ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

枝垂梅

今週の高幡不動(03/10)河津桜が咲いた

春を通り越して初夏を感じるぐらい気温が上がった高幡不動尊の境内。天気がいいが、もうこの時期は冬のような澄んだ青い空ではない。
高幡不動201303-5
この日の午後はさらに空が白く霞んでしまった。黄砂の影響かと思ったら、強い風でほこりが巻き上げられて大気が霞む煙霧(えんむ)という現象なんだそうだ。

東京都心の最高気温は25.3度となり夏日となった。

この暖かさに背中を強く押されたのか、先週はまだ蕾が少しふくらんだ程度だった河津桜が咲いてた。しかもすでに5分咲きを越える咲き具合。
高幡不動201303-8

この河津桜は交通安全祈願殿の後ろ、五重塔に向かって左側にある。
高幡不動201303-9

花の蜜を吸いに来ていた鳥。ここにはよくメジロを見かけるが、これはヒヨドリかな。
高幡不動201303-4
メジロが撮りたかったなぁ(汗)

河津桜のそばに咲く黄色い花はサンシュユ、ミズキ科。高幡不動201303-10
サンシュユは葉をつける前にたくさんの小さな黄色い花を咲かせる。別名、春黄金花(はるこがねばな)とも呼ばれ、日射しを浴びると木全体が黄金色に輝いて見える。
高幡不動201303-11
桃色の河津桜と黄色のサンシュユが春の陽射しの中で共演している。私の写真の腕ではこの輝きの美しさを撮り切れないので、是非実際に行って見てほしい(笑)

毎月第2日曜日の境内ではフリーマーケットが開かれる。
高幡不動201303-6
色とりどりの草履。フリーマーケットはござれ市と違って手作りのモノが並べられていることが多い。
高幡不動201303-7
懐かしい昭和のムードミュージック。東京ナイトクラブはいまでもデュエットで歌われているのだろ。というか、この曲を1人で歌うのはかなり寂しい(涙)。

奥殿横のミツマタは満開状態。
高幡不動201303-13
ミツマタの根もとそばにはラッパスイセンが咲いている。
高幡不動201303-14
奥殿の向かい側、弘法大師像そばの紅梅。紅梅は春らしい風景をつくる。
高幡不動201303-1

大日堂前の大きな枝垂れ梅もやっと見頃になってきた。
高幡不動201303-3
大日堂大玄関前の枝垂れ梅は紅梅。こちらはまだ5分咲き程度かな。
高幡不動201303-2

毎週ずっと撮り続けている五重塔前の梅「思いのまま」も見頃になった。
高幡不動201303-12
白い花が大半を占めるが、写真の真ん中に花びらの色が桃色と白色が半分ずつの花が写っている。

この週末は一気にいろいろな花が咲いたので、この「思いのまま」など続きはまた別記事で。

今週の高幡不動Vol.257
(撮影 2013年3月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/01)河津桜が見頃

高幡不動201204-12
高幡不動尊の五重塔と河津桜。
嵐のような3月最後の土曜日が終わって翌4月1日はきれいに晴れた。もちろんこれはエープリルフールの写真ではない

高幡不動201204-1
朝からいい天気だったので、境内の参拝者も少し多め。

高幡不動201204-9
河津桜が見頃。
高幡不動201204-13
ピカピカの五重塔と青空を背景に。
高幡不動201204-10
三色団子のようにピンクの河津桜、黄色のサンシュ、赤が椿。
高幡不動201204-11
大きな椿の木の下、落ち椿がまた増えた。

大日堂玄関前の枝垂れ梅も見頃。
高幡不動201204-6
贅沢にもいま梅と桜の両方が見頃になっている。
高幡不動201204-7
大日堂前にもショウジョウバカマが咲いている。
高幡不動201204-8

ソメイヨシノの蕾はこんな感じ。次の週末にはきっと咲いているだろう。
高幡不動201204-4
根元にはこんな小さな蕾が
高幡不動201204-2
ボケの蕾ももうすぐ咲き出しそう。
高幡不動201204-5
桜も梅も木瓜(ボケ)もすべてバラ科だけど、ボケにはしっかりとしたトゲがある。

これが五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201204-14
思いのままは比較的遅咲きのようだが、高幡不動尊ではかなり早く咲く。ここは陽当たりがいい場所だから咲くのが早いのかな?

シロバナタンポポ。私が白いタンポポを毎年見ることができるのは、この高幡不動尊境内ぐらい。
高幡不動201204-3

これはこの日(4月1日)の夕景。
高幡不動201204-15
昼間の陽射しは春だったが空気は冬。夕景もちょっと冬っぽくなったみたいだ。

4月3日追記
今年2度目の松江出張がまた荒れ模様となり、早朝羽田空港に行くと出雲空港便が欠航。品川から新幹線に乗るも強風のため姫路・相生当たりでストップ。6時間かけて岡山駅到着。伯備線特急やくもがベタ遅れで21時過ぎまで岡山で足止め。結局日付が変わって夜中の1時過ぎ20時間かけて松江に到着しました。嫌われてますね、きっと(−_−;)

今週の高幡不動Vol.209
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊 大日堂前の枝垂梅

高幡不動尊の大日堂前にある枝垂梅、なかなか存在感がある

この前の「思いのまま」は、白や紅色の花を好きなように咲かせたけど、枝垂梅 (シダレウメ)は枝がしだれる性質のある梅。梅だっていろいろ、しだれたい梅だってあってもいいよね
高幡不動尊枝垂梅-大4
今回は曇りの空の写真ばかりでもなんだか枝垂梅には曇り空も似合っていたりして
というのは負け惜しみ実はこの場所、晴天だと山の日陰になる場所で単に上手く撮れなかっただけ晴天の日陰よりは曇天の方がまだまし

この枝垂梅の下には句碑がある
  如来出て掌に受け給ふ枝垂梅      山口誓子
大日堂の前だからきっと大日如来だよね。そうかこの枝垂梅、やっぱり存在感があるわけだ 
高幡不動尊枝垂梅-小2高幡不動尊枝垂梅-小1
句碑にはとてもかわいい花が供えてあって、この句碑の傍らには山口誓子分骨埋葬の地であることを示す石碑もある

高幡不動尊枝垂梅-大1
山口誓子という人、インターネットで検索してみたけど、京都生まれの俳人。ホトトギス発行所で誕生した東大俳句会に参加とあるけれど、高幡不動尊との関係はまったくわからない

でも、大日堂の前の立派な枝垂梅の下に、分骨されて句碑があるって、なんだか明治大正時代の日本文学だなぁって感じがする。文学の知識はありませんので、あくまでなんとなくですが

そういう目でこの枝垂梅を見てしまうと、お坊さんの姿ともマッチする
ちなみに、お坊さんの右側に少し写っているのが大日堂
高幡不動尊枝垂梅-大2
高幡不動尊枝垂梅-小3高幡不動尊枝垂梅-小4
大日如来が掌にとった枝垂梅だけれども、近づいてみると、花としては普通の梅の花と同じだった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ