ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

紅梅

今週の高幡不動(2/9)雪景色

久しぶりの大雪になった東京多摩地区。雪は9日未明にはやんで、朝からいい天気になった。

20年ぶりに都心の積雪が20センチ超えたということだけど、我が家の周辺では昨年の成人の日の時もこれぐらい積もった気がする。まあ計ったわけではないけど

京王線高幡不動駅から高幡不動尊に向かう参道。歩道はすでにきれいに雪かきがされていた。
高幡不動201402-2
車道は轍が2筋、ここは一方通行だからこれでOK。
この日の朝5時すぎに駅まで送りに行く道がセンターラインのある両方から車が来る道路なのに、轍が3筋(中央を共有)の部分があって、対向車が来ないことを祈りながら走った(笑)

高幡不動201402-3
「立春大吉」は1年間災難にあわない厄除けのおまじない。

この日は自分の家の雪かきをしてから出た散歩なので遅くなってしまったけど、本当はもっと早く来て、この急傾斜な屋根に雪が積もったのか、それとも積もらずに滑り落ちたのか見たかった・・・
高幡不動201402-4
通路も境内もきれいに雪かきされているが、まわりは集めた雪の山。
高幡不動201402-14

毎年境内で一番先に咲く弘法大師像前の紅梅が咲いていた。
 高幡不動201402-5
実は先週から咲いている(汗)。下の写真は先週撮ったもの。
高幡不動201402-1
もうちょっと近ければ、奥殿屋根の雪を背景にした写真になったんだけどね。
高幡不動201402-13

大日堂前の山門前、落雪注意の看板。
高幡不動201402-6
門の前から振り返ると小型重機で除雪作業中(汗)
高幡不動201402-7

大日堂も落雪注意の看板。というより落雪で賽銭箱前まで近寄ることができない。 
高幡不動201402-8
残念ながら笠はかぶっていないけど六地蔵さんも雪の中。
高幡不動201402-9
いままでなかなかこの姿を撮ることができなかったなぁ。

山アジサイが咲くあたりは普通の靴で歩くのが大変。長靴を履いてくればよかった。持ってないけど(笑)
高幡不動201402-10
 お地蔵さんも雪に埋まって冷たいよねぇ。
高幡不動201402-11

アジサイの小径横のトンボが集まる水たまりがシャーベット状に見える。
高幡不動201402-12
土曜日に雪が降って日曜日に晴れるという絶好のパタ−ンのおかげで、いままでの記事の中で一番の雪景色記事になったかもしれない。 

 今週の高幡不動Vol.303
(撮影 2014年2月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(02/24)春は何処に

先週と同じで天気はいいがとても寒い週末。時期的には1月の終わり頃の感じ。
高幡不動201302-1
この日、この不動堂の前で正月仕様の諸々のモノがなくなったことに気がついた。帰宅して自分のブログを見たら、先週からすでになかった(汗)。

弘法大師像前の紅梅。
高幡不動201302-2
やっと紅梅らしい色がついてきた。
高幡不動201302-3

ミツマタ、先週からあまり花の数が増えていない。
高幡不動201302-4
暖かくなったら、一気に咲くんだろうけど、この1週間もずっと寒かった。

高幡不動尊にもマンサクがある、あまり気がつかない場所。
高幡不動201302-5
六地蔵さんの裏手。午前中は日陰になるので、ちょっと撮りづらい。

福寿草はだんだんと増えて、弁天池のいろいろなところで咲き始めた。
高幡不動201302-9

今にも咲きそうな梅「思いのまま」の蕾。来週には咲くだろうか。
高幡不動201302-8

河津桜の蕾はまだかなり堅そう。
高幡不動201302-7
河津桜の背景に輝く五重塔の相輪。
高幡不動201302-6
一番先端は仏舎利を納める「宝珠」、その下の炎の透かし彫りが「水煙」、その下の輪は9つあって、五大如来、四大菩薩を表すそうだ。

今週は週半ば頃に雨が降り、その雨を境に暖かくなるという予報。期待しよう(^_^)

今週の高幡不動Vol.255
(撮影 2013年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/03)この春最初のメジロ

3月3日はひな祭り。でも高幡不動尊は特にひな祭りには関係なく参拝の人も少ない。
高幡不動201203-1
午前中は青空も見えたが、せっかくの週末なのに午後には曇ってきてしまった。

弘法大師像そばの紅梅はようやく見頃になってきた。
高幡不動201203-2
また先週と同じような場所から撮ってしまった。この紅梅はここから撮るのが一番いいかな。
高幡不動201203-6

この紅梅の前、奥殿の横にミツマタの木がある。毎年2月には咲くはずなんだが、まだ今年は咲いていない。
こんな感じ・・・
高幡不動201203-5
このミツマタの木を撮っていたらメジロが飛んできた。
高幡不動201203-3
首をかしげる姿がなんだかかわいいね。
高幡不動201203-4

先週も写真をアップした、梅「思いのまま」の蕾はさらにふくらんできた。
高幡不動201203-7
もう来週ぐらには咲くかな。
高幡不動201203-8

土方歳三像の後ろではアセビが咲き始めた。
高幡不動201203-9
アセビ(馬酔木)はツツジ科。ドウダンツツジによく似ている。
高幡不動201203-10

弁天池の福寿草、この日は陽がさしていたので大きく開いている。
高幡不動201203-11

水曜日に降った雪が日陰ではまだ残っている。
高幡不動201203-12
3月に入ったけど気温がまだ低いんだね

この春、初めてメジロを撮ることができた。河津桜が咲いてくれると桜の蜜を吸いにきたメジロと桜を一緒に撮ることができる。今年はまだ少し先になりそうだ。

今週の高幡不動Vol.205
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

これは予約投稿です。出張中のためコメントの返事が遅れます。

今週の高幡不動(02/26)マンサクの花が咲いた

東京多摩地区の2月最後の週末は肌寒い雨と曇り空。もう数日で3月だというのに、春を感じることができない週末になった。
高幡不動20120226-2
境内の人もござれ市が開催された先週よりかなり少ない。

入り口の仁王門の横、宝輪閣との間の目立たない場所で椿がきれいに咲いていた。高幡不動20120226-1

弘法大師像そばの紅梅。先週よりもたくさん咲いていたがまだまだこれから。
高幡不動20120226-3

背景に奥殿が入るように撮る位置を変えてみた、ちょっとだけ春らしいかも。
高幡不動20120226-8

今週は五重塔そばの白梅も少し咲き始めていた。
高幡不動20120226-9

遅咲きの梅「思いのまま」も蕾がかなりふくらんできている。同じ枝から白・桃・紅の花が咲く「思いのまま」、この蕾は何色の梅が咲くんだろう。
高幡不動20120226-7

大日堂前の枝垂れ梅もまだ蕾の状態。
高幡不動20120226-5

六地蔵さんの奥でマンサクが咲いていた。ここは少しわかり辛い場所で、高幡不動尊を訪れても、この花を目にする人はかなり少ないかもしれない。
高幡不動20120226-6
このマンサク(満作又は万作)はマンサク科。細長い縮れ麺のようなかわった花びら。
春になると他の花よりも早く咲くので「まず咲く」ということからマンサクとなった説や、たくさんの花を付けることから「豊年万作」から命名されたという説もあるが、いずれにせよ、春のおめでたい雰囲気を感じる花だ。
高幡不動20120226-13
まだ枯れた色が多い時期なので、この鮮やかな黄色が目立つ。赤色のマンサクもあって、どこかで写真を撮った・・・京王百草園だったか昭和記念公園だったか

この日の福寿草は曇り空なので花は開いていなかった。
高幡不動20120226-10

ここに餌になるものが集まるのか、それとも別な理由があるのだろうか?弁天池の鯉はよくこの場所に集まっている。この日も全員集合って感じだった。
高幡不動20120226-11

参拝の人が少ないのでちょっと暇そう。
高幡不動20120226-12
「くじびき」は、子どもの頃は縁日では必ずやった。厚い紙と薄い紙の2枚がくっついたような「くじ」を箱の中からとって、薄い紙をはがすと中に番号が書いてある「くじ」だった。いまはどんな「くじ」なんだろう、ひょっとしてデジタル化されていたりして

寒くてなかなか春の花が咲かず。さらに週末の天気が芳しくないためネタ切れ気味。季節外れの写真ばかり続けてアップするわけにもいかないので更新頻度が落ちてます、お許しください

今週の高幡不動Vol.204
(撮影 2012年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 梅まつりの様子(2011年3月5日)

3月5日の京王百草園の梅まつりの様子

園内のほぼ中央、松連庵(しょうれんあん)の前にある樹齢300年といわれる「寿昌梅(じゅしょうばい)」。たくさんのつっかえ棒がこの梅の木の長い歴史を物語っているようだ
京王百草園201103-1
いままで何枚も京王百草園の写真をアップしてきたけど、この寿昌梅の写真をアップしたのははじめてかもしれない。幹と枝がすごく広がっているので、どのように撮っていいのか今ひとつわからない

心字池越しの枝垂れ梅、奥にはお茶会や句会、歌会など催される三檪庵(さんれきあん)が見えている。
京王百草園201103-3
枝垂れ桜って風情がある風景をつくるね。

今回は紅千鳥という紅梅がきれいに咲いていて一際目を引いた
京王百草園201103-6
青空に映える紅色。
京王百草園201103-14
この紅千鳥はシベも紅色。なんだか色っぽい梅だ

園内に何本かある「思いのまま」も咲き始めた。
京王百草園201103-12
同じ枝に白と淡い紅色の花が咲いている。
逆光で光が透けた1枚だけ淡紅色の花びらもいいかな。
京王百草園201103-2
京王百草園の「思いのまま」は高幡不動尊のとは違って遅咲きだね。

さすが梅まつり、園内は梅見物の人で賑わっていた。ちょっと平均年齢高めですけど
京王百草園201103-5

カンザキアヤメ。園内は梅の桃色や紅色に囲まれていてこの紫色が目の休息になった。
京王百草園201103-9

「寿昌梅(じゅしょうばい)」の足下には福寿草もたくさん咲いている。
京王百草園201103-8

年明けから咲いているロウバイもまだ健在。いい香りを漂わせている
京王百草園201103-11
スイセンも健在。でもちょっと終わりかけかな・・・
京王百草園201103-13

「南高」という札が見える、梅干しで有名な南高梅なんだろうね。
京王百草園201103-10
美味しい梅干しが食べたい

見晴台からの景色はこんな感じ、春の賑やかさが出てきた
京王百草園201103-4
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されているが、梅まつりが終わったあとの静かな百草園もお勧め

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつりの様子(2011年2月13日)

百草園梅まつり201102-12
京王百草園の梅まつりが2月5日(土)から始まっている。

百草園の中心に位置する松蓮庵の茅葺き屋根と梅。
百草園梅まつり201102-11
松蓮庵はお食事処になっていて、よもぎ蕎麦などを食べることができる。松蓮庵はあまり広くないけど、梅まつりの時期は松蓮庵と売店の間の広場にベンチが設置される。

3連休初日に降った雪が少しだけ屋根に残っている。でも雪景色の梅がうまくとれない
百草園梅まつり201102-10
受付の方の話では私が行った前日(土曜日)が雪景色ですごく良かったんだそうだ。残念・・・仕事だった

百草園梅まつり201102-7
それでもいろいろがんばって撮ってみたんだけどね
百草園梅まつり201102-3

ほぼ毎月散歩に来ているが、いつも私が来るときは、ほとんど誰もいないんだけど、さすが恒例の梅まつり期間中、さらにとってもいい天気の中、梅を見に来た人で賑わっていた
百草園梅まつり201102-1
見晴台から見てみると、全体的には少し早い感じかな。1月最後の週末に訪れた時の様子はこちら
百草園梅まつり201102-8
この日は早咲きの梅が見頃、園内全体では5分咲きという状況。

ちょっと肌寒いけど、きれいな青空の日に梅を見るのは気持ちがいいもの
百草園梅まつり201102-9
この京王百草園にも「思いのまま」があるんだけど、高幡不動尊の「思いのまま」とは違ってまだ咲いていなかった。

白梅。
百草園梅まつり201102-2
淡紅梅。
百草園梅まつり201102-6
紅梅。
百草園梅まつり201102-4
きっとこれらの梅にもちゃんと名前があるんだろうけど、今回はしっかり見てこなかったので名前が全然わからない・・・

こういう逆光の梅が好きなんだけど、もう少しうまく撮りたいなぁ
百草園梅まつり201102-5
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されている。京王百草園のホームページはこちら

この記事はいつもブログでお世話になっているbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(01/30)この時期らしい様子

1月最後の週末、天気はいいが相変わらずかなり寒い
高幡不動尊201101-7
28日(金)が初不動・だるま市だった。その後の週末なので、人出が多いかと思ったけどそれほどでもない
高幡不動尊201101-1
雲があると空の青さが目立つ。今週の木曜日が節分なので、それまでは露店が出ているのかな。

弘法大師像の前の紅梅はかなり咲いてきた。節分の前になると、この場所に「節分会年男参加者」の掲示板が出る。
高幡不動尊201101-6
節分は季節を分ける日なのでその翌日が立春。週間天気予報では立春の頃(今週後半)から少しずつ暖かくなるとのこと

新しい大師堂ももうすぐ完成
高幡不動尊201101-5
屋根の下の方はあえて写さなかったが、そこはまだ足場が組んであって工事中

大日堂前の枝垂れ梅も咲き始めた。
高幡不動尊201101-4
毎年同じことを書いているけど、この枝垂れ梅はいつも日陰で写真が撮り辛い

高幡不動尊の山の中の松の木
高幡不動尊201101-10
いつもこの傷跡は松の木の害虫駆除か何かの調査の跡かなぁと思っていた。

京王線高幡不動駅ビルの南北自由通路に、日野郷土史研究会(だったかな?)日野市郷土資料館のパネル展「七生丘陵の自然と鎮守の祭」があって、それを見ていてこの傷跡が松脂を取るための跡だということを初めて知った
高幡不動尊201101-8
こんなお不動さんの山の中の松で松脂を?と思ったら、それは戦時中の供出のためだった。
お寺の鐘やなべ釜なんかの供出は知っていたけど、松脂までとは
高幡不動尊201101-9
松脂から松脂油を作って戦闘機などの燃料にしたのだろうけど、実際にどれだけ使えたのだろうか・・・

高幡不動尊201101-3
弁天池の福寿草、咲いている花がまた少し増えた
高幡不動尊201101-2
ちょっと気になるのは、昨年たくさん福寿草が咲いていて写真を撮った場所にはまったく何も出ていなこと。上の福寿草は同じ弁天池回りでもちょっと違う場所なんだよね

もうすぐ立春。暖かくなるのはうれしいけど花粉が飛び始めるね

今週の高幡不動Vol.154
(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(01/15)2011年最初のござれ市

天気はいいものの乾燥した寒い北風が吹く週末、今年最初のござれ市だったため、少し人出が多い
高幡不動尊20110116-12
盆と正月が同時にとはいかないまでも、まだ正月の露店がいくつか残っている中でのござれ市。露店と一緒になって賑やかな感じ
高幡不動尊20110116-7
この傾いた松を見るたびに、支え棒がされて本当によかったと思う。
高幡不動尊20110116-9
おどけた表情が面白いキューピー三羽がらす(勝手に命名)。
高幡不動尊20110116-10
コレ懐かしい。昔の洗濯ばさみってこのアルミの軽~い感じのやつだったね。
高幡不動尊20110116-11
ペコちゃんと招き猫が目立つ台に並べてあった
高幡不動尊20110116-4
これもかわいい招き猫「しあわせこいこいやってこい」って書いてある。
高幡不動尊20110116-3
これもすごくかわいい縁起物だね。ところで招き猫って右手(足)で招いている猫と左手(足)で招いている猫がいる。調べてみると、右で招く猫は金運を招き、左は人(客)を招く猫なんだそうだ

猫の色にも意味があって、三毛は幸運、白は福、金は金運、ピンクは恋を招き、黒は病・厄除け、赤は病・魔除けなんだそうだ

同じ色とりどりでも、これはトンボ玉。
高幡不動尊20110116-14
懐かしいセミアコだけど、いつもここでこれが展示されてないかな・・・
高幡不動尊20110116-2
いろいろな物が売られている。どこまで売り物なのか、飾りなのか・・・
高幡不動尊20110116-5

いつも何かの花が咲いている弁天池周りにもいまは花なく、ヒイラギモチ、別名支那柊(しなひいらぎ)の赤い実がなっていた。葉っぱの形が特徴的
高幡不動尊20110116-1
弁天池に春を告げる福寿草が咲くのが待ち遠しいなぁ

高幡不動尊20110116-6
あまりにもお地蔵さんが寒そうだから、誰かがマフラーを巻いたようだ。

弘法大師像は寒さよりも、周りの紅梅が咲き始めたことが少しうれしそう。
高幡不動尊20110116-13
厄除けの「ほのほうちわ」を使った高幡不動尊の年始行事掲示板。
高幡不動尊20110116-15
今年も初不動と節分は平日だ・・・

1年2ヶ月使ったデジタル一眼レフPENTAX K-7が入院してしました
新宿のペンタックスフォーラムでセンサーやファインダーの清掃と同時にいろいろな点検をやってもらったら、入院しないと調整できないぐらいオートフォーカスが狂っているそうです。後ピン気味だったそうですが、そういえば最近ピントが甘くてボツにする写真が少し多くなった気もします。

K-7がなくなるとお散歩写真が2週間も撮れなくなるので、その帰りにヨドバシカメラでK-5を買ってしまいました。売り場のペンタックスから派遣された担当の方と話をすると(実は年末も話をした)、いまの在庫品は当初のゴミ問題が解決したもののようなので、クリスマスプレゼントもお年玉もない自分へのプレゼント

K-5はK-7と見た目も操作感も全然変わりませんが、シャッターがすごく軽くなりました。シャッター音が小さくなったのもすごくうれしいです。心臓部であるイメージセンサーはまったくの別物なので、きっと暗い場所での撮影が快適になると期待しています
ちなみに今回の記事からPENTAX K-5ですが、使っているレンズもカメラの設定も変わらないので写真としてはあまり変化はないです

今週の高幡不動Vol.152
(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.126)百草園の梅まつり(3/13)

久しぶりに週末が晴れたのでさっそく梅まつり開催中の百草園に行ってみた

以下の写真は3月13日(土)昼頃の京王百草園梅まつりの様子
百草園梅まつり201003-1
先日の雪、みぞれ、風で散ってしまったかと思ったが、しっかりと梅が残っていた。
百草園梅まつり201003-3
2週間ほど週末の天気が悪かったので、もう少し人が多いかと思ったけど、それほどでもなかった
百草園梅まつり201003-4
心字池回りの雪釣りと紅梅・白梅

茶室「三檪庵」ではお茶会催されている。日本庭園らしいいい雰囲気
百草園梅まつり201003-7

まだ梅は見頃なのかなと思うけど、よくみるとさすがに盛りは過ぎているようだ
百草園梅まつり201003-6
心字池のカルガモも、水面に浮かぶ花びらをかきわけるようにして泳いでいた
百草園梅まつり201003-5

もちろん地面にも花びらがたくさん落ちている・・・
百草園梅まつり201003-9

京王百草園の梅まつりは3月14日(日)まで、梅まつりが終わるとこの賑やかさは終わって、また静かな百草園に戻る。それもまたちょっとうれしい
百草園梅まつり201003-2

梅まつりが終わっても、梅がいきなり散ってしまうわけではないので、まだ当分楽しめるはず
百草園梅まつり201003-8
京王百草園は3月14日(日)まで開催。さすがに梅の花のピークは越えているが、まだまだ楽しめる
梅以外にも福寿草、ウンナンオウバイ、クリスマスローズ、ラッパスイセン、マンサク、木瓜(ボケ)など、たくさんの花木が楽しめる

百草園は京王線百草園駅から徒歩10分ほどだけど途中にかなりの急坂があるので注意が必要
駐車場はないので徒歩以外はタクシーになるが、百草園の駅前にはタクシー乗り場がないため、タクシーに乗るならば聖蹟桜ヶ丘駅叉は高幡不動駅が便利

ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.124)2月の百草園 梅まつり回想

このところ冷たい雨が続く関東地方、晴れ空の週末が待ち遠しいので、2月の晴天時の百草園梅まつりを見て気持ちを落ち着かせることにする
百草園の梅2010-4
2月の週末はこんな青空の日が多かったなぁ、やっぱり散歩はいい天気の方が断然楽しい
百草園の梅2010-2
梅の花もいっぱいの日射しをあびて気持ちよさそう

百草園の梅2010-9
ちょっと紅色が濃いこういう紅梅は花が少なくても絵になるね

ニホンスイセンも天気がいいと元気よく見える。このニホンスイセンの姿は「エサをもらう時のツバメの子どもの様子に似ている」というコメントを以前いただいたけど、まさにそんな感じ
百草園の梅2010-3

百草園は高台にあるので景色も楽しめる。遠くに多摩川と府中四谷橋が見える
百草園の梅2010-6

百草園受付の屋根と白梅。ちょっと雰囲気のある屋根だね。
百草園の梅2010-1

手前に少し紅梅を入れて春爛漫な感じを出そうと思ったけど、もうちょっと頑張らないとだめだな
百草園の梅2010-10

桃色の梅、なんだかぎっしりと花がつまっている感じでしょ
百草園の梅2010-7
この梅の姿を見て、梅まつりで出ていた屋台のこれ↓が頭に浮かんだ
百草園の梅2010-8
もも肉じゃなくて皮(カワ)だったらもっと似ていたと思う、残念

百草園の梅まつりは、この週末の日曜日(3月14日)まで、なんとか最後は晴れて欲しいよね。百草園受付にはテルテル坊主がつるされているかな

上記の写真はすべて2月に撮ったもので、現在の百草園の様子ではありません

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.110(02/21)紅梅に囲まれた弘法大師像

今週は雪が積もったりして寒くていまひとつの天気が続いたが、週末はいい天気になった
高幡不動尊20100221-1
見た感じほど暖かくはない、それでも先週よりは少し暖かかなぁ

高幡不動尊で一番早く咲く弘法大師像前の紅梅。毎月21日は弘法大師のごめい日とあるが、今日は第3日曜日でもあるのでござれ市のお店も出ている
高幡不動尊20100221-2
弘法大師は承和2年(835年)3月21日にご入定されたが3月21日に行う法要を正御影供(しょうみえく)、3月以外の月に行う法要を月並御影供(つきなみみえく)というそうだ。そういえば正御影供は来月だ

故人の命日も月命日と1周忌以後は祥月命日(しょうつきめいにち)という。同じ「しょう」でも正と祥で字が違うが意味も違う。「祥」は「さいわい」とも読み、凶服(喪服)を去って吉服になるという意味でつけられているそうだ。知らなかったそう言えば母の一周忌はまだ終わってなかった

弘法大師さんの回りの紅梅。遠くからみるよりも花は案外まばらに咲いている。
高幡不動尊20100221-7
回りを紅梅に囲まれて、弘法大師さんも春を感じているでしょうね
高幡不動尊20100221-3
弘法大師(こうぼうだいし)、空海上人は平安時代の僧で真言宗の開祖。ここ高幡不動尊は真言宗智山派別格本山 高幡山明王院金剛寺。お不動さんと呼ぶけど真言宗のお寺なんだね

さて恒例のござれ市をブラブラする。これはハウルの動く城かちょっと違う
高幡不動尊20100221-4

チップとデール(Chip'n Dale)はディズニーのキャラクター。これはお店の看板だったのかな
高幡不動尊20100221-6
Jリーグが始まったころ国立競技場にフェイスペインティングして観戦に行ったことがある。あの頃はチケットが全然取れなかった、懐かしいなぁ

かなり古いタイプのレコードプレイヤー、動くのだろうか・・・
高幡不動尊20100221-7

このあと昭和記念公園に行こうと思っているんだけど、天気予報よりもちょっと雲が多いのが残念
高幡不動尊20100221-8

先週は蕾だけだった河津桜が咲き始めた
河津桜201002
でもまだちょっとだけだけどね
ここの桜が咲くと五重塔をバックにきれいな桜の姿が撮れるけど、昨年の見頃は3月入ってからだった→2009年3月12日の記事

(撮影 2010年2月21日)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.106(01/24)富士山が見える場所

またまたいい天気の境内。この日は風が少し冷たかったけど、比較的暖かだった。
高幡不動尊20100124-1
このところ週末はずっといい天気が続いてるような気がする

高幡不動尊の境内では一般者が立ち入りできない豊泉寮前の庭で白梅と紅梅が咲いているのが遠目にちょっと見える。入って写真撮りたいなぁ・・・
普通に行ける場所では、この弘法大師像前の紅梅が一番早く咲きそう
高幡不動尊20100124-4
弘法大師像が背景になる枝はまだあまり咲いていないけど、同じ木でも日があたる枝は咲きはじめている。
高幡不動尊20100124-3
梅の花は桜ほど密集して咲かないので、もうちょっと近寄って撮りたい気分

これは五重塔前の梅。こちらもだいぶ蕾がふくらんできている、もうすぐ咲くのかな
高幡不動尊20100124-8

空気が澄んだ冬のこの時期は多摩地区からも富士山がよく見える
日野市の浅川河川敷からの見えるこの富士山とふれあい橋はよくアップするけど、高幡不動尊からの富士山はアップしたことがない
高幡不動尊20100124-11
高幡不動尊の山は木が生い茂っていて富士山が良く見える場所があまりないのが理由。さらおにお地蔵さんの背景に富士山が見える場所はかなり限られる

花の印がある場所に小さく富士山が見えている、枝がかなり邪魔で見えてもせいぜいこれぐらい。枝に葉があると隠れてしまってまったく見えない
高幡不動尊20100124-5
写真ではお地蔵さんが少し暗くなってしまうけど、これは八十二番(香川県高松市 青峰山 根香寺)のお地蔵さん。山内八十八ヶ所巡拝(四国八十八ヶ所霊場のうつし)の八十番前後のお地蔵さんあたりで背景に富士山を見ることができる

もう1カ所、富士山がよく見える場所がこの五十三番(愛媛県松山市 須賀山 円明寺)のお地蔵さん。お地蔵さんがこちらを向いていないのと、柵が邪魔で富士山がよく見えないのがいまひとつ・・・
BlogPaint
「たき火禁止」の看板もちょっと・・・大切なことなんだけどね

柵の上からアップで撮るとこんなにきれいに見えるんだけど、ちょっと残念
高幡不動尊20100124-6
地図で調べて見ると手前の山は丹沢山系のようだ
この富士山を撮ったのは2010年1月24日11時半頃。この日は雲もなくすごくきれいに見えた

境内に戻って不動堂の前。大きなほのほうちわに高幡不動尊の行事がかかれている
高幡不動尊20100124-2
高幡不動尊は毎月28日がお不動さんの日として出店が並ぶが、今週の木曜日(1月28日)は初不動大祭。お稚児さん行列などがあって、正月の三が日並みの人出がある。
今年は初不動も節分も平日なのでお参りできないのが少し残念・・・

高幡不動尊20100124-10
初不動から節分の頃まではだるま市も開催されるので、この出店はそれまでずっと出ているのかな

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.62)天気がいい時の写真

ブログのデザインと気持ちだけ弥生3月で春いっぱい。でもなんだか先週から
ずっと天気が悪い東京多摩地区

なんだか気分が重いので、先月中旬頃の晴れた時の散歩写真ばかりを集めてみた

高幡不動尊、大日堂手前にある五部権現社殿、源頼義勧請の八幡大菩薩を中心に
五神が合祀されているとのこと
晴天散歩写真-2晴天散歩写真-3
そして社殿前の紅梅、明るい日射しを受けるといい感じに見える

大日堂奥の六地蔵さん、この日は初春の日射しを後ろから浴びて、お地蔵さんも
春の気分を味わっているようだ
晴天散歩写真-1L
やっぱり天気がいいというのは気分がいいね、お地蔵さん

散歩道から少し離れたところに、すごく目だつ黄色い花が咲いている木があった
近づいてみると結構大きな木だ、幹も太くてしっかりしている
晴天散歩写真-5晴天散歩写真-4

晴天散歩写真-6L
青空に黄色い花が映えるこういう所にも電線、ちょっと邪魔
この木は、ギンヨウアカシアかな、それともミモサアカシヤ(フサアカシア)かな

今週末の天気はどうなるでしょう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


散歩写真(vol.59)百草園梅祭り(2)

今日は散歩に出たけど朝からどんより曇り空、今ひとつの天気だった

これは百草園梅祭り初日(2/7)の様子の続き
百草園は規模は小さいけど、日本庭園らしい景色も楽しめる
百草園梅祭090207-10百草園梅祭090207-13
(上写真右)心字池周辺、この時期はさすがにちょっと茶色が多い・・・

(下写真左)白梅と山茶花(かな?)。急坂を登るだけあって浅川と多摩川の合流付近など遠くまでよく見える
百草園梅祭090207-19

(下写真)いま百草園内で一番目立っているのは、松連庵(しょうれんあん)そばの蓮久(レンキュウ)という淡紅色の梅
百草園梅祭090207-15百草園梅祭090207-16
百草園梅祭090207-9百草園梅祭090207-12
この蓮久は八重咲きの大輪。淡紅梅とはいえ八重咲きのため結構色が濃く見えるので、松連庵の茅葺き屋根や天気の青空とよくマッチする

(下写真)百草園には小さいけれど竹林もある
百草園梅祭090207-20
しかし竹っていつも青い紅梅、白梅はきれいだけど、梅ばかり見ているとこういう竹の青さが目の箸休めになる

ワニ使いのジャガーさん(この表現はちょっと古いか)のコメントにあったので、大きめのサムネイル写真でもアップしてみた

どうせなら、もう少し大きい方がいいと思うけど、これ以上大きくするには、ブログのデザインテンプレートを変更しなければならないので、また検討します

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

散歩写真(vol.58)百草園梅祭り(1)

2月7日(土)から京王百草園の梅祭りが始まったちなみに3月15日(日)まで開催

京王百草園は京王線百草園駅(なんだか、そのまんまだなぁ)から徒歩10分(ただし急坂あり)のところにある。ホームページはこちら
坂を登りたくない方は、駐車場がないため、聖蹟桜ケ丘または高幡不動からタクシーがおすすめ、百草園の駅にはタクシー乗り場はない

(下写真左)たまに散歩に来ても、普段は訪れる人が少ない百草園だけど、なんだか久しぶりに人が大勢いる光景を見た気がする
百草園梅祭090207-4百草園梅祭090207-8
(上写真右)しっとり落ち着いた風情ある三檪庵(さんれきあん)の庭。お茶会が開かれる日には、ここで和菓子付のお茶(500円)を楽しむことができる

(下写真左)こんな梅の盆栽が売っていた。これを持ち帰れば自宅で梅祭りの雰囲気が味わえるかも
百草園梅祭090207-5百草園梅祭090207-1
(上写真右)園内には約80種800本の梅が次々と花を咲かせるため、黄色のロウバイ、紅梅、白梅の3色が楽しめる場所もあるちなみに普通の梅はバラ科サクラ属だけどロウバイはロウバイ科ロウバイ属でちょっと違う、百草園のロウバイについての1/14の日記はここ

(下写真左)この場所は紅梅と白梅、そして梅の木の足下には水仙が咲いている
百草園梅祭090207-3百草園梅祭090207-2
(上写真右)この梅には「南高」という名札がこれは有名な南高梅かな、南高梅は紀州和歌山の名産だけど、名前の由来は南高梅の基礎を育てた「高田」氏と梅の優良品種を統一して市場の安定を図るための調査に尽力した「南部高校」だそうだ

(下写真)百草園の丘(清涼台)にあるみはらし台からの景色。きれいに咲いているけど、梅はまだこれからって感じかな
百草園梅祭090207-7百草園梅祭090207-6
(上写真右)風が強いともう少し遠くまで見えるけど、この日の午前中は風もなく穏やかだったので、少し霞んでいてあまり遠くまで見えない
都心の高層ビルまできれいに見えた、晩秋の頃のここからの景色は、昨年12/16の日記ここ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ