ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

今週の高幡不動尊(02/12)  思いのままが咲いた

この週末は冬晴れとなった東京多摩地区。風が冷たいけど日差しが暖かい。

高幡不動尊五重塔前の梅「思いのまま」が咲いた。
高幡不動尊201702
1つの枝に白色と桃色の花が咲いているのがまさに思いのまま。
高幡不動尊201702
昭和記念公園や京王百草園にも思いのままはあるが、まだほとんど咲いていない。
ここは日当たりがいいためか、いち早く咲き始める。

この花は桃色より少し濃い目の色。
高幡不動尊201702

1つの花で白色と桃色の花びらがある花は見つからなかった。
まだ3分咲き程度なので、これからだね。

高幡不動尊201702
境内は山茶花がだんだんと終わりはじめて、椿が目立つようになったきた。
高幡不動尊201702

お正月から初不動・だるま市、節分と行事が続いた境内が落ち着きを
取り戻しつつある。
高幡不動尊201702
不動堂の幕はついているし、まだ少し露店が出ている。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702

五重塔前で以前から咲いていた白梅はもう見頃になっている。
高幡不動尊201702
これぐらい咲くとメジロがやってくる(この日撮ったメジロの写真は別記事で)。
高幡不動尊201702

そして河津桜も咲き始めていた。まだこれだけだけど(汗)。高幡不動尊201702
伊豆でもう河津桜が見頃になっているニュースを見たけど、高幡不動尊は
まだ少し先かな。でも急に暖かい日がある一気に咲くかもしれない。

今週の高幡不動Vol.429
(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 こもれびの池周辺

昭和記念公園の梅の見所は梅園とこもれびの池周辺の2ヶ所。

こもれびの池は、昭和記念公園の砂川口に近いところにある。
昭和記念公園201701
砂川口は普段使う立川口から一番遠い場所にあるので、今まで行ったことが
なかった。だからこの池を見るのもこの日が初めて。
昭和記念公園201701
このこもれびの池は水鳥の池や日本庭園の池に比べてコンパクトな池だった。

こもれびの池周辺に咲いている梅のうち、梅園には咲いていない品種の紹介。
これは紅色、八重咲きの錦光(キンコウ)。
昭和記念公園201701
梅は品種改良によりたくさんの品種がある。花を鑑賞することが目的の「花梅」と
実を採取することが目的の「実梅」に分けられ、「花梅」は400品種、「実梅」は
100品種以上あるそうだ。
昭和記念公園201701
そして「花梅」は野梅(ヤバイ)系、緋梅(ヒバイ)系、豊後(ブンゴ)系の3系に
分けられるそうだ。
昭和記念公園201701
この錦江は緋梅系。緋梅系は野梅系から変化した梅で枝の髄や幹の断面が紅に
なる。花の色は紅色や緋色が多いが白花でも枝の髄が紅だと緋梅系になるそうだ。

これは濃紅、八重咲きの鹿児島紅(カゴシマコウ)。
昭和記念公園201701
この梅も緋梅系。濃い紅色が印象的な梅。
昭和記念公園201701

これは白色、一重咲きの冬至(トウジ)。冬至の頃から咲くと言われる早咲きの梅。
昭和記念公園201701
この梅は野梅(ヤバイ)系。野梅系は野梅から変化した原種に近い梅で枝が細く、
花も葉も比較的小さく芳香がある品種。ヤバイ系ってなんだかヤバイ梅みたいだ(笑)。

これは紅色、八重咲きの八重寒梅(ヤエカンバイ)。
昭和記念公園201701
この梅は豊後系。豊後系は梅と杏の交雑種で葉が大きく生育が良い品種。
(ここまでの梅に関する情報は梅園やこもれびの池にある梅ガイドの看板から)

梅は3〜5分咲きだけど、このロウバイ、ロウバイ科は満開。きれいに咲いている。
昭和記念公園201701
ロウバイは梅よりもずっと香りが強い。

そして、以前はまだ少しだけ咲き始めていた節分草、キンポウゲ科。節分に近くなって
来たためか、かなりたくさん咲いていた。
昭和記念公園201701
節分草はスプリング・エフェメラルなので、夏前には葉も枯れて地上から姿を
消してしまう。
昭和記念公園201701
節分草が咲いているのは、こもれびの池とこもれびの里の間あたり。
よく見ないと咲いていることに気が付かない花だけど、写真を撮っている人が
いつもいるから、それが目印。

昭和記念公園(Vol.196)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

京王百草園 あじさい

久しぶりの京王百草園。この時期はここでもやはりあじさい(笑)

京王百草園201606-1
 百草園らしく東屋とあじさい。
京王百草園201606-2

京王百草園201606-4
京王百草園は高幡不動尊と違って西洋あじさいと額あじさいがメイン。
京王百草園201606-6
背景に竹林があるのも百草園らしいかも。
京王百草園201606-7
日本庭園らしく竹垣とのコラボ。これは竜安寺垣と呼ばれる垣根かな。
京王百草園201606-8
高幡不動尊と違って人が少ないのでゆっくりあじさいを鑑賞できる。

真夏の花というイメジーがある、ノカンゾウ、ユリ科が咲いていた。
京王百草園201606-3

秋にはきれいな紅葉を見せてくれるモミジの実。
京王百草園201606-5

見上げると梅の実がなっていた。まさに梅雨の時期だ。なかなか雨が降らないけど・・・
京王百草園201606-10
受付にも梅の実が置いてある。
京王百草園201606-9
百草園で採れた梅を売り出さないかなあ。

ゴールデンウイークにも京王百草園に来たけど、その時はブログの記事にしなかった。
京王百草園201606-12
いつもこの藤棚のそばに赤い番傘や赤い布がかけられた縁台が置かれていて
雰囲気がいいんだけど、この日は風が非常に強かったので置かれていなかったのが残念。
京王百草園201606-11
何年か前に藤の花が咲かない年があった。それ以来だろうか、残念なことに
いまひとつ藤の花に迫力がなくなったように思う。
そんなこともあって記事にしなかったのかな・・・

心字池の水辺に咲くカキツバタの花。
京王百草園201606-13
花菖蒲などアヤメ科の花はいまでも咲いている。
京王百草園201606-14
緑が深まってきた心字池。

(撮影 2016年6月18日ほか)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 クリスマスローズほか

昭和記念公園のクリスマスローズ。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201602-2
 名前の由来はクリスマスの頃に咲く、バラに似た花であるが、ほとんどの品種が今頃咲くそうだ。

クリスマスローズは下を向いて咲く花が多い。
昭和記念公園201602-1

こちらは明るい紫色。
昭和記念公園201602-3
花をのぞいてみると、キンポウゲ科らしいシベをしている。
昭和記念公園201602-10
近くで見るとバラに似ている?とはあまり思えない(笑)。

 昭和記念公園の北部にあるこもれびの里。ここで昭和30年代の武蔵野の原風景や
暮らしを再現している。
昭和記念公園201602-5
ここでも梅が咲いていて、茅葺屋根を背景に里の春といった感じ。
昭和記念公園201602-4
紅梅、錦光
昭和記念公園201602-9
 
建物の中にある囲炉裏。
昭和記念公園201602-6
お湯が沸いてますよ。

節分草(セツブンソウ)、キンポウゲ科が咲いている場所は、こもれびの里のすぐそば。
昭和記念公園201602-8
節分を越えてもまだちゃんと咲いていた。 
昭和記念公園201602-7
1ヶ月前よりも花の背が高くなっているかな? 

 昭和記念公園(Vol.155)
(撮影 2016年2月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(02/07) 梅 思いのまま

2月最初の週末、天気はいいけど、冷たい風が吹いて寒い週末となった東京多摩地区。

白い賽銭箱や階段の昇り口の表示などお正月仕様の不動堂はこの週末が最後かな。
高幡不動尊201602-2

お正月、1月28日の初不動・だるま市、2月3日の節分会が終わると高幡不動尊の
新年の行事は一段落する。
高幡不動尊201601
仁王門も謹賀新年から立春大吉に変わった。
禅寺では立春の早朝に厄除けとして「立春大吉」の紙札を張り出す習慣がある。
高幡不動尊201602-1
「立春大吉」という文字は左右対称で縁起が良く、1年間災難にあわないと言われている。

これは大日堂前の枝垂れ梅。先週よりたくさん咲いていたけど、まだまだ。
高幡不動尊201602-3

これは五重塔前のあま酒の露店。この露店はここが定位置。
高幡不動尊201602-9
この露店の後方に白梅が咲いている。
高幡不動尊201602-8

同じく五重塔前の梅、思いのまま。割と咲いてきたけど、2分咲きぐらいかな。
高幡不動尊201602-6

下のように同じ枝から白い花と桃色の花が咲くこともある。
高幡不動尊201602-7

さらに1つの花に白い花びらと桃色の花びらが混じることがある。
高幡不動尊201602-5
アップで見ると、白い花びらにちょっと桃色が混じっている。
高幡不動尊201602-4
そのうち、下の写真(2013年3月撮影)のような見事に白い花びらと桃色の花びらが
混じった花を見つけたい。
高幡不動尊
この2年間(2014、2015年)はここまできれいな花を撮れなかったので今年こそ!

いろいろな行事が一段落したので、境内の露店の数もかなり減ってしまった。
高幡不動尊201602-10
この日は定位置に玉こんにゃくの露店がなくてちょっとさみしい感じ(笑)。

これからしばらく静かな高幡不動尊に戻る。
 
 
今週の高幡不動Vol.385
(撮影 2016年2月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動尊(01/24) 雪の日のあと

今年一番の寒波の中、土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて降雪の予報が出ていた東京多摩地区。

幸い降雪もなく、日曜日の朝からいい天気になった。
高幡不動尊201501-4

毎年恒例、奥殿向かいの節分会年男参加者の掲示。
高幡不動尊201501-5
今年の高幡不動尊の節分豆まきには、厚切りジェイソンが来るらしい。
見に行きたいけど2月3日は平日・・・残念。

東京は月曜日(1月18日)の未明から雪が降り積もり、そのまま通勤時間帯を直撃。
朝6時半から車の雪降ろしをして駅まで送ってもらったが、まったく電車が来ないだめ、
勤務地である五反田に到着したのは12時すぎ・・・
京王線は車両基地が停電になり車両が出せなくなり、やりくりができなくなったようだ。

雪の日以後も、寒い日が続いてまだあちらこちらに雪が残っている。
高幡不動尊201501-6
屋根からの落雪注意の看板。屋根の雪は凍っているから石が落ちてくるのと同じで危険。

山の方に入ると積もった雪が凍ってツルツル。
高幡不動尊201501-7
山アジサイが咲くあたりもツルツルで転んでしまった。来なければよかった・・・
高幡不動尊201501-8

湿った重い雪の影響で、あちらこちらに折れた枝がたくさん落ちている。
高幡不動尊201501-1

ここではかなり大きな木も折れてしまったようだ。
高幡不動尊201501-3
たぶんこの木は倒れて道をふさいでしまったのだろうね。
高幡不動尊201501-2
運べる大きさに切断して片付けの途中。

五重塔前で2週間ほど前に咲き始めた梅、思いのまま。
高幡不動尊201501-9
暖かかった年末年始で、咲いてみたものの、その後の寒さに驚いているだろね。
高幡不動尊201501-10
フライング気味に咲いてしまった花以外はまだ蕾の状態。例年、この時期はだいたいこんな感じ。

この日は冷たい強風が吹いて寒かった。
高幡不動尊201501-11
玉こんにゃくの露店も風に吹かれてこんな感じ。

そろそろ弁天池回りで福寿草が顔を出す頃なんだけど、まだ出て来ない。

土曜日は空之介を連れて散歩。
高幡不動尊201501-13
道に残った雪の上をまったく気にすることなく歩く。足は冷たくないのか?
高幡不動尊201501-12
おかげで足がドロドロ。帰ってから洗うのが大変だった(汗)。

今週の高幡不動Vol.384
(撮影 2016年1月23.24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

京王百草園 ロウバイの香り

ロウバイが咲き始める時期なので京王百草園に行ってきた。
これは昨年末12月29日の京王百草園の様子。

入口の門をくぐったあたりから、ほのかに甘い香りが漂う。
京王百草園201601-13

入ってすぐ左側でたくさんのロウバイが咲いている。
京王百草園201601-1
咲き始めのこの時期はまだ枯れかかった葉がたくさん残っている。
京王百草園201601-5

蝋細工のようなこの花びら、さらに梅の花に似ていることが名前の由来。
京王百草園201601-3
でもロウバイ(蝋梅)は梅のようなバラ科ではなくロウバイ科。
この花よりも、この独特な甘い香りがロウバイの特徴。
京王百草園201601-4
ここのロウバイはほとんどが、上のように花の内側まで黄色い、ソシンロウバイ(素心蝋梅)。
下のように花の内側が少し赤いのがロウバイ。
京王百草園201601-2

この時期の京王百草園は、日本水仙、ヒガンバナ科も楽しめる。
京王百草園201601-6
来年クリスマスの頃から咲き始める。
京王百草園201601-7

これは寒咲きアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201601-9
普通のアヤメより背の高さが低い。

ここで一番最初に咲く梅、八重寒紅が咲いていた。
京王百草園201601-8
年内に数輪咲く年もあるが、すでにかなりの数が咲いている。今年は早いね。

センリョウ、センリョウ科。実が赤色ではなく黄色のセンリョウ。
京王百草園201601-10
こちらはマンリョウ、ヤブコウジ科。
京王百草園201601-11
センリョウ、マンリョウとも、お正月飾りによく使われる縁起物。

この時期の京王百草園の入口は無人状態。
京王百草園201601-12
梅まつり、紅葉まつり、新緑まつりの季節にまたのご来園をお待ちしております。と書かれている。
一番近い梅まつりは例年2月最初から開催、あと1ヶ月だね。


(撮影 2015年12月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

八重寒紅

八重寒紅
  D7200 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2015.12 京王百草園
 
京王百草園では、早くも梅が咲いていました。

毎年、京王百草園で一番最初に咲く早咲の梅、八重寒紅(ヤエカンコウ)です。


ウメはバラ科

梅 黒田
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.03  京王百草園

ウメはバラ科なんですが、こういう姿を見るとバラ科なんだと実感できますね。



 

梅 思いのまま

梅 思いのまま
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.02  高幡不動尊
 
高幡不動尊、五重塔の前に咲く梅「思いのまま」。

やはりこの梅を見ないと春が来ません。



2月の週末は1日だけ出社前に写真を撮ることができました(汗)


京王百草園 早咲きの梅

今年最初の京王百草園への散歩。1月10日の様子。

京王百草園201501-1
昨年末は無人だった受付にも、年始からはちゃんと人が座るようになっている。

京王百草園201501-4
年末に少しだけ咲いていたロウバイがかなり咲いて見頃近くになっていた。
京王百草園201501-3
日射しを浴びて、光る電灯(のカサ)のような姿。

年末にはもう見頃だった日本水仙。
 京王百草園201501-2
まだまだ見頃、さらにきれいに咲いている。
京王百草園201501-11
この花は長く楽しめる花だね。
京王百草園201501-10
冬の青空を背景にした姿。

そしてこの日の目的はこれ。
京王百草園201501-5
早咲の梅、八重寒紅(ヤエカンコウ)。
京王百草園201501-8
梅の花が咲いているのを見ると春への予感を感じる。
日本水仙やロウバイの花ではそこまで強く春を感じないのは、梅が春の花だからだろうか。

これは寒咲きアヤメ。アヤメの仲間は初夏に咲くんだけど、この品種は寒の時期に咲く。
京王百草園201501-7
花びらの元の方が黄色になってさらに網目模様はちゃんとアヤメの特徴。
初夏に咲くアヤメは花が葉よりも上に出ているが、寒咲きアヤメは花の方が低い。
京王百草園201501-6
さすがにアヤメを見たからといって夏は感じない(笑)。

梅だアヤメだと花は咲くけど、実際はまだ冬の真っ盛り。
京王百草園201501-9
心字池には氷がはっている。

年の始めなので、甘酒を飲みながら一休み。
京王百草園201501-12
百草園の甘酒は砂糖を使わず麹本来の甘さをいかした美味しい甘酒だった。

(撮影 2015年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

冬来たりなば春遠からじ

八重寒紅
   K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2015.01  京王百草園

早咲の梅、八重寒紅(ヤエカンコウ)。

梅の名所、京王百草園で毎年一番最初に咲く梅です。

 

梅にメジロ

梅とメジロ
  K-5IIs with TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 2014.3  高幡不動尊

梅といえばウグイスが定番ですが・・・(笑)

 

京王百草園 梅の開花状況(2014/02/22)

京王百草園のつるし雛まつりの前記事と同じ日2月22日の梅の開花状況。

京王百草園201402-1
この場所の写真はできるだけ人が入らないように撮るが、さすが梅まつり期間中は訪れる人が多い。
 
京王百草園201402-2
ホームページによるとこの日の梅は5分咲きすぎということだったが、受付のすぐそばの白梅はすでに見頃。

京王百草園201402-4
いち早く咲いた八重寒紅は見頃過ぎに。
 
京王百草園201402-3
前の週に降った雪がまだたくさん残っていて、雪国のような光景。
京王百草園201402-8
残雪に雪吊りが似合う。雪が積もることが少ない京王百草園ではなかなかこういう光景を見ることができない。

でも園内の主要な場所は除雪されていてまったく問題はない。
京王百草園201402-6
ここから見た梅の感じはまだこれから。 
この場所から後ろを振り返ると、きれいに咲いた白梅と遠景。
京王百草園201402-5
この日は筑波山は見えなかった。

京王百草園201402-14
この紅梅はギョクコウ。梅らしい花。

京王百草園201402-7
マンサク、マンサク科も咲いている。昔からある早春の風景。

日本水仙が倒れているのは大雪の影響だろうね。
京王百草園201402-13

見晴らし台からの風景に春の色が入りはじめた。
京王百草園201402-11
残雪のため、この日はこの先には行けない・・・(汗)
京王百草園201402-10
日影だし、きっとすごい量の雪が残っているんだろう。

京王百草園201402-12
どこの雪国か?というような光景。奥に見えている茶室ではつるし雛まつりが開催されている。
京王百草園201402-9
この週末は天気が今ひとつという予報になっているが、このつるし雛まつりは3月2日(日)まで。
もう梅も見頃になっているそうなので、つるし雛まつりを見るならば是非この週末に!

なお、京王百草園の梅まつりは3月16日(日)まで。

 (撮影 2014年2月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 
 

昭和記念公園(2014年1月)梅と福寿草

1月最後の日曜日の昭和記念公園。
ホームページに福寿草が咲き始めたという情報があったので行ってみた。 

 まずは、前回開花した梅を見つけることができなかった花木園梅園に向かう。
なんとか咲いている梅を見ることができたが、この日咲いているのはまだほんの少し。
昭和記念公園201401-2八重野梅
白色の八重咲き、八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201401-3えんおう
紅色の八重咲、鴛鴦(エンオウ)。

福寿草、キンポウゲ科が咲き始めた場所は花木園梅園のすぐそば。
昭和記念公園201401-4
咲いている姿を見つけることができたが、まだ数輪だけだった。

クリスマスローズ、この花もキンポゲ科。
昭和記念公園201401-5
名前に似合わず咲くのは2月から3月。この日はなんとか遠くに場所に咲いているのを見つけた。

前回はほんの少ししか咲いていなかった節分草はかなりたくさん咲いていた。
昭和記念公園201401-6
マツボックリと比べるとわかるが、小さな花。
昭和記念公園201401-7
そういえば、この節分草もキンポゲ科。クレマチス、アネモネ、ニゲラ、トリカブトなどキンポゲ科の花は虫媒花だからなのか見た目が派手な花が多いように感じる。でも、この節分草やレンゲショウマ、ニリンソウなどは可憐でおとなしいイメージの花。

節分草が咲いている近くにある花の丘。秋はコスモス、春はひなげし(シャレーポピー)で埋まる。
昭和記念公園201401-8
ただいま準備中の看板(笑)
昭和記念公園201401-9
5月頃にはこんな感じになる。(これは2012年5月に撮ったもの)
昭和記念公園201401-13

ふれあい橋南西花壇の日本水仙は見頃。
昭和記念公園201401-10

ここは緑の文化ゾーンのゆめひろば。すごく咲いている梅の木があった。
昭和記念公園201401-11
昭和記念公園の中で一番良く咲いているんじゃないかな。
昭和記念公園201401-12

同じ緑の文化ゾーンの花みどり文化センターでブルー・シクラメン「セレナーディア」が展示されていた。
昭和記念公園201401-1
日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2013でベスト・フラワーを受賞した花なんだそうだ。
さすがに、この時期に野外で咲いてる花とは違って華やかだね。
 
昭和記念公園(Vol.105)
(撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ