ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

神代植物公園

神代植物公園 芝生広場周辺から府中へ

ゴールデンウィーク後半5月5日に行った神代植物公園の続き。
今回はバラ園から離れて芝生広場周辺の様子。
神代植物公園201305-1
ホオノキ、モクレン科。いい香りがするらしいが、高いところにあってわからなかった・・・

ベニバナトチノキ、トチノキ科。
神代植物公園201305-2
聖蹟桜ヶ丘の街路樹がこのベニバナトチノキ。

フレンチラベンダー、シソ科。
神代植物公園201305-3
ウサギの耳のような姿がかわいい。

オオアマナ、ユリ科。質素だけど品格を感じる花。
神代植物公園201305-4
英名がStar of Bethlehem。キリストの生誕を知らせたベツレヘムの星に例えられた名前。

これは変わった木というか花、ハンカチの木、オオギリ科。
神代植物公園201305-5
名前の通り、木にハンカチがたくさんかかっているように見える。
神代植物公園201305-6
この白いのが花。平成3年に開園30周年を記念して植えられたそうだ。

神代植物公園201305-7
深大寺門から出て深大寺に向かう。いつものルート。

神代植物公園201305-8
さすがにゴールデンウィークだけあって人が多い。
神代植物公園201305-9
どこの蕎麦屋も長蛇の列だったので、残念だけどこの日の蕎麦はあきらめる。

いい天気だったので調布からの帰りに府中で途中下車。
神代植物公園201305-10
府中で降りたのは大國魂神社でくらやみ祭りが開催されているから。
神代植物公園201305-11
予想通り、ここもたくさんの人を見に行った感じ。
神代植物公園201305-12
とりあえずお参りだけはしないとね。
神代植物公園201305-14
気温があがってアメもなんだかすごい状態に(笑)
神代植物公園201305-13
植木市では、神代植物公園でほとんど咲いている姿を見ることができなかったシャクヤク、ボタン科を売っていた。

普段の高幡不動から少し離れた散歩。バラより人を鑑賞した感じだったけど、天気も良く気持ちの良い散歩だった。

(撮影 2013年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園 バラ園

ゴールデンウィーク後半、天気もいいので近所の散歩ではなく、ちょっとだけ離れた神代植物公園に行ってみた。

この時期の神代植物公園に期待するのはボタンとバラ園。
まずはボタン園に行くと、まだほとんど咲いていない・・・
神代植物公園201305-1
このシャクヤクが一番きれいだったかな(汗)

次に目的のバラ園。奥に見える大温室は人がいっぱいで蒸し暑そうだったので入らず(笑)。
神代植物公園201305-7
天気がいいので人は多い。でも春バラにはちょっと早かった。
神代植物公園201305-3
咲いている花より蕾の方が多かった。
神代植物公園201305-2
これは日本産出の錦絵という品種。赤と黄色の色鮮やかなところが錦絵なんだろうか。

バラ園にある藤棚。こちらはちょうど見頃。
神代植物公園201305-6
ここの藤棚には見たことがない違う品種のフジも咲いていた。
神代植物公園201305-4
なんだかブドウがなっているようだ。
神代植物公園201305-13
よく見ると八重咲きのフジ。ネットで調べると八重黒龍(ヤエコクリュウ)という品種がフジで唯一八重咲きなので、これがそうかな。

これはナニワイバラ(浪速茨)というバラ。花は白いキンポウゲかヒナゲシみたいだ。
神代植物公園201305-9

ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)。洋風のアヤメなのでバラ園にも似合うかな。
神代植物公園201305-10

バラ園の隣の草むらにはちょっと夏っぽくキスゲの仲間が咲いていた。
神代植物公園201305-8

新緑がきれい、5月は紫外線が強い季節。
神代植物公園201305-11
水辺の風景が気持ち良く見える時期になってきた。
神代植物公園201305-12

このあと、バラ園から芝生広場に向かってみることにした。

(撮影 2013年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園 散策

秋のバラフェスタの神代植物公園から深大寺にお参り。
神代植物公園201210-8
深大寺に来る楽しみは美味しいそばを食べること。
神代植物公園201210-4
釜揚げ田舎そばを頼んだんだけど、こんな感じで出てきた。ちょっとイメージしていたのと違う。

みそおでん。団子やせんべいなどちょこちょこと食べ歩き
神代植物公園201210-7

鬼太郎茶屋、いつも写真を撮るだけ。人が多くて中に入ったことがない。
神代植物公園201210-5
コロッケなんかを売っているみただけど、ここも写真を撮るだけだね。
神代植物公園201210-6
鬼太郎って境港市じゃないの?って思う。作者の水木しげるさんの出身地が境港で、昭和34年(1959年)に家を購入し、それ以来50年間住んでいるのが深大寺のあるこの調布市。

お腹も落ち着いたので、再び神代植物公園のバラ園へ。
神代植物公園201210-10
ブルーンムーン、ドイツのバラ。落ち着いたいい色だ。

ファルツァー・ゴールド、ドイツのバラ。
神代植物公園201210-9
2種類が並んで咲いているように見えるけど確か同じ品種。最初は白っぽくてだんだん黄色が深くなるんじゃないかな。

神代植物公園201210-11
スペクトラ、フランスのバラ。最初は黄色で開花がすすむと花びらの先が赤くなるらしい。

続いてダリア、センチメンタル。これはポンポン菊にそっくり。
神代植物公園201210-2

ダリア、禅。名前と同じで渋い赤、
神代植物公園201210-1

ダリア、ポンポンショコラ。これは見事にショコラ(チョコレート)色。
神代植物公園201210-3

これはダリアじゃなくて、チョコレートコスモス。売店で売っていたもの。
神代植物公園201210-12
しっかりチョコレートの香りがした。花の香りがチョコレートなんてほんと不思議だよね。

この売店でカサブランカの球根を買った。
果たして来夏、我が家の狭い庭でカサブランカが咲くか?それまでにモグラに食べられてしまったりして(涙)

(撮影 2012年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園 ダリアも見頃

神代植物公園は秋のバラフェスタ開催中。たくさんのダリアも見頃。
ダリア201210-3

「アジタート」、いい赤色。髪の毛が乱れたダリアって感じ。
ダリア201210-9

これは私の頭にあるダリアの花のイメージ。名前は「円満」。
ダリア201210-11

これは「海王星」。これは惑星のような美しさってことかな?
ダリア201210-4

これはかなり菊っぽいダリア「バーレイポーキャパイン」。難しい名前・・・
ダリア201210-5

これも菊っぽいね、名前は「賛歌」。
ダリア201210-2
まあダリアはキク科だから菊に似ているのは当たり前当たり前当たり前体操

ちょっと変わった感じのダリア、「スターズレディ」。
ダリア201210-1

さらに変わった感じの「神曲」。カミキョクではなくシンキョクと読むようだ。
ダリア201210-8

確かに金魚が群れている感じのダリア、その名も「群金魚」。
ダリア201210-10

色あいが美味しそう、宴会の料理のようだ。名前も「祝宴」。
ダリア201210-7

やっぱりこのダリア「妖妖」は妖艶な美しさ。
バラ園201210-11

これもいい色あいだね、「ファインプレイ」。
ダリア201210-12
ダリアの原産地はメキシコでしかもメキシコの国花。だからだろうかダリアって陽が当たっている姿が似合う花。と思っていたら意外に暑さには弱いそうだ(汗)

そして和名は天竺牡丹(てんじくぼたん)、キク科なんだけど、花が牡丹に似ているからついた名前。
ダリアはこの日見たバラには及ばないものの、すごく品種が多い。だから牡丹にも菊にも似た品種があるんだろうね。

(撮影 2012年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園バラ園 日射しを浴びて

神代植物公園のバラ園。いま秋のバラフェスタが開催されていて秋バラが見頃になっている。
バラ園201210-10
秋晴れにウインナーシャルメ、ドイツのバラ。ドイツ語で「ウィーンの魅力」が名前の由来。
バラ園201210-9
秋の日射しが眩しい。もうずいぶん太陽が低いところを通っている。

これはサムライ、フランスのバラ。
バラ園201210-4
なぜ、フランスでサムライ?日本人の「サムライ・スピリット」に敬意を表して命名された。
バラ園201210-3
サムライの内に秘めた激しい情熱を思わせる大輪の赤いバラ。

カリーナ、このバラもフランス。
バラ園201210-1
昔、トヨタの車でカリーナっていう名前の車があったよね。「足のいい奴」だったっけ。全然バラと関係ない・・・
バラ園201210-2

ポリネシアン・サンセット。
バラ園201210-6
トロピカルなとってもいい色あい。昨年ここに来た時もこの色が良くてたくさん撮った。
バラ園201210-5
今回は日射しを浴びた写真を集めたので、実際の色とは少し違って写っている。

このバラは聖火。これは日本のバラで名前は東京オリンピックに由来する。
バラ園201210-7
1971年のニュージーランドの国際コンクールで金賞を受賞したバラなんだそうだ。

ピース、このバラもフランス。花びらの微妙な色あいがなかなかいい。
バラ園201210-8
第二次生世界大戦の頃に作出され、平和への願いを込めて命名されたんだろうね。

同じ神代植物公園内のダリアも見頃になっていた。
バラ園201210-11
これが妖妖という名前のダリア。こんな色のダリアもあるんだね。
ダリアもたくさん咲いていたけどダリアの様子はまた別の記事で。

神代植物公園は京王線「つつじが丘」か「調布」からバス。駐車場もあるけど、秋のバラフェスタ開催中の週末は満車になることも多いそうだ。

(撮影 2012年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

神代植物公園 ダリア園

10月中旬に行った神代植物公園で見たダリアたち。
ダリア 黒鹿毛
今回、色あいとして一押しのダリアはこれ「黒鹿毛」。

名前の由来がよくわからないけど、「花散る里」。
ダリア 花散る里
続きを読む

神代植物公園 バラ園(10月)

今回は10月に行った神代植物公園のバラ園。
バラ2011 ポリネシアンサンセット
「ポリネシアンサンセット」、名前の由来は夕陽の色あいだろうか。

こちらは「サマーサンシャイン」、そう言えば夕陽って黄色もあるね
バラ2011 サマーサンシャイン

こちらは「朝雲」、朝焼けの雲ってことかな。
バラ2011 朝雲
続きを読む

神代植物公園 大温室など

以前から1度行ってみたいと思っていた神代植物公園に行ってみた。
神代植物園2011-2
正門を入ったすぐ横で開催されていたミニバラ盆栽展。ミニバラの盆栽ってなかなかオシャレでいい。あまり部屋に花を飾ろうと思うことはない(スペースもない)が、こういうのは部屋に置きたいと思った。

ダリア園ではダリアがたくさん咲いていた。その中の1つ「熱球」という名前がついた品種のダリア。
神代植物園2011-3
見た感じがまるでポンポン菊。ダリアもキク科だけどね。

そしてバラ園ではたくさんの秋のバラが咲いていた。
神代植物園2011-12
その中の1つ「クリスチャン・ディオール」という名前のついたバラ。
神代植物園2011-13
名前の通り、クリスチャン・ディオールにちなんで付けられた名前だそうだが、典型的なバラの花のイメージ。
続きを読む
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ