ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

菜の花

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 菜の花畑

昭和記念公園のチューリップを何度かアップしたけど、同じ時期にみんなの原っぱ東花畑では菜の花が見頃になっていた。
昭和記念公園 菜の花畑
奥は桜の園。さすがにもうソメイヨシノは散ってしまっている。 
昭和記念公園 菜の花畑
この写真は4月中旬に撮ったものなので、もう今頃は桜の木も葉がたくさん出て新緑と菜の花になっているだろう。
昭和記念公園 菜の花畑
 菜の花の独特な香りにつつまれながらの写真撮影。
昭和記念公園 菜の花畑
 
みんなの原っぱの端の方では、ムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科もたくさん咲いている。
昭和記念公園 菜の花畑
 ムラサキハナナは花が大根に似ているから花大根、諸葛孔明が兵士の食料となるように栽培したから諸葛菜などとも呼ばれる。
昭和記念公園 菜の花畑
実はオオアラセイトウという名前が本名のようだけど、なんだかなじめない名前だ(汗)

 昭和記念公園(Vol.163)
(撮影 2016年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 桜の園

昭和記念公園 桜と菜の花
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 昭和記念公園 
昭和記念公園 桜と菜の花
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 昭和記念公園
昭和記念公園 桜と菜の花
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 昭和記念公園

昭和記念公園のみんなの原っぱ北側の「桜の園」。

ソメイヨシノはまだ見頃でした。


 

昭和記念公園(2015年5月)アイスランドポピー

少し前になってしまうが、ゴールデンウィーク中の昭和記念公園の続き。

緑と水辺の風景が気持ちのよい晴天の日本庭園。
昭和記念公園201505-7

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-6
緑の中で赤色が映える。

日本庭園らしい雰囲気が出るボタン。
昭和記念公園201505-5
ちょうど見頃だった。
昭和記念公園201505-4

みんなの原っぱ東花畑ではまだ菜の花を見ることができた。
昭和記念公園201505-1
奥のソメイヨシノはもう完全に新緑。
昭和記念公園201505-2
今頃はもうこの菜の花も終わってしまっているのだろう・・・ 

 この日はみんなの原っぱ西花畑ではアイスランドポピーが見頃。
昭和記念公園201505-8
 アイスランドポピー、ケシ科は別名シベリアヒナゲシ。

昭和記念公園201505-9
野生種の花は白色と黄色だけで、園芸種として品種改良されて、ピンク、オレンジ、クリームなど
多種の色が創出されたそうだ。
昭和記念公園201505-10

こちらは花の丘。アイスランドポピーに変わって5月中旬からは、この花の丘の
シャーレーポピー、ケシ科が主役になる。
昭和記念公園201505-3
この日は上写真のように、まだまばらな咲き具合だったが、昭和記念公園のホームページでは
もうとっくに見頃になっている。

昭和記念公園(Vol.134)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

昭和記念公園の春

昭和記念公園201504-1
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園
昭和記念公園201504-2
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園

菜の花畑は見頃、でも背景のソメイヨシノが見頃を過ぎてしまっているのが少し残念。

昭和記念公園201504-3
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園
昭和記念公園201504-4
    K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.04  昭和記念公園

最近、レンゲ畑を見ることがないので、昭和記念公園にレンゲ畑を作ってくれるとありがたいんですけど・・・。


菜の花

菜の花
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.01  東京都日野市

 まだ少しだけですが、近所の畑で菜の花が咲き始めていました。
 
 

昭和記念公園(2014年4月) 桜の園と菜の花畑

4月6日の昭和記念公園の様子。
ホームページを見るといろいろな桜が満開・見頃になったと書いてあったので昭和記念公園に行ってみた。

この日は午前中は晴れ間があるものの、午後からは雷雨や突風が吹くなど変わりやすい天気になるという予報。
普段よりも朝少し早めに散歩に出て高幡不動尊をお参りした後、急いで昭和記念公園に来たが、すでに怪しい雲が・・・
昭和記念公園201404-1
立川口から園内に入って、最初の桜のビューポイントである、ふれあい橋に来た頃にはポツポツ雨が降り始めた。
昭和記念公園201404-2
この時11時30分、まだ午前中だよなぁ・・・なんて思っても天気は待ってくれない。

だんだん雨が激しくなり、傘なしで歩いていられないぐらいになったので、しばらく花木園の展示棟で雨宿り。
そして約20分後、雨がほとんど止んだので、みんなの原っぱ北側の桜の園に向かう。
昭和記念公園201404-3
桜の園のソメイヨシノと原っぱ東花畑の菜の花のコラボ。これが見たかった。
昭和記念公園201404-4
桜の園に近づきながらいろいろ撮って見る。
昭和記念公園201404-5
菜の花もソメイヨシノもちょうどいい状態。
昭和記念公園201404-6

雨が降った後で水滴なんかも(笑)
昭和記念公園201404-7

桜の園のソメイヨシノの下は花見の人が大勢。さっきの雨はどうやってしのいだのだろうか・・・
昭和記念公園201404-8
 青空も見えて、さっき雨だったのが嘘のようなお花見日よりになった。

渓流広場の方に向かうとこちらはソメイヨシノとムラサキハナナのコラボ。
昭和記念公園201404-10
 
ムラサキハナナとラッパズイセン。
昭和記念公園201404-11
ムラサキハナナも菜の花と同じアブラナ科。
昭和記念公園201404-12
花大根とも呼ばれるだけあって、花の形が大根の花に似ている。

いま残堀川沿いはソメイヨシノと少し色が濃い陽光の2種類の桜がコラボ。
 昭和記念公園201404-14
手前の黄色はレンギョウ、モクセイ科。もう少し天気がいいと輝いてくれたんだけど。

遠くに見えている橋は最初に残堀川を撮ったふれあい橋。橋の上からこちらの写真を撮っている人がいっぱい。
昭和記念公園201404-13

立川口から帰るため、ふれあい橋のところまで戻ってきたら、また空が怪しくなってきた。
昭和記念公園201404-15
結局はここは曇り空でしか撮れなかった(涙)
昭和記念公園201404-16
雨に濡れたしっとりとした桜もいいものだけど、人間は雨には濡れたくないよね・・・

昭和記念公園はソメイヨシノが終わると、次は渓流広場のチューリップが見頃になってくる。

 昭和記念公園(Vol.109)
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

春の3色

ソメイヨシノと菜の花
K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.4 昭和記念公園

ソメイヨシノに菜の花、そして青空。春の色が3色揃いました。

 

昭和記念公園(2014年3月) クロッカス

前回に続いて3月の昭和記念公園の様子。

まずは、この日の目的でもあった、こどもの森で咲いているクロッカス。
昭和記念公園201403-1
春の日差しをいっぱいに浴びて咲いている。
昭和記念公園201403-14
黄色や明るい紫の花が多く白いクロッカスは少なめ。
昭和記念公園201403-2
同じ黄色の花、ラッパスイセンも一緒に咲いている。
昭和記念公園201403-13
少し離れた所から見てもこの辺りはパッと明るく見える。

これはチューリップ。
昭和記念公園201403-11
ホームページでは原種系チューリップと紹介されていた。
昭和記念公園201403-12
小さな青色はオオイヌノフグリ。こここどもの森は春の花が勢ぞろいしている。

この花は何だろう?
昭和記念公園201403-10
ブルーがすごくきれいなので思わず撮ったが名前がわからない(汗)

ホームページでこもれびの丘で、カタクリ、ユリ科が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201403-7
カタクリはまさに春の妖精。春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。
昭和記念公園201403-6
スプリング・エフェメラルと呼ばれ、春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。

アズマイチゲ、キンポウゲ科。この花もカタクリと同じスプリング・エフェメラル。
昭和記念公園201403-8
昭和記念公園は、こうやって名前の表示板を設置してくれているのがうれしい。

オキナグサ、キンポウゲ科。まだ完全に開花していない感じ。
昭和記念公園201403-9
アズマイチゲ、福寿草、節分草など早春はキンポウゲ科の花が目立つ気がする。

道端に咲いていたスミレ。春だね。
昭和記念公園201403-5
ちょっとアップで。
昭和記念公園201403-17

みんなの原っぱ東花畑は、すぐそばにソメイヨシノがある。(これは3月23日の様子)
昭和記念公園201403-4
菜の花は少し咲き始めていたが、ソメイヨシノはまだ開花前。

ここからは残堀川沿い。(以下は3月23日の様子)
昭和記念公園201403-15
この日ソメイヨシノにはまだ早かったが寒緋桜は見頃。

すぐそばの修善寺寒桜も見頃になっていた。
昭和記念公園201403-16
河津桜にはメジロ。春のお決まりの取り合わせ。
昭和記念公園201403-3

お彼岸の3連休からまだ1週間しか経っていないが、季節が急に動き出した感じ。 

3月26日(水)に昭和記念公園のソメイヨシノの基準木が開花したそうだ。
この週末は天気が今一つになってしまったが、ソメイヨシノはまだ少し早め。来週末の天気に期待したい。

 昭和記念公園(Vol.108)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

昭和記念公園(2013年4月)春の花々

4月の昭和記念公園。
前回はチューリップだらけだったが、今回はそれ以外の花たち。
昭和記念公園201304-2

芝桜、ハナシノブ科。近いところでは埼玉県秩父市の羊山公園が有名。
昭和記念公園でも見ることができる、でも規模はとっても小さい(汗)
昭和記念公園201304-1
今年は芝桜の間から顔を出す雑草が少し多かったような気がする・・・

ヤマブキソウ、ケシ科。
昭和記念公園201304-3
ヤマブキ、バラ科。ケシ科とバラ科の違いはあるが、どちらも鮮やかな黄色で絵の具のヤマブキ色のイメージ。
昭和記念公園201304-6
こちらは白いヤマブキ、シロヤマブキ。
昭和記念公園201304-7
ヤマブキ色のイメージが強いので白いのにヤマブキって何?といつも思う。

日本庭園。シャクナゲがいい感じで咲いていた。
昭和記念公園201304-8
ボタン、ボタン科。大輪の赤い花は迫力がある。
昭和記念公園201304-4
こちらは、銭湯の壁に描かれているような感じ。
昭和記念公園201304-5
藤棚、この日はまだ早すぎた。
昭和記念公園201304-9
日本庭園らしく「和」のイメージの花がたくさん。

そして、みんなの広場東花畑の菜の花、アブラナ科。
昭和記念公園201304-10
菜の花は見頃だけど、奥の桜(ソメイヨシノ)は完全に終わっている。
昭和記念公園201304-11

紫色の菜の花、ムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201304-14
この花の群生はすごくきれいなんだけど、今年はあまり元気な姿を見ることができなかった。

アジサイ(特にアナベル)にそっくりだけど、これはオオデマリ(大手鞠)、スイカズラ科。
昭和記念公園201304-12
咲く時期がアジサイより早いからオオデマリだろうなと思うけど、見た感じの違いはよくわからない(汗)

こちらは立川口カナール横の藤棚。
昭和記念公園201304-13
やはりこちらの藤棚もちょっと早めだった。きっと今頃はきれいになっているだろう。

昭和記念公園(Vol.85)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年2月)福寿草と菜の花

前回アイスチューリップと節分草だった、2月の昭和記念公園の続き。

冬の東京らしい乾燥しているがいい天気。ロウバイの黄色が映える青空。
昭和記念公園201302-8

日本水仙が少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園201302-2
きれいに咲きそろうのはまだこれから。
昭和記念公園201302-1
渓流広場で見つけたラッパスイセン。この日咲いていたのはこの1輪だけ。
昭和記念公園201302-12

シナマンサク、マンサク科。シナマンサクは前年の枯れた葉がたくさん残った状態で花が咲く。
昭和記念公園201302-3
黄色いチリチリの花びら、中央の暗赤い部分が口を開いたようにも見える。
昭和記念公園201302-4
早春に他の花より先に咲くので、「まず咲く花」、から「まんさく」になったという説や、たくさんの花を咲かせるので「豊年満作」から命名されたという説がある。

福寿草、キンポウゲ科も咲き始めた。
昭和記念公園201302-5
福寿草は最初は茎が短い状態で花が咲くが、徐々に茎も葉も伸びてくる。伸びた状態の福寿草を横から見るとちょっと変な感じ(笑)。
昭和記念公園201302-6

秋にはコスモスの丘になっていたこの丘、ただいま春のシャーレーポピーの丘に生まれ変わるための準備中。
昭和記念公園201302-9

寒咲き菜の花がずいぶん咲き始めていた。
昭和記念公園201302-11
今年は寒さで生育が余り良くないらしい。
昭和記念公園201302-10
それでも、こうやってみると春らしい光景。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。この花はいつもうつむき加減で撮り辛い(汗)。
昭和記念公園201302-7
節分草、福寿草、クリスマスローズ、どれも同じキンポウゲ科。キンポウゲ科は虫媒花で美しいため観賞用に栽培される花が多いそうだ。

虫媒花(ちゅうばいか)が美しいのは、虫を誘引するため美しく目立つためだそうだが、虫にとっての魅力的な姿と人間が美しいと感じる姿にはある程度共通性があるんだろうか。

プラタナスと呼ばれることが多いモミジバスズカケノキの木の果実。
昭和記念公園201302-13
そもそもスズカケと呼ばれるのは、果実が鈴に似ているかららしい。これって鈴に似ている?

昭和記念公園(Vol.80)
(撮影 2013年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

浅川河川敷の冬景色

散歩道の浅川(多摩川水系)河川敷は、渇水期となる冬になると護岸工事が始まる。
浅川河川敷201301-4
毎年場所を変えて少しずつ整備しているが、今年整備しているここはネザサ(根笹)の群落があった場所。
浅川河川敷201301-5
この看板には、ここの竹木(ネザサ)、土砂、石などを取ってはいけないと書いてある。さらに、ここは伝統的な河川工法(蛇かご)によって築かれ、そこに繁茂するネザサが洪水の水あたりをやわらげ護岸を保護するとも書いてある。
浅川河川敷201301-6
蛇かごというのは、鉄線などでつくったカゴに砕石をつめたものだそうだ。
ここの護岸工事はコンクリートむき出しのままにはせず、上から土をかけて草を植えて見た感じは以前と変わらないように戻すが、ここの蛇かごとネザサも元に戻すのだろうか?
浅川河川敷201301-2
重機を使って刈り取っている。人間が刈っていたら大変な広さだ。
浅川河川敷201301-1
クレーン車のこのオレンジ色の機械でバリバリと草刈りをしている。

同じ浅川の河川敷ではこの日(1月19日)どんど焼きの準備をやっていた。
浅川河川敷201301-7
翌1月20日が本番、人がたくさん集まっている。餅を焼くための火が整うのを待っているところかな。
浅川河川敷201301-8
ここは、ふれあい橋(万願寺歩道橋)のすぐ横。
浅川河川敷201301-9
いい天気で白い橋が青空に映える。

今年も自分の自治会のどんど焼き準備のお手伝い(1月13日)。
浅川河川敷201301-12
ここは小学校の校庭。竹で骨組みをつくって回りをカヤ(萱)で囲み、わら縄で固定する。縄は秋祭りの時に町内の道路に張ったしめ縄を保存しておいたものの再利用。燃やすのですべて自然素材。
浅川河川敷201301-13
はぼ完成したところ。緑色なのは飾り終わった松飾りを回りに指したため。
浅川河川敷201301-15
残念なことにどんど焼き本番の日(1月14日)は東京に大雪が降った。
浅川河川敷201301-14
まるで雪国のどんど焼き風景のようだった。

浅川を渡る、多摩都市モノレール。雪が積もった山は雲取山などの奥多摩あたり。
浅川河川敷201301-3
小さく写っているのは横田基地から飛び立った軍用機だろうか。

今年最初の菜の花の写真。河川敷そばの畑で見つけた。
浅川河川敷201301-11
菜の花の後ろの白い建物はクリーンセンター(ごみ焼却施設)。このクリーンセンターの後ろには多摩川が流れていて、その土手は春にはきれいな桜並木になるところ。

(撮影 2013年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)お花見の様子

昭和記念公園201204-1
昭和記念公園の桜も咲き始めて春らしい色になっている。これは「ふれあい橋」から園内を流れる残堀川上流方向を見たところ。先に見えるのは「さくら橋」かな。

すごい色合い、春の色が満ちあふれている、こんなところでお花見なんて最高だろうなぁ。人が一杯だけど・・・
昭和記念公園201204-15
ピンク色がソメイヨシノや河津桜、紅色っぽいのはカンヒザクラだろうか、黄色がレンギョウ、白が雪柳だろう。春の花が勢揃い。

こちらはゆっくりカンヒザクラ(寒緋桜)の下でお花見。
昭和記念公園201204-13
ソメイヨシノや河津桜とはちょっと違った感じの花。
昭和記念公園201204-14

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。
昭和記念公園201204-4
例年だとこの黄色い菜の花の先で桜が満開になってピンク色に染まっているんだけど、今年はこのあたり(桜の園)の桜がまだあまり咲いていない。
昭和記念公園201204-5
近づいて良く見てみるとまだこんな感じ。3〜5分咲程度かな。
昭和記念公園201204-6

紫色の菜の花とも言える、ムラサキハナナ(紫花菜)もきれいに咲いている。
昭和記念公園201204-9
奥の黄色の花はラッパ水仙。
昭和記念公園201204-7
まさに春の小川。黄色い水仙が水面に映る姿を熱心に撮っている人がいた。
昭和記念公園201204-8

渓流広場のチューリップも咲き始めていた。
昭和記念公園201204-10
ムスカリがいいアクセントになっている。
昭和記念公園201204-11
渓流広場のチューリップの見頃は4月後半ぐらいだろうか。

みんなの原っぱ西花畑のアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科はまだ少し早いね。
昭和記念公園201204-12

この日もメジロが撮れた
昭和記念公園201204-3
青空の下で気持ちよさそうだった。
昭和記念公園201204-2
河津桜とメジロの写真は毎年高幡不動尊で撮るんだけど、今年は昭和記念公園でも撮ることができた。

昭和記念公園のソメイヨシノはまだそれほど咲いていなかったので、今日の雨は花散らしの雨にはならなかったのではないかな。週末の天気が良ければまたいいお花見ができると思う。

 昭和記念公園(Vol.54)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年3月)やっと春が来た 菜の花編

昭和記念公園201203-6
昭和記念公園の春は梅、桜、そしてこの菜の花。暖かい日射しでみんなの広場にもたくさんの人。

春になって活動を開始したのは人間だけじゃない。
昭和記念公園201203-5
いろいろな花を求めてハチ達も大忙しの様子。
昭和記念公園201203-9
足に花粉をたくさんつけているのが、働きバチらしい姿。
同じ椿でもこちらの椿にはあまり虫が付かいていない。きれいな花ほど虫が付かない?
昭和記念公園201203-4

クリスマスローズもやっと咲き始めた。
昭和記念公園201203-3
クリスマスローズはバラ科ではなくキンポウゲ科。
クリスマスの時期に咲くバラに似た花ということでついた名前らしい。
昭和記念公園201203-2
クリスマスローズってみんなちょっとうつむき加減の花が多い。
昭和記念公園201203-1
たまに、こういう前向きの花を見つけると、ちょっとうれしくなったりして

ピンク色が口紅っぽいイメージでかわいいアセビ。
昭和記念公園201203-8

マンサク科のヒュウガミズキ(日向水木)
昭和記念公園201203-7
「日向」の由来は、宮崎に多く植栽されたという説と明智日向守光秀の所領だった丹波地方に多く植栽されていたという説があるそうだ。

早春から咲いていた日本水仙に変わって、いまはラッパスイセンが見頃。
昭和記念公園201203-12

ショカツサイ、ハナダイコンなどの別名がある菜の花と同じアブラナ科のムラサキハナナ(紫花菜)も咲き始めていた。
昭和記念公園201203-10
この花が一面に咲いて見頃になるのは、もう少し先。その頃はこのチューリップもきれいに咲くだろう。
昭和記念公園201203-11
咲くとちゃんと絵柄になるように仕込んである。どんな絵柄になるんだろうね。

この大きな切り株はパンパスグラス。
昭和記念公園201203-13
今年1月中旬に撮ったのが下の写真。パンパスグラスは秋にはまたこの姿になる。
昭和記念公園201203-15
1月の写真は曇り空だったが、菜の花には青空が似合うね。
昭和記念公園201203-14
写真の左上、花に隠れて頭らしきものが少し写っているが、この写真の続きがこちら

 昭和記念公園(Vol.53)
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年2月)福寿草と節分草

2月の昭和記念公園、まだ咲いている花は少ないが、今回の散歩の目的はこの福寿草。
昭和記念公園201202-2
例年だと、もっとたくさん咲いている時期だったと思うけど、この日咲いているのを見つけたのはここだけ。
昭和記念公園201202-1

1月から咲いていた春を告げる花、スノードロップがもう終わりかけ、ちょっと早くないか?次に何かの花が咲いてくれないと花不足になる。
昭和記念公園201202-3
次の候補はこのクリスマスローズかな。もう少しで咲きそう。
昭和記念公園201202-4
昨年は1月からすでに咲いていたような気がするけど・・・

この日のもう1つの目的は、1月にほんのちょっとしか咲いていなかったセツブンソウ(節分草)。
昭和記念公園201202-5
節分草は福寿草と同じキンポウゲ科。福寿草が旧暦の正月の頃に咲き始めることからガンジツソウ(元日草)やツイタチソウ(朔日草)と呼ばれるが、このセツブンソウ(節分草)は節分の頃から咲くのが由来。
昭和記念公園201202-6
マクロレンズで撮ると大きさがわかりづらいが、かなり小さな花。
下のようにマツボックリと並んで咲いているとその小ささがわかる。
昭和記念公園201202-7
もう少し2月の昭和記念公園を歩いてみる。

続きを読む
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ