葉の形がかしわに似ているから。
高幡不動尊201706
この「かしわ」は当然だけど鶏肉ではなくて、ブナ科の木のかしわ。
どうも「かしわ」と聞くと鶏肉を思い浮かべてしまう・・・(汗)

大日堂前の山あじさい武蔵野。爽やかな水色。
高幡不動尊201706

六地蔵さん前の山あじさい。
高幡不動尊201706

六地蔵さんの横から鐘楼を抜けて、山あじさいがたくさん咲く山の中に入る。
高幡不動尊201706
山の中の道沿いに自生の山あじさいがたくさん咲いている。

好きな山あじさい美方八重。
高幡不動尊201706
すこし尖った八重咲きの装飾花に陽射しが当たっている様子を撮るのが好き。

高幡不動尊201706
上が山あじさい虹、下が山あじさい大虹。虹と大虹の違いもわからないけど、
なぜ虹なんだろう。これから色が変わっていくのだろうか。
高幡不動尊201706

山あじさい剣の舞。勇ましい名前のあじさい。
高幡不動尊201706

山内のお地蔵さん(弘法大師さま)の回りのあじさいもかなり咲いている。
高幡不動尊201706

山あじさいにまじって、白いあじさいのアナベルが咲いてる。
高幡不動尊201706
最初は白っぽい緑色だけど、だんだん輝くような白色になる。もう少しだ。
下は赤色のアナベル。ピンクアナベルというそうだけど、初めて見た。
高幡不動尊201706

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁を作っている四季の道。
高幡不動尊201706
西洋あじさいが少し咲き始めている。
高幡不動尊201706
背が高く上向きに撮るので木漏れ日が玉ボケになって面白い感じに撮れた。
高幡不動尊201706
西洋あじさいは少し咲き始めているけど、額あじさいの方がまだまだな感じ。

毎年あじさいまつりの時に撮っている四季の道入り口付近。
高幡不動尊201706
高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで。
山あじさいはもう見頃になっているけど、西洋あじさいと額あじさいは
まだこれらかの状態。

今週の高幡不動Vol.446
(撮影 2017年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(05/27) あじさいまつり直前

東京多摩地区の週末は思ったほど気温が上がらず快適だった土曜日と
朝から暑くなった日曜日になった。

高幡不動尊の第34回あじさいまつりは今週の木曜日(6月1日)から。
高幡不動尊201705

大日堂の横では初夏の花、ホタルブクロ、キキョウ科が咲き始めた。
高幡不動尊201705

ちょっと珍しい、八重咲きのドクダミ、ドクダミ科。
高幡不動尊201705
ドクダミの回りに細い花びらがたくさん落ちているのは、この上でセンダン、
センダン科の花が咲いているから。
高幡不動尊201705

これはハコネウツギ(箱根空木)、スイカズラ科。葉がアジサイそっくり。
高幡不動尊201705
花は最初は白色だけど、だんだんと赤色に変化する。

大日堂前ではもうきれいに山あじさいが咲いている。
高幡不動尊201705
クロヒメアジサイかと思ったらトサユウチョウ(土佐遊蝶)という山アジサイだった。

こちらは山の中に入ったところで咲いているクロヒメアジサイ。
高幡不動尊201705
花びらに見えるガクだけでなく、中心部の小さい本当の花も咲き始めている。
高幡不動尊201705

お地蔵さんと山アジサイ。
高幡不動尊201705
高幡不動尊には山内四国四十八ヶ所巡りができるようになっているが、
これはお地蔵さんではなく、弘法大師さまなんだそうだ。

山アジサイ、スズカ(涼香)。梅雨時に咲くアジサイらしくない爽やかな名前。
高幡不動尊201705

四季の道の西洋アジサイはまだまだ蕾。
高幡不動尊201705

これは西洋アジサイが早く咲く弁天池まわりの西洋アジサイ。
高幡不動尊201705
ちょっとだけ花が開きはじめている。奥にボンヤリ見えるピンク色はスイレン。
高幡不動尊201705
弁天池にかかる橋と噴水。そしてツツジ。

高幡不動尊の第34回あじさいまつりは6月1日から7月7日まで。

今週の高幡不動Vol.445
(撮影 2017年5月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(06/07)あじさいまつりの様子

少し間があいてしまったが、これは6月7日の高幡不動尊の様子。

境内は梅雨の晴れ間というよりもう真夏の風景。
高幡不動尊201506-1

下の写真は境内の一番奥、大日堂の隣にある豊泉寮。
高幡不動尊201506-5
豊泉寮は八王子の豪商、豊泉吉兵衛翁とかつ子夫人から寄進された建物で、
主に茶席「緑豊軒」「汲泉亭」として利用されているらしいが、普段は一般には非公開

あじさいまつり期間中は普段は関係者しか入ることができないこの豊泉寮に入ることができる。
高幡不動尊201506-4
さらにその茶室ではあじさいまつり期間中の毎週水曜・木曜・金曜及び6日・7日・27日・28日
(11時〜16時)は薄茶接待(一服300円)がある。

高幡不動尊201506-2

茶室前には日本風の庭園もある。
高幡不動尊201506-3

さて、この日のあじさいの様子。
高幡不動尊201506-6
四季の道の西洋あじさいも見頃になっている。
高幡不動尊201506-7
四季の道入口で咲いている紅色の西洋アジサイも見頃。

高幡不動尊201506-8
せっかくだから五重塔を入れて撮るんだけど、ここは手前のアジサイと遠景の
五重塔の明るさが違っていてなかなか難しい。

高幡不動尊201506-9
奥の方は少し遅れ気味だったけど、もういまは見頃になっているだろう。

高幡不動尊201506-10
前回は山アジサイの写真が中心だったが、今回は西洋アジサイが中心。

弁天池まわり。
高幡不動尊201506-11
ここの西洋アジサイは、少し前から見頃になっている。
高幡不動尊201506-12
貴重な梅雨の晴れ間だったけどこの日は暑過ぎた・・・


高幡不動尊の第32回あじさいまつりは6月1日(月)から7月7日(火)まで。

 今週の高幡不動Vol.357
(撮影 2015年6月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(05/31)山アジサイが見頃

5月最後の週末。土曜日は真夏日、翌日の日曜日は小雨模様の予報に反して
かなりいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊第32回あじさいまつりが開催される前日の5月31日の様子。
高幡不動尊201505-1
あじさいまつりの場合、期間中にいろいろな行事が催されるが、アジサイの花が
急に咲き始めたりはしない(当たり前)ので、見頃の時期に行くのが最適。
 
久しぶりに不動堂にあがって御護摩修行。講話でアジサイの話が出たが、
やはり今年はアジサイの開花がかなり早いそうだ。

大日堂前の墨田の花火。
高幡不動尊201505-2
回りより少し遅目に咲く墨田の花火が5月末で咲き始めているのは少し早い。

これも大日堂前で咲いていたエゾアジサイ 青海(おおみ)。
高幡不動尊201505-3
エゾアジサイというからには北海道でも咲いているんだろうね。

山アジサイ 楊貴妃。
高幡不動尊201505-4
楊貴妃のように美しいのかな。

山アジサイ シチダンカ(七段花)。
高幡不動尊201505-5

大師堂の横で咲いていた山アジサイ 倉木の光。
高幡不動尊201505-6

大師堂の前で咲いてた山アジサイ 紅。
高幡不動尊201505-9
先週よりも紅色がしっかり濃くなってきている。
高幡不動尊201505-7
まだこれからさらに紅色が濃くなるが、これぐらいの紅色がちょうどいい気がする。

聖天堂前で咲いていた山アジサイ 瀬戸の鶴姫。 瀬戸の花嫁ではない(笑)
高幡不動尊201505-8

こちらは弁天池まわり。西洋アジサイもだんだんと咲いてきている。
高幡不動尊201505-10

四季の散歩みち入口。ここの西洋アジサイ、額アジサイはまだあまり咲いていない。
高幡不動尊201505-11
毎年人気を集めるのが、入口近くのこの紅色の西洋アジサイ。
高幡不動尊201505-12
たくさんのアジサイが咲く四季の散歩みちで紅色のアジサイはこの株だけ。

高幡不動尊の第32回あじさいまつりは6月1日(月)から

  今週の高幡不動Vol.356
(撮影 2015年5月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(05/23)山アジサイ

土曜日・日曜日とも比較的いい天気だった東京多摩地区。
いまはお出かけには一番いい季節かもしれない。
高幡不動尊201505-1
あじさいまつり前、いつものように静かな高幡不動尊境内。

奥殿横では、早くもホタルブクロ、キキョウ科が咲いていた。
高幡不動尊201505-2

このホタルブクロの上にはヤエウツギ(八重空木)、ユキノシタ科又はアジサイ科。
高幡不動尊201505-4
柔らかい感じの花びら。
高幡不動尊201505-3
蕾の時は薄っすら紅色。

大日堂前。
高幡不動尊201505-5

こちらは山内の山アジサイ自生地付近。
高幡不動尊201505-6
美方八重という山アジサイ。

これはトリアシショウマ(鳥足升麻)、ユキノシタ科。
高幡不動尊201505-7
トリアシショウマの後ろの石碑には、 木に石に 佛心棲めり 紫陽花寺 鏡水
とあった。やはり高幡不動尊は多摩の紫陽花寺だね。

山アジサイ 紅。いまはまだ白い部分が多く薄紅色だけど、だんだんとこの紅色が濃くなる。
高幡不動尊201505-8
色の変化を見るのも楽しみの1つ。

高幡不動尊境内で一番最初に咲く西洋アジサイはここ弁天池のそば。
高幡不動尊201505-10
かなり咲いてきている。
高幡不動尊201505-11
すでに山アジサイは見頃になっているが、他の場所に西洋アジサイはまだこれから。

弁天池に咲くスカシユリ。これから、オレンジ色も咲いてくるはず。
高幡不動尊201505-9
 そばのアジサイとのコラボが楽しめる。
 
高幡不動尊のあじさいまつりは6月1日から

  今週の高幡不動Vol.355
(撮影 2015年5月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち