ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

芝桜

富士芝桜まつり 2016

本栖湖でキャンプしたので、久しぶりに富士芝桜まつりに行ってみた。

本栖湖キャンプ場から車で10分程度なので、道路が大混雑する前に到着できた。
富士芝桜まつり2016
のぼりには首都圏最大級、約80万株のシバザクラの群生とある。 

訪れたのは4月29日でシバザクラは見頃の状態。
ここは芝桜もきれいだけど、背景に雄大な富士山が見えることが魅力。
富士芝桜まつり2016
上写真の右隅にミニ芝桜富士が作られている。
これがミニ芝桜富士と本物富士山。
富士芝桜まつり2016

こちら側からの方が頂きが雪で白くなった感じできれいに見える。
富士芝桜まつり2016

園内にある池、竜神池。
富士芝桜まつり2016
本栖湖には、湖から突然現れた龍が富士山の噴火を知らせ村人を救った龍神伝説が
あるが、ここはシバザクラで巨大な龍を象っているそうだ。

シバザクラ(芝桜)、ハナシノブ科は北アメリカ原産で春に桜のような花を咲かせ、
花が終わると葉が芝生のように広がることからついた名前。
ピンク、白、紫などいろいろな品種がある。
富士芝桜まつり2016
濃い目のピンク色のシバザクラはマックダニエル クッション。
富士芝桜まつり2016
明るい紫色のシバザクラはマックダニエル クッション。

この白色のシバザクラはモンブラン。
富士芝桜まつり2016

下写真の薄めのピンク色はオータムローズ。人が歩いているところの背景は
多摩の流れという品種。
富士芝桜まつり2016
訪れた日はシバザクラは見頃ということで、花はしっかり咲いていたが、
花の密度が低い場所も見られた。

下は前回ここを訪れた2009年5月の様子。
富士芝桜まつり2009
富士山はかすんでしまっていたけど、この年の方が花の密度が高かったかな。

富士芝桜まつり2016
久しぶりに頂きに雪がある時期の富士山をしっかりと見ることができて大満足。

今回まったく触れなかったが、富士芝桜まつりの会場では富士山周辺の
うまいものが大集合した、「富士山うまいものフェスタ」が開催されている。

2016富士芝桜まつりは5月29日(日)まで開催。でも花の開花状態で開催期間に
変動があるようだ。

ペットが入場できないので、空之介は駐車場の車の中で留守番となったが、
これから暑くなると車中の暑さに注意が必要。 
 

昭和記念公園(2013年4月)春の花々

4月の昭和記念公園。
前回はチューリップだらけだったが、今回はそれ以外の花たち。
昭和記念公園201304-2

芝桜、ハナシノブ科。近いところでは埼玉県秩父市の羊山公園が有名。
昭和記念公園でも見ることができる、でも規模はとっても小さい(汗)
昭和記念公園201304-1
今年は芝桜の間から顔を出す雑草が少し多かったような気がする・・・

ヤマブキソウ、ケシ科。
昭和記念公園201304-3
ヤマブキ、バラ科。ケシ科とバラ科の違いはあるが、どちらも鮮やかな黄色で絵の具のヤマブキ色のイメージ。
昭和記念公園201304-6
こちらは白いヤマブキ、シロヤマブキ。
昭和記念公園201304-7
ヤマブキ色のイメージが強いので白いのにヤマブキって何?といつも思う。

日本庭園。シャクナゲがいい感じで咲いていた。
昭和記念公園201304-8
ボタン、ボタン科。大輪の赤い花は迫力がある。
昭和記念公園201304-4
こちらは、銭湯の壁に描かれているような感じ。
昭和記念公園201304-5
藤棚、この日はまだ早すぎた。
昭和記念公園201304-9
日本庭園らしく「和」のイメージの花がたくさん。

そして、みんなの広場東花畑の菜の花、アブラナ科。
昭和記念公園201304-10
菜の花は見頃だけど、奥の桜(ソメイヨシノ)は完全に終わっている。
昭和記念公園201304-11

紫色の菜の花、ムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201304-14
この花の群生はすごくきれいなんだけど、今年はあまり元気な姿を見ることができなかった。

アジサイ(特にアナベル)にそっくりだけど、これはオオデマリ(大手鞠)、スイカズラ科。
昭和記念公園201304-12
咲く時期がアジサイより早いからオオデマリだろうなと思うけど、見た感じの違いはよくわからない(汗)

こちらは立川口カナール横の藤棚。
昭和記念公園201304-13
やはりこちらの藤棚もちょっと早めだった。きっと今頃はきれいになっているだろう。

昭和記念公園(Vol.85)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)チューリップとアイスランドポピー

ゴールデンウィーク初日、4月28日の昭和記念公園の様子。
昭和記念公園20120428-7

渓流広場のチューリップ。渓流にチューリップとムスカリで絵を描いたような風景。
昭和記念公園20120428-12
こうして少し離れて景色として見るとすごくきれいだけど、残念なことに多くのチューリップは見頃は過ぎていた。

まだ見頃だったチューリップだけをいくつかアップで撮ってみた。濃い紫色が特徴的なブラックヒーロー。
昭和記念公園20120428-9
こちらは洗剤のコマーシャルに使えそうなぐらい真っ白で輝いて見えるマウリーン。
昭和記念公園20120428-14
バラかカーネーションのようにも見えるフィノラ。昭和記念公園20120428-15
白と紫のまざり具合がいい感じのシャーリー。
昭和記念公園20120428-8

みんなの原っぱ東花畑ではアブラナ科のストックが咲いている。ストックという花を初めて知ったが、なんだかヒヤシンスみたいな花だ。
昭和記念公園20120428-4
紫色、白色、ピンク色のストックがたくさん咲いている様子はこんな感じ。
昭和記念公園20120428-3
ストックの遠方に見える黄色い絨毯は菜の花。
昭和記念公園20120428-5
菜の花の奥の緑はサクラなので、いい時期に来るとバックがピンク色

紫色の菜の花(と、勝手に私が思っている)、ムラサキハナナも見頃。
昭和記念公園20120428-6
うっそうと茂っていて「ムラサキハナナの森へようこそ」って感じ。

みんなの原っぱのシンボルツリーの大きなケヤキ。日射しが強い時期は大きな木陰に人が集まる。
昭和記念公園20120428-1
遠くに見えるのははらっぱ西花畑のアイスランドポピー。
望遠でアップで撮ってみるとこんな感じ。みんな楽しそう
昭和記念公園20120428-2
アイスランドポピーも見頃になってきた。
昭和記念公園20120428-10
アイスランドポピーの和名はシベリアヒナゲシでケシ科。
昭和記念公園20120428-11

規模は小さいけど昭和記念公園にも芝桜があって見頃になっている。
昭和記念公園20120428-13
連休初日は気温はちょっと暑いけど風が涼しい散歩日和。久しぶりに1日2万歩、10Km以上歩くことができた。

ウコンやギョイコウなどのサクラやムサシアブミ、レンゲ、オオデマリなんかも咲いていたが、それらの写真はまたの機会に

昭和記念公園(Vol.56)
(撮影 2012年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

4月の散歩道 春の小さな花たち

散歩道201104-1
すでに梅雨入りしてしまって完全に季節外れになった感のあるツクシ(土筆)。
近所ではほとんど見かけることができないけど、毎年少しだけ見られる場所があって、今年もそこで4月に撮った。ツクシはトクサ科のスギナの胞子茎。

これこそ春らしい花レンゲソウ(蓮華草)。私はレンゲって呼んでいるけど本当はゲンゲと呼ぶらしい
分類を調べるとマメ科ゲンゲ属。
散歩道201104-13
レンゲソウの根に付くバクテリアが稲にいい肥料になるので、田植えをする前の田んぼに植えられることが多かったそうだが、うちの近所の田んぼではもうほとんどみかけることがない。
散歩道201104-12

レンゲソウと一緒に咲いていたムラサキサギゴケ。ゴマノハグサ科で紫色で花の形がサギに似ているから付いた名前だそうだ。
散歩道201104-11
同じゴマノハグサ科でトキワハゼというすごく似た花があって私には見分けがつかない。写真を見て枝が地面を這うところからムラサキサギゴケではないかと思う。

これは昭和記念公園の芝桜。芝桜はハナシノブ科で地面に這うように枝を広げて密生することや葉の形状などからついた名前
散歩道201104-4
薄桃、薄紫、赤、白などいろいろな品種がある。
散歩道201104-5
それぞれの品種の名前はよくわからないけど、この白にピンク色の品種は「多摩の流れ」だと思う。
散歩道201104-6
「キャンディーストライプ」という別名があり、この名前はわかるような気がするが、なぜ「多摩の流れ」なんていう風流な名前がついたのかはよくわからない
散歩道201104-3
白色の真ん中にピンクが2輪だけ。芝桜ははうように枝が広がるわけだから、この部分の枝や根っこはどうなっているのかな。
散歩道201104-2
全体を見るとこんな感じ

このきれいなブルーの花はネモフィラ、ハゼリソウ科。今回写真をアップしている花はあまり名前を聞かない科目に分類される花が多い。
散歩道201104-8
芝桜と同じでネモフィラも横に一面に広がって咲くが、今年は結局この花の見頃を逃した。
散歩道201104-7
白色の花もあるんだね。

これは散歩道ではなく途中の庭先で見つけた花だけど、すごくきれいだった。
散歩道201104-9
花の大きさはヒメツルソバよりかなり大きい。というか全然違う。
散歩道201104-10
4月の写真なので、もうすでにこれらの花を見ることはできない、また来年

この週末は、梅雨前線と台風2号の連続攻撃で土曜日も日曜日もやむことがなくずっと雨
高幡不動尊のアジサイの様子を見たかったが散歩に出かけることができず断念。次は170回目になる週刊高幡不動通信「今週の高幡不動」もお休み

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年4月)まさに春爛漫

たくさんの花が咲いていることを期待して、4月の昭和記念公園に行って見た。
立川口の様子を見ると、本当に園内に花が一杯なのか、ちょっと心配になるぐらい冬の景色とあまり変わらない・・・大丈夫か?
昭和記念公園201104-1

少し歩くと輝き始めた緑の中でヤマザクラがきれいに咲いていた。ちょっと期待が持てるようになった。
昭和記念公園201104-2

もう少し先に行くときれいな枝垂れ桜とモクレンが並んで咲いていた。青空とピンクの背景がとても春らしい。
昭和記念公園201104-3

上ばかりではない、下を見ると同じユリ科のムスカリとハナニラ。青い花と白い花が混じって一緒に咲いている姿もなかなかいい。
昭和記念公園201104-4
気持ちがどんどん前に行くので歩く速度もかなり速くなる

みんなの原っぱに出ると菜の花畑の奥に桜がきれいに見えた。
昭和記念公園201104-5
よーく見ると実は桜は散り始めているんだけどね

みんなの原っぱの西側に行くとアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科が咲き始め。昭和記念公園201104-9
奥に見えるサクラの下では、たくさんの人が花見をしている。

ムラサキハナナ(別名ショカッサイ、ハナダイコン)、アブラナ科。奥に見えるのは黄色いラッパスイセン。
昭和記念公園201104-6
園内の表示では天候の影響で生育が遅れ気味とのことだったけど、きれいだよね。

いま昭和記念公園で一番の見所はこの渓流広場のチューリップ
昭和記念公園201104-7
まさに見頃、素晴らしい眺め。ムスカリがいいコントラストになっている。
昭和記念公園201104-10
ダベンポート、チャイナピンク、ブラッシングアペルドーン。
昭和記念公園201104-8
どれがどれだかわからないぐらい、たくさんの種類のチューリップが咲いている。

渓流広場すぐそばの芝桜もいまが見頃。
昭和記念公園201104-11
小さな花でできたきれいな絨毯。
昭和記念公園201104-13
でも、上に座ることはできない。無理に座るとたぶん小枝が刺さって痛い・・・・

そして見頃はじめで、これからが楽しみなのがこのネモフィラ、ハゼリンソウ科。
昭和記念公園201104-14
アップで見るとオオイヌノフグリがたくさん咲いているようにも見えるけど、こちらの花の方がかなり大きい。
昭和記念公園201104-12
白い花や少し濃い青の花もあるけど、また別の記事で

秋は黄色に燃え上がるアーチを作る立川口の銀杏並木はまだ少し緑が付いた程度。
昭和記念公園201104-15
まだ小さな葉っぱだけど、よく見るとちゃんとイチョウの葉の形をしているのがなんだかすごく可愛いい

この日はひさしぶりにたくさん写真を撮った。半日ちょっとで約750枚、ファイルサイズは5GB以上にもなっていて、不要な写真を削除するのが大変。
菜の花と桜やチューリップなどの様子はまた別の記事で

昭和記念公園(Vol.30)
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.8)芝桜も満開

昭和記念公園の続き、チューリップ以外にもたくさんの花を見ることができた
昭和記念公園201004
チューリップと一緒に植えられていた八重咲きのヒヤシンスクロッカス、ホリーホックという品種らしい。すごく赤い

チューリップのアレンジに植えられていたのは青いムスカリだったけど、白いムスカリも咲いていた
昭和記念公園201004
なんだか青いムスカリを脱色した感じもするけど

これは初めて見た気がする、フリチラリア。ユリ科で黄色や白色などいろいろな色の花があるらしい。
昭和記念公園201004
和名がヨウラクユリ(瓔珞百合)。釣り鐘のような花の形をしているけど、瓔珞とは仏具の装飾という意味があるそうだ

そして今回のメインはこの芝桜。この時期の直射日光は夏に近い強さがあるので、日があたるとこの場所全体が輝いて見える
昭和記念公園201004
秩父の羊山公園や栃木の市貝など一面に広がる芝桜に比べると面積は非常に小さく、学校の花壇をいくつか並べた広さの芝桜だけど、こうやって部分的に撮るときれいに見えるのが写真のいいところ

昨年のゴールデンウィークに行った本栖湖そばの富士芝桜の写真はこちら

もう少しアップで一部分を撮るとちょっと遠近感もあって面白い。
昭和記念公園201004

さらに1つ1つの花が見えるぐらにアップで
昭和記念公園201004
この芝桜の花は、もちろんバラ科のサクラの仲間ではなく、ハナシノブカ科で別名がハナツメクサ。どちらかというとツツジの仲間(ツツジ目)なんだそうだ。

この色合いが今回私のお気に入り
昭和記念公園201004

芝桜の遠いお仲間でもあり、この時期定番のつつじもきれいに咲いていた。
昭和記念公園201004

昭和記念公園201004

お花畑には菜の花がまだこんなにたくさんきれいに咲いている、長く楽しめる花だね。
昭和記念公園201004
このバックの緑はサクラで、サクラが満開の頃はピンクと黄色のツートンカラーですごくきれいに見える場所
やっぱり、菜の花が一番落ち着くような気がする

時節柄コメントへのお礼とみなさんのブログにお邪魔するのが少し遅くなります

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

本栖湖 富士芝桜まつり

5月2日に本栖湖近くで開催されている「富士芝桜まつり」に行った

本栖湖畔のキャンプ場から会場までは車でわずか5分ほどの距離。大渋滞を覚悟して10時すぎに出発したら比較的すんなり走れた。反対車線は大渋滞していて駐車場状態、これは帰りが恐いねといいながらも30分ほどで駐車場に止めることができたやはり帰りの方が大変だった

(下写真左)ここが入り口、でもここから芝桜が見えるところまで10分ほど歩く
富士芝桜まつり-1昨年の様子
(上写真右)これは昨年の様子。昨年は4月27日に行ったが、この時はまだ2分咲で駐車場も入場料も無料だった、その時のブログの記事はこちら

芝桜まつり会場に入ると、すぐに見える1本の桜。芝桜に囲まれてどんな気分なんだろうね
富士芝桜まつり-2

ここには何種類かの芝桜が植えられている(下写真左)マックダニエルクッション、濃い目のピンク色で北米が原産で寒さに強い園芸品種(下写真右)多摩の流れ、白色がベースでピンクのラインが入った花で、遠くから眺めると肌色を帯びたピンク(トキ色)の群生に見える
マックダニエルクッション多摩の流れ

オータムローズモンブラン
(上写真左)オータムローズ、ちょっと上品なローズピンク、「ピンクのシバザクラ」と呼ばれる(上写真右)モンブラン、芝桜の眺めにきれいなアクセントをつける白い色

(下写真)きれいにデザインされたところもいいけど、多摩の流れの中にちょっとランダムにピンクや紫が混ざった感じが結構好きな色合い
富士芝桜まつり-3
芝桜は見てきれいなだけでなく、会場内にいい香りが漂っている

会場全体が見渡せるように設置された見物台からの景色、とってもきれいだったけど、富士山の頂付近の雲がずっととれない・・・日頃の行ないかな富士芝桜まつり-4
池の手前にたくさん並んでいるのが、三脚にカメラをセットしてシャッターチャンスを待っている人たちその場所から、待っているカメラマンの肩越しに撮ったのが下写真
富士芝桜まつり-5
もうちょっとアップに撮れば、なかなかいいポイントなんだろうけど、やっぱり富士山の頂付近に雲がかかっているのがいまひとつこのあと駐車場を出るぐらいの頃には頂付近の雲がかなりとれた、やっぱり日頃の行ないだね

見物台から全体のパノラマ写真
富士芝桜まつりパノラマ
この芝桜は本栖湖の竜神様をイメージしたデザインらしい。昨年は2分咲きだったからわからないのかなって思ったけど、やっぱり今年もよくわからなかった

会場を出る頃(正午ぐらいかな?)はこの駐車場はもういっぱいで、入る時の5倍ぐらいの時間をかけて出た。少し離れた所の駐車場からシャトルバスが出ているようだったが、とにかくゴールデンウィークは周辺道路がすごい渋滞をしている。シャトルバスでも結局この渋滞にははまるのでかなりの覚悟が必要・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ





ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ