ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

白梅

京王百草園 梅まつりが終わって(3/17)

今年の京王百草園の梅まつりは先週末(3月11日)までで終了。

でも、遅咲きの梅を中心にまだ見頃の梅もたくさん残っているので、この日は天気が良いこともあって訪れる人が結構いた。
京王百草園201803
陽射しに輝く紅梅と白梅、下の黄色はロウバイとレンギョウ。

これからしばらくはこのレンギョウ、モクセイ科が公園や垣根などをきれいに飾る。
京王百草園201803

茅葺屋根の奥に見える梅はまさに梅らしい咲き方。枝に沿った咲き方は桜の咲き方とは違う。
京王百草園201803
近くで見ると散り始めた梅もこうして遠景で眺めるぶんにはまだまだきれい。
京王百草園201803
今年は梅まつり期間中は寒かったので、いまの方が過ごしやすいかもしれない。

茎がのびて葉がたくさん出てきた福寿草。
京王百草園201803
早春の咲き始めの頃とは随分姿が違う(笑)

京王百草園には河津桜や染井吉野などの桜の木は少ないが、数少ない桜がこのケイオウザクラ(啓翁桜)。
京王百草園201803
京王百草園だけにケイオウの桜?(笑)
京王百草園201803
早咲きだけどちゃんと桜らしい咲き方をする。

これは寒咲菖蒲(カンザキアヤメ)、アヤメ科。狂い咲きではなくこの時期に咲くアヤメの品種。
京王百草園201803
冬に温暖な地中海地域が原産。5月頃に見るアヤメ類と違って葉の高さより低い位置で花が咲く。

ウグイスカグラ、スイカヅラ科。ウグイスが鳴き始める頃に咲くことから付けられた名前。でもここらでウグイスが鳴くのはもう少し後。
京王百草園201803

ハナニラ(花韮)、ユリ科。葉をちぎるとニラの匂いがするらしい。
京王百草園201803
群生するとすごくきれいな花。

久しぶりの心字池。水面にたくさんの梅の花びらが落ちている。
京王百草園201803

ボケ、バラ科。梅や桜に比べてちょっと地味かな。
京王百草園201803

カタクリ、ユリ科が咲き始めた。
京王百草園201803
まだこれから咲くのか、陽があたっていないから閉じているだけなのかよくわからないけど、ちょっと残念。

(撮影 2018年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 梅園が見頃

河津桜が咲き始めた昭和記念公園の花木園梅園で梅が見頃になっていた。

冬枯れ色が多かった梅園にやっと華やかな色合いがやってきた。
昭和記念公園201802
上の写真で見頃になっている紅梅は、この大盃という品種。
昭和記念公園201802
そして見頃になっている白梅は八重野梅という品種。
昭和記念公園201802
これぐらい梅が咲くとメジロが蜜を吸いにきそうだけど、この日はいなかった・・・残念。

これは以前紹介した月影という萼が緑色の品種。上の白梅とくらべて全体的に青白い。
昭和記念公園201802

この桃色の品種は鴛鴦(えんおう)。鴛鴦とは雌雄が常に一緒にいるオシドリのこと。
昭和記念公園201802
この梅は1花に実が2つずつなるので、仲睦まじいオシドリからついた名前。別名、夫婦梅とも呼ばれる。

これは珍しい品種の茶筅梅(ちゃせんばい)。
昭和記念公園201802
花びらが退化して雌しべと雄しべだけになった花の姿が茶筅に似ていることからついた名前。
昭和記念公園201802

これはサンシュ、ミズキ科。別名が春黄金花(はるこがねばな)と呼ばれるだけあって、見頃になると木全体が黄金に輝くように咲く。
昭和記念公園201802
でもまだ咲き始め。

春の陽射しに輝く紅梅・白梅を背景にしたシナマンサク、マンサク科。枯れた葉が残っていて花が見づらい。
昭和記念公園201802
梅園には、枯れた葉が残っていないマンサクも咲いている。こちらの方がすっきりと花を楽しめる。
昭和記念公園201802

そしてこれは、梅園ではなく「花みどり文化センター」の屋上「浮游(ふゆう)の庭」で咲いている赤茶色のマンサク。
昭和記念公園201802
マンサクの園芸品種の1つダイアナという品種だそうだ。わりと珍しいマンサクだと思う。

昭和記念公園(Vol.252)
(撮影 2018年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


今週の高幡不動尊(2/17) 大師像前の紅梅

久しぶりになった今週の高幡不動尊。
この週末は気温が低く強い風も吹いていたがいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内で一番最初に咲く梅は、この弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201802
弘法大師像からの目線だとこんな感じかな。奥に見えるのは奥殿の屋根。
高幡不動尊201802
品種はわからないけど、早咲きの紅梅。
高幡不動尊201802

奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科。まだ咲くには早いけど1輪だけ咲いていた。
高幡不動尊201802

六地蔵さんの後ろ側ではマンサク、マンサク科も咲き始めていた。
高幡不動尊201802
昭和記念公園のシナマンサクと違って枯れた葉がついていないから花が良く見える。

五重塔に上がる階段のところが定位置のあま酒の露店。この後ろ側に白梅が数本と一番端に「思いのまま」がある。
高幡不動尊201802

ここの白梅もかなり早くに咲き始める。背景は入り口の仁王門の屋根。高幡不動尊201802
思いのままは早咲きの品種ではないので、かなり蕾が膨らんできているけど、まだ咲いてはいない。
高幡不動尊201802

これは場所が変わってトイレの前の枝垂れ梅。少しだけ咲き始めていた。
高幡不動尊201802
トイレの前だけど、この枝垂れ梅の足元では水仙が咲いたり、少し横には秋にいい香りを漂わせるギンモクセイがあったりする。

これは西洋あじさいが咲く場所の小池でみつけたカエルの卵。
高幡不動尊201802
でも、この池の回りでは夏になってもそれほどカエルは見ないんだけど・・・

高幡不動尊201802
玉こんにゃくも定位置に店を出している。

今週の高幡不動Vol.473
(撮影 2018年2月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 八重寒紅

梅の名所、京王百草園で早咲きの梅が咲いていた。
京王百草園201801
毎年正月前後から咲きはじめる八重寒紅(ヤエカンコウ)という極早咲きで中輪、八重咲きの品種。
京王百草園201801
梅は早咲き、中咲き、遅咲きの品種があって、まだ寒いこの時期から桜が咲く時期まで長く楽しめる。

日当たりの良い場所ではすでにかなりの数が咲いている。桜でいえば五分咲きぐらいだろうか。京王百草園201801
梅は枝に沿うように咲く、桜のように密集して咲かないのが特徴。そのため写真にするとちょっと散漫な感じになってしまうのが残念。

早咲きの紅梅は園内の何ヶ所かで咲いていたけど白梅もこの梅だけ、それもほんの数輪だけ咲いていた。
京王百草園201801
白梅で咲いていたのはここだけで、看板がなくて品種がわからなかったのが残念。

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

高幡不動尊 白梅に鳥

高幡不動尊201702
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

高幡不動尊五重塔前で咲く白梅の蜜を吸いに来たメジロ。
河津桜が咲くとそちらの行ってしまうが、まだ河津桜は1分咲き程度。

高幡不動尊201702
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

カメラ目線?

高幡不動尊201702

 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

メジロだけでなく、いろいろな野鳥を見ることができた。
この鳥はなんだろう?モズ?

高幡不動尊201702
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊
 
これはヒヨドリかな?ちょっと細目のような気もするけど。

(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(01/09)  梅が開花

成人日の3連休最終日の高幡不動尊。

お正月の人出は一段落。まだお正月飾りは残っている中でゆっくりお参りできる。
高幡不動尊201701

不動堂の階段を登ってお参りする列はまだできていた。
高幡不動尊201701

でも賽銭箱前はすいている(笑)
高幡不動尊201701

高幡不動尊でいち早く咲き始める、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201701
すでに何輪も咲いている。うまく撮れていないけど・・・

今年は五重塔回りの白梅も咲き始めている。
高幡不動尊201701
なんだか例年より早く咲いているような気がする。
ここ数日は寒波ですごく寒くなっているけど、年末年始がそれほど寒くなかったからかな。
高幡不動尊201701
ここの白梅はたくさん咲くとメジロがやってくる。

高幡不動尊201701
正月は所狭しと露店が並んでいたが、だいぶ減ってしまった。
高幡不動尊201701
定位置に戻ってきた玉こんにゃく店。

高幡不動尊201701
次は初不動とだるま市。今年は1月28日が土曜日だ!

今週の高幡不動Vol.426
(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 梅にメジロ

梅にメジロ
   D7200 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2016.2  昭和記念公園
梅にメジロ
  D7200 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2016.2  昭和記念公園
梅にメジロ
  D7200 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2016.2  昭和記念公園

昭和記念公園で白梅の蜜を吸っているメジロを見つけました。

ちなみに、梅にウグイスとは、梅の木にウグイスが来るという意味ではなく、取り合わせの良い2つのもの、調和する2つのもののたとえだそうです。


 昭和記念公園(Vol.153)
(撮影 2016年2月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 
 

今週の高幡不動尊(01/31) 豆煎り式

このところ週末に天気が崩れる周期になっているが、日曜日は割といい天気になった。

今日はなんだか空の色が青く感じる、高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201601-1
香炉のところで何かやっている。今日はここで節分の豆煎り式が行われたようだ。
高幡不動尊201601-12
式すでに終わったあとで、参拝者が自由に豆を食べていいとのことだったので、私も少し頂いた。

例年になく早く1月初旬から咲き始めたミツマタだけど、その後、まったく進展なし・・・ 
高幡不動尊201601-2
そりゃあそうだ、正月があけてからずっと寒いからね。

大観音像そばで咲いているロウバイ。最近植えられたんだろう、以前はなかったと思う。
高幡不動尊201601-3
少し前まで、そばを通るだけでいい香りがしたけど、この日はそこまで香らなかった。 

大日堂前の枝垂れ梅が咲き始めた。でもまだほんの少し、まだこれから。
高幡不動尊201601-10

先日倒れた木がきれいに切られて整理されていた。
高幡不動尊201601-5
倒れた木を見ると、中がなんだか空洞のように見える。高幡不動尊201601-4
いつ倒れてもおかしくないような状態になっていたのかもしれない。 

山の中は日陰のところに18日に降った雪が少し残っている。
高幡不動尊201601-6
道は雪解けの水でドロドロ・・・
 
こちらは弘法大師像前の紅梅。すでに見頃になっている。
高幡不動尊201601-7
この場所から見ると弘法大師が紅梅を眺めているように見える。

五重塔前の白梅。背景は入口の仁王門。
高幡不動尊201601-8
少しずつ花が多くなってきているけど、こちらもまだまだな感じ。

こちらも五重塔前の梅、思いのまま。
高幡不動尊201601-9
咲いてはみたものの、寒さに戸惑っているんだろうね。ヤバイよヤバイよ、まだ寒いぜって感じ。

2月3日の節分豆まき式とだるま市を前に、露店場所を区切る白線も新しくひかれて
徐々に露店が増えてきた。
高幡不動尊201601-11
節分豆まき式に行けないのが残念・・・厚切りジェイソンは何かやってくれるのだろうか。

以下は、節分が日曜日になった2013年の豆まき式の様子。
高幡不動尊豆まき2013
不動堂前はお正月以上の大混雑。お正月とちがって豆まきが終わるまで人が動かない
から、待ち行列がまったく進まない。
高幡不動尊豆まき2013
豆まきは宝林閣の2階から行われる。
高幡不動尊豆まき2013
手とか袋とか帽子とかで豆をキャッチしようとするけど、なかなかキャッチできない。
高幡不動尊豆まき2013
豆まき式の日は境内だけでなく、その回りも人がたくさん。
高幡不動尊豆まき2013
以上2013年の節分の様子。次に節分が週末になるのは2018年・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.384
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

梅爛漫

梅爛漫
    K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.3 京王百草園

いつも静かな京王百草園が輝く時期。


今週の高幡不動(02/26)マンサクの花が咲いた

東京多摩地区の2月最後の週末は肌寒い雨と曇り空。もう数日で3月だというのに、春を感じることができない週末になった。
高幡不動20120226-2
境内の人もござれ市が開催された先週よりかなり少ない。

入り口の仁王門の横、宝輪閣との間の目立たない場所で椿がきれいに咲いていた。高幡不動20120226-1

弘法大師像そばの紅梅。先週よりもたくさん咲いていたがまだまだこれから。
高幡不動20120226-3

背景に奥殿が入るように撮る位置を変えてみた、ちょっとだけ春らしいかも。
高幡不動20120226-8

今週は五重塔そばの白梅も少し咲き始めていた。
高幡不動20120226-9

遅咲きの梅「思いのまま」も蕾がかなりふくらんできている。同じ枝から白・桃・紅の花が咲く「思いのまま」、この蕾は何色の梅が咲くんだろう。
高幡不動20120226-7

大日堂前の枝垂れ梅もまだ蕾の状態。
高幡不動20120226-5

六地蔵さんの奥でマンサクが咲いていた。ここは少しわかり辛い場所で、高幡不動尊を訪れても、この花を目にする人はかなり少ないかもしれない。
高幡不動20120226-6
このマンサク(満作又は万作)はマンサク科。細長い縮れ麺のようなかわった花びら。
春になると他の花よりも早く咲くので「まず咲く」ということからマンサクとなった説や、たくさんの花を付けることから「豊年万作」から命名されたという説もあるが、いずれにせよ、春のおめでたい雰囲気を感じる花だ。
高幡不動20120226-13
まだ枯れた色が多い時期なので、この鮮やかな黄色が目立つ。赤色のマンサクもあって、どこかで写真を撮った・・・京王百草園だったか昭和記念公園だったか

この日の福寿草は曇り空なので花は開いていなかった。
高幡不動20120226-10

ここに餌になるものが集まるのか、それとも別な理由があるのだろうか?弁天池の鯉はよくこの場所に集まっている。この日も全員集合って感じだった。
高幡不動20120226-11

参拝の人が少ないのでちょっと暇そう。
高幡不動20120226-12
「くじびき」は、子どもの頃は縁日では必ずやった。厚い紙と薄い紙の2枚がくっついたような「くじ」を箱の中からとって、薄い紙をはがすと中に番号が書いてある「くじ」だった。いまはどんな「くじ」なんだろう、ひょっとしてデジタル化されていたりして

寒くてなかなか春の花が咲かず。さらに週末の天気が芳しくないためネタ切れ気味。季節外れの写真ばかり続けてアップするわけにもいかないので更新頻度が落ちてます、お許しください

今週の高幡不動Vol.204
(撮影 2012年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 梅まつりの様子(2011年2月13日)

百草園梅まつり201102-12
京王百草園の梅まつりが2月5日(土)から始まっている。

百草園の中心に位置する松蓮庵の茅葺き屋根と梅。
百草園梅まつり201102-11
松蓮庵はお食事処になっていて、よもぎ蕎麦などを食べることができる。松蓮庵はあまり広くないけど、梅まつりの時期は松蓮庵と売店の間の広場にベンチが設置される。

3連休初日に降った雪が少しだけ屋根に残っている。でも雪景色の梅がうまくとれない
百草園梅まつり201102-10
受付の方の話では私が行った前日(土曜日)が雪景色ですごく良かったんだそうだ。残念・・・仕事だった

百草園梅まつり201102-7
それでもいろいろがんばって撮ってみたんだけどね
百草園梅まつり201102-3

ほぼ毎月散歩に来ているが、いつも私が来るときは、ほとんど誰もいないんだけど、さすが恒例の梅まつり期間中、さらにとってもいい天気の中、梅を見に来た人で賑わっていた
百草園梅まつり201102-1
見晴台から見てみると、全体的には少し早い感じかな。1月最後の週末に訪れた時の様子はこちら
百草園梅まつり201102-8
この日は早咲きの梅が見頃、園内全体では5分咲きという状況。

ちょっと肌寒いけど、きれいな青空の日に梅を見るのは気持ちがいいもの
百草園梅まつり201102-9
この京王百草園にも「思いのまま」があるんだけど、高幡不動尊の「思いのまま」とは違ってまだ咲いていなかった。

白梅。
百草園梅まつり201102-2
淡紅梅。
百草園梅まつり201102-6
紅梅。
百草園梅まつり201102-4
きっとこれらの梅にもちゃんと名前があるんだろうけど、今回はしっかり見てこなかったので名前が全然わからない・・・

こういう逆光の梅が好きなんだけど、もう少しうまく撮りたいなぁ
百草園梅まつり201102-5
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されている。京王百草園のホームページはこちら

この記事はいつもブログでお世話になっているbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.126)百草園の梅まつり(3/13)

久しぶりに週末が晴れたのでさっそく梅まつり開催中の百草園に行ってみた

以下の写真は3月13日(土)昼頃の京王百草園梅まつりの様子
百草園梅まつり201003-1
先日の雪、みぞれ、風で散ってしまったかと思ったが、しっかりと梅が残っていた。
百草園梅まつり201003-3
2週間ほど週末の天気が悪かったので、もう少し人が多いかと思ったけど、それほどでもなかった
百草園梅まつり201003-4
心字池回りの雪釣りと紅梅・白梅

茶室「三檪庵」ではお茶会催されている。日本庭園らしいいい雰囲気
百草園梅まつり201003-7

まだ梅は見頃なのかなと思うけど、よくみるとさすがに盛りは過ぎているようだ
百草園梅まつり201003-6
心字池のカルガモも、水面に浮かぶ花びらをかきわけるようにして泳いでいた
百草園梅まつり201003-5

もちろん地面にも花びらがたくさん落ちている・・・
百草園梅まつり201003-9

京王百草園の梅まつりは3月14日(日)まで、梅まつりが終わるとこの賑やかさは終わって、また静かな百草園に戻る。それもまたちょっとうれしい
百草園梅まつり201003-2

梅まつりが終わっても、梅がいきなり散ってしまうわけではないので、まだ当分楽しめるはず
百草園梅まつり201003-8
京王百草園は3月14日(日)まで開催。さすがに梅の花のピークは越えているが、まだまだ楽しめる
梅以外にも福寿草、ウンナンオウバイ、クリスマスローズ、ラッパスイセン、マンサク、木瓜(ボケ)など、たくさんの花木が楽しめる

百草園は京王線百草園駅から徒歩10分ほどだけど途中にかなりの急坂があるので注意が必要
駐車場はないので徒歩以外はタクシーになるが、百草園の駅前にはタクシー乗り場がないため、タクシーに乗るならば聖蹟桜ヶ丘駅叉は高幡不動駅が便利

ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.124)2月の百草園 梅まつり回想

このところ冷たい雨が続く関東地方、晴れ空の週末が待ち遠しいので、2月の晴天時の百草園梅まつりを見て気持ちを落ち着かせることにする
百草園の梅2010-4
2月の週末はこんな青空の日が多かったなぁ、やっぱり散歩はいい天気の方が断然楽しい
百草園の梅2010-2
梅の花もいっぱいの日射しをあびて気持ちよさそう

百草園の梅2010-9
ちょっと紅色が濃いこういう紅梅は花が少なくても絵になるね

ニホンスイセンも天気がいいと元気よく見える。このニホンスイセンの姿は「エサをもらう時のツバメの子どもの様子に似ている」というコメントを以前いただいたけど、まさにそんな感じ
百草園の梅2010-3

百草園は高台にあるので景色も楽しめる。遠くに多摩川と府中四谷橋が見える
百草園の梅2010-6

百草園受付の屋根と白梅。ちょっと雰囲気のある屋根だね。
百草園の梅2010-1

手前に少し紅梅を入れて春爛漫な感じを出そうと思ったけど、もうちょっと頑張らないとだめだな
百草園の梅2010-10

桃色の梅、なんだかぎっしりと花がつまっている感じでしょ
百草園の梅2010-7
この梅の姿を見て、梅まつりで出ていた屋台のこれ↓が頭に浮かんだ
百草園の梅2010-8
もも肉じゃなくて皮(カワ)だったらもっと似ていたと思う、残念

百草園の梅まつりは、この週末の日曜日(3月14日)まで、なんとか最後は晴れて欲しいよね。百草園受付にはテルテル坊主がつるされているかな

上記の写真はすべて2月に撮ったもので、現在の百草園の様子ではありません

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.107(01/31)もうすぐ立春

この週末(1/30・31)も東京多摩地区はいい天気、もう何週間か週末に晴れる日が続いている
高幡不動尊20100131-4
初不動大祭があった週末だからだろうか、少し人が多い気がした。

「立春大吉」。立春の早朝、禅寺では門前に「立春大吉」と張り出す習慣があるそうで厄除けのおまじないにもなるそうだ
高幡不動尊20100131-1
ちなみに立春は2月4日(木)、あくまでも予測日だそうで4日であることが多いが3日だったり5日だったりする年もあるらしい。

境内では福豆が売られていた、1袋300円也
高幡不動尊20100131-5

ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾
高幡不動尊20100131-2
この花の香りがあたりに漂いはじめるともう春って感じがするよね

高幡不動尊20100131-3
天気がいいので大日堂にも陽射しが明るく差している手前の緑の葉はなんだったっけ・・・

大日堂前にある枝垂れ梅は相変わらずずっと日陰・・・枝垂れ梅は花が咲くのが少し遅いのかな
高幡不動尊20100131-6

先週、富士山が見える場所として紹介した八十二番のお地蔵さん
高幡不動尊20100131-7
今日もすごくいい天気だけど富士山は見えない

椿が一緒に撮れるお地蔵さんってなかなかないんだけど、三十二番(高知県南国市十市町 八葉山禅師峰寺)のお地蔵さんのすぐそばに椿が咲いていた
高幡不動尊20100131-8
そういえば、今週すべてのお地蔵さんの赤い前掛けが新しくなっていたようだ

バラ科のユキヤナギ(雪柳)に少し花が咲いていた。ここは春になると五重塔を背景にきれいなユキヤナギの写真が撮れる場所。まだちょっと早いよね
高幡不動尊20100131-9

五重塔前の梅は紅梅よりも白梅から先に咲き始めていた。奥は不動堂の屋根。
高幡不動尊20100131-10
今年の2月3日の高幡不動尊 節分豆まきの主なメンバーは、日野市観光協会のホームページによると、田丸麻紀、つのだ☆ひろ、ハローキティ、ぴーの、ミス日本グランプリ、藤原 浩、真矢翔多、イータ、有森也実、飯沼誠司が予定されているそうだ。話題の朝青龍は最初から予定に入っていない、残念

豆まきの時に高幡不動尊に行きたいけど今年は平日。次に2月3日が週末になるのは2013年。ちょっと先の話だけどこの年は2月3日が日曜日

昨晩(2/1)は雨が雪に変わって、朝起きると久しぶりに一面の銀世界になっていた
雪の中の白梅や頭に雪が積もった六地蔵さんなんていう光景を写真にしたいけど、平日の朝から撮って回るほどの余裕はなかった

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.59)百草園梅祭り(2)

今日は散歩に出たけど朝からどんより曇り空、今ひとつの天気だった

これは百草園梅祭り初日(2/7)の様子の続き
百草園は規模は小さいけど、日本庭園らしい景色も楽しめる
百草園梅祭090207-10百草園梅祭090207-13
(上写真右)心字池周辺、この時期はさすがにちょっと茶色が多い・・・

(下写真左)白梅と山茶花(かな?)。急坂を登るだけあって浅川と多摩川の合流付近など遠くまでよく見える
百草園梅祭090207-19

(下写真)いま百草園内で一番目立っているのは、松連庵(しょうれんあん)そばの蓮久(レンキュウ)という淡紅色の梅
百草園梅祭090207-15百草園梅祭090207-16
百草園梅祭090207-9百草園梅祭090207-12
この蓮久は八重咲きの大輪。淡紅梅とはいえ八重咲きのため結構色が濃く見えるので、松連庵の茅葺き屋根や天気の青空とよくマッチする

(下写真)百草園には小さいけれど竹林もある
百草園梅祭090207-20
しかし竹っていつも青い紅梅、白梅はきれいだけど、梅ばかり見ているとこういう竹の青さが目の箸休めになる

ワニ使いのジャガーさん(この表現はちょっと古いか)のコメントにあったので、大きめのサムネイル写真でもアップしてみた

どうせなら、もう少し大きい方がいいと思うけど、これ以上大きくするには、ブログのデザインテンプレートを変更しなければならないので、また検討します

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ