ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

有馬記念

今週の高幡不動尊(12/23) 正月準備そして有馬記念 

クリスマスの3連休はいい天気になった東京多摩地区。
前夜は春の嵐のような天気になった23日は冬とは思えない気温になった。

お正月準備中の高幡不動尊。
高幡不動尊201612
混雑時に危ない段差を無くす対応。
高幡不動尊201612
普段は正面の階段から登る不動堂に左右の横から登れる特設の階段が作られる。
高幡不動尊201612
賽銭箱も正月仕様に改装中。境内にペンキの匂いが漂う。
高幡不動尊201612
炎うちわやおまもりを売る場所も設置中。
高幡不動尊201612

木々の葉もすっかり落ちて五重塔がよく見える。
高幡不動尊201612

クリスマスらしいセンリョウ(千両)、センリョウ科の実と葉っぱ。
高幡不動尊201612
こちらは正月らしい、マンリョウ(万両)、ヤブコウジ科の実と葉っぱ。
高幡不動尊201612

この日はトリミングしたばかりの空之介と散歩。誕生日月は割引になるので助かる。
高幡不動尊201612
でも、なんだか空之介らしくない姿。下が今月最初の頃の空之介。
高幡不動尊201612
やっぱりこのモコモコの姿が空之介らしいなぁ。
高幡不動尊201612
でも、毛が伸びると毛玉がすごくて大変なので、やっぱりトイプードルは定期的に
トリミングが必要。

今週の高幡不動Vol.424
(撮影 2016年12月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

さて、今年の有馬記念はクリスマス開催。
クリスマスだから2−5とか、第61回だから1−6だとか・・・

毎年恒例の有馬記念の予想をしながらの忘年会。
その結果は、大本命のキタサンブラック−サトノダイヤモンド。枠で買えば1−6だね。

◎キタサンブラック
◯サトノダイヤモンド
▲ゴールドアクター
△サウンズオブアース
Xミッキークイーン

割りと順当な予想になってしまった(汗)


日本水仙 そして有馬記念予想

日本水仙
   Canon PowerShot G7 X 2014.12 京王百草園

京王百草園はもう日本水仙が見頃になっていました。例年より1週間以上早いと思います。


そして28日は有馬記念。今年も懲りずに予想です。

今回は単勝1.X倍という断トツの人気馬が不在で混戦模様。

本命◎ ゴールドシップ。    やはり最後は地力の強さに期待。ステイゴールド万歳って気分です(笑)
対抗○ ラストインパクト。   ディープ産駒にはちょっと苦手なコースかもしれませんが金鯱賞組として期待。
単穴▲ ジャスタウェイ。    今年はこの馬は外せないでしょう。東京2400で2着だったんですから、ここも平気でしょう。
   △ ジェンティルドンナ。  過去に女傑と言われた馬が何頭もこのレースに挑戦して散ったような記憶が(汗)
   × エピファネイア。    ジャパンカップが単なるフロックでなかったことを証明できるか?菊花賞馬なんですからね。

結局人気筋の予想ですが(汗)、それでも今回は比較的いいオッズが期待できます。



 

今週の高幡不動(12/15)今年最後のござれ市と有馬記念

先週12月15日の高幡不動尊の様子。
この週末もいい天気になった。
高幡不動201312-2
上の写真ではちょっとわかりづらいが不動堂は初詣の準備が始まっている。
高幡不動201312-3
大勢のお参りの人がうまく流れるように、ここにスロープが設置される。

高幡不動201312-1
入り口の段差も危ないのでスロープが設置。

 毎月第3日曜日に開催されるござれ市も今年最後になる。
高幡不動201312-11
これは乾電池スタイルの貯金箱。このデザインの乾電池は懐かしい。赤と黒があって値段が高い黒が格好良かった。

高幡不動201312-7
この時期らしいクリスマス仕様のさとちゃん。

高幡不動201312-6
このクリスタルは陽が差す出窓なんかに飾っておくときれいだろうなぁ。
でもこまめに掃除しないとホコリだらけになってかえってみっともないから飾らない(汗)

高幡不動201312-4
これは加賀の前田家のものかな?あとで調べたら家紋が違うようだ・・・

高幡不動201312-5
メタセコイヤもかなり葉が落ちてしまった。冬枯れの季節。

ヤツデ(八手)、ウコギ科。ウコギは漢字で五加と書くがとても読めない。
高幡不動201312-8
手のひらのような葉が八つに分かれるのが名前の由来かと思ったら、実際は七から十一に分かれ、七または九が多いそうだ。
じゃあなぜ八かというと八が「数が多い」という意味で命名されたそうだ。

高幡不動201312-10
あれ?なんか1つ提灯が変。
高幡不動201312-9
外れてしまっている、強い風が吹いたためだろか。

高幡不動201312-12
玉こんにゃくの露店の位置に注連飾りの露店が出るのもこの時期の光景。

今週の高幡不動Vol.294
(撮影 2013年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

さて、今日は有馬記念。性懲りもなく当たらない予想を

 オルフェーヴル
完調まで今ひとつだとしても、ここでは地力が頭1つ抜けているよね。

  ゴールドシップ 
走れば優勝、走らなければ掲示板にものらないヤツ・・・。

今年は有力馬が次々と回避して上位2頭以外はどれも同じ。
逆に、どれが来てもおかしくない状況。

 カレンミロティック
例年JC組が有力だけど今回は金鯱賞組かも。

 ダノンバラード
最内枠を先行した馬が前残りのパターンって結構ある。

 ルルーシュ
これは馬より騎手で選ぶ。今年の福永は持っているかも。

馬券は上位2頭のうちどちらかとオルフェーヴルから広く浅く流します

秋の京都 清水寺 夜の特別拝観

1泊2日の秋の京都旅行。初日最後は夜の特別拝観。
京都清水寺201211-1
夜の特別拝観は一旦通常の拝観を終了し、準備をしてから再度開門するそうだ。この日は18時から入ることができるらしい。
バスツアーなので駐車場に止めたバスの中で時間待ちができる。だいぶ冷え込んで来ているので、ちょっとうれしい。
京都清水寺201211-2
京都タワーがいろいろな場面で見えた。いいランドマークになっている。

清水寺につながる参道には長蛇の列ができていたが。ツアー客の我々はその列を横目にほとんど並ぶことなく団体専用入り口からすんなり入る。これはすごくラッキー。バスツアーも捨てたものではない
京都清水寺201211-11
入るのはすんなりでも中は人が一杯。それでもこの場面を見ただけで、アドレナリンが
これだけでも大満足なんだけど、とにかく「あの風景」が見たくて清水の舞台を目指す。
京都清水寺201211-3
清水の舞台からの眺め、下のモミジが燃えているようだ。想像力が乏しいが、バーベキューコンロで炭火がメラメラと燃えている感じ。
京都清水寺201211-4
フラッシュを使って撮って見た。とにかくすごい人・・・。
上写真に写っている奥のライトアップはそばで見るとこんな感じ。
京都清水寺201211-8
サーチライトはここから放たれているのか。これはサーチライトではなく「観音慈光」というそうで、観音様の慈悲をあらわすそうだ。
京都清水寺201211-5
人の流れに乗るまま、奥の院を目指す。通勤時間帯の新宿駅通路のような人の列に従って到着。やっと「あの風景」を見ることができた。
清水の舞台と燃えるようなモミジ。遠くに京都市街の夜景も見えて最高。
京都清水寺201211-6
なんとか最前列に向かうその様は、朝の山手線の電車の中で「降りま〜す」といいながらドアを目指す感覚。
これは三重塔が見える位置から。
京都清水寺201211-7
舞台を下から見上げる。
京都清水寺201211-9
三重塔と紅葉のライトアップ。夜空には月とサーチライト。月の横には飛行機雲も少し見える。
京都清水寺201211-10
参道に出てやっとあのすごい人並みから開放された。お土産屋でキティちゃんの着物姿を見てホッとする。
京都清水寺201211-12
一度、実際に見たかった清水の舞台の「あの風景」を見ることができて大満足だった。

(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

さて、明日(12/23)の第57回有馬記念の予想

◎ゴールドシップ
○ダークシャドウ
▲トレイルブレイザー
△スカイディグニティ
×ルーラーシップ

実際の馬券は◎ゴールドシップを軸にエイシンフラッシュ、ネヴァブション、オーシャンブルー、トゥザグローリー、ナカヤマナイト、ルルーシュにも流します。
買いすぎだね(汗)。

今週の高幡不動(12/25)クリスマスだけど初詣の準備中

乾燥した冬晴れの週末、もうすっかり冬の天気が定着してきた
高幡不動尊201012-8
高幡不動尊の不動堂周辺も初詣仕様に変身している
高幡不動尊201012-7
賽銭箱の右側に白く見えるのは、初詣の時ここに不動堂お参りの列の整理をする警官が立つ場所。
高幡不動尊201012-11
初詣期間中は正面賽銭箱左側にある階段は閉鎖して下りにはこの特設のスロープが利用される。たくさんの人で危ないからね
高幡不動尊201012-13
ちなみに今年の1月2日の様子はこんな感じだった

高幡不動尊201012-12
もちろん入り口の仁王門も段差をなくしている。
高幡不動尊201012-2
徐々に露店の準備も始まっているけど、営業開始は今年最後の市がたつお不動さんの日(28日)からかな

大晦日の夜に除夜の鐘を衝くために人が並ぶ鐘楼につながる道には、仮設の手すりや照明が準備されている。ここには確か紅白のテープが巻かれるはず。
高幡不動尊201012-6
以前からこの松の木はいつか倒れるのではと心配していたが、今週しっかりとつっかえ棒が取り付けられていた。これで一安心
高幡不動尊201012-4
初詣に来た人たちもこの大師堂のきれいな屋根を見ることができるね
高幡不動尊201012-5
高幡不動尊の弁天池にある福徳弁財天を祀っている弁天堂は日野七福神になっている。
高幡不動尊201012-3
正月のお飾りを売る店はすでに営業中
高幡不動尊201012-1
しめ縄の材料もしっかり準備されている。
高幡不動尊201012-9

冬は富士山がきれいに見える時期だけど、強い風が吹く日は特に富士山がきれいに見える
高幡不動尊201012-10

年末外せないのが有馬記念
私の予想は◎1.ヴィクトワールピサ、○13.オウケンブルースリ、▲7.ブエナビスタ、△16.ジャミールなんだけど、有馬記念とダービーは昔からの仲間で共同買いをするので、その検討会兼忘年会の結果は、やはりブエナビスタ-ヴィクトワールピサ。
でも、そのまんま買ったのでは面白くないのでこんな感じ。レース結果によっては恥ずかしいのでこの表は取り下げるかも
 
件数場名レース式別馬組金額
(1)中山(日)10R枠 連 1- 8
10,000円
  
(2)中山(日)10R馬 連 01-07
20,000円
  
(3)中山(日)10R馬 連 04-12
5,000円
  
(4)中山(日)10R馬 連 01-08
5,000円
  
(5)中山(日)10R馬 連 02-07
10,000円
  
(6)中山(日)10R馬 連 12-13
5,000円
  
(7)中山(日)10R馬 連 07-12
10,000円
  
(8)中山(日)10R馬 連 07-13
5,000円
  
(9)中山(日)10R馬 連 07-14
10,000円
  
(10)中山(日)10R3連単 07→03→11
200円
  
(11)中山(日)10R3連単 07→01→08
200円
  
(12)中山(日)10R3連単 07→05→10
300円
  
 
夢と現実が入り乱れた中、酔っ払っていることもあって、かなりいい加減な買い目になっている

運命のレースは本日15:25発走

今週の高幡不動Vol.149
(撮影 2010年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

「いまどきの話題」エコなイルミネーション、クリスマス、ちょっとだけ有馬記念

この時期の話題といえばまずはイルミネーション
東京都日野市の市役所前で12月25日まで開催されていた。すごく ちょっとだけ地味だけど手作感を大切にしたイルミネーション「日野の冬フェスタ2009」
2009クリスマス-1

へらそうCO2ということで、電源には商用電源を使わずバイオ燃料発電や人力発電などを利用した環境に優しいイルミネーションなんだそうだ
2009クリスマス-2
この自転車をこぐと、このテントの回りの電照が点灯される仕組み。自転車をこぐのをやめてしまうと明かりが消えてしまって、あたりがシーン・・・という感じ

2009クリスマス-5
首都大学東京・明星大学の学生や市民がデザインしたイルミネーションで電球もLED(発光ダイオード)のみを使用している。

バイオ燃料発電ってどうやっているのかわからないけど、夜店でよく聞くような発電機の音が少ししていたので、ガソリンではなくバイオ燃料でエンジンを回して発電していたのかもしれない
2009クリスマス-3

たぶんこれがこの会場のメインイルミネーションかな。派手さはないけど、すっきりとしたいいデザインのイルミネーションだった
2009クリスマス-4

そしてクリスマス。昨年は母もいたんだけど、今は父が1人で住む実家に我が家と妹家族が集まった。
2009クリスマス-6
ピザはサンタクロースの姿をした配達員が来た。そういえばこの時期はサンタクロースの姿をした人が運転するピザ屋さんのバイクが良く見かけるけど、小さい子供たちはあの姿をみてどう思っているんだろうね

イチゴと生クリームのクリスマスケーキ
2009クリスマス-8
こういうオーソドックスなケーキが美味しいよね

しかし息子のちびたはケーキのスポンジがあまり好きでない
そんな贅沢な奴のために買ったムース(だっけ?)のケーキ
2009クリスマス-7
今年の我が家は結局クリスマスツリーも飾らず、単にたくさん食べただけのクリスマスになってしまった

そして今年最後のグランプリ競馬の第54回有馬記念
2009クリスマス-9
毎年恒例となっている有馬記念の購入馬券を考える検討会(飲み会)で予想した結果は
◎ 9番ドリームジャーニー
○ 2番ブエナビスタ
▲ 8番リーチザクラウン
△10番スリーロールス
× 1番アンライバルド
という感じ。  個人的にはここにセイウンワンダーを絡めて買いたいな
オグリキャップが奇跡のラストランを決めた頃(1990年)からやっているので、もう20年近く続けている。最近は馬券の検討なんかほとんどせず、単なる忘年会になっているが、それでも楽しいひととき

予想が当たれば、配当金で新年会もできてもっと楽しいんだけどね

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

有馬記念忘年会

オグリキャップが引退レースを勝利飾った1990年の有馬記念から17年間続いている有志の飲み会があります。

何年か前まではメンバーの家で開催することが多かったのですが、最近は居酒屋でやることが多くなり、それとともに当初は真面目に競馬の予想(スタートから途中の流れや展開まで)をする「有馬記念検討会」だったのが、話題の半分以上が競馬以外の単なる飲み会になり「有馬記念忘年会」と呼ぶようになっています。

それでも、全員が1万円を出し合って予想をして共同で馬券を買うという流れは守っていて、今年は1番人気のメイショウサムソンから6点買いという結果になりました。
10年以上前は当たれば車が買えるような配当の馬券ばかりを購入していたのですが、それで車が買えたことはなく、このところはずっと堅めの馬券になっています。

個人の予想としては
◎「メイショウサムソン」
○「ポップロック」
▲「ロックドゥカンプ」
△「ダイワスカーレット」
×「インティライミ」
で◎と○を軸に▲△×を加えた3連単を買いたいところですが、
当日の馬場状況(予想では雨)によってもう少し人気薄の馬を入れる
かもしれません。それにしても堅いかな・・・









サンタクロースは来ないよ!

居間のコタツで子供たちがヨドバシドットコムのサイトを見て話をしている。
この時期だからクリスマスプレゼントを選んでいるに違いないと思って聞いた

   私「何見ているの?」
 ちびた「サンタさんにもらうプレゼント

うちはサンタさんだって売切れの商品はプレゼントできないことになっていて、その確認はなぜかヨドバシドットコムにあればOKになっている。
(注)だってここで注文できないと面倒だもんね

    私「今年はサンタさんは来ないらしいよ
   2人「え〜!うそ〜!!」(かなり大声)
  ちびた「なんでわかるの?」
    私「忙しいから来れないってメールが来た」
  ちびた「どうして来れないって?」
    私「忙しいみたいよ」
  ちびた「何が忙しいって?」
    私「よくわかんないけど、有馬記念の予想とかじゃない?」
お姉ちゃん「わけわかんない、有馬記念で忙しいのはお父さんでしょ?」
    私「ウォッカが来るかどうか悩んでいるとも書いてあったから」

おぃおぃ、それってサンタじゃなくて自分の悩みだろ
(注)ちなみに悩んだけど、ウォッカは来ないことに自分ではもう決着しています。

  ちびた「ウォッカ?何それ?」
お姉ちゃん「じゃあそのメール見せて」(と言ってノートPCをこちらに向ける)
    私「残念、会社のメールなんだよなぁ」
お姉ちゃん「じゃあ、転送するか印刷するかして見せて」
    私「残念、会社の決まりで勝手に会社のメールを見せたりできないんだよ」

おお、Pマークのルールがこんな時に役立った、やっぱりセキュリティは大切

  ちびた「じゃあクリスマスプレゼントは?」
    私「お父さんが代わりに買ってあげてって書いてあった」
お姉ちゃん「じゃあいいよ、わかった」(完全に納得した様子
  ちびた「え〜、お姉ちゃんそれでいいのぉ?」(なんか不満な様子
お姉ちゃん「じゃあ、お父さんの予算は」
    私「1人4980円
  ちびた「なんで4980円?中途半端じゃん」
    私「だってヨドバシ特価がそれぐらいだから」(もう半分ばれているんだから正直な発言)

お姉ちゃんは中学1年生。当然サンタさんの事情は前からわかっている。それを面と向かって言わないのは、言うとプレゼントがもらえなくなると思っているかららしい。
ちびたも小学4年生、もうそろそろわかっているだろう・・・と思っていたら、後日母親に以下のように言ったらしい。

  ちびた「お父さんはあんなこと言っているけど、ボクはきっとサンタさんが来てくれると思うなぁ
  

だってさ。おいおい4年生だろ・・・・
毎年こっそり買って隠しておくのが面倒なんだけど、仕方無いからちびたの分だけサンタさんにして25日の朝にするかな。でも、あいつが頼むゲームは24日ぐらいに渡してしまって一緒にやりたいんだけど・・・



クリスマスツリークリスマスツリー2
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ