ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

今週の高幡不動尊(11/05)  菊まつりの様子

いい天気になった三連休最終日、菊まつりと七五三参りで賑わう高幡不動尊の様子。
高幡不動尊201711

今回は花びらが管状になった菊、管物(クダモノ)と呼ばれる種類の菊がメイン。
高幡不動尊201711
細長い管状の花びらが放射状に伸びて傘を広げたように咲くのがこの管物の特徴。

花びらが作る管の太さによって太い順に太管(フトクダ)、間管(アイクダ)、細管(ホソクダ)、針管(ハリクダ)に分けられる。
高幡不動尊201711
上が太管、下が間管とあったが、その差は微妙なところ(笑)
高幡不動尊201711

これは細管。確かに細い。針管はもっと細いんだろうね。
高幡不動尊201711
花びらを支える輪台が必須だね。

高幡不動尊201711
管状の花びらがまっすぐ伸びて、その先が玉巻き状となり、花芯の部分はカップ状か茶筅状になったものが評価されるそうだ。
高幡不動尊201711

この花の花芯はまさに茶筅状。
高幡不動尊201711

腕章を付けた人が何人かいたけど、審査会?品評会?が実施されているのだろう。
高幡不動尊201711

これはなんという品種だろうか、ちょっと気になった小菊。
高幡不動尊201711

境内の紅葉の様子も少しだけ。
高幡不動尊201711
大師堂前の色づきの様子。

高幡不動尊201711
五重塔横も色づき始めという感じかな。
高幡不動尊201711
高幡不動尊の第47回菊まつりは11月17日まで。
そしてその翌日11月18日からもみじまつりにバトンタッチとなる。

今週の高幡不動Vol.465
(撮影 2017年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

高幡不動尊 菊まつり(2010)

いまごろ・・・だけど、2010年秋の高幡不動尊「菊まつり」の様子

今回はいつも写真を楽しく拝見させてもらっているbabathegiantさんつながり企画「2010年、後出し写真」に参加させてもらっています
菊まつり2010-11
菊の品評会らしい典型的な三本立ての菊。
今回はこういう菊ではなく、私が気に入った小菊・中菊が中心菊まつり2010-2
昨年も目を引いた、花びらの先が袋状になった風車菊。

菊まつり2010-14

菊まつり2010-6
筆で書いたような花びらの色の付き具合がすごく印象的。

菊まつり2010-13
この菊も花びらの先だけ白くてなんだか気になった花

菊まつり2010-12
クレヨンで色を塗ったような花びらの菊。

菊まつり2010-1
塊状になったポンポン菊。

菊まつり2010-3
左下の花はちょっとトイプードルを連想する色、前にもアップしたかな

この花はこれから色が変わるのではなく、きっとこの色なんだろうね。
菊まつり2010-115
菊って本当にいろいろな種類があるね

下の4枚は古典菊かな。昨年は古典菊を集めたコーナーがあったが今年はなかった。
菊まつり2010-7
菊は日本を代表する伝統的な園芸植物で、花だけでなく栽培方法や鑑賞の仕方などもいろいろな工夫がされてきた。
その中で江戸時代に各地の大名が保護奨励してその地域独自の発展を遂げた菊の総称を古典菊と呼び、嵯峨菊、伊勢菊、美濃菊、肥後菊、江戸菊などがある
菊まつり2010-8
白と黄色は菊らしい色なんだけど、花びらが違うと印象も違ってくる。
菊まつり2010-4
上の白と黄色は嵯峨菊だろうか?

この紫色はベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作)にも似ている。菊まつり2010-5

上の細い花びらはこの管物と言われるタイプの菊のまっすぐな花びらを改良したものなんだろうか・・・菊まつり2010-10

典型的な菊、厚物の花の中ではこの色あいのが好き
菊まつり2010-9
babathegiantさんのつながり企画「2010年、後出し写真」のおかげで、いつかアップしたいと思っていた菊まつりでアップしそこなった写真を記事にすることができた、ありがとうございます

(撮影 2010年10,11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(11/20)紅葉まつり(2010)

この週末、日中は散歩日和のいい天気
高幡不動尊では菊まつりが終わって、引き続き11月30日まで紅葉まつりが開催される
高幡不動尊201011-11
境内では着々と22日・23日の行われる万燈会の準備が進んでいる。
高幡不動尊201011-12
五重塔にはたくさんの提灯が飾られていた。これを飾っている時の様子が見たいなぁ。
高幡不動尊201011-8
紅葉も少しずつ見頃になってきて、秋の光景
高幡不動尊201011-10

イチョウの木がきれいに輝いている。やはり天気がいいときれいに見えるね
高幡不動尊201011-4
上のイチョウの木を反対側の弁天池から見るとこんな感じ。
高幡不動尊201011-7

この葉が少し細めで枝垂れた感じのモミジはアオシダレだろうか。
高幡不動尊201011-3
山中のお地蔵さんのまわりでもだんだんと色づく木々が増えてきた。
高幡不動尊201011-2
今年の高幡不動尊の紅葉で、ちょっと残念なのは風情ある大師堂が立て替えで工事中なことかな
高幡不動尊201011-9
五重塔回りの紅葉がきれいに見える場所が工事中

空手の寒稽古、まだそれほど寒くないから単なる屋外稽古
高幡不動尊201011-1

つるのおんがえしの心霊写真の正体
高幡不動尊201011-6
菊の花がすごくたくさん咲いて、菊人形というより、菊風呂に入っているみたいだ

菊で作った機織り機。なかなかいい造りだと思う。
高幡不動尊201011-5
大きな菊と違って、小菊は長い間花が楽しめるね。

高幡不動尊の紅葉は紅葉まつりが開催される11月一杯が見頃かな

11月22日・23日に行われた高幡不動尊の「万燈会」と第5回「たかはたもみじ灯路」は、あまり天気には恵まれなかった。この様子は次回に

今週の高幡不動Vol.144
(撮影 2010年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


今週の高幡不動(10/31)第40回菊まつり

週末台風のおかげで、秋の晴れ間を見ることができなかった東京多摩地区
高幡不動尊20101031-10
台風一家はお父さんの機嫌が悪く晴天を連れてきてくれなかったので、どんよりとした境内。台風一家じゃなくて台風一過

10月28日から高幡不動尊で開催されている恒例の第40回菊まつりの様子
高幡不動尊20101031-11

まずは毎年展示されている亀の菊人形が、今年はどんな感じで展示されているかをチェック
高幡不動尊20101031-9
昨年は浦島太郎の場面として展示されていたが、今年は単独だった・・・・

クジャクも首から先の部分が飾り付けされてクジャクの姿になってきた、もちろん羽根の部分はまだこれからだけどね。高幡不動尊20101031-8

昨年ここには浦島太郎の場面が作られていたが、今年は「つるの恩返し」。
高幡不動尊20101031-7
でも、この通り、菊の花はまだまだ、今後に期待

台風の影響なのか、猛暑の影響が菊の生育に出ているのかよくわからないが、菊の鉢が1つも展示されていないコーナーもあって、菊まつりもこれからという感じ。
高幡不動尊20101031-3
次の週末に期待しよう

これは菊まつりの展示ではなく、弁天池まわりの菊。菊まつりの合わせたかのようにきれいに咲いていた
高幡不動尊20101031-5

この菊は少し倒れていたけど、台風の影響かな?
高幡不動尊20101031-4

不動堂の御護摩修行が終わったら七五三参りの人がたくさん出て来た
高幡不動尊20101031-2
普段の境内の様子と違うのは、皆きちっとした服装をしていることかな。

きれいな着物を着たお姉ちゃんとカッコイ羽織袴姿の弟くん。おみくじの内容はどうだったのかな
高幡不動尊20101031-6
子ども達もさることながら、このお母さんの帯のデザインがすごく印象的だった

高幡不動尊を出て京王線高幡不動駅前の花屋さん。
高幡不動尊20101031-1
菊まつりに七五三で、この週末がハロウィンだったことをすっかり忘れてしまっていた

今週の高幡不動Vol.141
(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ