ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

本栖湖キャンプ場

本栖湖キャンプ場

富士五湖の1つ、本栖湖の湖畔にある本栖湖キャンプ場。
我が家でキャンプに行くと言えばほぼこのキャンプ場。
本栖湖キャンプ場201508-9

キャンプサイトはどこにテントを張っても自由なフリーサイト。直火もOKでとにかく
自由度が高い。

さらに、出入り口に柵などもなく、いつでもキャンプ場に入ることが可能なのが
一番のお気に入り。夜中に到着してもいいので、夜に自宅を出発すれば中央高速の
渋滞を回避できる。
本栖湖キャンプ場201508-1
前回のキャンプは2013年11月だったので、約2年ぶり。キャンプ場が全然
変っていなかったのが少しうれしい。

テントやタープの張り方をなんとかギリギリ覚えている感じなので、最低2年に1度は
キャンプをしないとセッティングを忘れてしまうかも(笑)

一応、テントとタープを連結したんだけど、このセットでは最近のゲリラ豪雨に
耐えられるようなしっかりとした連結にはならない。

前回のキャンプは、この空之介の初キャンプだったので、空之介にとって2回目のキャンプ。
本栖湖キャンプ場201508-3
今回は空之介のお守り役の娘が来なかったので、どうなることかと少し心配したが、
どこかに逃げていくようなことはなく、タープやテントの中や回りをウロウロと歩き回っていた。
本栖湖201508-12
あれ?どこに行った?と思って探すとこんな感じ。
本栖湖201508-11

そばに近づく男性がいるとちょっと警戒して唸ることもあるが、近づくのが女性の
場合は、うれしそうに自分から近寄って行く。
 本栖湖キャンプ場201508-2
ドッグランに行ってもそうなんだけど、犬よりも女の人が大好きな空之介

この日はどこかの犬愛好家の集団がイベントをやっていたようで、それを目当てに
した、臨時の露店がいくつか出ていた。
本栖湖キャンプ場201508-7
キャンプ場でトリミングサロンなんてすごいなぁ。
本栖湖キャンプ場201508-8
この露店も、イベントが終わるといつの間にか居なくなっていた。

管理棟前ではヤマユリがきれいに咲いていた。
本栖湖キャンプ場201508-4
奥に見えるのは売店、板氷やアイスクリーム・酒類・パン・お菓子、薪などを売っている。
最近は直火がダメなキャンプ場もあるので、ここで薪を買って、焚き火をすることを楽しみに
このキャンプ場に来る人も多いだろうね。

これだけたくさん咲いているとすごくいい香りがあたりに漂う。
本栖湖キャンプ場201508-6
アジサイがちょうど見頃の感じだった。
本栖湖キャンプ場201508-5

湖畔で水遊びをして、道の駅あさぎり・あさぎりフードパークへ行ったあとは
特に何もすることがないので、夕方のまだ明るい時間から、のんびり炭火を
つけて炎を見て過ごす。
本栖湖キャンプ場201508-10
何もせずにこうしている時間がキャンプらしくていい。
本栖湖キャンプ場201508-11

少し遅いおやつとして、焼きトウモロコシ。そしてビール。
本栖湖キャンプ場201508-12
黒焦げになっているのはトウモロコシの皮。こうやって皮付きで焼いたほうが
蒸し焼きになって美味しく焼ける。

ボーっとしているうちにあたりが暗くなる。
本栖湖キャンプ場201508-13
ランタンの灯りがアウトドアらしくていいんだよね。

昔の本栖湖キャンプ場のホームページは1枚だけの質素なページだったが、
数年前にちゃんとしたホームページになったー>ここ
さらにFaceBookでも情報発信をしている。イマドキだね。

今度はいつこの本栖湖キャンプ場に来ることができるだろうか。
できれば来年の夏か秋には・・・
 

本栖湖キャンプ

本栖湖キャンプ場
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 本栖湖キャンプ場

この週末、2年ぶりに本栖湖キャンプ場に行ってきました。

空之介は自由に歩き回れて楽しそうでした。
 

晩秋の本栖湖キャンプ場(2013年11月)

11月最初の週末に久しぶりの本栖湖キャンプ場。
本栖湖キャンプ場201311-13
前回の本栖湖キャンプはいつだったのか、まったく覚えていないぐらい前。調べて見たら前回は2010年5月、3年半ぶり。

今回は初めてのワンワンキャンプ。空之介が一緒。
本栖湖キャンプ場201311-3
「そら、ハウス!」というと、普段ゲージの中にあるこの茶色のハウスの中に自分で入る。放っておくとまた出てくるけどね(笑)
そらハウス
夜はリードを外してテントの中で自由にさせたら、夜中に突然、顔をペロペロ
舐めてきたり、シュラフの横にゴソゴソ寄り添ってきたり、なかなか楽しかった。
そらテント

上は管理棟、ここで受付。4人家族が1泊してわずか3500円。
本栖湖キャンプ場201311-11
下が売店、アイスクリーム、お菓子、調味料のほかに炊事用の細めの薪と焚き火用の太めの薪なんかも売っている。
本栖湖キャンプ場201311-12
営業期間は4月1日から11月30日。売店の奥に有料温水シャワーなどがあるみたいだけど、我が家は1度も使ったことがない。

松林が広がるテントサイトは区画なしの自由サイト。真ん中の奥に見えるのがトイレ。このトイレは設備は少し古い(もちろん水洗)けど、いつもきれいに清掃されているのがありがたい。
本栖湖キャンプ場201311-8
3年半ぶりに訪れたがまったく変わらない。特に何もないサイトなので変わりようがないのかも(笑)。
変わったといえば、本栖湖キャンプ場にちゃんとしたホームページが出来たことかな。

区画なしのフリーサイトとはいうものの、自然のままだけあって傾斜はあるし木の根や石もあってテントが張れる場所、車が入れる場所は限られる。
そんな中でここはシーズン中はいつも誰かが張っていてなかなかとれない、トイレと洗い場の間にあるベストなポジション。 
本栖湖キャンプ場201311-1
 久しぶりにテントとタープの連結。連結部分は緩いけど、タープの中で鍋をしていると暑いぐらいになるし、朝もテントの前にタープがあるから、そこでコンロでお湯でも沸かせばすぐに暖かくなる。
本栖湖キャンプ場201311-2
写真を見ればわかるが11月ともなるとガラガラ。金曜日の夜中に到着した時は、この広い松林に我が家だけ。
夜
一番上写真のキャンプ場の看板のあたりには大きな鹿が2頭座っていたり、遠くて何かの遠吠えが聞こえたりでちょっと不気味だった。

本栖湖キャンプ場201311-9
これ全部我が家のモノ。テントやシュラフを干す場所も回りにまったく遠慮することなく使い放題!
パノラマ
上はiPhoneで撮ったキャンプサイト周辺のパノラマ写真。

朝の冷え込みはそれなりに寒かったが、我が家の装備でもまだまだ大丈夫な感じ。
新登場のカセットコンロをつかったストーブ。あまり使う必要がなかった。
カセットコンロ
空之介が地面を走り回って足の裏が汚れるのを避けるため、今回初めてタープの中にシートやマットをひいて靴を脱いであがるようにしたが、なかなかいい感じだった。

鍋
寒いキャンプ場の夜は鍋がメイン。そして翌朝はそれをおじやにして食べる。

これは猛烈に嫌がる空之介についた、くっつき虫(たぶんセンダングサの種)を2人で押えながら取っているところ。決してイジメではない(笑)
そら
トリミングに出すタイミングがなく、毛むくじゃらだったので、たくさんくっつき虫がついた。もう草なんて枯れてほとんどないんだけど、種を運んでもらうための仕組みはしっかり生きている。
飼ってよくわかったが、トイプードルは毛がほとんど抜けないかわりに、どんどん伸びて毛むくじゃらになる。夏に何度か私がバリカンで刈ったが見事にトラ刈りの空之助になった。やはりトリミングが必須。

キャンプ場を出て本栖湖湖畔に入るところにある大きな無料駐車場へ。これは11月2日(土)昼頃の様子。
本栖湖キャンプ場201311-4
天気が良ければ正面に富士山が写るはずなのに・・・

同じ位置から反対側、下部温泉に向かうトンネルの方向。時々薄日が差すのに、富士山の前の雲はとれない。
本栖湖キャンプ場201311-7
落ち葉のジュウタンが広がる場所、なぜかこの時期にアジサイが。
本栖湖キャンプ場201311-6
駐車場にある有料公衆トイレの屋根、年季が入ってきている。
本栖湖キャンプ場201311-5
この日はこのあと、道の駅「朝霧高原」とあさぎりフードパークでお昼を食べたあと、日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」に行ったが、それはまた別に。

そして下は翌日3日(日)の昼頃。この日は曇り空ながら富士山の姿が見えた。
本栖湖キャンプ場201311-14
 この山頂の笠雲は、河口湖で富士山を撮った時に留まったまま・・・
本栖湖キャンプ場201311-15
いつもここで写真を撮ると思うのが、電柱・電線が邪魔。でもちゃんと富士山を見ることができてよかった。

久しぶりの本栖湖キャンプ場の記事でちょっと長くなってしまった(汗)

(撮影 2013年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

 

本栖湖でキャンプ、そして帰りは大渋滞・・・

ゴールデンウィークの特に後半は道路が混雑するので、キャンプに出かけるのはできるだけ前半に計画するが、今回は悪天候で延期したため、5月2日・3日となってしまった
本栖湖キャンプ場200905-8
本栖湖キャンプ場入り口の看板、とてもわかりやすい。このキャンプ場のツツジはこれから見頃になるという感じだった

この本栖湖キャンプ場は林間サイトが中心の、とても広い敷地のキャンプ場で、区画も区切らず自然のままのフリーなサイトがいいところ
キャンプ場内は、ほとんどどこでも自由に車で乗り入れできるでも車高の低い車が木の根っこや岩で車床をこすっているのをよく見かけるので、自ずと入れる場所は決まってくる

(下写真左)キャンプ場入り口付近の湖畔に近い場所は大きな広場が広がっていて、明るい場所が好きな人、湖畔でカヌーやウインドサーフィンをする人はこのあたりにテントをはることが多い
本栖湖キャンプ場200905-5本栖湖キャンプ場200905-1
(上写真右)木陰で落ち着いて静かにすごせる林間のサイト。いつもすいているこのキャンプ場も、さすがにゴールデンウィークとお盆だけはかなりの数のテントがはられている。それでも、この時期のキャンプ場としては、かなり広々としているけどね

レトロな雰囲気の車をキャンプ用に改造している車を見つけた、なんだかとってもいい感じ
本栖湖キャンプ場200905-9
こげ茶色の車体が落ち着いた感じで、緑のなかで自然に溶けこんでいた

いつもながらの我が家のテントサイト。今回は友人家族が一緒なので、スクリーンタープとドームテントは連結はせずにバラバラに設営。
本栖湖キャンプ場200905-2本栖湖キャンプ場200905-4
林間サイトだと、こうやって木を使ってハンモックで遊んだりできる。5月の爽やかな晴天の中でハンモックに揺られながらビールでも飲もうと予定していたが、思った以上に寒く、時折冷たい風が強く吹くため、ハンモックでのビールは断念した、残念

夜はここの売店で買ってきたマキでたき火。(下写真左)左側の束は焚き付け用の小枝と小さめのマキ、右側の束はキャンプファイヤーができるような大きめのマキ。
本栖湖キャンプ場200905-3本栖湖キャンプ場200905-6
子ども達と一緒に、新聞紙を棒状に丸めて焚き付けにして、小枝から順番に火をつけて行く。昨年の夏にも同じようにたき火をやったので、子ども達がだいたいの手順を覚えていたのがうれしい

燃えさかるたき火の炎をボーッと眺めていると時間が経つのを忘れてしまう
本栖湖キャンプ場200905-7
キャンプは食事が楽しみの1つなので、いつもお好み焼きや鍋などいろいろなメニューを考える。でも今回のキャンプは友人と相談した結果、初心に戻って普通に肉を焼くバーベキューにしたので、特に写真はなし

今回のキャンプで最大の話題は例年にない大渋滞

我が家は5月3日の午後に本栖湖を出て中央道の河口湖ICを目指した。休日のこの時間帯に河口湖方面が渋滞するのは覚悟の上で出たんだけど、お盆の一番混む時期よりもさらに大渋滞

しかも反対車線(河口湖から本栖湖を経て朝霧高原に向かう方向)が本栖湖から西湖ぐらいまでびっちり渋滞しているのを初めて見た
きっといまが見頃の富士芝桜まつりの会場入り口あたりがネックになっているんだろうけど、この時間帯で西湖あたりからずっと渋滞に並んでいたら、芝桜を見るのは夜になってしまいそう

さらに高速に入っても中央道下りは、休日午後には恒例となっている都県境の小仏トンネルからの渋滞、すでにここに来るまで本栖湖を出てから3時間近くかかっているのに(下写真左)「ここから渋滞11km 2時間以上」とある。この渋滞は1km10分以上かかる計算かな
渋滞中-1渋滞中-2
(上写真右)さっきの情報掲示板から約1km走った(並んだ?)ところの情報掲示板「ここから渋滞10km 100分」この渋滞をやっと1km進んだってことかな

というわけで、行きは1時間30分で到着したところを、5時間以上かけて帰宅
でも、この大渋滞があらかじめ予想されたので、飲み物やお菓子をたくさん用意して、さらにレッドカーペットやヘキサゴン2など笑える番組を中心にDVDにして持って行き、家でお笑い番組を見るのと同じ気持ちで渋滞に並んだ

渋滞の車の中では、家族も寝ることもなく、みんな爆笑していたため、それほど運転の疲れを感じずに帰れた。これだけの大渋滞だから、ほとんど車が動かないことを逆手にとった作戦が成功したかな

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ