ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

竹灯籠

京王百草園 竹灯籠と紅葉観賞の宵

京王百草園では毎年この時期に竹灯籠と紅葉鑑賞の宵が開催される。
今年は11月22日(土)から24日(祝・月)までの3日間。

私は11月23日の昼と夜に京王百草園を訪れた。昼の様子はこちら
京王百草園201411-1
入口から正面の階段を見たところ。上が昼の風景、下が夜の風景。
京王百草園201411-3
  
階段を登り切ったところにウェルカム竹灯籠が(笑)
京王百草園201411-10
 この竹灯籠の右側のスロープのライトアップされた紅葉。
京王百草園201411-9
 なかなかいい感じにライトアップされている。

京王百草園201411-2
 細かな細工がされた竹灯篭の昼の様子と夜の様子。
京王百草園201411-4
 ここはやっぱり夜だけ見るべきだね。
京王百草園201411-5
すべて園内の竹を使った手作りの竹灯籠だそうだ。 
 竹灯籠の柔らかな灯りがいい。
京王百草園201411-6
この日は例年に比べて暖かな夜だったけど、より一層暖かな気分になれた。

茶室前の大きなモミジ。確かオオサカズキだったと思う。
京王百草園201411-7
 ライトアップされた紅葉は上のような撮り方より下のような撮り方の方が雰囲気が出る。
京王百草園201411-8
12月に入ると、松連庵の売店も営業休止となり、冬ごもりの京王百草園となる。

でもこれから年末にかけて早咲きの日本水仙やいい香りがするロウバイなど、色々と楽しみがあるんですよ(笑)

 (撮影 2014年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 竹灯籠と紅葉鑑賞の宵

秋の京王百草園で一番楽しみにしているイベント、「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」。
今年は11月23,24、30日、12月1日の4日間開催された。

京王百草園201311-13
昼間の京王百草園とはちょっと違った雰囲気。
 
京王百草園201311-6
入り口から石段を登ると竹灯籠がお出迎え。
いい雰囲気だけど、昼間見るとこんな感じ。
京王百草園201311-3
こうやってみると、いろいろと準備の苦労が忍ばれる。

京王百草園201311-7
ライトアップされた紅葉。ここはたくさんの人が足を止めて写真を撮っていた。

茶室そばの大きなオオサカズキ。
京王百草園201311-1
ライトアップされた様子。
京王百草園201311-9
雰囲気がかなり違う。

この茶室とオオサカズキを見上げる場所からの様子。
京王百草園201311-5
同じ場所の昼間の様子。
京王百草園201311-4
竹林の緑、モミジの赤と黄色が並んで信号のようだ。でも順番が違う(笑)。
そう言えば信号も緑色だけど青、竹も緑色だけど青竹と言うね。

京王百草園201311-2
昼間はきれいに並べられて竹細工が、夜に明かりが灯るとまた別の光景に変わる。
京王百草園201311-10
竹に穴をあけて富士山が浮き出るように細工されている。
京王百草園201311-8
裏はこんな感じにロウソクが置かれている。
京王百草園201311-11
 この日は風もなく静かな夜だったが、これならば多少風が吹いても消えないかな。

京王百草園201311-12
京王百草園の秋の終わりを飾る光景。
人もあまり多くなくゆっくり鑑賞することができた。

最後は京王百草園から府中市、小金井市方面の夜景。
京王百草園201311-14
真ん中の明かりがないところが多摩川。真ん中のタワーが田無のスカイタワー西東京かな。

(撮影 2013年11月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


京王百草園 紅葉が見頃

紅葉が見頃の京王百草園。これは2013年11月24日の様子です。

入口から園内を上る階段のまわりもきれいに色付いている。
京王百草園201311-4
この日は夕方から「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」が開催されるので園内随所にそのセッティングがされている。
京王百草園201311-2
昼に見ても違和感なくいい感じ。
京王百草園201311-6
トウギボウシの紅葉。その側にも竹灯籠が。
京王百草園201311-3トウギボウシ
竹灯籠に明かりが灯った様子はまた別記事で。

茶室そばのオオサカヅキも真っ赤に色付いている。 
京王百草園201311-5
このオオサカヅキは夜にはライトアップされる。
京王百草園201311-12
同じオオサカヅキを下の竹林越しに見上げたところ。竹灯籠はすべて園内の竹を利用しているそうだ。
 
京王百草園201311-7
心字池に映る紅葉。水面が少し濁っていたのが残念。
 
この日一番燃えていたモミジ。
京王百草園201311-13
今年は痛んだ葉のモミジが多いが離れて見ればすごくきれい。

丘に上がる途中にある芭蕉の句碑。
京王百草園201311-8芭蕉句碑
風情ある光景。

空気が澄んだ日には遠くに新宿の高層ビル、東京タワー、スカイツリーが見える場所。
京王百草園201311-9
 この日は霞んでいたが、山の木々が色とりどりのでいい眺めだった。
 
京王百草園201311-10
東屋の茅葺きの屋根。ここだけ見ると随分田舎の方に来た気分。
京王百草園201311-11
1週間ほど前には、まだ黄色が多かったモミジが真っ赤になっていた。
下がその時の写真。1週間ですごく変わるものだね。
京王百草園201311-1

日本庭園によくあるアオシダレ(青枝垂)。
京王百草園201311-14アオシダレ
 モミジよりも葉が細く切れ込みが深いためか枝垂れた感じに見える。青い(緑色)時も雰囲気があるモミジだけどこうして色づいてもいい感じ。我が家にも1本ほしい(笑)。

これだけ見事な紅葉を人混みもなく、ゆっくり鑑賞できるのが京王百草園のいいところ。

この日の夕刻に開催された「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」は別記事で。

(撮影 2013年11月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 竹灯籠と紅葉鑑賞の宵

11月の3連休(23日から25日)に開催された京王百草園の紅葉ライトアップ。

今年は「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」というタイトルで開催。
百草園紅葉ライトアップ201211-13
夜の百草園を楽しめるのはこういうイベントのときだけ。
百草園紅葉ライトアップ201211-2

ライトアップされた紅葉は昼間に見る紅葉とはまた違った味わい。
百草園紅葉ライトアップ201211-8
ライトアップされた方が赤が強く見える。
百草園紅葉ライトアップ201211-4

「小さな和散歩」なるほど京王百草園らしい。
百草園紅葉ライトアップ201211-9

和傘の演出。
百草園紅葉ライトアップ201211-3
夜の暗さでライトアップされた赤いモミジが映える。
百草園紅葉ライトアップ201211-10

園内の竹を利用して職員が手作りしたという竹燈籠。
百草園紅葉ライトアップ201211-6
竹に穴を開けて中のロウソクを点灯することで絵を浮かび上がらせている「梅にうぐいす」。
百草園紅葉ライトアップ201211-5
竹細工がいいね。
百草園紅葉ライトアップ201211-11
この梅の竹細工はすごく手間がかかっていそうだ。
百草園紅葉ライトアップ201211-12

これは今年はじめて見る演出。
百草園紅葉ライトアップ201211-1
今年はこの催しが終わった後もまだ紅葉の見頃が続いているようだが、秋もそろそろ終わり。

次の京王百草園の楽しみは、ロウバイと日本水仙。でもさすがにもう少し先だね。

(撮影 2012年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち