ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

昭和記念公園

昭和記念公園 ラッパスイセン

2月の3連休最終日の昭和記念公園の様子。

渓流広場下流で1月に少しだけ咲き始めていたラッパスイセン、ヒガンバナ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201802
内側の花びらが長く突き出てラッパ状になる品種。いろいろひっくるめてヨウズイセンとも呼ばれる。
昭和記念公園201802
ここで咲いているラッパスイセンは黄色い花だけど、白色のラッパスイセンもある。
昭和記念公園201802
中国ではこの黄色いラッパスイセンを黄水仙と呼んでいるそうだ。

花木園の梅園では早咲きの梅がだんだんと咲き始めている。
昭和記念公園201802
これは月影という品種で花は白色だけど萼が緑色で蕾が緑白色なのが特徴。もう少したくさん咲いてくれると、全体的に緑色っぽい感じがわかるんだけど・・・まだこれから。

これは大盃という品種、濃い紅色。確かモミジにも同じ大盃という名前の品種があった。
昭和記念公園201802

1月から咲いていた八重野梅という品種。
昭和記念公園201802

最近咲き始めた道知辺という品種、薄紅色。
昭和記念公園201802

梅園の梅の足元ではたくさんの福寿草が咲いていた。
昭和記念公園201802
たいぶ茎が伸びて葉が出はじめている。
昭和記念公園201802

シナマンサク、マンサク科。枯れた葉が落ちていないので花が見えづらい。
昭和記念公園201802

一度は完全に雪の下に埋もれてしまったスノードロップ、ヒガンバナ科もまだ健在。
昭和記念公園201802

クリスマスローズ、キンポウゲ科が咲き始めた。クリスマスの頃に咲くバラに似た花というのが名前の由来なのにいま頃咲く?
昭和記念公園201802
クリスマスの頃に咲く品種もあるんだそうだ。

ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科のツボミ(花芽)。まだ咲く気配がないね。
昭和記念公園201802
モクレンの花は紫色。白い色のモクレンがハクモクレン(白木蓮)なので、モクレンをシモクレン(紫木蓮)と呼ぶこともある。
 
昭和記念公園(Vol.250)
(撮影 2018年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

節分草

節分草
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2018.01 昭和記念公園

節分が近づく昭和記念公園で節分草が見頃になっている。

節分草

 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2018.01  昭和記念公園

節分草(セツブンソウ)、キンポウゲ科。そばの松ぼっくりと比べればわかるが小さな花。

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

こちらを向いている花をアップで撮ったんだけど、ちょっと花びら傷んでしまっていた。
この花びらに見えるのは萼(がく)なんだそうだ。

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

下の方から青空を背景に撮ってみた。

節分草はこの後に葉が伸びてくるが4〜5月には地下茎だけ残して地上から姿を消してしまう、スプリング・エフェメラル(春のはかないもの)と呼ばれる植物。

(撮影 2018年1月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 雪景色

1月最後の週末、昭和記念公園は雪景色。
昭和記念公園201801
先週、咲いている姿を撮った福寿草も雪の下に隠れてしまっていて、顔を出していたのはこの花だけ。
昭和記念公園201801
寒いからだろか、花がしっかり開いていない。

22日(月曜日)の午後から降った雪が、その後の寒波による寒さで、この日(27日土曜日)もまだ残っている。
昭和記念公園201801
雪国の人にとっては、「それが何か?」という風景だけど、乾燥した晴天が続く東京で、ここまで雪が積もるのは年に1回あるかないかの風景。

カナールの水面も半分ぐらい氷が張っている。
昭和記念公園201801
陽射しがあたるので、カナールの右側の雪が早く溶ける。
昭和記念公園201801
たくさんの雪だるまがあるだろうと思って来たが予想が外れた。
みんなの原っぱもほとんど人がいない。
昭和記念公園201801
積雪の影響で子どもの森、わんぱく遊戯、サイクリングコースが使用できないからか子どもが全然いない。
昭和記念公園201801
富士山が少しだけ顔を出している。

花の丘。全面滑走可能って感じ(笑)
昭和記念公園201801

日本庭園のわらぼっち。
昭和記念公園201801
雪吊り。日本庭園は雪よりも池が凍っている方が目立つ。
昭和記念公園201801
それほど厚い氷ではない。
昭和記念公園201801
かなり見づらいけど清池軒の左上に富士山が顔を出している。
昭和記念公園201801

咲き始めたラッパスイセン。
昭和記念公園201801

水鳥の池も氷が張っている。
昭和記念公園201801
みんなの原っぱも同じだけど、木の周りは雪が早く溶ける。

昭和記念公園(Vol.249)
(撮影 2018年1月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

福寿草

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

福寿草、キンポウゲ科。別名、元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)。

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

光に敏感で陽射しが当たらなくなると、数分で閉じてしまう。

昭和記念公園201801
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

ようやく昭和記念公園で福寿草が咲く頃になった。すごく寒いけど春は着実に近づいている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


紅梅は春の色

昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園
昭和記念公園201801
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.01 昭和記念公園

同じ梅でも白梅よりも紅梅の方が春を感じる色合いの写真になる。

1、3枚目は鴛鴦(エンオウ)、2枚目は八重寒梅という品種。
鴛鴦は「おしどり」のことで、1つの花に2つの実をつけることから、夫婦仲の良い「おしどり」に例えられた名前らしい。花も仲良く咲いている。

(撮影 2018年1月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今日は東京は4年ぶりの大雪。都心で積雪20cmを超えたらしい。
帰宅時は駅まで車で迎えに来てもらったけど、明日の朝は凍結して大変そう・・・


昭和記念公園 2018年 年明けの光景

今年最初の昭和記念公園。

やっぱり正月は富士山から。
昭和記念公園201801
これからしばらくは昭和記念公園からもきれいな富士山を見ることができる。
昭和記念公園201801
上写真は午後なので富士山がシルエットになっているが、午前中に見ると富士山の山肌が良く見える。
昭和記念公園201712

正月から咲いている花と言えばこの日本水仙、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201801
いろいろなスイセンがある中で一番最初に咲くのが日本水仙。
昭和記念公園201801

昭和記念公園のホームページで花木園梅園で梅の花が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201801
いまにも咲きそうな梅の蕾。
昭和記念公園201801
ほんの数輪咲いていたのは八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201801
まだ寒に入ったばかりで寒さはこれからなんだけど、春を先取りする梅の花は強いね。

同じ花木園梅園で咲いていたのがボケ、バラ科の花。
昭和記念公園201801
この時期から咲くボケの花を寒木瓜(カンボケ)と呼ぶそうだ。
昭和記念公園201801
せっかく咲いているんだけど、花びらの開きがしっかりしないのがちょっと残念だな。

樹液のようなモノが見える。
昭和記念公園201801
近寄ってみたところ、これは樹液だよね・・・
昭和記念公園201801
この木はサンシュ、ミズキ科。ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれるぐらい春には輝く花が咲く。
昭和記念公園201703
梅園で奥で咲いている梅の花よりも目立つ花。でもこんな感じになるのはあと2ヶ月近く先。

つい先日1月5日が小寒で寒の入り、20日が大寒、寒さはまだこれから・・・

昭和記念公園(Vol.248)
(撮影 2018年1月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ロウバイとシモバシラ

昭和記念公園の年末の風景。

先日までイルミネーションで飾られていたカナールに、この日はお正月らしく大凧が飾られていた。
昭和記念公園201712

このところ多摩地区もかなり冷え込んでいて水の流れが緩い場所は凍ってしまっている。
昭和記念公園201712
北国の人にすれば笑える程度のことかもしれないけど(汗)

イルミネーションの後片付け中。
昭和記念公園201712

少し前から咲いているスノードロップ、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201712

この日見たかったのがこの氷の結晶、シモバシラ。もうかなり小さくなってしまっている。
昭和記念公園201712
これはシモバシラというシソ科の多年草の植物が枯れた茎に出来た氷の結晶。
下の写真が夏に撮ったシモバシラの花。この現象が起きるのはこの花の茎の根元の部分。
昭和記念公園201209
シモバシラは地上に出ている部分は枯れているが、地中の根は活動していて地中の水を吸い上げて茎に送っている。
この氷の結晶は茎に吸い上げられた水分が茎の割れ目から出て外気に触れて凍り横に広がったもの。
昭和記念公園201712

この現象を繰り返すうちに茎の割れ目が徐々に広がっていくため、この氷の結晶はだんだんと小さくなってしまう。

これは何の花の綿毛だろう。
昭和記念公園201712

この花はロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。これからの時期、散歩をしていると、どこからか甘い香りがしてくると、この花が咲いていたりする。
昭和記念公園201712
冬晴れの青空に黄色い花が映える。
昭和記念公園201712
名前の由来は蝋細工で出来た梅のような花。確かにロウのような素材感。
昭和記念公園201712

春はシャーレーポピー、秋はコスモスで埋まる花の丘。ただいま春に向けて準備中。
昭和記念公園201712

これはセツブンソウ(節分草)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201712
この日は数輪だけ咲いていた、名前の通り節分の頃に咲く花だから、まだこれからだね。

次は高幡不動尊の年末の風景を・・・

昭和記念公園(Vol.247)
(撮影 2017年12月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション2017(その3)

昭和記念公園のウインタービスタイルミネーション。
今回は再度、立川口カナール周辺のイルミネーションの続き。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
立川口に飾られているクリスマス・リース。こもれびの丘ボランティアの制作だそうだ。

昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
上下の写真はカナールの中ほどから立川口方向を見たところ。小さな光った輪がクリスマス・リース。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

時折吹く強い風でシャンパグラスツリーの先端から水が飛んでいる。寒かった・・・。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

昼間に見たシャンパングラスツリー。上の中心部分に黒く見えるのは水を上に送るパイプ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
シャンパングラスツリーの夜の姿。やっぱり夜がいいよね(笑)
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

これもカナールを大噴水方向に見た昼間の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
昼と夜では全然違って見える。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
この日は陽が落ちたあと、まだ空が暗くなる前のマジックアワーを狙って撮ったんだけど西の空に雲があって不発だった、残念。

カナールに沿って並べられているシャンパングラスは全部で15000個使っているそうだ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
夜のシャンパングラスは下からライトアップされてきれいに輝いて見える。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
夜きれいに輝くために、昼間のメンテナンスが欠かせない。ご苦労様です。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

すっかり葉が落ちたカナール横のイチョウ並木はまさに冬の姿。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
でも夜のイルミネーション姿はなかなか見事。枯れ木に花を咲かせました!という感じ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
今年の昭和記念公園のイルミネーションはクリスマス12月25日で終了。
来年はどのようなイルミネーションが飾られるのか楽しみだ。

昭和記念公園(Vol.246)
(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

有馬記念は無事キタサンブラックが優勝。関係者も見ている人も皆ホッとしたでしょう。

7月の宝塚記念で負けてフランス(凱旋門賞)行きがなくなったことも、この馬にとっていい結果になった思う。日本競馬界の悲願とも言える凱旋門賞優勝を見ることはできなかったけど・・・。

悠々と逃げるキタサンブラックに対して最終コーナーから直線にかけて仕掛ける馬がおらず、今年流行の「忖度」があったのではないかという話も聞くけど、好スタートで楽に先頭に立つことができ、途中で仕掛けてでも前に出たいタイプの馬がいなかったこと、さらに騎手(武豊)が絶妙なペースで逃げた結果、末脚が最後まで鈍らなかったからではないかと思う。
最終コーナから仕掛けると外を回るだけ力を使い、高低差があるゴールまで持たないし、末脚勝負にしても直線が長い府中コースとは違って、直線が短くさらに高低差も大きい中山ではしっかり走られたら追いつけないでしょう。

私がブログに書いた予想は外しているけど、馬券は仲間10人で検討して買ったので馬連2−3をしっかりGetできた。自分の予想では買えない馬券だったね(汗)

キタサンブラックについて色々書きましたけど、私はディープインパクトの方が好きです

昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション(その2)そして有馬記念2017

昭和記念公園ウインタービスタイルミネーションの続き。

ウインタービスタイルミネーションは立川口カナール付近とその奥のふれあい広場で開催されている。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

今回はカナールの大噴水から奥のふれあい広場の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ここはナイトピクニックエリアになっていて、週末はここで焚き火をしたり、マシュマロを焼いたりすることができるようだ。

昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ここがふれあい広場のメイン、「公園の四季」をテーマにしたグランドイルミネーション。
[Express the four seasons of the park with illumination]
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ゆるい坂の斜面に飾られているので、高い所から眺めるとなかなかの光景。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
人の影が黒く浮き出る感じに見えて面白い。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

この場所の昼の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
この小さな温室のようなドームの中にはミラーボールが設置されている。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
種明かしというか、まるでお化け屋敷の中を明るくして見ているような感じ(笑)。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
LEDライトはこんな感じなんだね。

薄暗くなってきて少し明かりがついた状態。やはり明かりがついている方がいい。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

昭和記念公園(Vol.245)
(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今年も有馬記念の(当たらない)予想。

◎ 2.キタサンブラック
◯14.スワーヴリチャード
▲ 8.レインボーライン
△ 7.シャケトラ
X 5.トーセンビクトリー

◎キタサンブラックはこの枠をひくところも強い運を持っている。
ちょっと過熱気味で配当がいまいちだけど、ここは外すわけには
いかない。
◯スワーヴリチャードは右回り対応だけが心配だけど、調子絶好調
のM.デムーロがなんとかしてくれるでしょう。
▲レインボーラインは父ステイゴールドということでちょっと穴狙い。
△シャケトラは春の日経賞勝利と今年のM-1王者とろサーモンにあやかって。
Xトーセンビクトリーはなぜか有馬記念で走る母トゥザヴィクトリーの血で。


昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション2017

この時期恒例となった昭和記念公園のウインタービスタイルミネーション2017
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

立川口ゲート横に飾られた大きなクリスマス・リース。
奥にシャンパングラスを積み重ねたシャンパングラス・ツリーが輝いているのが見える。

下の写真は上の写真からまっすぐ前に進んだ場所の写真。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

ウインタービスタイルミネーションの看板的存在であるライトアップされたシャンパングラス・ツリー。
左右の奥にはイチョウ並木のイルミネーション&ライトアップが見える。


下の写真は上の写真からさらにまっすぐ前に進んだ場所の写真。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

シャンパングラス・ツリーの裏側から先の光景。
シャンパングラスがカナールに沿って置かれていて、奥にライトアップされた大噴水が見える。

昭和記念公園のウインタービスタイルミネーション2017は12月25日(月)まで。
23日(土)、24日(日)、25日(月)は冬の花火が打ち上げられる。

昭和記念公園(Vol.244)
(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


グラスの中の青空

昭和記念公園201712
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

青空をグラスの中に注いで撮りました(笑)

これは昭和記念公園のウインタービスタイルミネーションでライトアップされるシャンパングラスの昼間の様子です。

(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

スノードロップ

スノードロップ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

このところ紅葉ばかりで食傷気味だったブログに久しぶりの花写真(笑)
昭和記念公園でスノードロップ、ヒガンバナ科の花が咲いていた。回りが枯れ葉一杯で紅葉の名残を感じるけど。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

スノードロップは雪のしずく。冬の終わりから早春の頃(2月から3月)に咲き春を告げる花とされている。でも昭和記念公園では毎年いま頃から咲き始める。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

この花の特徴は白い花びら3枚と中心の緑色の斑点。
この緑色の斑点がハートマークに似た形の花を探して撮るようにしているんだけど、なかなか見つからない。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.12  昭和記念公園

同じヒガンバナ科にスノーフレイク(鈴蘭水仙)という花がある。写真はこちら
白い花びらに緑色の斑点の花で見た目も名前も似ているためよく間違えられる花だけど、スノーフレイクは3月から4月ぐらいに咲く花。

(撮影 2017年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 晩秋のイチョウ並木

昭和記念公園のイチョウ並木もそろそろ終わり。
日が沈む30分ぐらい前の立川口カナールのイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201711
噴水の左側のイチョウはかなり葉が落ちてしまっている。

噴水の右側のイチョウはまだ葉が比較的残っている。
昭和記念公園201711
同じ側のイチョウも噴水の方から見るとさらに葉が残っているように見えるのが面白い。たぶんこれは陽が射しているので、葉が落ちた枝があっても、その奥の葉が見えるので残っているように見えるのだろう。
昭和記念公園201711
水面に映ったイチョウ。水面に落ち葉が浮いてしまっているのがちょっと残念かな(笑)
昭和記念公園201711

秋の最後を飾るように傾いた陽射しに輝くイチョウ。
昭和記念公園201711

昭和記念公園201711

再び反対側のイチョウ並木。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の手前右側に赤く色づいたカエデが見えている。
昭和記念公園201711
カエデはイチョウよりも色づきが遅いためか、まだ緑色が残っている。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の黄葉もいいけど、やっぱりカエデの紅葉もいいなぁ(笑)

昭和記念公園(Vol.243)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 水鳥の池まわりの紅葉

昭和記念公園の水鳥の池に小さな島があって、そこには大きなケヤキの木がある。

その大きなケヤキがすごくいい感じに色づいていた。
昭和記念公園201711
ケヤキの手前には池の名前の通り水鳥が泳いでいる。

このケヤキを見ている場所は大きなスズカケノキが何本かあって大きな葉が秋らしい色になっている。
昭和記念公園201711
木に付けられた名札にはモミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木)、スズカケノキ科と書いてあった。
スズカケノキとアメリカスズカケノキとの交配種だそうだ。
昭和記念公園201711

池の対岸に見える木々も紅葉している。
昭和記念公園201711
真っ赤に色づいたカエデの紅葉もいいけど、このケヤキの色づきも味わいがある紅葉。
昭和記念公園201711
水面積が約5haあるこの水鳥の池はローボート(手漕ぎボート)やサイクルポート(足漕ぎボート)でのボート遊びができる。.
昭和記念公園201711
天気がいいとまだ暖かいから、紅葉を見ながらのボート遊びもいいかもしれない。

ここはスズカケノキがあった場所の対岸に近い場所。
昭和記念公園201711

昭和記念公園201711
ススキが陽射しに輝く姿が秋らしい雰囲気をつくりだす。
昭和記念公園201711
紅葉の間からスズカケノキがある対岸を望む。

そしてここは水鳥の池のすぐそばにある花木園菖蒲田。初夏には菖蒲が咲く場所。
昭和記念公園201711
大きなカエデがきれいに紅葉している。下の写真がこのカエデの夏の姿、ちょっと角度が違うけど。
昭和記念公園201605

カエデの木の下から撮ったところ。
昭和記念公園201711
昭和記念公園のホームページでおすすめ紅葉スポットとして紹介されていただけのことはある。
昭和記念公園201711
いい紅葉を見ることが出来た。

昭和記念公園(Vol.242)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 日本庭園の紅葉

昭和記念公園の日本庭園の紅葉が見頃になっている。
昭和記念公園201711

日本庭園の入り口のモミジの色づきはまだこれからかな。
昭和記念公園201711

日本庭園の紅葉のメインは池に突き出たこの清池軒の回りのモミジ。
昭和記念公園201711
上の写真は池を挟んだ橋から撮ったもの。逆光だけど回りのモミジが真っ赤なのがわかる。
昭和記念公園201711
これは清池軒のそばのモミジ。見頃に真っ赤っ赤。

昭和記念公園201711
これはドウダンツツジかな。これからさらに赤くなるけど、この状態でも十分いい。

昭和記念公園201711

清池軒からの眺め。池の北側にきれいに色づいた木々が並んでいる。
昭和記念公園201711
青い空と白い雲が池に映ってきれいだ。

昭和記念公園201711
色づいたモミジとそのまわりで真っ赤になっているドウダンツツジ。

昌陽という四阿(あずまや)の横から池の北側を眺めたところ。
昭和記念公園201711
池に映う青い空と紅葉がきれいに見える場所なんだけど、木々の色づきがもう少しほしいところ。

昭和記念公園(Vol.241)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ