ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園

昭和記念公園 春の花々(3月)

3月最後の週末の昭和記念公園。桜や菜の花が人を集めていたが、春の花が続々と咲き始めていた。

まずはモクレン科の花を3つ。
昭和記念公園201803
ハクモクレン(白木蓮)。文字通り白色のモクレン。

コブシ(辛夷)。果実にコブシ状のデコボコがあることが名前の由来。
昭和記念公園201803
遠くから見ると白色のサクラが咲いているようにも見える。別名田打ち桜、コブシが咲く頃に田植えを始めたことから。

シデコブシ(四手辛夷)。花の形が四手(玉串や注連縄に下げる紙)に似ているからついた名前。
昭和記念公園201803

ここからは、こもれびの丘の山野草。
昭和記念公園201803
イカリソウ(碇草)、メギ科。見た通り船のイカリに似ているからついた名前。
昭和記念公園201803
白色や紫色だけでなく、黄色の花もあるそうだ。

ちょっとわかりづらいけど、カタクリ、ユリ科がたくさん咲いている。
昭和記念公園201803
カタクリは京王百草園、高幡不動尊でも咲いているが、ここが一番たくさん咲いている。
昭和記念公園201803
もう花も枯れて葉だけになっている頃だけど、5月にはその葉も枯れて地下茎だけで来春まで過ごす。
昭和記念公園201803

シュンラン(春蘭)、ラン科。名前の由来はそのまま春に咲くランだから。
昭和記念公園201803
葉と花が同じような色なんで目立たない・・・。

アマナ、ユリ科。名前の由来は球根が甘くて食べることができるから。
昭和記念公園201803

ヒトリシズカ(一人静)、センリョウ科。4枚の葉を突き抜けて白いブラシ状の花が咲く。
昭和記念公園201803
源義経の妾だった静御前が1人で踊っている姿に見立てた名前。

ここからはこどもの森で咲いていたヒヤシンス、ユリ科。
昭和記念公園201803
私がヒヤシンスで思い浮かべるのはこの青色。下の明るい赤紫もなかなかきれい。
昭和記念公園201803
原種の色は青色だが園芸品種として様々な色が作り出されている。
昭和記念公園201803
ヒヤシンスは1863年頃に フランスからチューリップとともに渡来したそうだ。
昭和記念公園201803
ヒヤシンスは小学生の頃、水栽培で育てような気がするけど記憶があいまい。

昭和記念公園201803
これはヒヤシンスではなく、ラッパスイセンの大きい花と小さい花が一緒に咲いている光景

この所満開の桜の写真が続いたので、今回はちょっと地味な感じになったかな。

昭和記念公園(Vol.258)
(撮影 2018年3月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 新旧桜の園

4月最初の日曜日、昭和記念公園のソメイヨシノは見頃になっていた。

昭和記念公園でソメイヨシノがたくさん咲いているのはみんなの原っぱの北側にある桜の園。
昭和記念公園201804
桜の園のそばには菜の花が咲いている、みんなの原っぱ東花畑がある。
昭和記念公園201804
都会の桜(千鳥ヶ淵)とはずいぶん違う(笑)
昭和記念公園201804
菜の花もちょうど見頃になっているのでソメイヨシノとのコラボが楽しめる。
昭和記念公園201804


昭和記念公園201804
天気も良くて最高の景色。
昭和記念公園201804
ソメイヨシノの下から菜の花畑の方向を見る。
昭和記念公園201804

桜の真下はレジャーシートを広げるスペースがあるがそれほど混雑していない。
昭和記念公園201804
どちらかというと日が当たる桜の周辺から原っぱのあたり人が集中していた。せっかくの春の陽射しだからね。
昭和記念公園201804

桜の園の端には紫花菜(ムラサキハナナ)が咲く場所もある。
昭和記念公園201804
黄色い菜の花と違ってちょっと地味かな。

昭和記念公園には桜の園と呼ばれる場所が2つある。
ここまでの写真が新しい新桜の園でもう1つ旧桜の園と呼ばれる場所が残堀川のさくら橋からふれあい橋の間にある。
昭和記念公園201804
上写真がふれあい橋の上からさくら橋を撮ったもので、この右側で咲いている桜のさらに右側が旧桜の園と呼ばれている場所。

下写真が旧桜の園。残堀川が奥の方に流れている。
昭和記念公園201804
土手状になっているのでレジャーシートを広げるスペースは新桜の園よりちょっと狭いかな。
昭和記念公園201804
旧桜の園のソメイヨシノの方が新桜の園よりも先に咲き始めたので、この日は散りはじめで桜吹雪となっていた。
昭和記念公園201804
写真でも見えるぐらいの桜吹雪。お弁当を広げていたら花びらだらけになりそう(笑)


昭和記念公園(Vol.257)
(撮影 2018年4月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 アイスチューリップ

3月最後の日曜日(3/25)、昭和記念公園にも本格的に春がやってきた。

キラキラと春の陽射しに輝く渓流広場の池。手前はいち早く咲き始めたチューリップ。
昭和記念公園201803
ここ渓流広場のチューリップガーデンのチューリップが本格的に咲くのはもう少し先。

みんなの原っぱも人がたくさん、今年1番の人出だったと思う。
昭和記念公園201803
私は年間パスポートを持っているので待ち時間なしだったけど、入園券売り場に行列が出来て購入するのに15分近くかかっていた。

みんなの原っぱ東花畑では菜の花が咲き始めている。奥の桜の園ではソメイヨシノが3分咲き。
昭和記念公園201803
来週には菜の花と桜のコラボが楽しめるかな。

ふれあい広場では球根を冷温処理し、疑似的に冬を経験させることで早く開花する様に調整したアイスチューリップが咲いていた。
昭和記念公園201803
上はアニースキルダー、下はイエローフライトという品種
昭和記念公園201803
小学校の頃に育てた黄色いチューリップとは花びらがちょっと違う。

明るい紫色のパープルフラッグという品種。
昭和記念公園201803

明るい色合いがきれいなファーストクラスという品種。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
花びらがチューリップらしくない品種の上がオレンジプリンセス、下がレッドプリンセス。
昭和記念公園201803


場所がこどもの森に移って、ここで咲いているのは原種系チューリップと呼ばれるチューリップ。
昭和記念公園201803
普段見るチューリップは品種改良された園芸品種で、この原種系チューリップは自然の中で咲いていたそのままのチューリップで少し小柄で素朴な感じがする。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
これも原種系チューリップ。なんだかチューリップらしくないチューリップだね。
昭和記念公園201803
ラッパスイセンと一緒に撮ってみると、なんだか引き立て役になってしまう(汗)
昭和記念公園201803

この日はこもれびの丘で春の山野草も見ることができたけど、それはまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.256)
(撮影 2018年3月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 春らしくなってきた週末

引き続き3月最初の週末の昭和記念公園の様子。
梅園の梅、残堀川沿いの河津桜の他にも、春の花が咲き始めている。

ミツマタ、ジンチョウゲ科。枝が三つ又に分かれることから付けられた名前だけど、今回この写真ではわからない(汗)。
昭和記念公園201803
ミツマタは啓蟄(3月6日頃)から清明(4月4日頃)の季語とされ、皮が和紙の原料として用いられている。
昭和記念公園201803
まだ中央部分は咲いていない。

2月から咲いているラッパスイセン。
昭和記念公園201803
かなりたくさん咲き始めている。
昭和記念公園201803
ラッパスイセンのそばにクロッカスが咲いていた。
昭和記念公園201803

ここは渓流広場。いろいろな品種のチューリップが地面に絵を描くように計画的に植えられている場所。
昭和記念公園201803
下写真は昨年4月16日に撮ったもの。あと1ヶ月ちょっとで、ここまで咲くのか・・・
昭和記念公園201704

これは原種シクラメン、サクラソウ科。原種というのは園芸品種ではない野生の品種ということ。
昭和記念公園201803
そばに落ちている落ち葉と比べるとわかるが、普段みかける品種改良された園芸品種のシクラメンよりかなり小さい。
昭和記念公園201803
原種シクラメンは秋に咲く品種と冬に咲く品種があるそうだ。
昭和記念公園201803
気が付かないと踏んでしまいそう(汗)

昭和記念公園201803
ちょっと残念だけど富士山が霞んで見づらくなってきたのも春らしくなってきた証拠。

昭和記念公園(Vol.255)
(撮影 2018年3月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 梅と桜

3月最初の週末、昭和記念公園の梅園。

紅白の梅に黄色が加わってきてさらに賑やかな雰囲気になってきた。
昭和記念公園201803

黄色の正体はこのサンシュ、ミズキ科。別名春黄金(はるこがねばな)と言われるように、黄金色の花。
昭和記念公園201803
この日はまだ咲き始めたところだったけど、見頃の時期になると春の陽射しを浴びて黄金に輝く。
昭和記念公園201803

白梅、八重野梅が見頃になっている。
昭和記念公園201803
枝沿いに咲くまさにこれが梅の咲き方って感じ。

この紅梅は以前から咲いていた鴛鴦。オシドリ夫婦の梅。
昭和記念公園201803
そして最近咲き始めた紅梅は紅千鳥、この梅は紅色が濃い。
昭和記念公園201803

梅の木の足元で咲く福寿草の背丈がまた伸びた。
昭和記念公園201803

梅園で春を感じながらスケッチをする人が何人かいた。昭和記念公園201803
どんな絵が描かれているんだろう。

梅に続いてスタンバイしているのが桜。昭和記念公園の桜の園はソメイヨシノだが、河津桜は残堀川沿いで咲く。
昭和記念公園201803
この日はまだ3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園201803
青空にピンク色が映える。やはり桜もいい天気の日に撮りたい。
昭和記念公園201803
桜は梅と違って枝沿いに咲くのではなく枝の先端部分に密集して咲く。
昭和記念公園201803

色が鮮やかで濃いこの桜は寒緋桜(かんひざくら)。沖縄のお花見はこの寒緋桜でやるそうだ。
昭和記念公園201803
別名、緋寒桜(ひかんざくら)。別の桜に彼岸桜(ひがんざくら)という桜があって間違えやすい(汗)。

昭和記念公園(Vol.254)
(撮影 2018年3月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

シベの誘惑 クロッカス

クロッカス201803
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 昭和記念公園
クロッカス201803
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 昭和記念公園
クロッカス201803
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 昭和記念公園

クロッカス、アヤメ科。クロッカスの名前はギリシャ語の「糸」が語源。長く糸のように伸びるメシベを持つことから。

クロッカスを見ると、いつもこういう撮り方をしたくなるのは、きっとこのメシベが原因だろう(笑)

いつも思うことだけど、黄色の花だけシベの形が少し違うような気がする・・・

(撮影 2018年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園 福寿草百景

昭和記念公園の花木園梅園の梅の木の足元で咲いている福寿草。

白梅を背景に福寿草が咲いている様子は早春という表現がぴったりかもしれない。
昭和記念公園201802

福寿草はキンポウゲ科。旧暦の正月頃に咲くことから、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)などという別名がある。
昭和記念公園201802
花びらを一杯に開いて太陽の陽射しを集めるパラボラアンテナのようだ。実際に花びらで陽射しを花の中心に集めてその熱で虫を誘引するそうだ。

梅園のすぐ横でもたくさん咲いている。
昭和記念公園201802
ひまわりと違ってすべての花が太陽と同じ方向を向くわけではない(笑)
昭和記念公園201802

これは1月下旬に撮った福寿草。地面からいきなり花が咲いている感じ(笑)
昭和記念公園201801
いまは、横から見ると咲き始めの頃に比べてずいぶんと茎が伸びて葉もたくさん出始めている。
昭和記念公園201802
福寿草は早春に花を咲かせそのあと葉を出すが、夏には枯れてしまい、その後は地下茎だけで春まで過ごすスプリンエフェメラルの1種。
昭和記念公園201802
いち早く咲いて、ライバルが大きくならないうちにたくさん光合成して栄養を根に溜め込んでおく作戦だね。

昭和記念公園201802
福寿草より前から花を楽しませてくれていた日本水仙も福寿草と同じ場所でまだ頑張っている。

昭和記念公園(Vol.253)
(撮影 2018年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 梅園が見頃

河津桜が咲き始めた昭和記念公園の花木園梅園で梅が見頃になっていた。

冬枯れ色が多かった梅園にやっと華やかな色合いがやってきた。
昭和記念公園201802
上の写真で見頃になっている紅梅は、この大盃という品種。
昭和記念公園201802
そして見頃になっている白梅は八重野梅という品種。
昭和記念公園201802
これぐらい梅が咲くとメジロが蜜を吸いにきそうだけど、この日はいなかった・・・残念。

これは以前紹介した月影という萼が緑色の品種。上の白梅とくらべて全体的に青白い。
昭和記念公園201802

この桃色の品種は鴛鴦(えんおう)。鴛鴦とは雌雄が常に一緒にいるオシドリのこと。
昭和記念公園201802
この梅は1花に実が2つずつなるので、仲睦まじいオシドリからついた名前。別名、夫婦梅とも呼ばれる。

これは珍しい品種の茶筅梅(ちゃせんばい)。
昭和記念公園201802
花びらが退化して雌しべと雄しべだけになった花の姿が茶筅に似ていることからついた名前。
昭和記念公園201802

これはサンシュ、ミズキ科。別名が春黄金花(はるこがねばな)と呼ばれるだけあって、見頃になると木全体が黄金に輝くように咲く。
昭和記念公園201802
でもまだ咲き始め。

春の陽射しに輝く紅梅・白梅を背景にしたシナマンサク、マンサク科。枯れた葉が残っていて花が見づらい。
昭和記念公園201802
梅園には、枯れた葉が残っていないマンサクも咲いている。こちらの方がすっきりと花を楽しめる。
昭和記念公園201802

そしてこれは、梅園ではなく「花みどり文化センター」の屋上「浮游(ふゆう)の庭」で咲いている赤茶色のマンサク。
昭和記念公園201802
マンサクの園芸品種の1つダイアナという品種だそうだ。わりと珍しいマンサクだと思う。

昭和記念公園(Vol.252)
(撮影 2018年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園 河津桜の開花

昭和記念公園で河津桜が咲き始めた。
昭和記念公園201802
ホームページで数輪だけ咲いたことが紹介されていたので、探してみたら本当に数輪だけ咲いているのを見つけた。
昭和記念公園201802
いまにも咲きそうな蕾がたくさんあったので、暖かい日があと数日あれば一気に咲きそうな感じ。
 
今年は寒さで梅の開花も進んでいないが、河津桜の開花も遅れている。下の写真は2017年2月19日にほとんど同じ場所の河津桜を撮ったもの。
昭和記念公園201702
来週も小雪がちらつく日があるということで、ここまで咲く様子を見ることができるのはいつになるのだろうか・・・

同じく昭和記念公園のホームページでクロッカスが咲いたことが紹介されたので探してみた。
昭和記念公園201802
昭和記念公園でクロッカスがよく咲いている場所とはちょっと違う場所だけど、いち早く咲き始めていた。
昭和記念公園201802

そしてこのルリ色の小さな花はオオイヌノフグリ、ゴマノハグサ科。
昭和記念公園201802
まだ咲いているのは少しだけだったけど、道端や田んぼの畦道でこの花がたくさん咲いている姿を見ると春が来たことが実感できる。

今年は寒いけど、少しずつそして確実に春は近づいて来ている。

昭和記念公園(Vol.251)
(撮影 2018年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ラッパスイセン

2月の3連休最終日の昭和記念公園の様子。

渓流広場下流で1月に少しだけ咲き始めていたラッパスイセン、ヒガンバナ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201802
内側の花びらが長く突き出てラッパ状になる品種。いろいろひっくるめてヨウズイセンとも呼ばれる。
昭和記念公園201802
ここで咲いているラッパスイセンは黄色い花だけど、白色のラッパスイセンもある。
昭和記念公園201802
中国ではこの黄色いラッパスイセンを黄水仙と呼んでいるそうだ。

花木園の梅園では早咲きの梅がだんだんと咲き始めている。
昭和記念公園201802
これは月影という品種で花は白色だけど萼が緑色で蕾が緑白色なのが特徴。もう少したくさん咲いてくれると、全体的に緑色っぽい感じがわかるんだけど・・・まだこれから。

これは大盃という品種、濃い紅色。確かモミジにも同じ大盃という名前の品種があった。
昭和記念公園201802

1月から咲いていた八重野梅という品種。
昭和記念公園201802

最近咲き始めた道知辺という品種、薄紅色。
昭和記念公園201802

梅園の梅の足元ではたくさんの福寿草が咲いていた。
昭和記念公園201802
たいぶ茎が伸びて葉が出はじめている。
昭和記念公園201802

シナマンサク、マンサク科。枯れた葉が落ちていないので花が見えづらい。
昭和記念公園201802

一度は完全に雪の下に埋もれてしまったスノードロップ、ヒガンバナ科もまだ健在。
昭和記念公園201802

クリスマスローズ、キンポウゲ科が咲き始めた。クリスマスの頃に咲くバラに似た花というのが名前の由来なのにいま頃咲く?
昭和記念公園201802
クリスマスの頃に咲く品種もあるんだそうだ。

ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科のツボミ(花芽)。まだ咲く気配がないね。
昭和記念公園201802
モクレンの花は紫色。白い色のモクレンがハクモクレン(白木蓮)なので、モクレンをシモクレン(紫木蓮)と呼ぶこともある。
 
昭和記念公園(Vol.250)
(撮影 2018年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

節分草

節分草
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.01 昭和記念公園

節分が近づく昭和記念公園で節分草が見頃になっている。

節分草

 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2018.01  昭和記念公園

節分草(セツブンソウ)、キンポウゲ科。そばの松ぼっくりと比べればわかるが小さな花。

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

こちらを向いている花をアップで撮ったんだけど、ちょっと花びら傷んでしまっていた。
この花びらに見えるのは萼(がく)なんだそうだ。

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

下の方から青空を背景に撮ってみた。

節分草はこの後に葉が伸びてくるが4〜5月には地下茎だけ残して地上から姿を消してしまう、スプリング・エフェメラル(春のはかないもの)と呼ばれる植物。

(撮影 2018年1月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 雪景色

1月最後の週末、昭和記念公園は雪景色。
昭和記念公園201801
先週、咲いている姿を撮った福寿草も雪の下に隠れてしまっていて、顔を出していたのはこの花だけ。
昭和記念公園201801
寒いからだろか、花がしっかり開いていない。

22日(月曜日)の午後から降った雪が、その後の寒波による寒さで、この日(27日土曜日)もまだ残っている。
昭和記念公園201801
雪国の人にとっては、「それが何か?」という風景だけど、乾燥した晴天が続く東京で、ここまで雪が積もるのは年に1回あるかないかの風景。

カナールの水面も半分ぐらい氷が張っている。
昭和記念公園201801
陽射しがあたるので、カナールの右側の雪が早く溶ける。
昭和記念公園201801
たくさんの雪だるまがあるだろうと思って来たが予想が外れた。
みんなの原っぱもほとんど人がいない。
昭和記念公園201801
積雪の影響で子どもの森、わんぱく遊戯、サイクリングコースが使用できないからか子どもが全然いない。
昭和記念公園201801
富士山が少しだけ顔を出している。

花の丘。全面滑走可能って感じ(笑)
昭和記念公園201801

日本庭園のわらぼっち。
昭和記念公園201801
雪吊り。日本庭園は雪よりも池が凍っている方が目立つ。
昭和記念公園201801
それほど厚い氷ではない。
昭和記念公園201801
かなり見づらいけど清池軒の左上に富士山が顔を出している。
昭和記念公園201801

咲き始めたラッパスイセン。
昭和記念公園201801

水鳥の池も氷が張っている。
昭和記念公園201801
みんなの原っぱも同じだけど、木の周りは雪が早く溶ける。

昭和記念公園(Vol.249)
(撮影 2018年1月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

福寿草

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

福寿草、キンポウゲ科。別名、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)。

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

光に敏感で陽射しが当たらなくなると、数分で閉じてしまう。

昭和記念公園201801
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

ようやく昭和記念公園で福寿草が咲く頃になった。すごく寒いけど春は着実に近づいている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


紅梅は春の色

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

同じ梅でも白梅よりも紅梅の方が春を感じる色合いの写真になる。

1、3枚目は鴛鴦(エンオウ)、2枚目は八重寒梅という品種。
鴛鴦は「おしどり」のことで、1つの花に2つの実をつけることから、夫婦仲の良い「おしどり」に例えられた名前らしい。花も仲良く咲いている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今日は東京は4年ぶりの大雪。都心で積雪20cmを超えたらしい。
帰宅時は駅まで車で迎えに来てもらったけど、明日の朝は凍結して大変そう・・・


昭和記念公園 2018年 年明けの光景

今年最初の昭和記念公園。

やっぱり正月は富士山から。
昭和記念公園201801
これからしばらくは昭和記念公園からもきれいな富士山を見ることができる。
昭和記念公園201801
上写真は午後なので富士山がシルエットになっているが、午前中に見ると富士山の山肌が良く見える。
昭和記念公園201712

正月から咲いている花と言えばこの日本水仙、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201801
いろいろなスイセンがある中で一番最初に咲くのが日本水仙。
昭和記念公園201801

昭和記念公園のホームページで花木園梅園で梅の花が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201801
いまにも咲きそうな梅の蕾。
昭和記念公園201801
ほんの数輪咲いていたのは八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201801
まだ寒に入ったばかりで寒さはこれからなんだけど、春を先取りする梅の花は強いね。

同じ花木園梅園で咲いていたのがボケ、バラ科の花。
昭和記念公園201801
この時期から咲くボケの花を寒木瓜(カンボケ)と呼ぶそうだ。
昭和記念公園201801
せっかく咲いているんだけど、花びらの開きがしっかりしないのがちょっと残念だな。

樹液のようなモノが見える。
昭和記念公園201801
近寄ってみたところ、これは樹液だよね・・・
昭和記念公園201801
この木はサンシュ、ミズキ科。ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれるぐらい春には輝く花が咲く。
昭和記念公園201703
梅園で奥で咲いている梅の花よりも目立つ花。でもこんな感じになるのはあと2ヶ月近く先。

つい先日1月5日が小寒で寒の入り、20日が大寒、寒さはまだこれから・・・

昭和記念公園(Vol.248)
(撮影 2018年1月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち