ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

菖蒲田

昭和記念公園 スカシユリ

猛暑日となった日(6月9日)の昭和記念公園の様子(前回の続き)。

夏の花、スカシユリ(透かし百合)、ユリ科が咲き始めている。
昭和記念公園201806
花びらがつながっておらず、少し間隔があることが名前の由来だそうだ。

黄色の花が色濃い感じ。蕾もたくさんあるからまだこれからしばらくは楽しめそう。
昭和記念公園201806
スカシユリはしっかり上向きに咲くから写真が撮りやすい。
昭和記念公園201806

この色のユリの花を見ると、なぜかリリーの缶詰を思い出す。白桃の缶詰の色合いが結構似ているからか(笑)
昭和記念公園201806

場所は西立川口から水鳥の池の方に向かう坂道(通称ぶらぶら坂)。
昭和記念公園201806
この場所のすぐ裏手に、カサブランカなどが咲くエリアがあるけど、カサブランカはもう少しあと。

こちらは場所が変わってハーブ園そばで咲いていたデイリリー(day‐lily)。1日だけ咲くことからついた名前。ユリ科、ワスレナグサ科、ゼンテイカ科など植物分類体系によりいろいろなのが面白い。
昭和記念公園201806
仲間にユウスゲ(キスゲ)、ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどがある。カサブランカのようなオリエンタル・ハイブリッド系のユリのような豪華さはないけど、素朴な美しさを感じさせる花を咲かせる。

この花は名札にはコモンマロウ(ウスベニアオイ)と書かれていたけど、タチアオイではないだろうか?
昭和記念公園201806
背景の青い色は青い色のヤグルマギク。わからないけど。

モナルダ、シソ科。別名タイマツバナ(松明花)。
昭和記念公園201806
名札にはベルガモットと書かれていたがベルガモットで調べるとミカン科の柑橘類が出てくる。それはこのモナルダの葉の香りがベルガモットからできる油の香りと似ていることからついた名前だからだそうだ。
昭和記念公園201806
まあタイマツに見えないこともないかな(汗)

この日の花木園菖蒲田の様子。
昭和記念公園201806
しっかり花菖蒲が咲いて見頃から見頃過ぎという感じ。
昭和記念公園201806

昭和記念公園201806

この黄色いのは花菖蒲?花菖蒲には黄色系の花がないため、その代わりに黄菖蒲(キショウブ)が重宝されたらしいけど、この花は明らかに黄菖蒲とは花びらの黄色の濃さと大きさが違う(黄色が濃くてもっと大きい)。しかも黄菖蒲はもっと早い時期に咲く。
昭和記念公園201806
インターネットを検索して見ると「愛知の輝」「金冠」「金星」という品種が黄色ではなくクリーム黄色の花菖蒲があることを見つけた。このうちのどれかかもしれない。

昭和記念公園(Vol.271)
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

近所の菖蒲田

毎年きれいな花菖蒲を楽しませてくれる近所の菖蒲田。

もちろん無料で楽しめる菖蒲田だけど、花の密度はかなりのもの。
菖蒲田2018
田んぼの端っこ、決して広くない面積だけどすごくきれい。花菖蒲の品種が少ないことも功を奏している気がする。
菖蒲田2018
菖蒲田の奥には田んぼが広がる。上写真の反対側から撮ったのが下写真。
菖蒲田2018
用水路からこの菖蒲田を経由してこの田んぼに水が流れているので、この田んぼの持ち主が育てている花菖蒲だと思う。

アヤメ科の花菖蒲。野生の野花菖蒲(ノハナショウブ)を原種とする園芸品種。
菖蒲田2018
花菖蒲という名前は葉が菖蒲に似ていてきれいな花を咲かせることからついた名前だそうだ。
菖蒲田2018
花菖蒲の花びらがガーゼのように見える。
菖蒲田2018
梅雨入り前の晴天の日だったのできれいな姿を楽しむことができた、ありがとうございます。

東京都日野市(撮影 2018年6月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 花菖蒲咲き始め

まさに五月晴れになった5月20日の昭和記念公園。
ちなみに「五月晴れ」は本来は6月(旧暦の5月)の梅雨の晴れ間のことを意味し、新暦の5月の晴れのことではなかったが、最近はそのまま誤用が定着して5月の晴れにも使われるようになったそうだ。

前日は最高気温が25℃を越える夏日となったが、予想最高気温21℃。カラッとしていて風がすがすがしい。
昭和記念公園201805
紫外線はちょっと強いけど最高の散歩日和。

この日最初に訪れたのはここ、花木園の菖蒲田。
昭和記念公園201805
ハナショウブ(花菖蒲)、アヤメ科がチラホラと咲き始めているが、まだ写真を撮っている人は少ない。

昭和記念公園201805
花びらの根本に黄色い筋、そして葉は細めで筋がある。これが花菖蒲の特徴。
昭和記念公園201805

野生のノハナショウブ(野花菖蒲)を品種改良した園芸品種。
昭和記念公園201805
古くから栽培され菊と同じように江戸系、肥後系、伊勢系などのいくつかの系統がある。

端午の節句のしょうぶ湯はハナショウブとは別のサトイモ科のショウブの葉を使う。ただハナショウブは葉がこのショウブの葉に似ていてきれいな花が咲くことから付けられた名前だそうだ。なんだかややこしい。
昭和記念公園201805
このハナショウブのことをアヤメと呼ぶことも多く、アヤメまつりで鑑賞するのはこのハナショウブだったりするので、いろいろとややこしい(笑)
昭和記念公園201805

花菖蒲の隣の池では少し前からスイレン、スイレン科が咲いている。
昭和記念公園201805
この日は本当にいい天気で青空が水面に映っている。
昭和記念公園201805
いい天気なので亀が甲羅干しをしている。でもここはちょっと不安定な場所じゃないかな(笑)
昭和記念公園201805
このあと、同じようにハナショウブとスイレンが咲く日本庭園と、ブーケガーデンになっているみんなの原っぱ西花畑に向かう。

昭和記念公園(Vol.268)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ポリジ

昭和記念公園の花の丘以外の花。

まずはたくさんの白い花が下向きに咲いているエゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201705
花が散ると木の下が真っ白になる。それで近所にこの木がわりとたくさん庭木として
植えられていることに気がついた。
昭和記念公園201705

花木園の菖蒲田。ここは花菖蒲がきれいに咲くんだけど、木道が新しくなってから、
肝心の花菖蒲がいまひとつのような気がする。
昭和記念公園201705
ここで花菖蒲がきれいに咲くのはあと1ヶ月ぐらい先かな。
昭和記念公園201705
菖蒲田の横で咲くスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201705
この葉の上にはカエルがいてほしい。

菖蒲田そばのハーブ園で咲くチャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201705

そしてこの時期にハーブ園に来るお目当はこの花。ポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201705
別名スターフラワーと言われるように、きれいな星型の花。
昭和記念公園201705
色も爽やかな青色。もっと近くに寄って花を下から撮りたいんだけど・・・
昭和記念公園201705
今年は花の近くに寄って撮れない場所に植えられていてちょっと残念。

カルミア、ツツジ科。別名アメリカシャクナゲ。
昭和記念公園201705
蕾がチョコレートのお菓子アポロに似ている。

ここはトンボの湿地。人口の湿地にトンボの幼虫(ヤゴ)が生息している。
昭和記念公園201705
なんという名前がわからないけど、早くもトンボがたくさん飛んでいた。
昭和記念公園201705

これはシオカラトンボかな?
昭和記念公園201705

もうアカトンボが飛んで秋の雰囲気だ(笑)
昭和記念公園201705
このあと、原っぱ西のカリフォルニアポピー、リナリア、ヤグルマギク、
カスミソウがミックスされたミックスフラワーの花畑を見に行った。

昭和記念公園(Vol.211)
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 あじさい

この時期は昭和記念公園もやはりあじさい。
昭和記念公園はあじさいロードとして整備されている。

あじさいを鑑賞しながらサイクリング。 よそ見をしてはいけないか(笑)
昭和記念公園201606-2
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、この場所のアナベルはドライフラワーになる。
昭和記念公園201606-1
このあたりはアナベル率が高い。
昭和記念公園201606-3
これはうずあじさいかな。

昭和記念公園のあじさいにも名札が出ているので名前がわかる。
昭和記念公園201606-4
これは額あじさいナイチンゲール。なぜナイチンゲールなのか名前の由来はわからない・・・

昭和記念公園201606-6
額あじさいロートシュバンツ。これは高幡不動尊では見かけないあじさい。

昭和記念公園201606-5
額あじさい恋路ヶ浜。なかなかシャレた名前だ。

昭和記念公園201606-7
額あじさい斑入り。葉が斑入りってことかな。上の恋路ヶ浜と似ているけど・・・

昭和記念公園201606-9
山あじさい紅。これは高幡不動尊でもよく見かける人気のあじさい。

菖蒲田の回りも、あじさいがたくさん咲く場所。
昭和記念公園201606-8
奥の方に白い花が咲いている場所が見えるが、ここもアナベルがたくさん咲いている場所。
昭和記念公園201606-10
菖蒲田の花菖蒲はほとんど終わっている。その中でも元気な花菖蒲を。
昭和記念公園201606-12
花菖蒲からあじさいと季節の花がどんどん変わっていく。

昭和記念公園201606-11
昭和記念公園は山あじさいが少なくて額あじさいと西洋あじさいがメイン。

この黄色い花は金糸梅、オトギリソウ科。
昭和記念公園201606-13
あじさい以外にも夏の花の咲いていたので、それはまた別記事で。
 
 昭和記念公園(Vol.170)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園 菖蒲田

昭和記念公園の菖蒲田。花菖蒲が見頃になっていた。
昭和記念公園201605-1
昨年、木道が改修されてきれいになった。
昭和記念公園201605-5
しかも少し広くなって歩きやすくなったような気がする。

ハナショウブ(花菖蒲)、アヤメ科。花菖蒲は紫陽花と並んで梅雨時の代表的な花。
昭和記念公園201605-2
花菖蒲の原種は山野の咲いている野生の花菖蒲(野花菖蒲)で、この
野花菖蒲を改良した日本産の園芸植物。
昭和記念公園201605-3

花菖蒲の名前は、葉が菖蒲に似ていて、きれいな花が咲くから付いた名前。
昭和記念公園201605-4

花菖蒲は江戸系、肥後系、伊勢系、長井系の4系統があるそうで、同じ古典園芸植物の
菊にも江戸系、肥後系、伊勢系がある。
昭和記念公園201605-6
これは肥後系の曲水の詩。名札がついていたんだけど、ちゃんと名前を記録した
のはこの花だけ(汗)

日本各地で開催される「あやめ祭り」の花は実は花菖蒲であることが多いそうだ。
昭和記念公園201605-7
あやめと花菖蒲を間違えて祭りの名前にしてしまったことが原因らしい。
確かのあやめにはこんなたくさんの花のバリエーションはない。

花菖蒲は花の中央部分に黄色の筋があるが、あやめは網目模様がある。
昭和記念公園201605-9
なんだかこの花はダッジアイリスに似ている。

昭和記念公園201605-8
これは和紙でできるみたいな花。花菖蒲は5000種類ぐらいの種類があるらしい。

昭和記念公園201605-11
菖蒲田の横にはスイレンの池。
昭和記念公園201605-10
関東甲信地方も本日6月5日梅雨入り。平年より3日早く昨年より2日遅いそうだ。
雨は嫌だけど草木には大切な雨だからね。

 昭和記念公園(Vol.168)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち