ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

枝垂れ桜

ほのか

高幡不動尊枝垂れ桜
  D7200 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.4 高幡不動尊

高幡不動尊の枝垂れ桜。やわらかい色あいが特徴です。


今週の高幡不動尊(04/10) 花まつり

春を通り越して初夏なみの気温になったこの週末。日曜日の天気は思ったよりも今一つ。

先週に続いてどんより曇り空。雨は降らないだろうけど。
高幡不動尊201604-1

境内には花まつり(灌仏会)の花御堂が置かれていた。
高幡不動尊201604-3
花御堂には誕生仏像が置かれていて柄杓で甘茶をかけてお祝いをする。
高幡不動尊201604-4
毎年恒例、花まつりの甘茶接待。熱々の甘茶がいただける。
高幡不動尊201604-10
この甘茶は砂糖ではない甘さに、少しハッカのようなスゥーっとする感じがするお茶。
ちなみに、この甘茶接待はこの日(10日)まで。

仁王門横の枝垂れ桜が見頃になっていた。
高幡不動尊201604-2
曇り空で色が映えず、ちょっと残念。
 高幡不動尊201604-9

五重塔周りの枝垂れ桜も見頃。
高幡不動尊201604-8
この日は毎月第二日曜日でフリーマーケット開催中。
高幡不動尊201604-11
回りの緑もだんだん深まってきて、枝垂れ桜のピンク色が映える、晴れていたら・・・(汗)
高幡不動尊201604-14

山内のお地蔵さん。黄色い花はヤマブキ、バラ科。
高幡不動尊201604-5
下は八重咲きのヤマブキ。八重山吹というらしい。
高幡不動尊201604-7
八重咲きの方が色が濃い感じ。
高幡不動尊201604-6

こちらは大日堂大玄関前のボケ、バラ科の様子。
高幡不動尊201604-12
たくさん咲いて、しかも白色、ピンク色、赤色の花が乱れ咲き状態。
高幡不動尊201604-13
枝垂れ桜、山吹、八重山吹、木瓜、今回の花はすべてバラ科。


今週の高幡不動Vol.392
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動尊(04/03) ソメイヨシノ満開

桜の咲き具合としては絶好の花見のタイミングとなった週末。
肝心の空模様はいつ雨が降ってもおかしくないぐらいの曇り空。
さらに土曜日はまた冬に戻ったような肌寒さ、日曜日は朝方まで雨が降るという悪条件。

参拝者も少なく静かな高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201604-1
入り口の仁王門横の枝垂れ桜が少し咲き始めた。
高幡不動尊201604-12
この枝垂れ桜が満開になってくれると境内が明るくなる。でももう少し先かな。

一番たくさんソメイヨシノがある奥殿付近の様子。高幡不動尊201604-2
鉢上の花やユリの球根を売っている露店の親父さんは、人が少ないと嘆いていた。

人間のお花見事情なんか関係なくソメイヨシノは満開(笑)
高幡不動尊201604-3
青空の時に撮りたかった・・・河津桜の時も同じことを書いたような気がする。
高幡不動尊201604-4
今年の桜はタイミングに恵まれない年になってしまった。 

苔むした幹と満開の花。
高幡不動尊201604-5
 
せっかくソメイヨシノが見頃になっているというのに人もまばら。
高幡不動尊201604-6
 
これは大日堂大玄関前の大きなボケの花。朝降った雨が雫になっている。
高幡不動尊201604-7
こういうのを見ると撮らずにいられないんだけど、天気も悪くていまひとつ。

土方歳三像付近のソメイヨシノも見頃。
高幡不動尊201604-14
先週は咲き始めだった枝も、もう見頃になっている。
高幡不動尊201604-9
いい男は桜の花が似合うね。
高幡不動尊201604-13

高幡不動尊の桜は境内だけでなく駐車場の周りもすごくきれい。
高幡不動尊201604-8
上の写真は山側から撮ったもの、下の写真は駐車場側から撮ったもの。
高幡不動尊201604-11
白い花は山の中で咲くモクレンかコブシだろうね。
高幡不動尊201604-10
最後の2枚の写真が上の方の写真と色合いが違うのはホワイトバランスを変えたから。
晴れの日はいいとしても、こういう曇の日はホワイトバランスで印象が変わってくるから
ホワイトバランスの選択に迷うね。全部JPEG+RAWで撮っておけばいいだけの話なんだけど(汗)

次の週末までこの状態を保ってほしいなぁ。

今週の高幡不動Vol.391
(撮影 2016年4月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(04/18)境内の花々

相変わらず天気が安定しない日々が続く東京多摩地区。
それでも18日(土)は午前中はいい天気になった。
高幡不動尊201504-2
 この時期は晴れると爽やかで気持ち良い。

シロバナタンポポ。
高幡不動尊201504-4
 撮ったあとで、なんかもっといい撮り方はなかったものかと反省(汗)

セイヨウジュウニヒトエ、シソ科。
高幡不動尊201504-3
 園芸品種としてはアジュガと呼ばれているそうだ。

ベニバナトキワマンサク、マンサク科。
高幡不動尊201504-5
ピラピラした花びらのマンサクの仲間。 

ハナミズキ、ミズキ科。
高幡不動尊201504-6
爽やかな晴れの日には木全体が輝いて見えるね。 

八重咲きのヤマブキ、バラ科。
高幡不動尊201504-7

シジミソウだと思う・・・
高幡不動尊201504-8
ユキヤナギに似ているけど、花が少し大きい。

枝垂れ桜は花期が長くてまだ楽しめる。いい天気の日に見ると、一段ときれいに見える。
高幡不動尊201504-9

アヤメ、アヤメ科。
高幡不動尊201504-1
もうアヤメの季節。なんだか早いなぁ(笑) 

 今週の高幡不動Vol.351
(撮影 2015年4月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(04/12)枝垂れ桜

4月ってこんなに天気が悪かったっけ?と思うぐらい曇りや雨の日が続いている東京多摩地区。

日曜日はそこそこいい天気になった。
 高幡不動尊201504-2
上の写真を撮っている場所から仁王門の方を振り返ると、枝垂れ桜が満開。
高幡不動尊201504-1


五重塔回りの枝垂れ桜もきれいに咲いている。
高幡不動尊201504-3
 
この日はフリーマーケットの日。枝垂れ桜ごしに見るフリマ。
高幡不動尊201504-9
 枝垂れ桜って花がすごく密集して咲くんだね。
高幡不動尊201504-10
 
 大日堂、大玄関前のボケの木。
高幡不動尊201504-5
 なんだかよくわからないぐらいたくさん花が咲いている。
高幡不動尊201504-6
最初はもっと白い花がたくさんあったんだけど、だんだん色が桃色に変化している。

ハナカイドウ、バラ科。
高幡不動尊201504-4
 桜と並んで春を代表する花。桜ほど目立たないけど花としてはなかなかきれい。

小さいけど、こちらも春を代表する花、スミレ。
高幡不動尊201504-7

 
なんとなく初夏のイメージがあるけど早くも咲き始めたシャガ、アヤメ科。
高幡不動尊201504-8
 群生して咲く花。

高幡不動尊201504-11

1週間しか経っていないのに、山の色が桜やコブシの花の色から新緑の色に変わりつつある。
 
 今週の高幡不動Vol.350
(撮影 2015年4月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(04/04)花御堂

お花見ができる最後のチャンスとなる週末、でも土・日曜日とも冷たい風が吹くどんより曇り空。

参拝の人もまばらな境内。
高幡不動尊201504-2
不動堂の前に、誕生時の釈迦の立像を安置する花で飾った小さい堂、花御堂が置かれていた。

高幡不動尊201504-3
そう4月8日は花まつり。横の説明書きには以下のように書かれていた。
『およそ2500年前の4月8日、お釈迦さまの誕生を祝って空より竜王が甘露の香水を潅ぎかけ、諸天神が美しい花々を散らしたという言い伝えから花御堂に釈迦誕生仏をまつり甘茶をかけて誕生をお祝いするのです。』
高幡不動尊201504-4

以前から花まつりの時期には宝輪閣前では甘茶が飲めるようになっている。
高幡不動尊201504-5
これも横の説明書きには以下のように書かれていた。
『アマチャ(ヤマアジサイの変種)又はアマチャズル(ウリ科の多年草で蔓性)の葉を乾燥させて煎じ出した飲み物。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に甘露になぞられ釈迦像の頭に注ぎ又飲む風習がある。』 

飲んだ感じは、最初はハッカのようなスーッとしたノド越しで、ほのかな甘味のあるお茶。 


毎年見事な姿をみせてくれる、仁王門横の枝垂れ桜はまだ5分咲き程度。
高幡不動尊201504-6
いまは工事の足場に周りを囲まれてしまっている。

高幡不動尊201504-8
鐘楼から奥殿方向を見下ろすと、まだソメイヨシノが満開に見えるけど、数日前からの強風で散り始めている。
高幡不動尊201504-12
散った花びらもきれいだけど、ずっと宙に浮いている花びらが・・・
高幡不動尊201504-10
くもの巣にひっかかった桜の花びらだった(笑)

高幡不動尊201504-7
桜の花びらの間でスミレもたくさん咲き始めている。

昨年初めて見つけた高幡不動尊の水芭蕉、サトイモ科。
高幡不動尊201504-9
尾瀬に行かなくても水芭蕉が撮れるよ。
空之介にも水芭蕉を見せたが、感想は特にないようだ(笑) 
高幡不動尊201504-11

この日は高幡不動尊に来る前に、近所の多摩川河川敷で花見。
空之介と花見
ここはいつも草の上にシートをひいてお花見する場所だったのに、
いつのまにかアスファルトの歩道とベンチが整備されていた。

久しぶりにたくさんお出かけして疲れた空之介。
空之介
冬の間は毎晩一緒に寝ていたが、このところだんだん暖かくなって、
あまり布団の中に入ってきてくれなくなってしまった。ちょっと寂しい(汗)。

 今週の高幡不動Vol.349
(撮影 2015年4月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

枝垂れ桜

枝垂れ桜
      K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.4  高幡不動尊

枝垂れ桜は1本の枝だけでも風情がありますね。

 

今週の高幡不動(4/20)最後は八重桜

やっと春を実感できたと思ったのに、また3月に戻ったような肌寒い気温の東京多摩地区。

それでも季節は着実に進んで、境内横の枝垂れ桜は花よりも葉が目立つようになってきた。 
高幡不動201404-9
 葉が出ても風情はそのままの枝垂れ桜。
高幡不動201404-2

 第3日曜日恒例のござれ市が少し肌寒い中、開催されていた。高幡不動201404-10
五重塔の回りはもう新緑の季節を思わせるような緑。
高幡不動201404-4
 
五重塔の回りの枝垂れ桜も花びらが散ってスカスカになってきている。
高幡不動201404-13
境内に落ちている花びらもソメイヨシノの花びらから枝垂れ桜の花びらに変わった?高幡不動201404-3
もちろん、花びらを見て桜の品種を言い当てるほど知識はない(笑)
高幡不動201404-14
桜は花びらでさえも染み染みと見てしまう。

ユキヤナギかと思って近寄って見ると、花の大きさや付き方がちょっと違う。
高幡不動201404-11
これはシジミバナ(蜆花)、バラ科。花をシジミの中身に見立てた名前。確かに見えなくもない(汗)
高幡不動201404-12
ユキヤナギの八重咲き版にも見える。

境内で見頃になっている桜も枝垂れ桜から八重桜に変わってきた。
高幡不動201404-6
ただでさえ密集して花をつける桜だけど、八重咲きだと団子のようだ。
そこに少し茶色がかった葉っぱがつくと桜餅の完成
高幡不動201404-7
この日一番きれいに咲いていた八重桜は駐車場の端っこ(笑)
ハナミズキもいますごくきれいで、太陽の光で輝いて見える。
高幡不動201404-8
写真の白い花がハナミズキ、桃色が八重桜。

弁天池で咲いているシャクナゲ(石楠花)、ツツジ科。
高幡不動201404-5
そろそろ4月も後半、境内を飾る花もサクラからツツジに移りつつある。

今週の高幡不動Vol.312
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動(4/13)枝垂れ桜が満開

4月第2週目の週末。東京多摩地区もやっと暖かな日が続いて春になったことが確信できるようになった。

1週間前に咲き始めていた仁王門すぐ横の枝垂れ桜がもう満開。
高幡不動201404-1
枝垂れ桜の中から見た不動堂。
高幡不動201404-2
この枝垂れ桜は午前中は仁王門の影、お昼を過ぎる頃から日が当たってきれいに見える。
高幡不動201404-8

高幡不動尊境内の枝垂れ桜は五重塔周辺に多い。

高幡不動201404-6

高幡不動201404-9
上写真の枝垂れ桜を五重塔側から見たところが下写真。
高幡不動201404-7
この枝垂れ桜は花がない枝の部分が長い。

1週間前はまだ見頃だったソメイヨシノは散ってしまっている。先週の様子はココ
高幡不動201404-5
散ったサクラの花びらが境内にたくさん落ちている。
高幡不動201404-4

スミレの花のそばにも。
高幡不動201404-3

 駐車場の裏山はサクラが散って緑色が増えてきた。
高幡不動201404-10
先週の 春色に染まった風景(ココ)もいいが、新緑に染まる前のこの状態もなかなかいい。

  今週の高幡不動Vol.311
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    


今週の高幡不動(4/6)ソメイヨシノが満開

4月最初の週末は、冬に逆戻りしたような気温といまひとつ安定しない天気となった東京多摩地区。

仁王門から入ってすぐ右側にある枝垂れ桜が少し咲き始めていた。
高幡不動201404-2
この枝垂れ桜は午前中は日陰になるので、きれいに見るならば午後から夕方に見るのがお勧め。

この日は午前中は晴れ間が出るが午後からは雷雨や強風が吹くという予報。
高幡不動201404-3
4月8日の花まつり(灌仏会)を前に、境内には花御堂が置かれている。
高幡不動201404-4
中央には「天上天下唯我独尊」の言葉で知られる誕生した時の姿のお釈迦様(釈迦誕生仏)。
高幡不動201404-5
この釈迦誕生仏に柄杓で甘茶をかけて誕生をお祝いする行事が花まつり。
高幡不動201404-6
この時期だけ甘茶を飲むことができる。ちょっとハッカのようにスーっとする感じで自然の甘さがするお茶。

先週から咲き始めていた高幡不動尊の桜(ソメイヨシノ)は満開になっていた。
 高幡不動201404-8
奥殿の屋根と桜は相性がいい。
高幡不動201404-10
少し高いところにある鐘楼から眺めたところ。

高幡不動201404-7
大日堂前の山門が改修中でブルーシートに覆われているのが残念。
高幡不動201404-9
大日堂前のソメイヨシノ。少し散り始めている。

 高幡不動201404-12
五重塔の周りはまだ咲き始めの枝垂れ桜が多く、今一番きれいなのは駐車場付近。
高幡不動201404-1
上の写真の駐車場左側に何本かソメイヨシノが咲いているが、
下の写真はこのソメイヨシノを反対側から眺めてみたところ。
高幡不動201404-11
ここだけ見ると、どこかの桜で有名なお寺の一角にも見える(笑)。

高幡不動201404-13
この場所からの眺めがこの時期のお気に入り。ソメイヨシノだけでなく山桜やハクモクレンなどが
咲いて賑やかな春の山らしい光景になっている。
 
次の週末はソメイヨシノが終わって、枝垂れ桜や八重桜が主役になっているかな。

  今週の高幡不動Vol.310
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(04/14)緑青は毒ではなかった・・・

4月に入ってから気温が低い日が続いていた東京多摩地区。久しぶりに20℃を越えた日曜日。
高幡不動201304-2
 
 入り口の仁王門横の枝垂れ桜は葉っぱがたくさん出てきている。
高幡不動201304-12
葉が出て来た枝垂れ桜は花がなければ柳のようだ。
高幡不動201304-11

ベニバナトキワマンサク、マンサク科。マンサクの紅花版っところ。
高幡不動201304-4
後ろの黄色いのは何だろう?
高幡不動201304-5

ハナミズキ、ミズキ科。これから街路樹のハナミズキが輝く時期だ。
高幡不動201304-3

藤棚のフジが少し咲き始めた。
高幡不動201304-6

弁天池まわりのシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動201304-10
これはカキツバタかな。
高幡不動201304-9
「いずれあやめかかきつばた」って毎年言っているよ(汗)

春季大祭のことが掲示されている。爽やかで気持ちのいい季節になる。
高幡不動201304-1
そろそろ新緑の季節だよねと思ったら、ちょっと緑ではない色が交じっている。
高幡不動201304-8
その原因はこれ、モミジの花。小さいけどすごい数。
高幡不動201304-7

先週は境内のそこら中でこんな感じにサクラの花びらが積もっていたが、今週はほとんどきれいに掃除されていた。
高幡不動201304-13
ここは大師堂前の古い手水場。
高幡不動201304-14
屋根の緑青がいい感じの雰囲気を作っている。
高幡不動201304-15
何度も訪れいている高幡不動尊にまだあまり見ていない風景があった。

ところで緑青(ろくしょう)って子どもの頃から猛毒だって聞いていたけど、実は特筆すべき毒はないそうだ。ということを今日初めて知った(汗)。
確かに、緑青って生活の中でわりと良く見かけるから、これが本当に猛毒だったら、もっと被害のニュースが出ているはずだよね。

今週の高幡不動Vol.262
(撮影 2013年4月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/30)ミズバショウの花が咲いていた

3月最後の週末。小雨が降り気温は10℃にも満たない冬のような日。
高幡不動201303-2

せっかく桜が見頃になった週末なのにほとんど誰もいない。なんだかもったいないね。
高幡不動201303-3
こういう、しっとりとした雰囲気の桜もいい。
高幡不動201303-6
土方さんは桜を独り占め。
高幡不動201303-11

仁王門すぐ横の枝垂れ桜は咲き始め。
高幡不動201303-1

五重塔横の枝垂れ桜はかなり咲いてきた。5分咲ぐらいかな。
高幡不動201303-10
枝垂れ桜の背景は濡れた境内。こういうのもいいかも。

これは4月8日花まつり(灌仏会)の準備だね。
高幡不動201303-12
甘茶接待は4月1日(月)〜8日(月)までだそうだ。

まだ花まつり前だというのに、すでに散り始めた桜の花びらが椿と一緒に・・・
高幡不動201303-7

大日堂大玄関前のボケの花。
高幡不動201303-4
大玄関横で咲き始めたハナカイドウ(花海棠)、バラ科。
高幡不動201303-5

毎週のように散歩で高幡不動尊を訪れるようになって約5年。今週の高幡不動尊Vol.260で大きな発見をする。それはミズバショウが咲いているのを見つけたこと。
高幡不動201303-8
高幡不動尊でミズバショウが咲いているなんて。ミズバショウって雪解けのきれいな冷たい水で育つ高山植物というイメージなんだけど。
高幡不動201303-9
いつか尾瀬に行ってミズバショウを見たいと思っていたが、こんな近くて見られたなんてね。

場所は、先日紹介した河津桜のすぐそば。あじさいの季節には人がたくさん訪れる「四季の道」の入り口にある小さな池。春は河津桜、夏はあじさいやユキノシタ、秋から冬は山茶花が咲いていてそちらに目が行ってしまって、いままで全然気がつかなかった。

しかし高幡不動尊恐るべしって感じだ。

今週の高幡不動Vol.260
(撮影 2013年3月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/15)枝垂れ桜が咲くござれ市

高幡不動尊201204-14
高幡不動尊で桜と言えばソメイヨシノよりも枝垂れ桜だろう。
高幡不動尊201204-5
数はそれほど多くはないが五重塔回りで見頃になっている。
高幡不動尊201204-11

最近の土曜日は当たり前になりつつある雨模様。でも翌日曜日はいい天気になった。
高幡不動尊201204-1
先週はなかった「金剛寺不動堂 保存修理工事」の看板。工期はなんと11月30日、長い。秋のメインイベントである菊まつりも紅葉まつりもこの姿が迎えなければならない。

現在の屋根の上を覆うように屋根を作った感じ。
高幡不動尊201204-9
不動堂の後ろ側はもう完成していて、残るは正面側の2/3。
高幡不動尊201204-12

高幡不動尊で第三日曜日といえば恒例のござれ市。この日は枝垂れ桜が咲く中、春らしい天気になって人手も少し多かったが、工事の影響もあってか出店数がちょっと少なめだったかも。
高幡不動尊201204-10
枝垂れ桜の簾ごしに見るござれ市。
高幡不動尊201204-6
並べてある骨董品にもサクラの花びらが舞い落ちて春らしい光景。
高幡不動尊201204-4
この電球の部品を使った醤油差しはなかなかいい。高幡不動尊201204-3
招き猫よりも、ちょっとおどけた感じのふくろうの方に目が行った。
高幡不動尊201204-7
将棋好きにはいい置物かな。「馬」の後ろは「角」が彫られているのかと期待して裏を見ると・・・
高幡不動尊201204-8
残念、なにも彫られていなかった。

不動門から境内に入ってすぐ右側の枝垂れ桜が人気。記念撮影を撮っている人がたくさん。
高幡不動尊201204-13
近寄ってみると、八重咲きの花がすごくきれい。蕾もあるのでまだ満開ではないようだ。
高幡不動尊201204-2
枝垂れ桜の裏側に入って境内の方を見てみる。
高幡不動尊201204-16
回りを枝垂れ桜に囲まれて、なんだかサクラのカーテンの中から外を覗いているイメージ
 
今週の高幡不動Vol.211
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/08)花祭りとさくらの様子

高幡不動201204-12
この週末、高幡不動尊のソメイヨシノがきれいに咲いていた。

4月7日(土)、参道からお不動さんを見ると大きなクレーンが見えた。
高幡不動201204-1
境内のいつもの場所から見ると、不動堂前も立ち入り禁止になっている部分がある。
高幡不動201204-2
先週はなかったような大きな部材を屋根の上に運んでいる。
いまの屋根の上にさらに屋根を作っておいて補修作業をするのだろうか。
高幡不動201204-3

翌4月8日は花まつり、お釈迦様の誕生を祝う日。不動堂の前には花御堂(はなみどう)が準備されていた。
高幡不動201204-5
この花御堂は花で飾った小さなお堂で誕生時のお釈迦様の立像(誕生仏)が安置されている。花御堂はお釈迦様が生まれたところルンビニ(現ネパール南部)の花園を表しているそうだ。
高幡不動201204-4
お釈迦様は生まれた直後に周囲を見渡し七歩歩き、右手を天に左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言ったと伝えられている。その時の姿をあらわしたのがこの誕生仏。

以下は翌日(4月8日)の花まつり法要、灌仏会(かんぶつえ)法要の様子。
高幡不動201204-6
長くお参りしているけど、高幡不動尊でこの行事は見るのは初めて。
高幡不動201204-8

さすがにこの日はクレーン車と立ち入り禁止区域はなかった。
高幡不動201204-7
法要が終わったあとのお参りの人の列。花御堂で柄杓で誕生仏に甘茶をかけて祝う。
高幡不動201204-13
甘茶を濯(そそ)ぐ行事なの灌仏会というそうだ。甘茶というと砂糖が入ったお茶のように思うが、アマチャやアマジャヅルを煎じたもの。

境内のソメイヨシノは見頃になっている。これは奥殿の横。
高幡不動201204-9
いい天気だけど気温は低く、冷たい風が吹いていて、じっとしていると寒く感じる。
高幡不動201204-10
上が大日堂前の山門から奥殿と五重塔方向を見たところ。下が入り口の駐車場付近。
高幡不動201204-15
この日の高幡不動尊の桜の開花状況。駐車場や奥殿から大日堂にかけてのソメイヨシノは見頃になっているが、山の上と向こう側の山桜や五重塔回りの枝垂れ桜(下写真)はまだ咲き始めから3分咲き程度。
高幡不動201204-14
不動門横の大きな枝垂れ桜のつぼみはまだこんな感じ。
高幡不動201204-11
この枝垂れ桜が咲くと境内がパッっと明るくなる。
高幡不動尊ではまだ当分の間いろいろな桜が楽しめそうだ

今週の高幡不動Vol.210
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/17)枝垂れ桜が見頃

この週末、土曜日は25℃を越える初夏のような陽気、日曜日は気温は平年並みに戻ったものの気持ちの良い晴天だった。
高幡不動尊201104-6

以前最初の写真にしていた場所から見た境内入り口の枝垂れ桜の様子。
高幡不動尊201104-5

しっかり咲いている。花の密集度がなんだかすごい
高幡不動尊201104-3
全体的にはこんな感じの枝垂れ桜、背後はこのブログではあまり写真が出てこない仁王門。
高幡不動尊201104-13
この場所は午前中は日陰になるので以下は夕方の写真。
高幡不動尊201104-1

五重塔回りに何本かある枝垂れ桜も見頃になっている。
高幡不動尊201104-4

五重塔からござれ市の様子を見ると、しっかり咲いた枝垂れ桜の花すだれが邪魔をしてよく見えないぐらい。
高幡不動尊201104-11

高幡不動尊はソメイヨシノよりも枝垂れ桜の方が多いかもしれない。
高幡不動尊201104-15
この逆光気味の枝垂れ桜は反対側から見ると・・・
高幡不動尊201104-14
背景に不動堂があって寺社らしい景色を作り出している。

わずか1週間前のフリーマーケットは満開の桜の下だったけど、今週のござれ市はもう葉桜の下、ソメイヨシノは花期が短いね
高幡不動尊201104-7

大日堂の前のボケの木もしっかり咲いている。この花はもう少しの間楽しめそうだ。
高幡不動尊201104-8

ボケの木の向かいには小さいけどハナカイドウ(花海棠)。ハナカイドウは桜と同じバラ科、桜ほど派手ではないけど、色あいがとてもかわいい花
高幡不動尊201104-9

花海棠の場所から横を見るとドウダンツツジ。
高幡不動尊201104-10
ドウダンツツジは名前の通りツツジ科なんだけど、この時期すごくきれいな花を咲かせるミツバツツジやサツキとは違って、小さくて質素な釣り鐘の花。
ドウダンツツジは秋の紅葉でも楽しませてくれるから、1粒で2度美味しいグリコのような花

高幡不動尊201104-12
駐車場からの景色も桜の賑わいが終わって、新緑の準備に入った感じ

今週の高幡不動Vol.165
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ