ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

浮燈明

高幡不動尊 万燈会

11月22日・23日に行われた高幡不動尊の万燈会(まんどうえ)。

今年は22日が雨だったので23日に行ってきた。毎年この日程で開催されるが、だいたいどちらかの日に雨が降る。
高幡不動尊万燈会2017
万燈会は多くの灯火を仏前に供養して懺悔や滅罪祈願を行う行事で奈良時代から行われているそうだ。
東大寺や高野山などが有名で夏に行われる。牛久大仏では花火も打ち上げられるそうだ。
高幡不動尊万燈会2017
もみじが色づいた晩秋に行われる高幡不動尊の万燈会は五重塔が舞台。
高幡不動尊万燈会2017
到着した時間が遅かった。五重塔前で供養が行われたあと、お坊さんが移動しているところだった。
高幡不動尊万燈会2017
木遣りを歌う法被姿の人に先導されて不動堂前から宝輪閣に向かった。
高幡不動尊万燈会2017
警備員が場内整理をするわけでもないのに、自然と通路があけられて粛々と隊列がすすむところがなんだかいい。

高幡不動尊万燈会2017
五重塔の回りを炎で囲むこの大きなロウソクは普通のロウソクではなくかなり火力が強い。御燈明料1000円。
高幡不動尊万燈会2017
五重塔の回りには願い事が書かれた燈明がたくさん浮いている。浮燈明500円。
高幡不動尊万燈会2017

高幡不動尊万燈会2017
御燈明が作り出す独特の雰囲気が高幡不動尊の万燈会。
高幡不動尊万燈会2017
前日の雨で出来た水たまりに浮かぶ逆さ五重塔。
高幡不動尊万燈会2017

高幡不動尊万燈会2017
着物クイーンがモデルになったプチ撮影会。
高幡不動尊万燈会2017

高幡不動尊万燈会2017
不動堂前では、この日高幡不動駅前や参道で開催されている、たかはたもみじ灯路で飾られている飾り灯籠が置かれていた(たかはたもみじ灯路の様子はまた別記事で)。
高幡不動尊万燈会2017
玉こんにゃくのお店が輝いて見えた(笑)。

高幡不動尊万燈会2017
普段見慣れた仁王門もこの日はちょっと違って夜祭りの雰囲気。やはりブルーライトアップよりもこちらの方がしっくり来る。

(撮影 2017年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

高幡不動尊 万燈会(2015年11月22日)

年末になり、ブログネタもなくなってきたので、少し前、11月の万燈会の様子。

今年(2015年)の高幡不動尊万燈会は11月22日・23日に開催された。これは初日11月22日に撮ったもの。
高幡不動尊万燈会2015-9
入口の仁王門前には同じ日に開催されている「たかはたもみじ灯路」と同じ灯籠が灯籠が並べられ、
門の両側には万燈会の提灯がかかげられている。
高幡不動尊万燈会2015-10
 
万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
高幡不動尊万燈会2015-3
万燈会は夏(お盆の時期)に催されることも多いが、この高幡不動尊では紅葉の11月に五重塔で催される。
高幡不動尊万燈会2015-2
五重塔では塔婆供養が行われるが、ちょっと出遅れて供養が終わったところだった(汗)。

五重塔の回りをぐるっとロウソク(御燈明)の灯りが囲む。
高幡不動尊万燈会2015-1
普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃えている。
高幡不動尊万燈会2015-6
御燈明には1本1本名前が書かれていて御燈明料は1000円。
高幡不動尊万燈会2015-14
五重塔の回りを流れる浮燈明。
高幡不動尊万燈会2015-5
浮燈明にはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮燈明500円。

高幡不動尊万燈会2015-7
この夜は月もきれいに出ていた。写真ではわからないが、例年より暖かで心地よい夜。
高幡不動尊万燈会2015-8

五重塔の回りのモミジがライトアップされていたが、今年は色づきが少し遅め。
高幡不動尊万燈会2015-4
でも、この写真じゃあ、紅葉の色づきはわからないよね(汗)。

高幡不動尊万燈会2015-13
不動堂前の境内には飾り灯籠が並べられていた。
高幡不動尊万燈会2015-12

高幡不動尊前の交差点から見るいつもの光景も、見慣れた昼の感じとはちょっと違って
どちらかというと年末大晦日の夜の感じ。
でも、大晦日の夜の人出はこんなもんじゃないからね(笑)。
高幡不動尊万燈会2015-11
この写真の反対側では、「たかはたもみじ灯路」が開催されている。

(撮影 2015年11月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動 万燈会の様子(11/23)

11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会の時の仁王門には「萬燈會」と書かれた大きな提灯が下げられる。
高幡不動尊万燈会201411-2

万燈会は16時からなので、少し前に行ってまだ明るい夕方の紅葉を撮ってみた。
高幡不動尊万燈会201411-3
割と早い時間から提灯には灯りがつきはじめている。

境内の宝輪閣前に並べられた夢灯篭。昨年は普通の白い灯篭だった気がする。
高幡不動尊万燈会201411-7

日が落ちて間もない頃、まだ明るさが残る空を背景にした五重塔、空の色がいい時間帯。
高幡不動尊万燈会201411-4
できれば雲が少し出て、赤く染まってくれればもっと良かったんだけどね。

紅葉まつり期間中でもあり万燈会と時は紅葉もライトアップされる。
高幡不動尊万燈会201411-5
鐘楼を眺めるこの場所は、昼間と全然違う雰囲気。
高幡不動尊万燈会201411-6
ライトアップされた紅葉の中の五重塔。手前が完全に紅葉でないところが逆に自然(笑)。

境内のこの位置は毎週散歩で撮っている場所。夜だとまたちょっと違う感じだよね。
高幡不動尊万燈会201411-8

五重塔の回りを囲む御燈明(みあかし)にも火が灯って五重塔全体が夜空に明るく浮き上がる。
高幡不動尊万燈会201411-9
この御燈明は、普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃える。
高幡不動尊万燈会201411-10
万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
この五重塔で塔婆供養が行われる。下写真はその様子の一部。
高幡不動尊万燈会201411-14
この御燈明には1本1本名前が書かれている。御燈明料は1000円。
高幡不動尊万燈会201411-12
こういう場面を見ると単なるライトアップ行事とは違うなぁと感じる。
 
高幡不動尊万燈会201411-11
 こちらはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮燈明500円。
高幡不動尊万燈会201411-13
 
高幡不動尊万燈会201411-15
五重塔の回りがロウソクの炎で囲まれるこの姿は 1年で万燈会が行われる2晩だけ見ることができる。

高幡不動尊で万燈会が開催される日、高幡不動尊参道とその商店街では「たかはたもみじ灯路」が開催されている。その様子はまた別に。

 (撮影 2014年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

高幡不動尊 万燈会2012

2012年11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
高幡不動尊万燈会201211-13
仁王門前には、同じ日に開催されている、たかはたもみじ灯路と同じような灯篭が並べられている。
(たかはたもみじ灯路の様子はまた別記事で)

高幡不動尊万燈会201211-10
不動堂の両脇の菊飾り。

高幡不動尊万燈会201211-8
境内をHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影。いくつか露店が出ている。
高幡不動尊万燈会201211-9
ブルーライトアップに続き、今回も五重塔が主役。
高幡不動尊万燈会201211-5
万燈会では五重塔前で塔婆供養が行われる。
高幡不動尊万燈会201211-6
滅多に使わない内蔵フラッシュでの撮影。

五重塔の周りにはたくさんのロウソク(御燈明)が灯されて雰囲気を盛り上げる。
高幡不動尊万燈会201211-7
この御燈明(1本1000円。)は、ちょっとぐらいの風では消えずしっかりと燃える。
高幡不動尊万燈会201211-3

この日は昼過ぎまで雨が降っていたが、夕方前に止んでくれた。
高幡不動尊万燈会201211-2

浮燈明(500円)。願い事を書いて五重塔の周りに浮かべる。
高幡不動尊万燈会201211-4
やぱり「家内安全」だよね
高幡不動尊万燈会201211-12

入り口の仁王門と反対側からHDR撮影。
高幡不動尊万燈会201211-11
紅葉のライトアップもされている。
高幡不動尊万燈会201211-1
万燈会が終わると高幡不動尊の秋も終わりに近い。
11月末でもみじまつりが終わると冬はもうすぐそこ。

(撮影 2012年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ