ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

紅千鳥

京王百草園 梅まつりの様子

恒例の京王百草園の梅まつりの様子。

今年は2月4日(土曜日)から始まった梅まつり。
京王百草園201702
さすが梅まつり。受付のところに何人かの人がいるのを久しぶりに見た気がする。

松連庵横のレンキュウ(連久)、緋梅系。早咲きなのでもう見頃になっている。
京王百草園201702
百草園全体としては5分咲き程度。
京王百草園201702
梅まつり期間中の週末はいろいろな催し物が行われる。
京王百草園201702
いい天気だけどまだちょっと寒いかな。
京王百草園201702

京王百草園のシンボル的存在の寿昌梅。
京王百草園201702
植樹されたのが江戸時代の享保年間(1716 年〜)だとすると樹齢は・・・?
京王百草園201702
花はオーソドックスな一重咲きの白梅。
京王百草園201702
寿昌梅の足元には福寿草がたくさん咲いていた。
京王百草園201702
福寿草のそばに落ちていたこの梅の花は寿昌梅かな。
京王百草園201702

これは八重咲きの紅梅、紅千鳥、緋梅系。鉢植えだったけど、この日
一番きれいに咲いていた梅。
京王百草園201702

雪が積もることで枝が折れることを防ぐ雪吊りとそれを囲むように咲く梅の花。
京王百草園201702
白色、桃色、紅色の梅の花に囲まれてすっかり春の光景になっていた。

京王百草園201702
見晴らし台からの風景も春らしい色がついてきていた。

梅以外の花としてはこのマンサク(満作)マンサク科。
京王百草園201702
春になると他の花より先に咲くことから「まず咲く花」と言われたのが、だんだんと
マンサクになったとも、花がたくさん咲くので「豊年満作」から命名されたとも言われる。
京王百草園201702
ちじれたひも状の変わった花びらが特徴。

高幡不動尊で咲き始めた思いのままは、京王百草園では遅咲きとされていてまだ蕾だった。

京王百草園の梅まつりは3月12日(日曜日)まで。
遅咲きの梅が咲く頃にまた訪れてみよう。

(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつり

桜の開花のニュースが流れるこの時期に季節外れ感満載の記事(汗)

1ヶ月半ぶりに週末休むことができたので、梅まつり最終日の前日(3/14)に京王百草園に行ってきた。
京王百草園201503-6
 見晴らし台からの眺めはすっかり春色。

京王百草園201503-5
梅まつりは、京王百草園で一番の行事(だと私は思っている)だけあって、園内は華やかな雰囲気。
 京王百草園201503-3
回りを梅に囲まれた園内の通路。この時期らしい光景。
京王百草園201503-4


この黄色い花は、初冬からがんばって咲いているロウバイ。
京王百草園201503-1
 ロウバイはウメ科ではないけど、名前にバイ(梅)がつくから、梅まつりで一緒に愛でましょう(笑)
 
 京王百草園201503-7
梅まつり期間中の週末はお茶がいただける茶室の前。
京王百草園201503-8
 梅は一足早い日本の春を感じることができる。 と、書いているいまはもう桜の時期(汗)
 
京王百草園201503-10
いつも梅らしい花の梅だなぁと思いながら写真を撮る「 紅千鳥」。

京王百草園の花は梅だけではない。
京王百草園201503-2
 福寿草、そしてクリスマスローズ。
京王百草園201503-9
 クリスマスローズという名前は季節に合わないし、日本庭園にも似合わない名前(笑)
京王百草園201503-11
 そしてミツマタ。
このあとは、サンシュやレンギョウ。カタクリも咲き始めているはず。
次はいつ頃、京王百草園に行けるだろうか・・・ツツジの季節かな(汗) 
 
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 梅まつりの様子 最終日

3月17日、京王百草園で開催されている梅まつり最終日の様子。
京王百草園201303-7
この日は晴れたり曇ったりだったけど、太陽が顔を出た時は春爛漫の気分。

京王百草園201303-1
少し前はまだ冬枯れ色だった園内に緑色が増えて春が実感できる。

京王百草園201303-5
きれいな紅色の紅千鳥
京王百草園201303-4

八重咲の梅。
京王百草園201303-8
園内では主に遅咲き系の梅が見頃になっている。
京王百草園201303-9

白、紅、桃色の梅が入り乱れて咲いている。
京王百草園201303-10
下の方に少しだけ黄色が見えるが、これは寒い時期からずっと頑張って咲いているロウバイ。

京王百草園201303-3
枝が上に伸びて、花が枝にそって咲いているのが梅らしい姿。

啓蟄が過ぎて、早咲きの梅の花びらが散る心字池にも蛙が顔を出す。
京王百草園201303-6

梅まつりの中、咲き始めた桜、ケイオウサクラ(啓翁桜)。
京王百草園201303-2
いまでもまだ日本水仙がきれいに咲きそろっている。
京王百草園201303-12
青空に映える黄色はレンギョウ、モクレン科。
京王百草園201303-11
今年は咲き始めが少し遅かったので梅まつりが終わっても、まだしばらく梅を楽しむことができそうだ。

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2013年、梅写真」に参加しています

(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 梅まつりの様子 (2012年3月18日)

3月18日(日曜日)の京王百草園の梅まつりの様子。
京王百草園201203-1
遅れていた梅がようやく見頃になった。
京王百草園201203-3
朝から天気がいまひとつだったので人はあまり多くない。
京王百草園201203-2
あいにくの曇天、しっとりとした風情のある光景と言えるかも
京王百草園201203-7

すっきりとした一重咲きの紅梅、紅千鳥。
京王百草園201203-6
こちらも一重咲きの紅梅、大盃。
京王百草園201203-14
これは桃色の梅、トウバイ(唐梅)。
京王百草園201203-13
百草園で一番人気の梅、レンキュウ(蓮久)。団子のようにかたまって咲く。
京王百草園201203-5
食べる方で有名な南高梅。
京王百草園201203-12
ロウバイ。長い間ありがとう、やっと本物の梅とバトンタッチができる。
京王百草園201203-11

ちょっと百草園のイメージとは違う気もするクリスマスローズ
京王百草園201203-8
寒咲きアヤメ。この花も長いね。
京王百草園201203-9
昼過ぎにはとうとう雨が降ってきて、梅雨時の写真のようだ。

だんだんと、この高台から見える景色に春の色がついてきた
京王百草園201203-43当初3月18日までだった京王百草園の梅まつりは、25日(日)まで開催期間が延びた。
今週末、もう一度行きたいけどまた天気が崩れそうだ

(撮影 2012年3月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

2011年の梅も見納め

2011年梅-5
2011年の梅写真もそろそろ終わり。最後の記事のトップはピンクの髪飾りをつけたような「思いのまま」。
リボンをつけたキティーちゃんのようだ
2011年梅-3
これが「思いのまま」の写真で一番良く見るパターン。

枝全体で見ると、淡紅や白が入り乱れて咲いている。
2011年梅-4
たくさんの白い囲まれた淡紅の花。大勢の男性の中に女性が1人、これは女王様状態?
2011年梅-9
でも、白い梅もなんとなく淡紅が入っているから、回りの男もちょっとそっち系かも

シベまで紅色の紅千鳥。盆栽にしたらすごく春を感じる盆栽になるだろう。
2011年梅-1

一重の白色でガクが薄緑なので全体的に淡い色あいの月影。
2011年梅-7
紅千鳥とはまた違って、日本の素朴な春のイメージ。
2011年梅-6

淡紅色の枝垂れ梅。後ろは高幡不動尊で大日堂の鳴り龍を拝観する時に入る大玄関。
2011年梅-8

そして梅にメジロ。小さくて花の蜜を吸って飛び回っている、かわいい鳥だね。
2011年梅-2
次は桜なんだけど、今年は昨年より少し遅れている感じがする。

いま大変残念なのは、昭和記念公園が閉園していること。これは昨年3月中旬の昭和記念公園の菜の花畑。
春の花
ホームページには「地震の影響などにより当面の間休園」とアナウンスされているが、この菜の花畑を開放すれば多くの人が心を休めることができると思う。

閉園していた京王百草園は18日(金)から通常営業している。計画停電の間は「そばの販売」は休止ということだが、それほどエネルギーを消費することなく、訪れた人に憩いの場が提供されている。

いま私たちができることは過度の自粛ではなく、復興のための行動・支援だと思う。 もちろん過度の自粛にしても復興のための行動・支援にしても、それぞれのおかれた状況や判断により異なるとは思うけど。

最後になりましたが、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興を願っています。

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつりの様子(2011年3月5日)

3月5日の京王百草園の梅まつりの様子

園内のほぼ中央、松連庵(しょうれんあん)の前にある樹齢300年といわれる「寿昌梅(じゅしょうばい)」。たくさんのつっかえ棒がこの梅の木の長い歴史を物語っているようだ
京王百草園201103-1
いままで何枚も京王百草園の写真をアップしてきたけど、この寿昌梅の写真をアップしたのははじめてかもしれない。幹と枝がすごく広がっているので、どのように撮っていいのか今ひとつわからない

心字池越しの枝垂れ梅、奥にはお茶会や句会、歌会など催される三檪庵(さんれきあん)が見えている。
京王百草園201103-3
枝垂れ桜って風情がある風景をつくるね。

今回は紅千鳥という紅梅がきれいに咲いていて一際目を引いた
京王百草園201103-6
青空に映える紅色。
京王百草園201103-14
この紅千鳥はシベも紅色。なんだか色っぽい梅だ

園内に何本かある「思いのまま」も咲き始めた。
京王百草園201103-12
同じ枝に白と淡い紅色の花が咲いている。
逆光で光が透けた1枚だけ淡紅色の花びらもいいかな。
京王百草園201103-2
京王百草園の「思いのまま」は高幡不動尊のとは違って遅咲きだね。

さすが梅まつり、園内は梅見物の人で賑わっていた。ちょっと平均年齢高めですけど
京王百草園201103-5

カンザキアヤメ。園内は梅の桃色や紅色に囲まれていてこの紫色が目の休息になった。
京王百草園201103-9

「寿昌梅(じゅしょうばい)」の足下には福寿草もたくさん咲いている。
京王百草園201103-8

年明けから咲いているロウバイもまだ健在。いい香りを漂わせている
京王百草園201103-11
スイセンも健在。でもちょっと終わりかけかな・・・
京王百草園201103-13

「南高」という札が見える、梅干しで有名な南高梅なんだろうね。
京王百草園201103-10
美味しい梅干しが食べたい

見晴台からの景色はこんな感じ、春の賑やかさが出てきた
京王百草園201103-4
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されているが、梅まつりが終わったあとの静かな百草園もお勧め

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ