ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園

昭和記念公園 クリスマスローズほか

2月中旬の昭和記念公園の梅園以外の花の様子。

水鳥の池近くではクリスマスローズが見頃。山のように咲いていた(笑)
昭和記念公園201702
 この黒っぽいクリスマスローズはブラックパールという品種だそうだ。
昭和記念公園201702

千重咲きのツバキ、乙女椿だろうか。
昭和記念公園201702

ここは花みどり文化センター屋上の浮遊の庭。遠くにIKEAと高松口が見えている。
昭和記念公園201702
これは紅色のマンサク、ベニシナマンサク。遠くからだと枯れ木にしか見えない。
昭和記念公園201702
この浮遊の庭からはこの時期は富士山がきれいに見える。
昭和記念公園201702
ダイヤモンド富士の撮影場所としても有名な所。

残堀川沿いでは河津桜が咲き始めている。
昭和記念公園201702
この日はまだ2〜3分咲き程度。
昭和記念公園201702
この程度の咲き具合だとまだメジロは来ないかな。
昭和記念公園201702
河津桜は咲くのが早いから次にここに来るときは、見頃になっているだろう。

頭の上では飛行機が飛行機雲を作りながら飛んでいた。
昭和記念公園201702
この飛行機雲は航空機のエンジンの本数だけできるらしい。

 昭和記念公園(Vol.199)
(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 梅園の様子

昭和記念公園の梅園。先週末(2月第2週)の様子。

梅の開花がかなり進んで見頃になっている。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、一重咲きのオオサカズキ(大盃)
昭和記念公園201701

野梅系、ヤエヤバイ(八重野梅)。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、八重咲きのエンオウ(鴛鴦)、難しい字だ。
昭和記念公園201701
 
野梅系、一重咲きのミチシルベ(道知辺)。
昭和記念公園201701

昭和記念公園にも思いのまま、野梅系がある。
昭和記念公園201702
ちょっと影になってしまっていまいち・・・ 

野梅系、チャセンバイ(茶筅梅)、花びらが退化している。
昭和記念公園201702
まだこれから開くのかなと思えるけど、これでもう咲いているらしい。
昭和記念公園201702

 シナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201702
このマンサクは花が咲くときに枯れた葉が残っているのが特徴。
昭和記念公園201702

サンシュユ、ミズキ科が咲き始めた。
昭和記念公園201702
別名、春黄金花(ハルコガネバナ)と言われ、花が咲くと木全体が
黄金に輝くんだけど、まだこれから。
昭和記念公園201702

メジロの群れがやってきていた。この写真の中にメジロが4羽。
昭和記念公園201701

紅梅だけだなく、白梅にもたくさんのメジロが。
昭和記念公園201701
白梅と紅梅で味が違うのだろうか・・・
昭和記念公園201701

昭和記念公園の梅はいまが見頃、まさに最盛期をむかえているが、
すぐ後ろから、すでに桜(河津桜)の足音が聞こえてきている。

 昭和記念公園(Vol.198)
(撮影 2017年1月、2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 スノードロップほか

1月下旬、昭和記念公園の梅以外の花たち。

まずはスノードロップ、ヒガンバナ科。冬の終わりから春先にかけて咲く花。
昭和記念公園201701
 待雪草、雪の花などとも呼ばれる。
昭和記念公園201701
花が開いた時に見える、緑色の模様が逆さハートマークに見える。 
昭和記念公園201701
同じヒガンバナ科でもう少し春になってから咲く、スノーフレイク(鈴蘭水仙)に
名前も花も似ている。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201701
クリスマスの頃に咲く、ローズ(バラ)に似た花というのが名前の由来だけど、
昭和記念公園で咲くのは1月から3月にかけて。クリスマスの頃に咲く品種も
あるらしい。
昭和記念公園201701
うつむきがちに咲く花。しゃがみ込んで撮らないと花がちゃんと撮れない。

日本水仙スイセン、ヒガンバナ科。最もポピュラーなスイセン。
昭和記念公園201701
こちらはラッパスイセン。内側の花びらがラッパのように突き出ている。
昭和記念公園201701
イギリスでは人気があるスイセンのようで、ウェールズの国花になっている。
ウェールズって国だっけ。そういえば、ラグビーやサッカーだとイングランドと
ウェールズが別チームで出ているよね。
FIFAランキング(2017年2月)でもイングランドが13位でウェールズが
12位、イングランドより上。ちなみに日本は52位。
昭和記念公園201701
イギリスをWikipediaを見るとイギリスの国名は英語ではthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、
日本語ではグレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国で、イングランド、
ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されるとある。なるほど・・・ 

これはいったい何?
昭和記念公園201701
直径は1m以上ある。
昭和記念公園201701
パンパスグラスの後だった・・・中はこんな感じで生えているんだね。
昭和記念公園

最後に花ではないけれど、アオバト。全身がオリーブ色のきれいなハト。
昭和記念公園201701
テレビでは見たことがあったけど、昭和記念公園で見るのは初めて。

昭和記念公園(Vol.197)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 福寿草

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草(フクジュソウ)、キンポウゲ科。春を告げる花の代表的存在。
幸「福」と長「寿」の草というおめでたい名前の花だけど、茎と根に毒がある毒草なので注意が必要。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草は最初は茎が伸びず短い茎に花が咲き、次第に茎が伸びていく。
花が咲いたあとに葉が出て来てくるがそれも夏までで、それ以後は枯れてしまい、次の春まで地下で過ごすスプリング・エフェメラルである。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

花びらを広げて太陽の光を花の中心に集めて、その熱で虫を集めているらしく、日が陰ると温度を下げないために、すぐに花びらを閉じてしまう。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 こもれびの池周辺

昭和記念公園の梅の見所は梅園とこもれびの池周辺の2ヶ所。

こもれびの池は、昭和記念公園の砂川口に近いところにある。
昭和記念公園201701
砂川口は普段使う立川口から一番遠い場所にあるので、今まで行ったことが
なかった。だからこの池を見るのもこの日が初めて。
昭和記念公園201701
このこもれびの池は水鳥の池や日本庭園の池に比べてコンパクトな池だった。

こもれびの池周辺に咲いている梅のうち、梅園には咲いていない品種の紹介。
これは紅色、八重咲きの錦光(キンコウ)。
昭和記念公園201701
梅は品種改良によりたくさんの品種がある。花を鑑賞することが目的の「花梅」と
実を採取することが目的の「実梅」に分けられ、「花梅」は400品種、「実梅」は
100品種以上あるそうだ。
昭和記念公園201701
そして「花梅」は野梅(ヤバイ)系、緋梅(ヒバイ)系、豊後(ブンゴ)系の3系に
分けられるそうだ。
昭和記念公園201701
この錦江は緋梅系。緋梅系は野梅系から変化した梅で枝の髄や幹の断面が紅に
なる。花の色は紅色や緋色が多いが白花でも枝の髄が紅だと緋梅系になるそうだ。

これは濃紅、八重咲きの鹿児島紅(カゴシマコウ)。
昭和記念公園201701
この梅も緋梅系。濃い紅色が印象的な梅。
昭和記念公園201701

これは白色、一重咲きの冬至(トウジ)。冬至の頃から咲くと言われる早咲きの梅。
昭和記念公園201701
この梅は野梅(ヤバイ)系。野梅系は野梅から変化した原種に近い梅で枝が細く、
花も葉も比較的小さく芳香がある品種。ヤバイ系ってなんだかヤバイ梅みたいだ(笑)。

これは紅色、八重咲きの八重寒梅(ヤエカンバイ)。
昭和記念公園201701
この梅は豊後系。豊後系は梅と杏の交雑種で葉が大きく生育が良い品種。
(ここまでの梅に関する情報は梅園やこもれびの池にある梅ガイドの看板から)

梅は3〜5分咲きだけど、このロウバイ、ロウバイ科は満開。きれいに咲いている。
昭和記念公園201701
ロウバイは梅よりもずっと香りが強い。

そして、以前はまだ少しだけ咲き始めていた節分草、キンポウゲ科。節分に近くなって
来たためか、かなりたくさん咲いていた。
昭和記念公園201701
節分草はスプリング・エフェメラルなので、夏前には葉も枯れて地上から姿を
消してしまう。
昭和記念公園201701
節分草が咲いているのは、こもれびの池とこもれびの里の間あたり。
よく見ないと咲いていることに気が付かない花だけど、写真を撮っている人が
いつもいるから、それが目印。

昭和記念公園(Vol.196)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 紅梅にメジロ

紅梅にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
紅梅にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
紅梅にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
 
昭和記念公園の梅園でメジロが紅梅(大盃)の蜜を吸っていました。

今年最初のメジロ撮りです。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


昭和記念公園 冬景色(2017年1月)

2017年1月、昭和記念公園の真冬の景色。

立川口前、芝生もイチョウ並木も冬枯れ色。
昭和記念公園201701
カナールも冬枯れ色。
昭和記念公園201701
写真左側から強い風が吹いて噴水の水が押されている。
昭和記念公園201701
 ちょっとだけ虹、寒い冬だとなんだかうれしい。

冬景色の中にも春の気配。ハクモクレン(白木蓮)の花芽。
昭和記念公園201701

みんなの原っぱに人がほとんどいない。寒いからねぇ・・・。
昭和記念公園201701
雲がなければ左奥の方に小さく富士山が見えるはずなんだけど。

この時期一番元気な花、サザンカ(山茶花)、ツバキ科。
昭和記念公園201701

春に向けて養生中の花の丘。
昭和記念公園201701
2016年5月はシャーレポピーだったけど、今年はなんだろう。

ここは原っぱ東花畑。やはり春に向けて養生中。
昭和記念公園201701
原っぱ東花畑の春は毎年菜の花なので、今年も菜の花だろうね。

ここは原っぱ西花畑。
昭和記念公園201701
ここは2016年4月はアイスランドポピーだった。

あけぼの口から近い、花みどり文化センターの上から見た富士山。ちょっと雲が邪魔。
昭和記念公園201701
冬至の頃にはダイヤモンド冨士を見ることができる場所。

冬枯れ色の景色が広がる昭和記念公園では、梅だけだなく、スノードロップや
クリスマスローズ、スイセンなどが咲き始めている。その姿はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.195)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 ロウバイ

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

ロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。お正月前後から咲き始め、甘い独特な香りがする。

名前に梅の文字があるがバラ科のウメではなく、花びらが蝋細工のような梅に似た花というのが名前の由来。

写真は花びらの内側まで黄色いソシンロウバイと呼ばれる品種で、冬の青空に黄色い花が良く映える。

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

昭和記念公園では、主に日本庭園東側、こもれびの里、こもれびの池、BBQガーデン南側で咲いている。
 
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園 梅園の様子(2017年1月)

2017年になってはじめて訪れた昭和記念公園。大寒の翌日(1月21日)の梅園の様子。

ホームページでは梅園とこもれびの池周辺で早咲きの梅が開花したとのこと。
昭和記念公園 梅園
白色、八重咲きの八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園 梅園

紅色、一重咲きの大盃(オオサカズキ)。
昭和記念公園 梅園

近くで撮るとわりと咲いているように見えるが離れて撮るとまだこの程度、3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園 梅園

梅園の楽しみは梅だけではなく、その足元で咲く福寿草。
昭和記念公園 梅園

この日、梅園の福寿草はまだ咲いてはいなかったが、梅園のすぐ横の花木園
で少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園 梅園
こちらはちょっと乱れた感じになっていて残念。
昭和記念公園 梅園
このあたりの福寿草は、あと1週間から10日ぐらいだろうか。

昭和記念公園(Vol.194)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 節分草

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

節分草、キンポウゲ科。一番上の写真のマツボックリの大きさと比べるとわかるが、花の大きさは2cmほど。

節分の頃から咲き始めることからついた名前だけれども、昭和記念公園ではだいたい今頃から咲き始める。









 

八重寒梅

八重寒梅2016年
 D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.01  昭和記念公園

昨年1月11日(成人の日)に昭和記念公園で撮った早咲きの梅、八重寒梅。

今年ももう咲いているはずだけど、まだ昭和記念公園に行けていない・・・

この週末は晴天になるといいんだけど。



ネタ切れなので昨年の写真(汗)

 

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016 その2

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は前回の続きで、ふれあい広場のイルミネーション。
昭和記念公園イルミネーション2016
立川口カナールが「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
だったが、このふれあい広場は、ファンタジアトレインやフードなどが楽しめる「日本の美」エリアと
「ファンタジーエリア」となっている。

ちょっと小さいけど奥に走っているのがファンタジアトレイン。乗車代1回300円。
昭和記念公園イルミネーション2016
手前に黄色い看板のようなものが見えるが、これは「なぞ解き」になっていて、
何箇所かのなぞ解きをすすめると「光のつえ」がもらえるらしい。よく見なかった
のでどんな内容なのかわからないけど・・・(汗)

これもファンタジーエリアにあるシャボン玉ライトアップ。
シャボン玉発生装置から吹き出されたシャボン玉がライトアップされている。
昭和記念公園イルミネーション2016
夜のシャボン玉って初めてみるけど、確かに幻想的な雰囲気はあった。

これは「日本の美エリア」の中心的存在、高さ7mの富士山とお城。
昭和記念公園イルミネーション2016
写真は両方が点灯している瞬間を撮っているが、富士山だけになったりお城
だけになったりする。
昭和記念公園イルミネーション2016

そしてこれが「日本の美」エリアの枯山水。
昭和記念公園イルミネーション2016
確かに、お寺の枯山水のイメージになっている。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園イルミネーション2016
遠くに富士山が見える枯山水の庭って感じだね。

ふれあい広場のレストランもイルミネーションで飾られていた。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
この三連休(23,24,25日)は冬の花火が打ち上げられる。

昭和記念公園(Vol.193)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は立川口カナールのイルミネーションの様子。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木がライトアップされて、昼間とはまったく違った光景になっている。

昭和記念公園イルミネーション2016
ここは、「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
とされているので、いたるところにグラスが置かれている(笑)
昭和記念公園イルミネーション2016
近くで見るグラスもなかなかいいなぁなんて思いながら写真を撮っていると、
このグラスはすごくきれいだけど、定期的に洗っているのか?なんて余計な
ことを考えてしまう。
昭和記念公園イルミネーション2016
さらに、この中身は普通の水なのか?とかも考えてしまったりして・・・。

昭和記念公園イルミネーション2016
高く積まれたシャンパングラスと木々、噴水がロマンチックな空間を作り出している。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木のイルミネーションは控えめで、ライトアップがメイン。
昭和記念公園イルミネーション2016
でも、こういうシブい感じもいいよね。
昭和記念公園イルミネーション2016
きれいなお月さんもイルミネーションの仲間入り。
昭和記念公園イルミネーション2016
この日一番きれいだと思ったのは、ライトアップされたイチョウ並木が水面に
映ったこの光景。

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
23、24、25日の3連休は冬の花火が打ち上げられる。

ふれあい広場のイルミネーションは別記事で。

昭和記念公園(Vol.192)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 晩秋の風景(2016年11月)

2016年11月、昭和記念公園の晩秋の風景

たまに雲の切れ目から薄日が差すこともあるけど、どんよりとしたくもり空。
昭和記念公園201611
水鳥の池周辺の紅葉が晩秋を感じさせてくれる。

たぶんこれを撮ったのは15時ぐらいだと思うけど、この時期はもう夕方の雰囲気。
昭和記念公園201611
このあたりはケヤキの木が多い。

 大きくて雰囲気のあるスズカケノキ。プラタナスとも呼ばれる。
昭和記念公園201611

水鳥の池のケヤキ。
昭和記念公園201611
 
イチョウ並木が黄葉しているカナールの噴水回り。
昭和記念公園201611
 噴水の奥でひときわ目立つ赤く色づいたモミジが下の写真。
昭和記念公園201611
このモミジはカナールのイチョウ並木のすぐ横。
昭和記念公園201611
モミジ越しのイチョウ並木。
昭和記念公園201611
イチョウ並木を撮った日のしっとりとした晩秋の風景でした。

昭和記念公園(Vol.191)
(撮影 2016年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

イチョウ並木 黄色い絨毯

11月中旬の昭和記念公園、イチョウ並木の黄色い絨毯。
今年はイチョウの色づき具合、落葉、天気、休日、それぞれのタイミングが合わず今ひとつ・・・
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園

上2枚は運動広場そばの「かたらいのイチョウ並木」(2列、98本、300m)。
落ち葉がたくさんで絨毯になってはいるけど、天気が悪くて黄金に輝いていない・・・だから黄色い絨毯(笑)。

昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園

上の2枚は立川口そばのカナールイチョウ並木(4列、106本、200m)
こちらは天気が悪いだけでなく、落葉もいま一歩だった。

イチョウ並木の黄金の絨毯はタイミング勝負。来年に期待しよう。

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ