ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

花御堂

今週の高幡不動尊(04/07)枝垂れ桜と八重桜

天気は良いものの、いままでが暖かすぎてちょっと肌寒く感じる週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊は染井吉野は終わり枝垂れ桜と八重桜が見頃になっている。
高幡不動尊201804
高幡不動尊の八重桜は境内の入り口や駐車場など敷地の周辺部分に多い。
高幡不動尊201804
毎年恒例の春季大祭国宝まつりが4月27日〜30日まで開催。毎年4月28日は年に1日だけ五重塔に上ることができる日で今年は土曜日。
高幡不動尊201804

主に五重塔周辺で咲いている枝垂れ桜。
高幡不動尊201804
この枝垂れ桜は白色と薄桃色の花が混在する。
高幡不動尊201804

こちらの枝垂れ桜は見頃のピークを少し過ぎてしまったかな。
高幡不動尊201804
入り口の仁王門を入って右側、宝輪閣前の枝垂れ桜。
高幡不動尊201804
今年は少し花の付き具合が少ないように思う。

高幡不動尊前の道路の街路樹はハナミズキ(花水木)、ミズキ科。ミズキの中で花が目立つことからついた名前。
高幡不動尊201804
その名前の由来通りハナミズキは木全体が花だらけになって花がすごく目立つ。白い花だとあたりが明るくなるぐらい。
高幡不動尊201804
ハナミズキは結構大きな木に成長する。

4月8日はお釈迦さまの誕生日をお祝いする花祭り(灌仏会)。この日は7日なので花祭りイブ。
高幡不動尊201804
毎年花祭りの時期になると不動堂の前に置かれる花で飾った小さいお堂、花御堂。これはお釈迦様が
生まれたルンビニ園をかたどったものなんだそうだ。

花御堂の中央には右手を上げた誕生仏の立像が置かれていて、参拝者は甘茶をかけて誕生を祝う。
高幡不動尊201804
この誕生仏の姿は、お釈迦様は生まれてすぐに7歩歩いて、右手で天を、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊」と言った時の姿をかたどったもの。

甘茶をかけるのはお釈迦様が生まれた時、9匹の龍が現れて甘露の雨を降り注いだという伝説に基づくそうだ。
高幡不動尊201804
これも毎年恒例の甘茶接待。麦茶に砂糖を入れた甘茶ではなく、しっかりとアマチャを煎じて作られた甘茶。味はほのかに甘いほうじ茶に似ていてその後味にハッカのような爽快感があるお茶。

 今週の高幡不動Vol.480
(撮影 2018年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(04/04)花御堂

お花見ができる最後のチャンスとなる週末、でも土・日曜日とも冷たい風が吹くどんより曇り空。

参拝の人もまばらな境内。
高幡不動尊201504-2
不動堂の前に、誕生時の釈迦の立像を安置する花で飾った小さい堂、花御堂が置かれていた。

高幡不動尊201504-3
そう4月8日は花まつり。横の説明書きには以下のように書かれていた。
『およそ2500年前の4月8日、お釈迦さまの誕生を祝って空より竜王が甘露の香水を潅ぎかけ、諸天神が美しい花々を散らしたという言い伝えから花御堂に釈迦誕生仏をまつり甘茶をかけて誕生をお祝いするのです。』
高幡不動尊201504-4

以前から花まつりの時期には宝輪閣前では甘茶が飲めるようになっている。
高幡不動尊201504-5
これも横の説明書きには以下のように書かれていた。
『アマチャ(ヤマアジサイの変種)又はアマチャズル(ウリ科の多年草で蔓性)の葉を乾燥させて煎じ出した飲み物。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に甘露になぞられ釈迦像の頭に注ぎ又飲む風習がある。』 

飲んだ感じは、最初はハッカのようなスーッとしたノド越しで、ほのかな甘味のあるお茶。 


毎年見事な姿をみせてくれる、仁王門横の枝垂れ桜はまだ5分咲き程度。
高幡不動尊201504-6
いまは工事の足場に周りを囲まれてしまっている。

高幡不動尊201504-8
鐘楼から奥殿方向を見下ろすと、まだソメイヨシノが満開に見えるけど、数日前からの強風で散り始めている。
高幡不動尊201504-12
散った花びらもきれいだけど、ずっと宙に浮いている花びらが・・・
高幡不動尊201504-10
くもの巣にひっかかった桜の花びらだった(笑)

高幡不動尊201504-7
桜の花びらの間でスミレもたくさん咲き始めている。

昨年初めて見つけた高幡不動尊の水芭蕉、サトイモ科。
高幡不動尊201504-9
尾瀬に行かなくても水芭蕉が撮れるよ。
空之介にも水芭蕉を見せたが、感想は特にないようだ(笑) 
高幡不動尊201504-11

この日は高幡不動尊に来る前に、近所の多摩川河川敷で花見。
空之介と花見
ここはいつも草の上にシートをひいてお花見する場所だったのに、
いつのまにかアスファルトの歩道とベンチが整備されていた。

久しぶりにたくさんお出かけして疲れた空之介。
空之介
冬の間は毎晩一緒に寝ていたが、このところだんだん暖かくなって、
あまり布団の中に入ってきてくれなくなってしまった。ちょっと寂しい(汗)。

 今週の高幡不動Vol.349
(撮影 2015年4月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(4/6)ソメイヨシノが満開

4月最初の週末は、冬に逆戻りしたような気温といまひとつ安定しない天気となった東京多摩地区。

仁王門から入ってすぐ右側にある枝垂れ桜が少し咲き始めていた。
高幡不動201404-2
この枝垂れ桜は午前中は日陰になるので、きれいに見るならば午後から夕方に見るのがお勧め。

この日は午前中は晴れ間が出るが午後からは雷雨や強風が吹くという予報。
高幡不動201404-3
4月8日の花まつり(灌仏会)を前に、境内には花御堂が置かれている。
高幡不動201404-4
中央には「天上天下唯我独尊」の言葉で知られる誕生した時の姿のお釈迦様(釈迦誕生仏)。
高幡不動201404-5
この釈迦誕生仏に柄杓で甘茶をかけて誕生をお祝いする行事が花まつり。
高幡不動201404-6
この時期だけ甘茶を飲むことができる。ちょっとハッカのようにスーっとする感じで自然の甘さがするお茶。

先週から咲き始めていた高幡不動尊の桜(ソメイヨシノ)は満開になっていた。
 高幡不動201404-8
奥殿の屋根と桜は相性がいい。
高幡不動201404-10
少し高いところにある鐘楼から眺めたところ。

高幡不動201404-7
大日堂前の山門が改修中でブルーシートに覆われているのが残念。
高幡不動201404-9
大日堂前のソメイヨシノ。少し散り始めている。

 高幡不動201404-12
五重塔の周りはまだ咲き始めの枝垂れ桜が多く、今一番きれいなのは駐車場付近。
高幡不動201404-1
上の写真の駐車場左側に何本かソメイヨシノが咲いているが、
下の写真はこのソメイヨシノを反対側から眺めてみたところ。
高幡不動201404-11
ここだけ見ると、どこかの桜で有名なお寺の一角にも見える(笑)。

高幡不動201404-13
この場所からの眺めがこの時期のお気に入り。ソメイヨシノだけでなく山桜やハクモクレンなどが
咲いて賑やかな春の山らしい光景になっている。
 
次の週末はソメイヨシノが終わって、枝垂れ桜や八重桜が主役になっているかな。

  今週の高幡不動Vol.310
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち