ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

甘茶

今週の高幡不動尊(04/10) 花まつり

春を通り越して初夏なみの気温になったこの週末。日曜日の天気は思ったよりも今一つ。

先週に続いてどんより曇り空。雨は降らないだろうけど。
高幡不動尊201604-1

境内には花まつり(灌仏会)の花御堂が置かれていた。
高幡不動尊201604-3
花御堂には誕生仏像が置かれていて柄杓で甘茶をかけてお祝いをする。
高幡不動尊201604-4
毎年恒例、花まつりの甘茶接待。熱々の甘茶がいただける。
高幡不動尊201604-10
この甘茶は砂糖ではない甘さに、少しハッカのようなスゥーっとする感じがするお茶。
ちなみに、この甘茶接待はこの日(10日)まで。

仁王門横の枝垂れ桜が見頃になっていた。
高幡不動尊201604-2
曇り空で色が映えず、ちょっと残念。
 高幡不動尊201604-9

五重塔周りの枝垂れ桜も見頃。
高幡不動尊201604-8
この日は毎月第二日曜日でフリーマーケット開催中。
高幡不動尊201604-11
回りの緑もだんだん深まってきて、枝垂れ桜のピンク色が映える、晴れていたら・・・(汗)
高幡不動尊201604-14

山内のお地蔵さん。黄色い花はヤマブキ、バラ科。
高幡不動尊201604-5
下は八重咲きのヤマブキ。八重山吹というらしい。
高幡不動尊201604-7
八重咲きの方が色が濃い感じ。
高幡不動尊201604-6

こちらは大日堂大玄関前のボケ、バラ科の様子。
高幡不動尊201604-12
たくさん咲いて、しかも白色、ピンク色、赤色の花が乱れ咲き状態。
高幡不動尊201604-13
枝垂れ桜、山吹、八重山吹、木瓜、今回の花はすべてバラ科。


今週の高幡不動Vol.392
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(04/04)花御堂

お花見ができる最後のチャンスとなる週末、でも土・日曜日とも冷たい風が吹くどんより曇り空。

参拝の人もまばらな境内。
高幡不動尊201504-2
不動堂の前に、誕生時の釈迦の立像を安置する花で飾った小さい堂、花御堂が置かれていた。

高幡不動尊201504-3
そう4月8日は花まつり。横の説明書きには以下のように書かれていた。
『およそ2500年前の4月8日、お釈迦さまの誕生を祝って空より竜王が甘露の香水を潅ぎかけ、諸天神が美しい花々を散らしたという言い伝えから花御堂に釈迦誕生仏をまつり甘茶をかけて誕生をお祝いするのです。』
高幡不動尊201504-4

以前から花まつりの時期には宝輪閣前では甘茶が飲めるようになっている。
高幡不動尊201504-5
これも横の説明書きには以下のように書かれていた。
『アマチャ(ヤマアジサイの変種)又はアマチャズル(ウリ科の多年草で蔓性)の葉を乾燥させて煎じ出した飲み物。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に甘露になぞられ釈迦像の頭に注ぎ又飲む風習がある。』 

飲んだ感じは、最初はハッカのようなスーッとしたノド越しで、ほのかな甘味のあるお茶。 


毎年見事な姿をみせてくれる、仁王門横の枝垂れ桜はまだ5分咲き程度。
高幡不動尊201504-6
いまは工事の足場に周りを囲まれてしまっている。

高幡不動尊201504-8
鐘楼から奥殿方向を見下ろすと、まだソメイヨシノが満開に見えるけど、数日前からの強風で散り始めている。
高幡不動尊201504-12
散った花びらもきれいだけど、ずっと宙に浮いている花びらが・・・
高幡不動尊201504-10
くもの巣にひっかかった桜の花びらだった(笑)

高幡不動尊201504-7
桜の花びらの間でスミレもたくさん咲き始めている。

昨年初めて見つけた高幡不動尊の水芭蕉、サトイモ科。
高幡不動尊201504-9
尾瀬に行かなくても水芭蕉が撮れるよ。
空之介にも水芭蕉を見せたが、感想は特にないようだ(笑) 
高幡不動尊201504-11

この日は高幡不動尊に来る前に、近所の多摩川河川敷で花見。
空之介と花見
ここはいつも草の上にシートをひいてお花見する場所だったのに、
いつのまにかアスファルトの歩道とベンチが整備されていた。

久しぶりにたくさんお出かけして疲れた空之介。
空之介
冬の間は毎晩一緒に寝ていたが、このところだんだん暖かくなって、
あまり布団の中に入ってきてくれなくなってしまった。ちょっと寂しい(汗)。

 今週の高幡不動Vol.349
(撮影 2015年4月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(04/07)花まつり

いろいろ多忙でアップするのが遅れため、今週の高幡不動というより先週の高幡不動になってしまった(汗)

4月8日は花まつり(写真は4月7日)。毎年この時期になると高幡不動尊の不動堂前には、きれいな草花で飾った花御堂(はなみどう)が置かれる。
高幡不動201304-3
花まつりはお釈迦様の誕生を祝う仏教行事。花まつりには、いろいろな呼び方があるが高幡不動尊では灌仏会(かんぶつえ)と呼んでいるようだ。
高幡不動201304-1
誕生仏の像に甘茶をかけて祝う。仏様の頭から甘茶をかけるなんて、なんだか失礼なんじゃないか?と思うが、お釈迦様誕生の時、産湯を使わせるために竜が天から清浄の水を注いだという伝説に由来するので、失礼ではないようだ(笑)

甘茶接待所(自動給茶機)があったので甘茶を飲んでみた。
高幡不動201304-2
子供の頃に飲んだ麦茶に砂糖を入れた甘茶とは全然違って、ほのかな自然の甘みに、爽やかな後味がするほうじ茶のようなお茶だった。

境内は春の花が続々と咲きはじめている。
高幡不動201304-5
大日堂大玄関前のハナカイドウ(花海棠)、バラ科。
高幡不動201304-4
同じく大日堂大玄関前の花水木(ハナミズキ)、ミズキ科。

枝垂れ桜はまだ見頃。さらに遅咲きの山桜が咲きはじめた。
高幡不動201304-13
葉っぱが桜餅を連想させる(毎回同じことを書いている・・・)
高幡不動201304-12
青空と緑がきれいな時期になってきている、この背景の緑はカエデの若葉。

カタクリ、ユリ科がそろそろ終わり。
高幡不動201304-10

エンゴサク、ケシ科。ケシ科は変わった形の花が多い。
高幡不動201304-8

これはニリンソウ(二輪草)、キンポウゲ科だろうか。
高幡不動201304-7
小さな花だけどきれいに群生していた。場所はお鼻井戸付近。
高幡不動201304-6
1つの草から2つの花が伸びるのが名前の由来だそうだが、一輪草とか三輪草もあるようだ(笑)

スミレもたくさん咲いている。小さくて背も低いからちゃんと見ないとついつい見過ごす。
高幡不動201304-9
まわりに落ちたたくさんの桜の花びらが主役交代を感じさせる。
高幡不動201304-14

高幡不動尊にも大きくはないが藤棚がある。
高幡不動201304-11
この日はまだ少し早くて蕾(?)の状態。この週末あたりは、少し咲き始めているのではないだろうか。

今週の高幡不動Vol.261
(撮影 2013年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ