ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

牧志公設市場

2011年沖縄 旅が終わったはずが那覇で3泊

8月1日から4日までの沖縄旅行(その7)
今回が最終回、というか5日とか6日の内容って本当はもう旅行が終わったはずの日の話なので番外編と言うべきかな(^^;)さらに写真が少なくグチっぽい文書ばかりで失礼・・・

8月4日。この日は最初の予定では昼前に西表島から石垣島に渡り、夕方に那覇、夜遅くに羽田に帰る日程だったが、台風接近のため朝一番の飛行機で那覇に向かうことになった日。
朝にスコールような雨が少し降っぐらいで青空が見えるし、風もたいして吹いていない台風は本当に来ているのか?という感じ。

7時すぎにホテルからタクシーで石垣空港に向かう。タクシーの運転手さんが言うには、台風で足止めになるならば石垣島より那覇の方がずっといいとのこと、まあ街の大きさが全然違うからそうだろうね。
那覇へ201108-1
そもそも石垣空港のターミナルはとっても狭い。京王線高幡不動駅の改札口周辺と同じぐらいかも。
以前、台風で飛行機が何日か飛べなかったとき、空席待ちの人がターミナルからあふれてしまい、空席待ち客用に近くの体育館を使ったとか・・・これもタクシーの運転手さんの話、本当か?

予想通り空港のターミナルに到着したら大混雑。スペースがないから空席待ちや搭乗手続きの人がゴチャゴチャ。1時間近く前に到着したけど飛行機の席に座った時はもう出発時刻を少し過ぎるぐらいになってしまった。
那覇へ201108-2
ちょっと雲が多いかなとは思うが台風らしさは特に感じない。
でも、石垣で搭乗手続きする時点で那覇から羽田に向かう乗り継ぎの便は欠航する(ガ〜ン)と伝えられていて、この便も那覇空港の天候次第で引き返す条件付きの出発。
那覇へ201108-3
上が那覇空港へ着陸体勢に入る前、この先は電子機器利用禁止のアナウンスがあった時。すこし雲が出てきたがそれほどでもない感じ。
しかし那覇空港着陸寸前、瀬長島周辺で建物が間近に見えはじめたあたりでは上下左右にフラフラとかなり揺れた。このまま着陸をあきらめて石垣に引き返したらどうしょうかと心配したけど、那覇空港に無事着陸。

空港で荷物を受け取ったら、11時30分に臨時の羽田便が出るというアナウンスがあったのですぐに長い列に並ぶ。その時に手渡された予約変更手続きの案内に従って、iモードサイトで予約変更を試みたけど、このチケットは(この案内にも記載されている)「予約変更操作ができない航空券だった。

そういう航空券の場合は、窓口か電話でしか変更できないと書かれていたので、列に並びながら電話。当然のことながらつながらい。臨時便のこの列はほとんど前に進まないので、ひたすらかけ続けてたぶん30分ぐらいでつながった。

つながったのはいいけど、オペレータから言われたのは空席があるのは8月7日の便。え〜ぇ、いま8月4日の午前10時すぎなのに、7日までだめとは明日(5日)は全便欠航だとしても6日に飛び始めれば空席待ちをすればいいと考えて、万が一の押さえとして7日午前の便に予約変更。この時はまさかこの万が一の押さえに取った便に乗ることになるとは思っていなかった。
那覇へ201108-4
そして1時間以上並んでいる臨時便の列は全然動かない。ざっと数えても自分の前には500人以上いるのでこれは乗れないと判断して、並ぶのをやめて、ゆいレール(モノレール)に乗って県庁前(国際通りに近い)に向かう。

早々に空港を出たのはラジオで台風接近により市内のバスやゆいレールが止まるという話をしていたから。大混雑の那覇空港でバスとゆいレールが止まったら、これまたすごい混雑になりそう。

石垣島のホテルは事前にリストアップしていたが那覇で足止めされるとは思っていなかったのでノーマーク。ゆいレールの中で携帯のiモードサイトで検索、iPhoneやiPadを持っていても結局携帯のiモードサイトのお世話になった自分にちょっと笑える。iモードサイトで見つけた情報を画面メモを取っておいて後で画面メモからアクセスするのって早くて便利なんだよなぁ。

そしてツインが2部屋とれることを条件に電話してとれたのがワシントンホテル。4日と5日の2泊しかとれなかったけど、6日はキャンセル待ちをしてきっと帰れるだろうと思ったので、ワシントンホテルに決めて向かう。

台風で缶詰になる前に、せめて国際通りで昼ぐらい食べたいので、すぐに荷物を預けて徒歩10分ほどの国際通りに出た。
那覇へ201108-5
昼の12時すぎなのに人がほとんどいない国際通り。ビラを配っている人はカッパを着て完全装備

毎度お馴染みになってきた牧志公設市場の2階で昼食とデザートを食べる。ここでやっとホッと一息。
那覇へ201108-7
お土産物店などブラブラしながら、14時のチェックイン時間を目指してホテルに戻る。その途中で雨と風がだんだんひどくなり、最後はホテルに駆け込む感じでなんとかセーフ

ワシントンホテルは全室で有線LANが使えるけど残念なことに無線LANはない。持って来たのはiPadとiPhoneなので有線LANは使えない。ラッキーなことにノートPCを1日1000円で貸しているようで、それを借りることができた

その後はもうホテルから出ることができないぐらいの暴風(が6日の昼前まで続く)。夜はホテルの売店の人に聞いてホテルの目の前の居酒屋へ走る。餃子とオリオンビールで一息ついたら、あとはもうなるようにしかならないと思えた。
那覇へ201108-8

これが8月4日18時の台風の進路予想図。那覇は4日の14時過ぎに暴風圏に入ったようだ。

台風進路予想図8月4日18時



この日の写真はないがきっとこんな感じ。も〜っとひどいかな
那覇へ201108-12

8月5日。丸1日特に何もなし、ホテルでずっと過ごす。ホテルから出たら傘は役にたたないからすぐにずぶ濡れ、しかも市内のバスもゆいレールも止まっている。ニュースを見ると主な観光地・設備などもみんなクローズ。

写真はiPhoneで撮ったホテルの窓の様子ぐらい。風向きが変わったためか、バチバチとうるさい。タクシーの運転手(千葉県生まれだそうだ)が沖縄の台風は通過した後の風の方が強烈だと言っていたけど、ほんとその通りで夜中も何度か目がさめた。

那覇へ201108-14


ホテルから3分ぐらいのところにファミリーマートがあるので、濡れるのを覚悟で走って行ってみたら、おにぎりやサンドイッチなどはすべて売り切れ。つまみとカップメンを買って帰った。
TVの台風のニュースではコンビニの配送トラックが道路で横倒しになっている映像などが流れていた。きっと配送も滞っているんだろうね。

8月5日14時の台風の進路予想図。昨日から24時間経ってやっと沖縄本島に最接近。

台風進路予想図8月5日14時


いろいろ話は聞いていたが、沖縄の台風は風雨がすごいし、なんと言っても暴風雨がやたらに長い。東京の台風だったら朝接近したら夕方には雨はあがるし、夕方に接近してきたら夜中は荒れるが朝には晴れていたりするのが普通。
那覇へ201108-10

8月6日。6日は朝から天候が回復し次第を運航開始するとホームページやニュースなどでアナウンスされていたが、朝起きてもまだ外は暴風雨。このホテルも10時にはチェックアウトしなければならないんだけど、とても外に出られる状況じゃない。

この暴風の中、タクシーで空港に向かい、空港で運航開始を待つしかない、でも空席待ちで今日中に乗ることができるのだろうか?と心配したが、フロントに聞くとキャンセルが入って、同じ部屋を6日の夜も泊まれるとのこと。これには救われた。
台風の動きが非常に遅く、この日、運航が開始されたのは昼過ぎ、たぶん15時ぐらいからだと思う。
那覇へ201108-11
4日の14時にチェックインしてから6日の夜に国際通りに出かけることができるようになるまでの丸々2日間、何をやっていたのか特に思い出せない。少なくともホテルから出ることができなかったのは確か。
借りたノートPCのおかげでFacebookやTwitter、ブログや掲示板などインターネットのおかげで退屈はしなかったけど、別に那覇のホテルでしなければならないことでもなく、有意義な時間とは言えない・・・

特に全日空のTwitterアカウント(@ANA_flight_info)はANA運航の見通し情報がタイムリーにGetできて便利だった。6日の羽田行き臨時便情報もここでGetして電話するんだけど、相変わらずなかなか電話はつながらない。受付開始後30分ぐらいたってやっとつながっても満席・・・これを3回ぐらい繰り返したけど結局とれず。

あとはANAマイレージクラブ会員のページで予約番号から検索して、電話では4人バラバラでしかとれなかった7日の便の座席を窓際2席ずつに変更できることがわかった。もともとの航空券の種類によっては予約変更などもっといろいろなことがこのページができるんだろうね(最近はほとんど使わないから全然知らない)。

3泊目の夕方になってやっと雨が止んだので居酒屋に行って、その後は国際通りをぶらぶら。
那覇へ201108-15
ナスのガーリック天がおすすめとネットで教えてもらって行ったわたんじ通堂町。台風の影響で残念なことにグルクンがなかった、石垣島で食べたからいいか。
下のジーマーミー豆腐がもちもちの食感ですごく美味しい。聞いてみるとタピオカを入れているらしい。となりのガラス瓶は泡盛。泡盛やオリオンビールが毎晩飲めたのは唯一の救いか?
那覇へ201108-16
国際通りから少し離れているが、料理が美味しく店員さんも気さくでとても気持ちの良いお店だった。

8月7日。朝の那覇空港、当然のように大混雑。こういう状況には不慣れで、空港のアナウンスと立っている職員の言うことが違ったりして、なんだかよくわからない状況。まあいろいろ言いたいことはあるが、なんとか搭乗手続きをして予定から2時間近く遅れて羽田に戻ることができた。
那覇へ201108-13
今回台風で足止めされたが、ラッキーだったのはまずワシントンホテルが並びのツイン2部屋に泊まれたこと。狭いシングルだったり部屋が離れたりしているといろいろ面倒、ツインなので4人が一緒にいることができた。
そしてなんと言っても満室でとれなかった6日の夜もキャンセルが出て同じ部屋にそのまま泊まれたこと。そのおかげで暴風雨の中、空港で長い時間空席待ちをするという状況にならなかった。
7日朝に空港まで乗ったタクシーの運転手さんによると、6日の空港は大混雑で大変な状況だったとか。

台風経路

この台風9号(ムイファー)は我が家の夏休みを邪魔しに来たような経路、しかも4日から6日までゆっくり沖縄本島見物でもしていたような移動距離

たぶんいままで知人が「沖縄で台風のため足止めされたよ」って聞くと、「余分に沖縄に滞在できてラッキーだったね」って言ってきたと思うけど、これからは言わないだろう。
ラッキーなんてことは何もない。那覇なんて場所は関係なく、単に何もできない時間をただホテルの中で過ごすだけだったから。

西表島での日程が短縮されたかわりに石垣島での観光ができ、夏休みの家族旅行はちゃんとできた。問題は旅の疲れがたまった状態で、帰るのに3泊4日もかかったこと。そしてツアー代以外に石垣の1泊も含めて追加で家族4人の4泊分のホテル代がかかったこと、ひえ〜ぇぇ
長い間、お付き合いありがとうございました。
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

沖縄 那覇牧志公設市場

夏休みの沖縄旅行の初日は、那覇の国際通りにレンタカーを止めて、牧志公設市場に行った

牧志公設市場は市場とはいうものの、いまではかなりの観光スポットになっているため、国際通りから市場への道(商店街)にも多くの観光客用のお店が並んでいる(下写真左)
牧志-1牧志-2
市場の看板と「市場にようこそいらっしゃいました」の言葉がなかなか良い雰囲気(上写真右)

市場の回りにも小さなお店がいっぱいある(下写真左)
牧志-12牧志-3
(上写真右)市場の中の様子。狭い通路にところ狭しといろいろなものが並んでいるのが、子供の頃の市場を思い出してなんだかとっても懐かしい感じ

ここは市場1階のお店で購入した食材を、2階にある料理店で調理してもらうことができるのが特徴。そのルールが書かれた看板(下写真左)
牧志-10牧志-11
(上写真右)エビ、カニ、貝、みんな生きていて、とっても新鮮で見るからにかなり美味しそう

魚は見た感じでは、なんだか美味しそうに見えないけど、グルクンのから揚げなどはとっても美味しい
牧志-9牧志-8
牧志公設市場は昨年沖縄に来た時と今回で2回目、今回は昼食を食べにここに来たけど、魚を料理してもらって食べるのは、うちとしてはかなり高いので、食材は買わずに2階に上がった

(下写真左)いくつかのお店が並んでいて、呼び込みがすごく威勢良い。左側にある「道頓堀」というお店の名前の上には「沖縄のごちそう!」とあるが、「道頓堀」はやっぱり大阪じゃないか?と思ってしまう
※この「道頓堀」は初代が大阪の方だそうです。沖似いりさん情報ありがとうございました(8/29追記)
牧志-4牧志-5
(上写真右)昼でかなり混雑していたので、結局たまたま席が空いた「次郎坊」というお店で食べた

「沖縄そば」「三枚肉そば」(下写真左)「タコライス・そば」(下写真右)「海ぶどう丼」を注文
牧志-6牧志-7
初めて「海ぶどう丼」を食べた。感想は海の雰囲気は満点だけど、食欲を満たすには、味・ボリュームともにもう一歩と感じた

しかし、この翌々日に名護の居酒屋「魚しん」で食べた「海ぶどう丼」はまったく違っていた(また紹介します)

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです



ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ