ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

立春大吉

今週の高幡不動尊(01/28)  初不動 だるま市

毎月28日は不動明王の縁日、1月28日は1年で最初の縁日となり初不動と言われる。
高幡不動尊の初不動は初不動大祭と言われお稚児さん行列なども行われるが、
関東各地のだるま商が集まる、だるま市が開かれる。

この日は寒いけど冬晴れの天気になった。
高幡不動尊初不動だるま市201701

初不動とあってかなりたくさんの人になるだろうと思っていたが予想以上だった。
高幡不動尊初不動だるま市201701
参道には列が出ていて、お正月並の人出。
高幡不動尊初不動だるま市201701
1月28日が週末になった2012年に来たはずだけど全然記憶がない。
でも2012年のブログに記事はアップしていた。なんと今週の高幡不動尊第200号。
その前は2007年だから5年に1回初不動が週末になって来ていることになる。

もうすぐ立春、先日までは「謹賀新年」だったが、この日は「立春大吉」になっていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701

参道がこの状態だから、当然境内の中もすごい人。
高幡不動尊初不動だるま市201701
お正月の時と同じように不動堂の階段を上がってお参りする列(2階)と手前で
お参りする列(1階)に分けられる。2階と1階というのもわかりやすけど妙な掲示だ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
いつもの場所から撮った写真も人で埋まっている。

そしてこの日はだるま市というだけあって、境内のいたるところにだるまの露店が出ている。
ここは奥殿横、弘法大師像の前。
高幡不動尊初不動だるま市201701
社務所前。上州高崎だるま茂田とかかれている。だるまと言えば高崎だね。
高幡不動尊初不動だるま市201701

大日堂前、ここは普段は露店が出ない場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701

高幡不動尊初不動だるま市201701
大日堂前から大師堂までの間にも。
高幡不動尊初不動だるま市201701
大師堂の前にも。お正月でもここに露店が出ることはないなぁ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
ちなみにこの日は先週のように大師堂(お踏み石)に行列はできていない。
五重塔前、梅、思いのままの場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701
玉こんにゃくの露店も一緒に出ていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701
名前も書いてくれたりするんだね。

いつも気になる色とりどりのだるま。色の意味が書かれている。
高幡不動尊初不動だるま市201701
でも同じ色でも意味が違っていたり、銀色や橙色のようにあったりなかったりする(汗)
高幡不動尊初不動だるま市201701
プリンタで印字してクリアファイルに入れガムテープで貼った気軽さがいい。
高幡不動尊初不動だるま市201701

だるまではないけど、招き猫の後ろ姿。尻尾が書かれているのが可愛い。
高幡不動尊初不動だるま市201701

5年前の初不動の記事は休日出勤の帰りにiPhone4Sで撮ったと書いてあった。
この日は午後の飛行機で松江に出張の予定の日。撮ったカメラは駅のコインロッカーに
預けて羽田空港に向かった。初不動の日は仕事になる確率が高い(笑)
富士山
この後で搭乗した機内から見た富士山。雲1つない晴天で、手間に山中湖、
河口湖、遠くに海が見えた。(iPhone6Sで撮影)

今週金曜日(2/3)は節分会。高幡不動尊にも有名人がやってきて豆まきをする。
以前のブログ記事はこちら⇒2013年の節分会
節分の日の人出はすごい。お正月はお参りが終わった人は不動堂前を離れるので
人の入れ替えが起きるが、節分の日は豆まきがあるのでそこにずっと滞留する。
だから人の入れ替えが起こらず、参道の行列がまったく進まなくなる・・・。
来年の節分は週末になるね。

今週の高幡不動Vol.428
(撮影 2017年1月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(2/9)雪景色

久しぶりの大雪になった東京多摩地区。雪は9日未明にはやんで、朝からいい天気になった。

20年ぶりに都心の積雪が20センチ超えたということだけど、我が家の周辺では昨年の成人の日の時もこれぐらい積もった気がする。まあ計ったわけではないけど

京王線高幡不動駅から高幡不動尊に向かう参道。歩道はすでにきれいに雪かきがされていた。
高幡不動201402-2
車道は轍が2筋、ここは一方通行だからこれでOK。
この日の朝5時すぎに駅まで送りに行く道がセンターラインのある両方から車が来る道路なのに、轍が3筋(中央を共有)の部分があって、対向車が来ないことを祈りながら走った(笑)

高幡不動201402-3
「立春大吉」は1年間災難にあわない厄除けのおまじない。

この日は自分の家の雪かきをしてから出た散歩なので遅くなってしまったけど、本当はもっと早く来て、この急傾斜な屋根に雪が積もったのか、それとも積もらずに滑り落ちたのか見たかった・・・
高幡不動201402-4
通路も境内もきれいに雪かきされているが、まわりは集めた雪の山。
高幡不動201402-14

毎年境内で一番先に咲く弘法大師像前の紅梅が咲いていた。
 高幡不動201402-5
実は先週から咲いている(汗)。下の写真は先週撮ったもの。
高幡不動201402-1
もうちょっと近ければ、奥殿屋根の雪を背景にした写真になったんだけどね。
高幡不動201402-13

大日堂前の山門前、落雪注意の看板。
高幡不動201402-6
門の前から振り返ると小型重機で除雪作業中(汗)
高幡不動201402-7

大日堂も落雪注意の看板。というより落雪で賽銭箱前まで近寄ることができない。 
高幡不動201402-8
残念ながら笠はかぶっていないけど六地蔵さんも雪の中。
高幡不動201402-9
いままでなかなかこの姿を撮ることができなかったなぁ。

山アジサイが咲くあたりは普通の靴で歩くのが大変。長靴を履いてくればよかった。持ってないけど(笑)
高幡不動201402-10
 お地蔵さんも雪に埋まって冷たいよねぇ。
高幡不動201402-11

アジサイの小径横のトンボが集まる水たまりがシャーベット状に見える。
高幡不動201402-12
土曜日に雪が降って日曜日に晴れるという絶好のパタ−ンのおかげで、いままでの記事の中で一番の雪景色記事になったかもしれない。 

 今週の高幡不動Vol.303
(撮影 2014年2月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動Vol.107(01/31)もうすぐ立春

この週末(1/30・31)も東京多摩地区はいい天気、もう何週間か週末に晴れる日が続いている
高幡不動尊20100131-4
初不動大祭があった週末だからだろうか、少し人が多い気がした。

「立春大吉」。立春の早朝、禅寺では門前に「立春大吉」と張り出す習慣があるそうで厄除けのおまじないにもなるそうだ
高幡不動尊20100131-1
ちなみに立春は2月4日(木)、あくまでも予測日だそうで4日であることが多いが3日だったり5日だったりする年もあるらしい。

境内では福豆が売られていた、1袋300円也
高幡不動尊20100131-5

ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾
高幡不動尊20100131-2
この花の香りがあたりに漂いはじめるともう春って感じがするよね

高幡不動尊20100131-3
天気がいいので大日堂にも陽射しが明るく差している手前の緑の葉はなんだったっけ・・・

大日堂前にある枝垂れ梅は相変わらずずっと日陰・・・枝垂れ梅は花が咲くのが少し遅いのかな
高幡不動尊20100131-6

先週、富士山が見える場所として紹介した八十二番のお地蔵さん
高幡不動尊20100131-7
今日もすごくいい天気だけど富士山は見えない

椿が一緒に撮れるお地蔵さんってなかなかないんだけど、三十二番(高知県南国市十市町 八葉山禅師峰寺)のお地蔵さんのすぐそばに椿が咲いていた
高幡不動尊20100131-8
そういえば、今週すべてのお地蔵さんの赤い前掛けが新しくなっていたようだ

バラ科のユキヤナギ(雪柳)に少し花が咲いていた。ここは春になると五重塔を背景にきれいなユキヤナギの写真が撮れる場所。まだちょっと早いよね
高幡不動尊20100131-9

五重塔前の梅は紅梅よりも白梅から先に咲き始めていた。奥は不動堂の屋根。
高幡不動尊20100131-10
今年の2月3日の高幡不動尊 節分豆まきの主なメンバーは、日野市観光協会のホームページによると、田丸麻紀、つのだ☆ひろ、ハローキティ、ぴーの、ミス日本グランプリ、藤原 浩、真矢翔多、イータ、有森也実、飯沼誠司が予定されているそうだ。話題の朝青龍は最初から予定に入っていない、残念

豆まきの時に高幡不動尊に行きたいけど今年は平日。次に2月3日が週末になるのは2013年。ちょっと先の話だけどこの年は2月3日が日曜日

昨晩(2/1)は雨が雪に変わって、朝起きると久しぶりに一面の銀世界になっていた
雪の中の白梅や頭に雪が積もった六地蔵さんなんていう光景を写真にしたいけど、平日の朝から撮って回るほどの余裕はなかった

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ