ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

百日紅

昭和記念公園 サルスベリ(百日紅)

昭和記念公園でサルスベリ(百日紅)が見頃になっている。

場所は立川口のカナールにある大噴水の北側。
昭和記念公園201609-1
サルスベリ、ミソハギ科は、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、
街路樹や公園樹としてよく使われている。
昭和記念公園201609-2
幹がすべすべで猿も滑って登れないことから猿滑り(サルスベリ)と言われるが、
夏から秋まで長く紅色の花を咲くことから百日紅(ヒャクニチコウ/ヒャクジツコウ)と
も言われる。
昭和記念公園201609-3
花の色は紅色、ピンク色、紅紫色、白色など。
昭和記念公園201609-4
サルスベリの幹を撮ってこなかった・・・(汗)

昭和記念公園201609-5
花を近くでよく見てみると花びらがシワシワでちょっと変わった感じの花。
昭和記念公園201609-10

もう一部が実になっていて、その実に止まったトンボ。
昭和記念公園201609-6

これは日本庭園のシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201609-7
高幡不動尊の白色と違って、ピンク色のシュウメイギク。
昭和記念公園201609-8
毎年ここのシュウメイギクを撮っていて思うんだけど、ちゃんと花びらがそろった
花が少ない・・・。

これはハナトラノオ(花虎の尾)、シソ科。ボートハウスの近く。
昭和記念公園201609-9
明るい紫色で全体が明るく見える花。

昭和記念公園(Vol.180)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(9/6)五重塔と百日紅

9月最初の週末。土曜日の昼過ぎまで晴れて夕方から雨。その雨は翌日曜日の昼頃まで降り続いた東京多摩地区。

高幡不動201409-5
土曜日は残暑で最高気温が30℃を超え、翌日の最高気温は24℃。身体には大変な時期(汗)。

 土方歳三像のそばの大きなサルスベリ(百日紅)
高幡不動201409-10
サルスベリ(百日紅)はミソハギ科。長い間(100日間)ピンク色の花を咲かせることが花の名前の由来。
高幡不動201409-9
7月の前半から咲き始めているから今だいたい70日。 あと30日頑張れ!

高幡不動201409-4

晴れた空の写真は土曜日の午前中。曇っている空の写真は日曜日の夕方。
高幡不動201409-6
 
こちらは弁天堂のそばのサルスベリ。
高幡不動201409-7

サルスベリは猿滑とも書き、すぐに思い浮かべるのは、このスベスベの幹。
サルが滑るほどではないと思うけどね。
高幡不動201409-11
桜のようにデコボコな幹はこんな感じに苔がたくさんはえるけど、さすがにサルスベリの幹には無理かな。
高幡不動201409-12

高幡不動尊の境内では何本もサルスベリが咲いている。
高幡不動201409-2
下のあじさいの葉に落ちたサルスベリの花。
高幡不動201409-1
こうやってみると、どこが花びらなのかよくわからない花だ・・・
 高幡不動201409-3
花が少ないこの時期はサルスベリが主役(笑)
 
 シュウカイドウ(秋海棠)の花。
高幡不動201409-13
 花の枝というのかな?だんだん伸びてきている気がする。

ちょっとネタ切れ気味の高幡不動尊をサルスベリに救ってもらったかな。
今年はしっかり秋になってきているので、もう少しすればネタが豊富な時期になる。 かな?

 今週の高幡不動Vol.329
(撮影 2014年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

昭和記念公園(2012年8月)サギソウ

昭和記念公園201208-10
昭和記念公園の8月の花といえば、ヒマワリ、ナツズイセン、そしてこのサギソウ。

サギソウ(鷺草)はラン科らしく、ちょっと変わった花の形をしているが、名前の通り白鷺が羽を広げて飛んでいる姿に見える。
昭和記念公園201208-11
また別の名前の由来では、姫君が手紙をサギに託すが、そのサギが途中で射落とされ、その落ちた後にこの花が咲いたというもの。
この話、世田谷城のお姫様だったり、落ちた場所が多摩川のほとりだったりする話だからか、世田谷区の花になっている。
昭和記念公園201208-1
もう1つ白鷺と言えば、白鷺城とよばれる姫路城(正しくは「はくろじょう」と読むらしいけど)。このサギソウはちゃんと姫路市の市の花にもなっている。

山の斜面を白鷺がたくさん飛んでいる様子を山の尾根から眺めている感じ(を想像してね)。
昭和記念公園201208-2
昭和記念公園のサギソウまつりは8月4日から8月31日まで開催。

これは街路樹としても良くみかけるサルスベリ、ミソハギ科。
昭和記念公園201208-6
この花は花びらがシワシワで1輪1輪の区別がよくわからない。全体として楽しむ花かな。
昭和記念公園201208-7
暑い夏の時期に100日間も花を咲かせる偉い花、ということで百日紅とも呼ばれる。サルスベリを仮名漢字変換すると百日紅になる。

しかし、上には上がいて、こちらは1000日という名前の千日紅、ヒユ科。
昭和記念公園201208-3
夏から秋まで花の色が褪せないから付いた名前だそうだが、いくらなんでも1000日はないよねぇ、1000日といえば3年近いもんね。
昭和記念公園201208-4
上のような濃い赤紫色だけでなく、ピンク色や白色もあって咲いている様子は色とりどりな感じに見える。
昭和記念公園201208-5

西立川口そばで涼しげなミストのカーテン。
昭和記念公園201208-8
風鈴もあって、「涼」を呼ぶ!って感じ。
昭和記念公園201208-9
下を歩いてみたけど、特に涼しくはなかった・・・
さすがに真夏の炎天下じゃあ無理だったのかな。目だけはしっかり涼しませてもらいました

昭和記念公園(Vol.66)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.84(08/22)暑くて人もまばら

お盆を過ぎてから、東京多摩地区は連日晴天続き。朝夕は少し涼しい感じがするものの、日中は遅れてやってきた真夏の雰囲気

暑い暑い高幡不動尊の境内は、ほんとうに人がいない・・・
高幡不動尊090822-7高幡不動尊090822-1
交通安全のご祈祷が始まるときに、申し込んだ人の名前が放送で呼ばれるが、この時は1人だけ

暑い時はやはりついつい「水」がある方へ
高幡不動尊090822-2
この日は参拝する人も少なかったので、この手水舎もゆっくり撮ることができた

手水舎(ちょうずや・てみずや)は、拝礼の前に手を洗い口をすすいで身を清める場所のこと。古来、神社に参拝する折、近くを流れる川の水や湧き水で手を清めていたが、時代とともに、きれいな水が確保できなくなったことから、それに代わる施設として境内などに御手洗場を設けるようになったのが起こりといわれている
手水舎での作法は左手、右手とすすいだ後、左手に水をためて口をすすぎ、もう一度左手をすすいだ後に残った水で柄杓をすすぐのが一般的だそうだが、口まですすぐ人はあまり見かけないような気がする

(下写真左)いつものように境内を奥に歩いて大日堂手前の山門をくぐる。右側に「茶室 知足庵」とあるが、これが普段は関係者以外は立ち入りできない豊泉寮の奥にある茶室
高幡不動尊090822-5高幡不動尊090822-4
(上写真右)大日堂横で強烈な「ミ〜ンミンミンミンミンミィ〜」というミンミンゼミの鳴き声が聞こえたので探して見つけたのがこれ。ちょっと場所が悪くて撮り辛らかったけど、たくさんいるアブラゼミとは違うので記念に1枚

土方歳三像の隣で咲くサルスベリ。百日紅というのはこの花にはすごくぴったりの名前で、先月からずっと咲き続けている。
高幡不動尊090822-3
「副長!もう少し左です・・・」

真夏の高幡不動尊は、さすがにあまり撮るものがないなぁと思いつつ、いつものように弁天池に行ってみると、今日は噴水の横できれいなユリの花が咲いていた
高幡不動尊090822-6
この写真は先週の最後の写真のちょうど反対側。順番にいろいろなものを撮らせてくれる場所だね

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.89)散歩道の近況 百日紅やヒマワリ

このところ天気が安定しないため、散歩写真も湿り気味・・・そんな7月から先週までの間で撮ったものを集めて近況としてみた
散歩写真0908-3
これは7月初旬に撮ったユリ科のヤブカンゾウ、この花はちゃんと咲いたタイミングで撮ることがなかなかできなかった花。もともと八重咲きの花なので、しっかり咲いている状態がつかみ辛いんだけどね

調べてみると、この花はワスレグサ(忘れ草)とも言われていて、その名前の由来は花が1日でしぼんでしまうことから、とあってなるほどと思った。なかなかきちんと咲いている花に出会えないわけだ。また別の由来には、花が美しいので物を忘れてしまうというのもあった

(下写真左)近所の川辺にガマの穂を見つけた。ガマの穂ってこんな身近なところにあるんだなぁと思いながら、頭の中には因幡の白ウサギがピョンピョンと海を渡っている姿が
散歩写真0908-2散歩写真0908-1
(上写真右)これは少し前にみつけたぶどう。いつ熟すのだろうかと思ってみていたら、勝手に干しぶどうになりつつあった。そんなことはないか

(下写真)今回のメインがこのミソハギ科の百日紅(サルスベリ)。名前が百日の紅って言われるだけあって、本当に咲いている期間が長い。1日でしぼむと言われるノカンゾウとは対照的だね
散歩写真0908-6散歩写真0908-5
ところでミソハギ科ってあんまり聞かない。さらに漢字の「百日紅」を普通は「サルスベリ」とは読めないよね、カナ漢字変換はきちんとされるけど。百・日・紅のどれが猿でどれが滑るんだか

そんなくだらないこと考えているからではないが、なぜか曇り空の時の写真ばかりちょっと色の具合が鮮明ではないけれど、百日紅の花って紅色がベースで微妙に違う色の花がいくつもある。
散歩写真0908-8散歩写真0908-7

それでいて必ずしも紅色ベースだけではなく、白色ベースの花もあったりして、街路樹として何本も並んでいると、色とりどりな感じでなかなかきれいに見える
散歩写真0908-10散歩写真0908-9
後ろは多摩モノレール。せっかくだからモノレールが走っているのをバックに入れて撮ろうと構えて待っていたんだけど、そういう時に限ってなかなかモノレールが来ない・・・

最後は近くの畑で撮った2枚まずはマリーゴールド、すごくきれいなオレンジ色に咲いていた。
散歩写真0908-11
この時はあまりに日差しが強すぎて、オレンジの花の色が白っぽくなってしまうので、少し絞って暗めに撮ったら、ちょっとオレンジ色の元気さが減ってしまったかも

そして夏はやっぱりヒマワリ(向日葵)、このヒマワリはすごくきれいに輝いていた
散歩写真0908-12
はっきりしない日が続いていても、こういう青空が出る日もあるんだよね。なんだかよくわからない夏だけど、まあそんな年もあるでしょう

あれ、今回は百日紅をメインにしたつもりなんだけど、やっぱり夏の主役はヒマワリだったかも

ぶろこみゅ☆ブロガーのコミュニティ広場のバナーができました
ぶろこみゅ☆

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.42(10/04)秋明菊

今日はさわやかな秋の晴天
散歩するとちょっと暑いけど、立ち止まると、からっとした爽やかな空気に汗もすぐに消えてしまう。快適という言葉が本当にあう

お不動さんには、七五三お参りの人がちらほら、そろそろそんな時期だね。着物を着たかわいい女の子が写真を撮っていた
高幡不動081004-1高幡不動081004-6

五重塔をバックにサルスベリ(百日紅)。たぶん1つ1つの花はもう終わりかけなんだろうけど、こうやって見る分にはまだまだ大丈夫
高幡不動081004-7高幡不動081004-8
調子が悪くて修理に出していたデジカメがやっと戻ってきて、久しぶりにこういう写真が撮れてちょっとうれしいこの前の写真はここ

弁天池周辺にはまたまた新しい花が咲いていた
高幡不動081004-2高幡不動081004-3
こ秋明菊というらしい、ちゃんと看板があって名前が書いてあった調べてみると菊という名前がついているけど、菊の仲間ではなくキンポウゲやアネモネの仲間らしい

そばにはこんな派手な色合いの花も咲いていた
高幡不動081004-4高幡不動081004-5
なんていう花だろう・・・
この花はアヤメ科のヒオウギ「檜扇」ではないかと教えていただきました。凪々さんありがとうございます

土方歳三像後ろのみぞそばは、先週とはあまり変わらず、まだまだつぼみが多かった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.38)誰もいない百草園

散歩で久しぶりに京王百草園に行って来た

この時期の百草園は、年初から梅、桜、ふじ、あじさいの順に花が見頃になって人がたくさん訪れる時期があり、次は紅葉シーズンまで中休みの状態

だからお客さんは誰もおらず、今回は園内の手入れをしている係りの人を2人見ただけ。前回の訪れた時(7/8)の記事はこちら
前回の記事の日付を見て8月は百草園に行っていなかったことがわかった

(下写真左)隣にある八幡神社から見た百草園の裏門、ちょっと風情がある入口
散歩写真-4散歩写真-7
(上写真右)百日紅(サルスベリ)ともみじの葉っぱ
百日紅の花と陽にあたったもみじの葉っぱ、ちょっとだけ色づいたもみじの葉っぱがあって、実際に見るともう少しきれいなんだけど、なんだか色が混じって騒がしい感じに写った

やっぱりこのあたりは修業が足らない

(下写真)園内の心字池、心安らぐところ
沖縄琉球村の池と水の色はよく似ているけど、ひっそりと静か
散歩写真-11散歩写真-8

百草園は高台にあってなかなか景色もいいところ
水分補給をしながら、景色を見ると遠くに多摩川と浅川と程久保川が合流するあたりが見える(下写真左)
散歩写真-5散歩写真-6
(上写真右)新しいデジカメの写りぐあいをテストするついでにカルピスソーダの缶を撮ってみた。
本当はがよかったんだけど、売ってなかった

ところでこのカルピスソーダのデザインって新しいのかななんだか初めてみたようなデザインあの懐かしい水玉模様はどこへ水玉模様はカルピスだけなんだろか、なぜ

下写真左はクマバチ。ちょっと暗くてシャッター速度が遅くなったので、飛んでいる時の姿はブレブレ。こういう時こそAUTOではなくシャッター速度を自分で設定できるコンパクトデジカメが欲しい

これを撮った時は、クマバチって刺されると危ないハチだと思っておっかなびっくりだった後で調べてみると実は温厚な性格で、しかもオスは針がないから刺せないらしい皆さんご存じでしたか?
散歩写真-9散歩写真-10
上写真右が赤とんぼ。正式な名前は・・・?
すぐに飛んで逃げてしまうので、ズームで近寄ったらデジタルズームになるまで拡大してしまって画質がいま一つ。このカメラを使う上で1つ勉強になったしかも明るさが結構適切なカメラだ

人に会うこともなくゆっくりできて、クマバチと赤とんぼの写真が撮れたので、ちょっとうれしい散歩になった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ