ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

木瓜

今週の高幡不動尊(04/10) 花まつり

春を通り越して初夏なみの気温になったこの週末。日曜日の天気は思ったよりも今一つ。

先週に続いてどんより曇り空。雨は降らないだろうけど。
高幡不動尊201604-1

境内には花まつり(灌仏会)の花御堂が置かれていた。
高幡不動尊201604-3
花御堂には誕生仏像が置かれていて柄杓で甘茶をかけてお祝いをする。
高幡不動尊201604-4
毎年恒例、花まつりの甘茶接待。熱々の甘茶がいただける。
高幡不動尊201604-10
この甘茶は砂糖ではない甘さに、少しハッカのようなスゥーっとする感じがするお茶。
ちなみに、この甘茶接待はこの日(10日)まで。

仁王門横の枝垂れ桜が見頃になっていた。
高幡不動尊201604-2
曇り空で色が映えず、ちょっと残念。
 高幡不動尊201604-9

五重塔周りの枝垂れ桜も見頃。
高幡不動尊201604-8
この日は毎月第二日曜日でフリーマーケット開催中。
高幡不動尊201604-11
回りの緑もだんだん深まってきて、枝垂れ桜のピンク色が映える、晴れていたら・・・(汗)
高幡不動尊201604-14

山内のお地蔵さん。黄色い花はヤマブキ、バラ科。
高幡不動尊201604-5
下は八重咲きのヤマブキ。八重山吹というらしい。
高幡不動尊201604-7
八重咲きの方が色が濃い感じ。
高幡不動尊201604-6

こちらは大日堂大玄関前のボケ、バラ科の様子。
高幡不動尊201604-12
たくさん咲いて、しかも白色、ピンク色、赤色の花が乱れ咲き状態。
高幡不動尊201604-13
枝垂れ桜、山吹、八重山吹、木瓜、今回の花はすべてバラ科。


今週の高幡不動Vol.392
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(06/08)あじさいの開花状況

6月8日(土曜日)の高幡不動尊のアジサイ。

とても梅雨入りしているとは思えない晴天なのに、朝から散歩ができない週末だった(涙)
高幡不動201306-1
夕方の高幡不動尊境内。午前中とは違って逆光気味になる。

大日堂前の木瓜に実がなっていた。見た感じはカリン(花梨)の実に似ているが大きさが少し小さい。
高幡不動201306-2

大日堂前の「墨田の花火」。しっかり咲き始めた。
高幡不動201306-4
見頃始めという感じだろうか。
高幡不動201306-3

山内の山アジサイもしっかり咲いて見頃になっている。
高幡不動201306-5
山の奥の方でもたくさんの山アジサイが自生している。
高幡不動201306-6

弁天池ではスカシユリの回りのアジサイが咲き始めて賑やか。
高幡不動201306-14

この日の四季の道はこんな感じ。背の高い西洋アジサイも額アジサイも咲きはじめている。
高幡不動201306-8
入り口右側の赤紫のアジサイ。もう見頃かな。
高幡不動201306-10

四季の道は背の高いアジサイが壁を作っているが、その奥の方で咲いているきれいな青色の西洋アジサイ。
高幡不動201306-12
天気がいい日なのに夕方だったこともあって人が少ない。ラッキーというかもったいないというか(笑)
高幡不動201306-7
このあたりはきれいな額アジサイが多い。でも狭いので人が多いとゆっくり写真を撮り辛い場所。平気で三脚を立てている人もいるけど(汗)。
高幡不動201306-15
青色が多いこの場所でちょっと目立っていた紫色の額アジサイ。

また五重塔の方向に戻ってみる。
高幡不動201306-11
アジサイの背景に五重塔、思わず撮ってしまうアングル。でも明るさが難しい。

この場所の西洋アジサイは人が歩く場所もないぐらいに覆い茂っている感じだったが、今年はきれいに刈られて歩きやすくなった。
高幡不動201306-9

五重塔横の西洋アジサイ、額アジサイもこんな感じに咲きはじめている。
高幡不動201306-13
高幡不動尊のアジサイは「いつ見に来ても大丈夫です」という感じになっている。

第三日曜日となる今度の週末はござれ市が開催され、さらに山アジサイと西洋アジサイの両方を見ることができる絶好のチャンス。梅雨空が帰って来たので一番の問題は天気だね。

今週の高幡不動Vol.269
(撮影 2013年6月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊の木瓜と目白

この週末は天気もいまひとつ、さらに忙しくて散歩に出ることができず今週の高幡不動はお休み。
1つ前の週末の高幡不動尊大日堂前のボケ(木瓜)。
高幡不動尊201204-5
結構大きなボケの木で1本の木から紅白桃色の花がたくさん咲く。
高幡不動尊201204-6
メジロが蜜を吸いにきいていた。
高幡不動尊201204-1
ボケの花も蜜が多いのかな。
高幡不動尊201204-2
色とりどりのきらいな花を咲かせてくれる偉い木なのにボケって・・・
高幡不動尊201204-7

高幡不動尊のソメイヨシノはもう終わり。
高幡不動尊201204-8
楽しい宴の後。その余韻が漂っている。
高幡不動尊201204-9
花びらが散っている様子ではなく、クモの巣にくっついて止まっている。
ここはサクラの花びらだけではなく椿の花も一緒に落ちている。
高幡不動尊201204-10
同じ赤がたくさんで、お地蔵さんの頭巾が風でそこら中に飛び散らかったようにも見える。
高幡不動尊201204-11

レンギョウ、モクセイ科。この花がたくさん咲いている所はまぶしいぐらいの黄色に染まる。
高幡不動尊201204-3

あじさいの芽から若い葉が出てきた。
高幡不動尊201204-4
でも、あじさいの主役はもう少し先。これから5月にかけては、このシャクナゲ(石楠花)などツツジ科の花が主役になる。
高幡不動尊201204-12
五重塔まわりでも、枝垂れ桜が終わるとすかさずツツジがバトンタッチ。

さて次の週末はもうゴールデンウィーク。例年通りどこにも出かける予定はないけど、せっかくならば気持ちよく散歩したいので天気は気になる
 
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.102(12/29)正月準備完了

12月28日納めの不動尊・年の市が終わった翌29日。午前中は雲が多かったが、昼前にはきれいな青空が広がった
高幡不動尊20091229-8
不動堂の正面右側に赤い矢印が掲示されている。毎年初詣のお参りの順路は不動堂右側の階段から登ってお参りして左側から降りる流れ

ほのほうちわやお守りを売る場所には「ペンキ塗り立て」の掲示、確かに境内にはペンキの匂いが
高幡不動尊20091229-1

不動堂正面の正月支度の様子。こんな感じで準備しているだね。お賽銭箱に落ちないように気をつけて
高幡不動尊20091229-3
とは言うものの、落ちたところもちょっと見て見たかったりして

準備が終わった状態。立派なしめ縄飾りがお正月っていう感じを出す
高幡不動尊20091229-9

弁天堂も準備完了。ここは日野七福神になっている。
高幡不動尊20091229-7
こうやって赤いのぼりが立てられると雰囲気がでるね

高幡不動尊20091229-5
五重塔もしっかり準備完了。あとは初詣の人を迎えるだけ


五重塔前にある梅「おもいのまま」はまだ蕾も堅い。「おもいのまま」はもともと少し遅咲きの梅なんだけどね
高幡不動尊20091229-6

熊手のような派手さはないけど、正月飾りを売る露店も準備万端かな。
高幡不動尊20091229-2

これは散歩道で見つけたボケ(木瓜)。結構咲くのが早いなぁと思ったら11月頃から咲き出す花もあって寒木瓜と呼ぶそうだ
高幡不動尊20091229-4

今年もたくさんご訪問いただきましてありがとうございます
来年もよろしくお願いします

(2009年12月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.69)高幡不動尊のひかり輝くボケ(木瓜)

高幡不動尊の木瓜-2
ボケが輝くってなんだい・・・って感じのタイトル

紅白でとってもきれいな木瓜の花
実が瓜に似ていることから、木になる瓜で「木瓜(もけ)」と言われたのがボケになったというが、ちょっとあんまりのような・・・特に関西出身の私には

高幡不動尊の大日堂前にある木瓜。この日は青空が広がるとってもいい天気だったので、春の日射しを浴びてひかり輝いて見えた
高幡不動尊の木瓜-1高幡不動尊の木瓜-4

ちなみに学名は「speciosa」、これは美しい、華やかが語源だそうだ
なんだか学名の方がこの花にはぴったりする感じ
高幡不動尊の木瓜-3
上写真は少し前、蕾の時を撮ったときとよく似た位置、その時の写真はこちら
ちゃんと蕾と同じ色の花が咲いた

背景に燈籠を入れて、ちょっと逆光気味で撮ってみると、とってもきれい
高幡不動尊の木瓜-6

木瓜の花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」
花言葉もすごくいい言葉が並んでいるけど、最後の「平凡」っていうのは、どういう意味なんだろうか・・・
高幡不動尊の木瓜-5
この光り輝く花の姿は「先駆者」「妖精の輝き」がピッタリする

皆さんのところへの訪問があまりできていません、申し訳ありません

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.65)サンシュユ(春黄金花)とボケ(木瓜)

桜の時期の前、まだ枯れ木が多いこの時期の高幡不動尊の山内で、一際目立つ黄色の花が咲く木がある

木のそばにある看板には樹齢約200年とある、かなり大きな「さんしゅゆ」の木。天然記念物
さんしゅゆ-6さんしゅゆ-2
その場で見上げると黄金色に輝く花が見える。このサンシュユは別名「春黄金花(はるこがねばな)」と呼ばれるが、この光景を見ると納得する

少し離れたところから撮ってみた、サンシュユは葉の出る前に黄色の小さな花をたくさんつけるので、ソメイヨシノのように花がすごく良く目立つ
さんしゅゆ-3

さんしゅゆ-1

高幡不動尊のこの木は大きすぎて、花をよく見ることができなかったが、百草園のサンシュユの木は小さめで花が良く見れた
さんしゅゆ-4
花をよく見ると、ちょっと変わった形の小花が集まっている

百草園のサンシュユの木の左奥に赤い花がたくさん、椿にしては葉が少ない、行ってみると木瓜の花だった
さんしゅゆ-5ボケ-1
木瓜の花って赤、白、ピンクがあってなかなかきれい、梅や桜と同じでバラ科なので、結構しっかりとしたトゲがある

下写真は高幡不動尊の大日堂前の木瓜、この木はまだ蕾が多いけど、いったい何色の花が咲くんだろうか
ボケ-3

ボケ-2
これは高幡不動尊の奥殿横の木瓜、この木はもうしっかり咲いていた、しっかりトゲが見えている、触ると痛いよ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ



ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ