ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

福寿草

昭和記念公園 梅と桜

3月最初の週末、昭和記念公園の梅園。

紅白の梅に黄色が加わってきてさらに賑やかな雰囲気になってきた。
昭和記念公園201803

黄色の正体はこのサンシュ、ミズキ科。別名春黄金(はるこがねばな)と言われるように、黄金色の花。
昭和記念公園201803
この日はまだ咲き始めたところだったけど、見頃の時期になると春の陽射しを浴びて黄金に輝く。
昭和記念公園201803

白梅、八重野梅が見頃になっている。
昭和記念公園201803
枝沿いに咲くまさにこれが梅の咲き方って感じ。

この紅梅は以前から咲いていた鴛鴦。オシドリ夫婦の梅。
昭和記念公園201803
そして最近咲き始めた紅梅は紅千鳥、この梅は紅色が濃い。
昭和記念公園201803

梅の木の足元で咲く福寿草の背丈がまた伸びた。
昭和記念公園201803

梅園で春を感じながらスケッチをする人が何人かいた。昭和記念公園201803
どんな絵が描かれているんだろう。

梅に続いてスタンバイしているのが桜。昭和記念公園の桜の園はソメイヨシノだが、河津桜は残堀川沿いで咲く。
昭和記念公園201803
この日はまだ3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園201803
青空にピンク色が映える。やはり桜もいい天気の日に撮りたい。
昭和記念公園201803
桜は梅と違って枝沿いに咲くのではなく枝の先端部分に密集して咲く。
昭和記念公園201803

色が鮮やかで濃いこの桜は寒緋桜(かんひざくら)。沖縄のお花見はこの寒緋桜でやるそうだ。
昭和記念公園201803
別名、緋寒桜(ひかんざくら)。別の桜に彼岸桜(ひがんざくら)という桜があって間違えやすい(汗)。

昭和記念公園(Vol.254)
(撮影 2018年3月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 福寿草百景

昭和記念公園の花木園梅園の梅の木の足元で咲いている福寿草。

白梅を背景に福寿草が咲いている様子は早春という表現がぴったりかもしれない。
昭和記念公園201802

福寿草はキンポウゲ科。旧暦の正月頃に咲くことから、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)などという別名がある。
昭和記念公園201802
花びらを一杯に開いて太陽の陽射しを集めるパラボラアンテナのようだ。実際に花びらで陽射しを花の中心に集めてその熱で虫を誘引するそうだ。

梅園のすぐ横でもたくさん咲いている。
昭和記念公園201802
ひまわりと違ってすべての花が太陽と同じ方向を向くわけではない(笑)
昭和記念公園201802

これは1月下旬に撮った福寿草。地面からいきなり花が咲いている感じ(笑)
昭和記念公園201801
いまは、横から見ると咲き始めの頃に比べてずいぶんと茎が伸びて葉もたくさん出始めている。
昭和記念公園201802
福寿草は早春に花を咲かせそのあと葉を出すが、夏には枯れてしまい、その後は地下茎だけで春まで過ごすスプリンエフェメラルの1種。
昭和記念公園201802
いち早く咲いて、ライバルが大きくならないうちにたくさん光合成して栄養を根に溜め込んでおく作戦だね。

昭和記念公園201802
福寿草より前から花を楽しませてくれていた日本水仙も福寿草と同じ場所でまだ頑張っている。

昭和記念公園(Vol.253)
(撮影 2018年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ラッパスイセン

2月の3連休最終日の昭和記念公園の様子。

渓流広場下流で1月に少しだけ咲き始めていたラッパスイセン、ヒガンバナ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201802
内側の花びらが長く突き出てラッパ状になる品種。いろいろひっくるめてヨウズイセンとも呼ばれる。
昭和記念公園201802
ここで咲いているラッパスイセンは黄色い花だけど、白色のラッパスイセンもある。
昭和記念公園201802
中国ではこの黄色いラッパスイセンを黄水仙と呼んでいるそうだ。

花木園の梅園では早咲きの梅がだんだんと咲き始めている。
昭和記念公園201802
これは月影という品種で花は白色だけど萼が緑色で蕾が緑白色なのが特徴。もう少したくさん咲いてくれると、全体的に緑色っぽい感じがわかるんだけど・・・まだこれから。

これは大盃という品種、濃い紅色。確かモミジにも同じ大盃という名前の品種があった。
昭和記念公園201802

1月から咲いていた八重野梅という品種。
昭和記念公園201802

最近咲き始めた道知辺という品種、薄紅色。
昭和記念公園201802

梅園の梅の足元ではたくさんの福寿草が咲いていた。
昭和記念公園201802
たいぶ茎が伸びて葉が出はじめている。
昭和記念公園201802

シナマンサク、マンサク科。枯れた葉が落ちていないので花が見えづらい。
昭和記念公園201802

一度は完全に雪の下に埋もれてしまったスノードロップ、ヒガンバナ科もまだ健在。
昭和記念公園201802

クリスマスローズ、キンポウゲ科が咲き始めた。クリスマスの頃に咲くバラに似た花というのが名前の由来なのにいま頃咲く?
昭和記念公園201802
クリスマスの頃に咲く品種もあるんだそうだ。

ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科のツボミ(花芽)。まだ咲く気配がないね。
昭和記念公園201802
モクレンの花は紫色。白い色のモクレンがハクモクレン(白木蓮)なので、モクレンをシモクレン(紫木蓮)と呼ぶこともある。
 
昭和記念公園(Vol.250)
(撮影 2018年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

京王百草園 梅まつりの様子(2月10日)

京王百草園恒例の梅まつりが2月3日(土)から始まった。

正月頃から咲き始めていた早咲きの梅、八重寒紅(ヤエカンコウ)が見頃になっている。
京王百草園201802
遠目に見ると見頃だと思ったが、近くで見てみるとまだ5分咲き程度。
京王百草園201802
この梅は花びらの開きが今ひとつはっきりしないので、遠目に見た方がきれいに見えるかもしれない。

茅葺屋根の松連庵そばのレンキュウ(連久)。こちらも早咲きの梅、いまはまだ3分咲き程度かな。
京王百草園201802

日中でも日が当たらない場所にはまだ先日の雪が残っている。
京王百草園201802
心字池も日陰になる部分が凍っていて、その上に雪が積もっている。
京王百草園201802

上の2種の紅梅だけでなく白梅も少しだけ咲いているが、まだ蕾の梅の方が多く園全体として1分咲き程度。
京王百草園201802

見晴らし台からの眺めはまだ圧倒的に冬の色。でも所々に春色が見えて少しだけ春が近づいて来る気配を感じる。
京王百草園201802

梅まつり期間中の週末は琴、三味線、和太鼓、尺八、マリンバの演奏会や演歌歌謡ショーが開催される。
京王百草園201802
まだ寒いので、訪れている人はまばら。奥に見える梅の木もまだ冬の色のまま。

本家の梅と違って蝋梅(ロウバイ)はまさに見頃、相変わらずいい香りを漂わせてくれている。
京王百草園201802
日本水仙はきれいに咲いているけど、たぶん雪が積もった影響でかなり倒れてしまっている。
京王百草園201802

これは満作、マンサク科。春になると他の花よりも早く「まず咲く」というのがなまったとか、花がたくさん咲くことから豊年満作が名前の由来になったとか諸説あるそうだ。
京王百草園201802
変わった形の花だけど、なんか茅葺屋根と似合う花だね。

そして早春の花、福寿草、キンポウゲ科。
京王百草園201802
福寿草は幸福の福と長寿の寿の草というおめでたい名前の花で、南天の実とセットでお正月の縁起物飾りに使われる。
京王百草園201802
花が咲いたあとに茎が伸びて葉が出てくる。根や茎には毒があるけど、まあこの花を食べようとする人はいないよね。

京王百草園の梅まつりは2月3日(土)から3月11日(日)まで。
今年は気温が低い日が続いているので、例年より梅の開花が遅れているそうだ。

(撮影 2018年2月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 雪景色

1月最後の週末、昭和記念公園は雪景色。
昭和記念公園201801
先週、咲いている姿を撮った福寿草も雪の下に隠れてしまっていて、顔を出していたのはこの花だけ。
昭和記念公園201801
寒いからだろか、花がしっかり開いていない。

22日(月曜日)の午後から降った雪が、その後の寒波による寒さで、この日(27日土曜日)もまだ残っている。
昭和記念公園201801
雪国の人にとっては、「それが何か?」という風景だけど、乾燥した晴天が続く東京で、ここまで雪が積もるのは年に1回あるかないかの風景。

カナールの水面も半分ぐらい氷が張っている。
昭和記念公園201801
陽射しがあたるので、カナールの右側の雪が早く溶ける。
昭和記念公園201801
たくさんの雪だるまがあるだろうと思って来たが予想が外れた。
みんなの原っぱもほとんど人がいない。
昭和記念公園201801
積雪の影響で子どもの森、わんぱく遊戯、サイクリングコースが使用できないからか子どもが全然いない。
昭和記念公園201801
富士山が少しだけ顔を出している。

花の丘。全面滑走可能って感じ(笑)
昭和記念公園201801

日本庭園のわらぼっち。
昭和記念公園201801
雪吊り。日本庭園は雪よりも池が凍っている方が目立つ。
昭和記念公園201801
それほど厚い氷ではない。
昭和記念公園201801
かなり見づらいけど清池軒の左上に富士山が顔を出している。
昭和記念公園201801

咲き始めたラッパスイセン。
昭和記念公園201801

水鳥の池も氷が張っている。
昭和記念公園201801
みんなの原っぱも同じだけど、木の周りは雪が早く溶ける。

昭和記念公園(Vol.249)
(撮影 2018年1月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

福寿草

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

福寿草、キンポウゲ科。別名、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)。

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

光に敏感で陽射しが当たらなくなると、数分で閉じてしまう。

昭和記念公園201801
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

ようやく昭和記念公園で福寿草が咲く頃になった。すごく寒いけど春は着実に近づいている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


京王百草園 梅まつりの様子

恒例の京王百草園の梅まつりの様子。

今年は2月4日(土曜日)から始まった梅まつり。
京王百草園201702
さすが梅まつり。受付のところに何人かの人がいるのを久しぶりに見た気がする。

松連庵横のレンキュウ(連久)、緋梅系。早咲きなのでもう見頃になっている。
京王百草園201702
百草園全体としては5分咲き程度。
京王百草園201702
梅まつり期間中の週末はいろいろな催し物が行われる。
京王百草園201702
いい天気だけどまだちょっと寒いかな。
京王百草園201702

京王百草園のシンボル的存在の寿昌梅。
京王百草園201702
植樹されたのが江戸時代の享保年間(1716 年〜)だとすると樹齢は・・・?
京王百草園201702
花はオーソドックスな一重咲きの白梅。
京王百草園201702
寿昌梅の足元には福寿草がたくさん咲いていた。
京王百草園201702
福寿草のそばに落ちていたこの梅の花は寿昌梅かな。
京王百草園201702

これは八重咲きの紅梅、紅千鳥、緋梅系。鉢植えだったけど、この日
一番きれいに咲いていた梅。
京王百草園201702

雪が積もることで枝が折れることを防ぐ雪吊りとそれを囲むように咲く梅の花。
京王百草園201702
白色、桃色、紅色の梅の花に囲まれてすっかり春の光景になっていた。

京王百草園201702
見晴らし台からの風景も春らしい色がついてきていた。

梅以外の花としてはこのマンサク(満作)マンサク科。
京王百草園201702
春になると他の花より先に咲くことから「まず咲く花」と言われたのが、だんだんと
マンサクになったとも、花がたくさん咲くので「豊年満作」から命名されたとも言われる。
京王百草園201702
ちじれたひも状の変わった花びらが特徴。

高幡不動尊で咲き始めた思いのままは、京王百草園では遅咲きとされていてまだ蕾だった。

京王百草園の梅まつりは3月12日(日曜日)まで。
遅咲きの梅が咲く頃にまた訪れてみよう。

(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 福寿草

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草(フクジュソウ)、キンポウゲ科。春を告げる花の代表的存在。
幸「福」と長「寿」の草というおめでたい名前の花だけど、茎と根に毒がある毒草なので注意が必要。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草は最初は茎が伸びず短い茎に花が咲き、次第に茎が伸びていく。
花が咲いたあとに葉が出て来てくるがそれも夏までで、それ以後は枯れてしまい、次の春まで地下で過ごすスプリング・エフェメラルである。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

花びらを広げて太陽の光を花の中心に集めて、その熱で虫を集めているらしく、日が陰ると温度を下げないために、すぐに花びらを閉じてしまう。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 梅園の様子(2017年1月)

2017年になってはじめて訪れた昭和記念公園。大寒の翌日(1月21日)の梅園の様子。

ホームページでは梅園とこもれびの池周辺で早咲きの梅が開花したとのこと。
昭和記念公園 梅園
白色、八重咲きの八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園 梅園

紅色、一重咲きの大盃(オオサカズキ)。
昭和記念公園 梅園

近くで撮るとわりと咲いているように見えるが離れて撮るとまだこの程度、3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園 梅園

梅園の楽しみは梅だけではなく、その足元で咲く福寿草。
昭和記念公園 梅園

この日、梅園の福寿草はまだ咲いてはいなかったが、梅園のすぐ横の花木園
で少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園 梅園
こちらはちょっと乱れた感じになっていて残念。
昭和記念公園 梅園
このあたりの福寿草は、あと1週間から10日ぐらいだろうか。

昭和記念公園(Vol.194)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 梅園の様子

2月最後の週末の昭和記念公園。梅が見頃となっている梅園の様子。
名前の通り、梅がたくさん咲いている場所なんだけど、それ以外の花も咲いている。

まずは、梅の木の下に咲いている福寿草、キンポウゲ科。
昭和記念公園201602-8
1月に咲いている姿をみたけど、茎がのびて花の背が高くなっていた。
昭和記念公園201602-9
 春の陽射しを目一杯受ける様子。
昭和記念公園201602-1
黄色いパラボラアンテナ(笑)。 

梅の花より華やかに見えるサンシュユ、ミズキ科。
昭和記念公園201602-5
春黄金花(ハルコガネバナ)とも呼ばれる早春の花。
昭和記念公園201602-2
小さな花がたくさん集まっている。
昭和記念公園201602-3

これは変わった梅、茶筅梅(チャセンバイ)。花が茶筌に似ているからついた名前なんだろうね。
昭和記念公園201602-4
「ぶらり途中下車の旅」で紹介されていたからわかったものの、紹介されていなかったら
気が付かなかった(汗)

昭和記念公園の梅園でも「思いのまま」が咲いていた。
昭和記念公園201602-7
やっと見つけた、白とピンクの花びらの花。
昭和記念公園201602-6
昭和記念公園も梅から桜に移りつつある頃、梅園の梅も見頃過ぎになっているだろうね。 

 昭和記念公園(Vol.157)
(撮影 2016年2月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

京王百草園 梅まつりの様子

京王百草園で恒例の梅まつりが始まった。

これは2月7日(日曜日)の様子。
京王百草園201602-1

年始から咲いているロウバイ。
京王百草園201602-2
少し香りが落ちた感じがするが、まだしっかり咲いている。
京王百草園201602-9
後ろで輝いているのはロウバイ。 

東屋の屋根には1月18日に降った雪がまだ残っている。
京王百草園201602-3

梅まつりが始まったばかりで、梅の開花状況は全体的にはまだこれからの感じ。
京王百草園201602-4

松連庵前のミカイコウ(未開紅)、早咲の梅で5分咲き。
京王百草園201602-6

松連庵横の蓮久(レンキュウ)、この梅も早咲で5分咲きぐらい。
京王百草園201602-7

冬の百草園は雪つりを見ることできるので、この時期は雪つりと梅の競演。
京王百草園201602-8

丘の上から見た景色。
京王百草園201602-10
少し前の冬枯れの景色に少し春の色がついてきた。

この梅は白加賀(シロカガ)。果実をとるための品種だそうだ。
京王百草園201602-12

寿昌梅の回りでは福寿草がきれいにさいている。
京王百草園201602-5

梅まつり期間中の週末はいろいろなイベントが開催される。
京王百草園201602-11

京王百草園の梅まつりは2月6日(土)から3月13日(日)まで。
この日は早咲の梅が5分咲きの状態だけど、これからどんどん咲き始めるだろう。

(撮影 2016年2月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園 福寿草

福寿草
    D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園
福寿草

    D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園

福寿草、キンポウゲ科。別名、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)、1月1日の誕生花。

日光に敏感で、日がかげるとすぐに閉じてしまいます。


 昭和記念公園(Vol.149)
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

京王百草園 梅まつり

桜の開花のニュースが流れるこの時期に季節外れ感満載の記事(汗)

1ヶ月半ぶりに週末休むことができたので、梅まつり最終日の前日(3/14)に京王百草園に行ってきた。
京王百草園201503-6
 見晴らし台からの眺めはすっかり春色。

京王百草園201503-5
梅まつりは、京王百草園で一番の行事(だと私は思っている)だけあって、園内は華やかな雰囲気。
 京王百草園201503-3
回りを梅に囲まれた園内の通路。この時期らしい光景。
京王百草園201503-4


この黄色い花は、初冬からがんばって咲いているロウバイ。
京王百草園201503-1
 ロウバイはウメ科ではないけど、名前にバイ(梅)がつくから、梅まつりで一緒に愛でましょう(笑)
 
 京王百草園201503-7
梅まつり期間中の週末はお茶がいただける茶室の前。
京王百草園201503-8
 梅は一足早い日本の春を感じることができる。 と、書いているいまはもう桜の時期(汗)
 
京王百草園201503-10
いつも梅らしい花の梅だなぁと思いながら写真を撮る「 紅千鳥」。

京王百草園の花は梅だけではない。
京王百草園201503-2
 福寿草、そしてクリスマスローズ。
京王百草園201503-9
 クリスマスローズという名前は季節に合わないし、日本庭園にも似合わない名前(笑)
京王百草園201503-11
 そしてミツマタ。
このあとは、サンシュやレンギョウ。カタクリも咲き始めているはず。
次はいつ頃、京王百草園に行けるだろうか・・・ツツジの季節かな(汗) 
 
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(2015年1月)梅園の様子

昭和記念公園のホームページで梅が少し咲きはじめたと書かれていたので、
梅園に行ってみた。これは1月3週目の週末18日(日曜日)の様子。

昭和記念公園の梅園で一番最初に咲くのは鴛鴦(エンオウ)。
昭和記念公園201501-5
この日咲いていた鴛鴦(エンオウ)はこの1本だけ、ぐるっと回ってやっと見つけた感じ。
昭和記念公園201501-3
一花に二つの実をつける珍しい梅で夫婦梅(めおとうめ)や、おしどりとも呼ばれるそうだ。

早咲きの白梅、八重野梅(ヤエヤバイ)も咲いていた。
昭和記念公園201501-6
やはり咲いていたのはこの木だけ。梅もまだこれからだ。
昭和記念公園201501-7
ほとんどの梅は下のような状態。梅ももう少しだね。
昭和記念公園201501-2

マンサク、マンサク科。名前の通り春に他の花にさきがけてまず咲く花だけど、
咲いているのはまだ少しだけ。
昭和記念公園201501-1

これはサンシュユ、ミズキ科の樹液。
昭和記念公園201501-8
特に強く太陽の光が当たっているわけではないのに輝く樹液。
昭和記念公園201501-9
別名、春黄金花(ハルコガネバナ)と呼ばれるように、花が咲くとすごくきれいなんだけど、ちょっと早かった。

福寿草のつぼみ。これはもうすぐ咲く?まだかなぁ・・・?
昭和記念公園201501-4
梅園横のこのあたりの福寿草が毎年一番早く咲くのは確かなんだけどね。

結局この時期はこの光景の方が似合うかな(汗)
昭和記念公園201501-10
あじさい、アナベルのドライフラワー。

昭和記念公園(Vol.129)
(撮影 2015年1月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(3/9) 梅「思いのまま」

3月第2週の週末、天気が良くて日差しは春らしくなってきた。
でもまだ気温が低て寒い東京多摩地区。

真冬のすっきりとした青空と違って、ほんの少し霞がかった青空、これも春の兆し。
高幡不動201403-7
この日(毎月第二日曜日)はフリーマーケットの日だったが、参拝者はそれほど多くなかった。

奥殿のそばで沈丁花、ジンチョウゲ科が咲き始めた。
高幡不動201403-1
咲き始めたばかりだらか、まだそれほど香りが漂っていないが、近づくとしっかり春の香りがした。

大日堂に向かう山門が改修工事中。
高幡不動201403-3
2つの看板が仲良く並んでいるけど右の送別茶会会場の看板はこの日だけ(汗)
高幡不動201403-2
どんな感じに改修されるのだろうか。ちょっと楽しみでもあるが、古い姿を残してほしい気持ちも大きい。

先週咲き始めていた、五重塔横の梅「思いのまま」。かなり咲いてきた5分咲きぐらいかな?
高幡不動201403-4

思いのままの特徴は、1つの花に白と紅の花びらが混じった花を咲かせること。
高幡不動201403-9
ほとんど白梅だけど、たまに紅梅が咲いたりするのも、思いのままの特徴。
高幡不動201403-10

これは思いのままと並んで咲いている白梅。
高幡不動201403-5
この日はメジロが花の蜜を吸いにやってきていた。
高幡不動201403-12
いろいろ粘って100枚ぐらい撮ったかな(汗)
高幡不動201403-11
歩留まりはかなり悪いけど、いい感じの梅にメジロが撮れた。
高幡不動201403-15
カメラ女子のちびてりさん(ブログはここ)によると、この梅にメジロは「ウメジロー」と呼ぶそうだ。
なかなかいいネーミング。

藤棚のそばにある河津桜も1輪だけ咲き始めていた。
高幡不動201403-8
次は、河津桜にメジロを撮りたいところ。こちらは「カワジロー」かな(笑)
ちなみに2011年3月に撮った「カワジロー」はこちら

弁天池まわりの福寿草。
高幡不動201403-13
花は咲いているけど、茎や葉がまだ少ししか伸びていない。
高幡不動201403-14
一駅隣りの京王百草園で咲いている福寿草と随分成長の度合いが違う。

同じく弁天池まわりのふきのとう。まるで「ふきのとう」という独立した植物があるかのごとく呼ばれるが、
フキの花の蕾(花茎)なので植物としてはフキ、キク科。
高幡不動201403-6
フキはイチョウのように雄株と雌株が別個体の雌雄異株で花が黄色いのが雄株、白が雌株なんだそうだ。
キンモクセイやジンチョウゲも雌雄異株。春と秋の代表的ないい香りの植物が雌雄異株だね。

前の週末は春の予兆だったが、さらに1歩春に近づいた。
さて今度の週末は、どこまで春の姿を見ることができるだろうか。

今週の高幡不動Vol.306
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ