ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

月影

昭和記念公園(2016/01/31) 梅園のようす

いい天気になった1月最後の週末、昭和記念公園の梅園ようす。

梅園に入ると、なんとなく、花の香りが漂う。
昭和記念公園201601-6
逆光気味に見た時、冬の枯れた木と違って、花が咲いていると輝く感じがする。

一番早くから咲き始めて、完全に見頃になっているのは八重野梅。
昭和記念公園201601-3
青空に白梅が映える。
昭和記念公園201601-2

この桃色の梅は道知辺(みちしるべ)、この日はまだ5分咲き程度。
昭和記念公園201601-1

こちらは明るい紅色の梅、大盃(おおさかずき)。
昭和記念公園201601-4

これは月影という梅。花のおしべとめしべを囲むガクの部分が緑色の梅。全体的に青白く見える梅。
昭和記念公園201601-5
このちょっと変わった色の梅、下の白梅(八重野梅)と見比べて見るとわかるかな?
昭和記念公園201601-7
蕾の色もちょっと違っていて緑っぽい。

雪がチラホラ残る昭和記念公園だけど、梅園だけは春の雰囲気。
しかし梅の花ってうまく撮れないなぁ・・・

 昭和記念公園(Vol.151)
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


昭和記念公園(2014年3月) 梅「月影」

3月の昭和記念公園。立川口につながるこの場所はまだ冬色。
昭和記念公園201403-1

それでもさすがに3月半ば、梅園の梅が見頃になっていた。昭和記念公園201403-4
白梅、紅梅、そして黄色はサンシュ、ミズキ科。
梅園といいながらも、別名春黄金花と呼ばれるサンシュが結構人気。
昭和記念公園201403-3
梅園に黄色の梅が咲いている感じ。
昭和記念公園201403-14
青空を背景にした姿が似合う花だね。
昭和記念公園201403-2

昭和記念公園の梅園でも「思いのまま」が咲いている。
昭和記念公園201403-5

離れたところから見ると、少し青白く見えるこの梅は月影と呼ばれる品種。
昭和記念公園201403-6
白梅だけど花が薄緑色に見える。
昭和記念公園201403-7
それはガクが緑色だから。そして蕾も緑白色(笑)。
昭和記念公園201403-8

梅園を離れてクロッカスが咲いているこどもの森に向かう途中。クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-15
この花も薄緑色・・・
昭和記念公園201403-9
クリスマスローズには、こういう深いワインレッド色もある。こちらの色の方がいいな(笑)。

オオバナキバナセツブンソウ(大花黄花節分草)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-10
節分草より一回り以上大きくて、節分草というより福寿草に近い感じだよね。
まあみんなキンポウゲ科(笑)

ミシュチェンコアナ、ユリ科。名札があったから名前がわかったが初めて聞く名前。
昭和記念公園201403-12
薄青色の線が入った後姿がなかなかいい。
昭和記念公園201403-13
でも、この花によく似た花は他にたくさんありそう(汗)

ミニアイリス、アヤメ科。名前の通り、かなり小さめのアヤメ。
昭和記念公園201403-11
そういえばクロッカスもアヤメ科。
昭和記念公園201403-16
春のアヤメ科そろい踏み。

昭和記念公園(Vol.107)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


2011年の梅も見納め

2011年梅-5
2011年の梅写真もそろそろ終わり。最後の記事のトップはピンクの髪飾りをつけたような「思いのまま」。
リボンをつけたキティーちゃんのようだ
2011年梅-3
これが「思いのまま」の写真で一番良く見るパターン。

枝全体で見ると、淡紅や白が入り乱れて咲いている。
2011年梅-4
たくさんの白い囲まれた淡紅の花。大勢の男性の中に女性が1人、これは女王様状態?
2011年梅-9
でも、白い梅もなんとなく淡紅が入っているから、回りの男もちょっとそっち系かも

シベまで紅色の紅千鳥。盆栽にしたらすごく春を感じる盆栽になるだろう。
2011年梅-1

一重の白色でガクが薄緑なので全体的に淡い色あいの月影。
2011年梅-7
紅千鳥とはまた違って、日本の素朴な春のイメージ。
2011年梅-6

淡紅色の枝垂れ梅。後ろは高幡不動尊で大日堂の鳴り龍を拝観する時に入る大玄関。
2011年梅-8

そして梅にメジロ。小さくて花の蜜を吸って飛び回っている、かわいい鳥だね。
2011年梅-2
次は桜なんだけど、今年は昨年より少し遅れている感じがする。

いま大変残念なのは、昭和記念公園が閉園していること。これは昨年3月中旬の昭和記念公園の菜の花畑。
春の花
ホームページには「地震の影響などにより当面の間休園」とアナウンスされているが、この菜の花畑を開放すれば多くの人が心を休めることができると思う。

閉園していた京王百草園は18日(金)から通常営業している。計画停電の間は「そばの販売」は休止ということだが、それほどエネルギーを消費することなく、訪れた人に憩いの場が提供されている。

いま私たちができることは過度の自粛ではなく、復興のための行動・支援だと思う。 もちろん過度の自粛にしても復興のための行動・支援にしても、それぞれのおかれた状況や判断により異なるとは思うけど。

最後になりましたが、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興を願っています。

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ