ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

落ち葉

晩秋

落ち葉
  D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.12 高幡不動尊

紅葉で木々を色付けた後も、こうして楽しませてくれます。

こういうのを見ると撮りたくなります(笑)
 

今週の高幡不動(12/14)落ち葉

12月第2週目の週末。静かな高幡不動尊の様子。

冬晴れの境内。真冬の光景。 
高幡不動201412-2
 入口の仁王門付近の段差をなくすカバーが設置された。
高幡不動201412-11
これは年末年始に大勢の人が来て段差でつまずかないようにするために毎年設置される。
高幡不動201412-1
これが境内側。混雑すると足元なんか見えないからこのカバーはすごく大切。


五重塔の回りのモミジの様子。
高幡不動201412-9
秋の名残を少し残しつつも冬に向っていることがよくわかる光景。
高幡不動201412-6
境内や山の中の至るところに色づいた葉がたくさん落ちている。
 高幡不動201412-4
落ち葉の季節だね。
高幡不動201412-5
でもこの落ち葉の掃除は大変。
高幡不動201412-8
ニコニコ地蔵さんも我々が見ていない時に掃除を手伝ってくれているんだろう。

高幡不動201412-3
太陽の南中高度が最も低くなる冬至(12月22日)が近づき木々の影が長い。

初冬の花、山茶花。
高幡不動201412-7

そしてこちらは弁天池で咲いていたカキツバタ。
高幡不動201412-10
9月、10月に咲いているのを見かけることはあるが、もう12月、狂い咲きにも程があるよね(笑)。


今週の高幡不動Vol.340
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


今週の高幡不動(12/07)山茶花

とうとう12月に入った高幡不動尊。
菊まつり、万燈会、紅葉まつりと秋の恒例行事が終わって不動堂前ももとの静けさに戻った。
高幡不動尊201312-2
次の週末には年末年始向けの準備が始まっているので、素っぴん(?)の不動堂が見れるのは年内はこれが最後かも。

高幡不動尊201312-1
仁王門の掲示は七五三参りから元旦の大護摩御修行に変わった。

いま高幡不動尊の山の中は落ち葉が一杯。
高幡不動尊201312-10
しっとりした紅葉の道。
高幡不動尊201312-9
結構、いろいろな色が散りばめられている。

晩秋の低い日射しが長い影を作る。逆光に弱いレンズだといろいろ辛い(笑)。
高幡不動尊201312-6

これからしばらくは山茶花の天国。
高幡不動尊201312-7
山内八十八ヶ所巡りのお地蔵さんのまわりでたくさん咲いている。
高幡不動尊201312-13
山茶花っていろいろな種類があるよね。
高幡不動尊201312-8
実は山茶花ではなく椿だったりして。見分け方がよくわかっていないので、木の下を見て花びらが落ちているか花ごと落ちているかで見分けている(汗)
高幡不動尊201312-11
キラキラしていい感じだと思って撮ったが、キラキラが多すぎてちょっとうるさい(笑)

高い木の枝にひっかかっている赤いモノはひょっとしてお地蔵さんの頭巾?
高幡不動尊201312-5
カラスの悪戯かな。

お正月飾りにもよく使われるマンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。
高幡不動尊201312-4
同じようにこの時期に赤い実をつけるセンリョウ(千両)、ヒャクリョウ(百両)、ジュウリョウ(十両)がある。
センリョウ(千両)だけはセンリョウ科で他と種類が違っていて、見た目にも赤い実を葉の上につけるので簡単に見分けがつく。

奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201312-3
蕾のようなものがたくさん見えたので思わず撮ったけど、この花が咲く頃はもう春。まだまだ先だ・・・

ドウダンツツジだろうか?ヒカゲツツジのようにも見えるけど、花が咲いている時に確認しないとわからないなぁ(汗)。
高幡不動尊201312-12
この紅葉、日影でひっそり色付いていて自らがうっすら発光しているように見えた。
もう高幡不動尊の秋も終わりだね。

今週の高幡不動Vol.293
(撮影 2013年12月07日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


今週の高幡不動(10/26)第43回菊まつり

台風27号は、はるか南の太平洋上にいるころから、今週の後半には接近する、本州に上陸もあり得るとたくさんの情報が流され、あちこちで警戒態勢がとらえるなか、週末26日土曜日の午前中に伊豆諸島沖を通過していった。お騒がせ台風・・・

26日は高幡不動尊で恒例の第43回菊まつりが開催される日。
台風の接近が予定され、早朝から午前中は結構雨も降ったので、開催されているかどうかわからなかったが、昼過ぎに雨が止んだので散歩の途中で寄ってみた。
高幡不動201310-1
仁王門前にこうして鉢植えの菊が置かれていて、予定通り菊まつりが開催されていた。

不動堂の両側のコーナーにもちゃんと菊が置かれているようだ。
高幡不動201310-2
雨が止んだので七五三参りの姿もわりと見かけた。

不動堂の左側はいつもいろいろな飾りの菊が展示されるところ。今年は毎度お馴染みのドレスの菊人形。
高幡不動201310-10
よくこの場所にいる亀は、今年は宝輪閣の前にいた(笑)
高幡不動201310-11
いつもここにいる孔雀がいないなぁ・・・

境内のコーナーはまだ空っぽだったり、半分ぐらいしか置かれていなかったり。置かれた菊もまだこれからという咲き具合の花が多かったが、このコーナーはしっかり飾ってある。
高幡不動201310-3
こんもりと盛り上がって咲いた「厚盛り」や盛り上がって咲いた外側の花弁が流れて咲く「厚走り」など大輪の菊が飾られている。
高幡不動201310-4

高幡不動201310-9
 ポンポン菊はいつみてもかわいい、しかもしっかり咲いている。

高幡不動201310-5
夕方近くになってしまったため、写真はまた今度になってしまった。

台風の風で飛ばされたのだろう大日堂前は枯れ葉がたくさんで秋らしい光景に。
高幡不動201310-7

これは菊まつり期間は特別に開放される清泉寮の中庭。
高幡不動201310-6
お不動さんの中の日本庭園。
 
石畳に濡れた落ち葉の六地蔵さん前も秋模様。
高幡不動201310-8
 第43回菊まつりは10月26日(土)から11月17日(日)まで。
この日は午前中の雨もあり、まだ半分準備中のような感じだったけど、次の週末にはしっかり見ることができるだろう。そして菊の花の見頃は例年通りならば11月4日の週、11月8、9日の週末あたりかな。

ちなみに、この翌日は台風一過の大快晴。絶好の散歩&写真日和の日曜日となったが、用事があって終日都心のビル内に缶詰、残念(泣)。

今週の高幡不動Vol.288
(撮影 2013年10月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

今週の高幡不動(12/16)今年最後のござれ市

このところ土曜日は天気が悪く、日曜日に回復するパターンが多いような気がする東京多摩地区。

この週末も土曜日がぐずつき模様で、日曜日は天気が良く気温もあがって絶好の散歩日和。
高幡不動201212-2

落ち葉できれいなモミジの絨毯ができている。
高幡不動201212-5
でも人がほとんどいないのが京都と大きく違うところ。まあ当たり前か

交通安全祈願殿奥の水面に浮いている落ち葉のモミジはまだ真新しい。
高幡不動201212-9
五重塔近くでまだ少しだけ残っていた秋の名残の紅葉。
高幡不動201212-11

大日堂前の日向水木の芽はまだ小さく堅い。
高幡不動201212-4
冬になったばかりなのに、日向水木の芽を見て春を待つのは気が早いか・・・

この日は第三日曜日、今年最後のござれ市。
高幡不動201212-10
寒い時期のためか人もお店もちょっと少なめ。ん?ひょっとして選挙のためか?

高幡不動201212-3
懐かしい黒電話と懐かしいビン。しかも中身入り?
高幡不動201212-6
コカ・コーラはたまに見かけるけど、ファンタのビンは久しぶり。ドクターペッパーは缶でしか飲んだことがない。
高幡不動201212-7
お正月らしいおもちゃ。コマとめんこ(東京)、べったん(大阪)、ショーヤ(名古屋)。
高幡不動201212-8
でも最近実際にこれで遊んでいる姿は見かけない。公園に何人か集まっていても手にはゲーム機を持っている。赤外線通信で遊んでいるのか?

この時期らしく寒さ対策も万全。
高幡不動201212-12
でもこの日は東京で18℃ぐらいまで気温あがったので、それほど活躍しなかったかもね。

毎年恒例だけど、ここはたくさんの人が列をつくるので段差をなくす。
高幡不動201212-1
高幡不動尊も少しずつ初詣の準備がすすむ。
来週には不動堂の右側に昇り口、左側に下り用スロープが出来ていることだろう。

今週の高幡不動Vol.245
(撮影 2012年12月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.51(12/13)晩秋風景

昨晩はちょっと飲み過ぎで、起きたらもう昼近く
外は曇り空だけどたまに太陽が顔を出す、昨日まで比較的暖かだったが今日は空気が少し冷たい

今週の高幡不動尊はほんとうに静かだった
高幡不動尊晩秋-1高幡不動尊晩秋-8
参拝客はすくないけど、境内のあちらこちらで、年末年始の準備が始まっていた

(下写真左)誰もいない仁王門の様子。いつも人がこちらを向いて歩いてくるので、あまりこの方向から写真を撮っていなかった
高幡不動尊晩秋-2高幡不動尊晩秋-4

きれいだった紅葉も、もう完全に終わった
やっとカメラマンたちの視線から開放された五重塔と大師堂
高幡不動尊晩秋-3高幡不動尊晩秋-5

(下写真左)初夏の頃には山あじさいが咲くこの散策路、いまは落ち葉がたくさん敷き詰められひっそりとしていた
高幡不動尊晩秋-6高幡不動尊晩秋-7
茶色いもみじの落ち葉と違って、イチョウの落ち葉があるところは少しだけ明るい

一緒に散歩していたちびたが、小学校で先生にイチョウの葉っぱだけを別の袋にわけて入れる理由を聞いたら、イチョウの葉っぱは燃えないからだって教えてもらったと、このイチョウの落ち葉を見て言っていた

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ