ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園

昭和記念公園 チューリップガーデン

昭和記念公園の菜の花とソメイヨシノのコンビネーションが終わると、
次の楽しみは渓流広場のチューリップガーデン。

今年何度も昭和記念公園を訪れているが、この日は今年最高ではないかと
思うぐらいの人の多さだった(箱根駅伝予選会の日を除く)。
昭和記念公園201704
色や形が違う230品種、23万球のチューリップが渓流沿いにきれいに
デザインされ配置されている。
昭和記念公園201704
こういう風景はチューリップの本場オランダの「キューケンホフ公園」が
有名だけど、昭和記念公園もキューケンホフ公園の園長だった方を呼んで
監修を受けたそうだ。

でも、キューケンホフ公園をそのまま再現するのではなく、日本らしさ
を意識したオリジナルなデザインにしたそうで、それはここに桜が
配置されているところにも表れているんだと思う。
2昭和記念公園201704
今年はソメイヨシノの開花が遅かったので、チューリップとソメイヨシノが
一緒に楽しめる貴重な週末となった。

昭和記念公園201704
散った花びらが、この時期らしい光景を作っている。
昭和記念公園201704
水面でキラキラしているのが花びら。

渓流広場の下流の池の回り。この日はまだちょっと咲きかけの品種もあった。
昭和記念公園201704
どこを見ても様々な色合いのチューリップがきれいに配置されている。
昭和記念公園201704

そしてこの青いムスカリ。上の写真でもちょこちょこ青い部分があるが、
この青さがすごくいいアクセントになっている。
昭和記念公園201704
ムスカリも14万球植えられているそうだ。

昭和記念公園201704
これはアルマーニという、どこかで聞いたことあるような名前の品種(笑)

これはパープルプリンスという品種。
昭和記念公園201704
ちょうど1年前(2016年4月21日)に亡くなったプリンスとその代表曲
「パープル・レイン」(1984年)を一緒に思い出す名前と色。考え過ぎ?(笑)

今年は下写真のようにいろいろな品種を混ぜて植えている場所があった。
昭和記念公園201704
同じ品種を集めて植えられているのに見慣れているが、こういうアラカルトって
感じもなかなかいい。
昭和記念公園201704
ここはすごくカラフル。フルーツが一杯あるような色合いで美味しいそう。

今度の週末も見頃のチューリップが楽しめるだろう。
チューリップは枯れ始めると花びらがボロっと落ちてしまって見た目に
はっきりとわかってしまう品種もあるので、すべてのチューリップが
見頃の状態で見ることができる、最後の週末になるかもしれない。
 
昭和記念公園(Vol.207)
(撮影 2017年4月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 ソメイヨシノ

昭和記念公園201704
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.04 昭和記念公園

ふれあい橋から見た残堀川沿いの様子。
ソメイヨシノを中心にピンク色が濃いのが陽光桜、黄色はレンギョウ。
 

昭和記念公園201704

 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.04 昭和記念公園
昭和記念公園201704
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.04 昭和記念公園

年に数日間だけ見ることができる、みんなの原っぱ東花畑の菜の花と桜の園のソメイヨシノの共演。

 
昭和記念公園201704
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.04 昭和記念公園

枝が地面近くまで伸びて、枝垂れ桜と見間違えるようなソメイヨシノ。

昭和記念公園(Vol.206)
(撮影 2017年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 原種系チューリップ

昭和記念公園、こどもの森の原種系チューリップ。これは3月末の様子。

花壇でみかけるチューリップは品種改良された園芸種。原種系チューリップは
これらのもととなった野生の品種。
昭和記念公園201703

昭和記念公園201703
横で咲いているクロッカスと同じぐらいの背の高さ。チューリップとしては
背が低いね。
昭和記念公園201703

こちらは花壇に咲いているチューリップに近い感じ。
昭和記念公園201703
いわば雑草のように咲いているチューリップなので、植えっぱなしでも
毎年ちゃんと花を咲かせるそうだ。
昭和記念公園201703
回りには春の小さな花もたくさん咲いている。
昭和記念公園201703


昭和記念公園201703
上は白いサフランかタマスダレ、下はクロッカスと見間違えてしまうような
チューリップ。
昭和記念公園201703
クロッカスと花は似ているけど葉が全然違う。クロッカスはアヤメ科、
チューリップはユリ科。

原種系チューリップと一緒に咲いている黄色い花はラッパスイセン。
昭和記念公園201703
こちらの黄色い花もラッパスイセンだけど、クロッカスと同じぐらい背の高さが低い。
昭和記念公園201703
これもラッパスイセン。たぶん1つ1つ品種の名前があるんだろうね。
昭和記念公園201703
背の高いラッパスイセンとミニラッパスイセン。子どもたちを連れている大人の感じ。

この時期は季節がどんどん進んでしまって、昭和記念公園はもう桜の季節(汗)

昭和記念公園(Vol.205)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 菜の花畑と春の花々

3月末の昭和記念公園の春の花々。
この時期はどんどん季節が変わってしまうので、花もずいぶん変わってしまっているかも(汗)

ハクモクレン、モクレン科と背景の黄色はサンシュ。
昭和記念公園201703
木全体が輝いて見える。大きな花だから、これだけたくさん咲くと重いんじゃないかなぁ・・・
昭和記念公園201703

おお、もうツツジが咲いている。
昭和記念公園201703
これはツツジの中でも早く咲くゲンカイツツジ(玄海躑躅)、ツツジ科。
花が咲いたあとに葉が出てくるのはミツバツツジと同じ。
昭和記念公園201703
同じような明るい紫色のミツバツツジが咲くのは4月後半かな。

これはシデコブシ(四手辛夷)、モクレン科。
昭和記念公園201703
真っ白なコブシの花と違ってピンク色がかっている。

みんなの原っぱ東花畑の菜の花畑。
昭和記念公園201703
上のような撮り方をするとちょっと間隔が気になるけど、下のように
撮ればもう見頃(笑)。
昭和記念公園201703
家族連れがお弁当を持って遊びに来ていた。
でも菜の花畑ってちょっと匂いが「お花」って感じじゃないんだよね・・・

この日、こもれびの丘で1輪だけ咲いていたカタクリ、ユリ科。
昭和記念公園201703
いまはもうたくさん咲いてるらしい。

そしてこれはシュンラン(春蘭)、ラン科かな。
昭和記念公園201703
花と葉の色が同じで分かり辛い。もうちょっとちゃんと撮れば良かった。

昭和記念公園201703

これは花ではないけど、なんだかキクラゲに似ている何か・・・

昭和記念公園201703
これはツバキ。何咲きというのかわからないけど、花の中心がこんもり
盛り上がって咲いている。

この週末には、ソメイヨシノが見頃になって、菜の花の黄色とソメイヨシノの
ピンク色のコンビネーションが楽しめるだろう。天気が問題だけどね。

昭和記念公園(Vol.204)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 桜とメジロ

3月21日に東京でソメイヨシノ開花のニュースがあったが昭和記念公園の
ソメイヨシノはまだまだの状態。

これは3月最後の週末の様子。
昭和記念公園201703
菜の花が咲く原っぱ東花畑の奥が桜の園でソメイヨシノが咲く場所。

昭和記念公園ではソメイヨシノより早く咲く桜が見頃になっている。
昭和記念公園201703
これは陽光桜。天城吉野と寒緋桜の交配品種だそうだ。
昭和記念公園201703
ピンク色が濃いのは寒緋桜の紅色が残っているからだそうだ。
昭和記念公園201703
蕾もたくさんあるから、まだ当分見頃が続くだろう。

以前から咲いている寒緋桜(カンヒザクラ)。
昭和記念公園201703

昭和記念公園201703
 花はシワシワの感じだけどきれいな紅色が特徴の桜だね。

 昭和記念公園201703
この日はメジロが蜜を吸いに来ていた。
昭和記念公園201703
今年のメジロは紅梅、白梅、河津桜に続いてこの寒緋桜が4回目。
昭和記念公園201703
懸垂をして運動中のメジロ(笑)

これは、こもれびの池周辺でみつけた、白色とピンク色の咲き分けの梅。
昭和記念公園201703
名札を見ると「春日野」とあった。
昭和記念公園201703
咲き分けの梅は「思いのまま」だけではなかったんだね。
昭和記念公園201703
この週末は東京の桜が満開予想だけど、昭和記念公園のある立川あたりは
1週間ぐらい遅いことが多いから、来週末かな?

 昭和記念公園(Vol.203)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 クロッカス

3月の半ばぐらいになると昭和記念公園のこどもの森でクロッカスが咲き始める。
それとともに春の花の舞台が梅園がこどもの森に移ってくる。

3月下旬になるとクロッカスが見頃、原種系チューリップやヒヤシンスなども咲く。
昭和記念公園201703
まずは、クロッカス、アヤメ科。別名、花サフラン、春サフラン。
同じアヤメ科で秋に咲くサフランに似ている。逆にサフランは秋咲き
クロッカスと言われる。
昭和記念公園201703
色は、白、青、紫、黄色など。
昭和記念公園201703

オオイヌノフグリも周りに咲いているけど、主役はクロッカスだよね。
昭和記念公園201703
ミツバチも飛んで来ていたけど、ハチは菜の花畑の方が多かった。
昭和記念公園201703

クロッカスのシベの色と形に注目。
昭和記念公園201703
黄色いシベがよく目立つ。
昭和記念公園201703
先が割れている。
昭和記念公園201703
あれ?黄色の花のシベだけちょっと違うような・・・
昭和記念公園201703

この写真を見て気がついたけど、シベの色もオレンジと黄色。
昭和記念公園201703

クロッカスで、かおるちゃんを思い浮かべるのは、そこそこの年齢(笑)
昭和記念公園201703
美樹克彦のヒット曲「花はおそかった」は1967年3月の曲。

 昭和記念公園(Vol.202)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


原種系チューリップ

原種系チューリップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

原種系チューリップとは、名前の通り野生種に近いチューリップのこと。

わざわざ原種系ということは、それだけチューリップは品種改良がすすんで園芸品種が多いということかな。

これだけアップで撮ると同じ時期に咲くクロッカスと違いがわからない。オシベが違うんだけどね(笑)
 
 

乙女椿

乙女椿
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 昭和記念公園
乙女椿
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  昭和記念公園
乙女椿
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 昭和記念公園

オトメツバキ(乙女椿)、ツバキ科。学名はCamellia japonica f. otome。

千重咲きで丸い花の姿が乙女を連想させることからついた名前。

特に珍しいわけではなくツバキの園芸品種の中で最も普及している品種だそうです。


昭和記念公園 梅園とさくら橋

3月の昭和記念公園。梅園はだんだんと梅以外の花が目立ってきた。

奥は紅梅、手前の黄色い花はシナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201703
 
こちらは奥が白梅で手前の黄色い花はサンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703

別名が春黄金花。春の日差しを浴びて木全体が黄金のように輝く花。
昭和記念公園201703
小さい花の集まり。葉が出る前に花が咲くからさらにきれいに見える。
昭和記念公園201703

かなり背が高くなってきた福寿草。
昭和記念公園201703

ラッパスイセンも咲いていた。ラッパスイセンもいろいろな品種があるね。
昭和記念公園201703

梅、思いのまま。やっときれいに撮れた。
昭和記念公園201703

でも梅園の横にあるさくら橋。名前からしてさくらに囲まれていそうな橋。
昭和記念公園201703

さくら橋のすぐ奥に見えるのがシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
寒緋桜と大島桜の交雑種ではないかとされている。
昭和記念公園201703
きれいなピンク色。

その奥で咲いているがカンヒザクラ(寒緋桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
濃いピンク色。沖縄ではこの寒緋桜で花見をするそうだけど沖縄に似合う色の濃さ。
昭和記念公園201703
寒緋桜(カンヒザクラ)は別名緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれるけど、
1文字違いの彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違いやすいので、寒緋桜にした
そうだ。

 昭和記念公園(Vol.201)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

雌しべ

クロッカス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

クロッカスの雌しべ。花びらに影ができていました。


昭和記念公園 クリスマスローズほか

2月中旬の昭和記念公園の梅園以外の花の様子。

水鳥の池近くではクリスマスローズが見頃。山のように咲いていた(笑)
昭和記念公園201702
 この黒っぽいクリスマスローズはブラックパールという品種だそうだ。
昭和記念公園201702

千重咲きのツバキ、乙女椿だろうか。
昭和記念公園201702

ここは花みどり文化センター屋上の浮遊の庭。遠くにIKEAと高松口が見えている。
昭和記念公園201702
これは紅色のマンサク、ベニシナマンサク。遠くからだと枯れ木にしか見えない。
昭和記念公園201702
この浮遊の庭からはこの時期は富士山がきれいに見える。
昭和記念公園201702
ダイヤモンド富士の撮影場所としても有名な所。

残堀川沿いでは河津桜が咲き始めている。
昭和記念公園201702
この日はまだ2〜3分咲き程度。
昭和記念公園201702
この程度の咲き具合だとまだメジロは来ないかな。
昭和記念公園201702
河津桜は咲くのが早いから次にここに来るときは、見頃になっているだろう。

頭の上では飛行機が飛行機雲を作りながら飛んでいた。
昭和記念公園201702
この飛行機雲は航空機のエンジンの本数だけできるらしい。

 昭和記念公園(Vol.199)
(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 梅園の様子

昭和記念公園の梅園。先週末(2月第2週)の様子。

梅の開花がかなり進んで見頃になっている。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、一重咲きのオオサカズキ(大盃)
昭和記念公園201701

野梅系、ヤエヤバイ(八重野梅)。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、八重咲きのエンオウ(鴛鴦)、難しい字だ。
昭和記念公園201701
 
野梅系、一重咲きのミチシルベ(道知辺)。
昭和記念公園201701

昭和記念公園にも思いのまま、野梅系がある。
昭和記念公園201702
ちょっと影になってしまっていまいち・・・ 

野梅系、チャセンバイ(茶筅梅)、花びらが退化している。
昭和記念公園201702
まだこれから開くのかなと思えるけど、これでもう咲いているらしい。
昭和記念公園201702

 シナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201702
このマンサクは花が咲くときに枯れた葉が残っているのが特徴。
昭和記念公園201702

サンシュユ、ミズキ科が咲き始めた。
昭和記念公園201702
別名、春黄金花(ハルコガネバナ)と言われ、花が咲くと木全体が
黄金に輝くんだけど、まだこれから。
昭和記念公園201702

メジロの群れがやってきていた。この写真の中にメジロが4羽。
昭和記念公園201701

紅梅だけだなく、白梅にもたくさんのメジロが。
昭和記念公園201701
白梅と紅梅で味が違うのだろうか・・・
昭和記念公園201701

昭和記念公園の梅はいまが見頃、まさに最盛期をむかえているが、
すぐ後ろから、すでに桜(河津桜)の足音が聞こえてきている。

 昭和記念公園(Vol.198)
(撮影 2017年1月、2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 スノードロップほか

1月下旬、昭和記念公園の梅以外の花たち。

まずはスノードロップ、ヒガンバナ科。冬の終わりから春先にかけて咲く花。
昭和記念公園201701
 待雪草、雪の花などとも呼ばれる。
昭和記念公園201701
花が開いた時に見える、緑色の模様が逆さハートマークに見える。 
昭和記念公園201701
同じヒガンバナ科でもう少し春になってから咲く、スノーフレイク(鈴蘭水仙)に
名前も花も似ている。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201701
クリスマスの頃に咲く、ローズ(バラ)に似た花というのが名前の由来だけど、
昭和記念公園で咲くのは1月から3月にかけて。クリスマスの頃に咲く品種も
あるらしい。
昭和記念公園201701
うつむきがちに咲く花。しゃがみ込んで撮らないと花がちゃんと撮れない。

日本水仙スイセン、ヒガンバナ科。最もポピュラーなスイセン。
昭和記念公園201701
こちらはラッパスイセン。内側の花びらがラッパのように突き出ている。
昭和記念公園201701
イギリスでは人気があるスイセンのようで、ウェールズの国花になっている。
ウェールズって国だっけ。そういえば、ラグビーやサッカーだとイングランドと
ウェールズが別チームで出ているよね。
FIFAランキング(2017年2月)でもイングランドが13位でウェールズが
12位、イングランドより上。ちなみに日本は52位。
昭和記念公園201701
イギリスをWikipediaを見るとイギリスの国名は英語ではthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、
日本語ではグレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国で、イングランド、
ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されるとある。なるほど・・・ 

これはいったい何?
昭和記念公園201701
直径は1m以上ある。
昭和記念公園201701
パンパスグラスの後だった・・・中はこんな感じで生えているんだね。
昭和記念公園

最後に花ではないけれど、アオバト。全身がオリーブ色のきれいなハト。
昭和記念公園201701
テレビでは見たことがあったけど、昭和記念公園で見るのは初めて。

昭和記念公園(Vol.197)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 福寿草

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草(フクジュソウ)、キンポウゲ科。春を告げる花の代表的存在。
幸「福」と長「寿」の草というおめでたい名前の花だけど、茎と根に毒がある毒草なので注意が必要。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草は最初は茎が伸びず短い茎に花が咲き、次第に茎が伸びていく。
花が咲いたあとに葉が出て来てくるがそれも夏までで、それ以後は枯れてしまい、次の春まで地下で過ごすスプリング・エフェメラルである。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

花びらを広げて太陽の光を花の中心に集めて、その熱で虫を集めているらしく、日が陰ると温度を下げないために、すぐに花びらを閉じてしまう。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ