ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

デザインを変更しました(2009年春バージョン)

早いもので明日から3月、ブログのデザインをに変更しました

いままで、キャラクターものをずっと使い続けていましたが、今回はシンプルなデザインで、写真をいちいちクリックして拡大していただかなくても、見えるサイズでアップすることができるテンプレートにしました

気まぐれに更新する散歩写真日記(別名「週刊高幡不動尊通信」)ですが、これからもお暇な時に見ていただければ幸いです、よろしくお願いします

古いデザイン
2009冬デザイン

デザインテンプレートの勉強をして、気に入ったテンプレートを写真が大きくアップできるように修正しようといつも考えているのですが、勉強するより先に季節が変わって、テンプレートごと変更してしまうことが続いています、この悪循環なんとかしなくては・・・

先日の大日堂前の枝垂梅。今日の午前中、薄日が差す天気だったので撮ってみた、でももうちょっとなんとかしなければと思う感じ
高幡不動尊大日堂前の枝垂梅
回りは少し陰ができる程度に日が差しているんだけど、この枝垂梅のあたりだけ日陰
撮影した時間帯も技術もいまいち

しかし縦型の写真だとちょっと大きすぎるかも・・・

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


百草園 春は梅と雑踏、夏は緑と静寂

たびたび散歩で訪れて、これまで何度かブログで紹介してきた、京王線沿線で梅の名所として知られている百草園は今どうしているか

梅まつりの頃の記事=梅づくし(その1)(その2)(その3)(その4)
梅まつり後の記事=新緑の頃(6/4)あじさいの頃(7/8)
ちなみに私は新緑の頃(6/4)が一番気に入っている

この時期(9月30日まで)入口受付が無人になる。
売店もお休みで園内にある松連庵での蕎麦も食べることができない

春と夏では随分人手が違うから当然といえば当然なことで、その風景と人出の違いを見るために写真を並べてみた
(写真はすべて左側が春、右側が夏、ほぼ同じ場所)

まず、梅まつりが終わると人出が極端に減る
百草園春-2百草園夏-2

緑が濃くてあじさいなど花もいろいろ咲いているのに残念
百草園春-3百草園夏-1

でも、梅の華やかさにはやはり勝てないかな
百草園春-4百草園夏-4

山全体もこんなに色が違う
百草園春-1百草園夏-3

次に人出が増える紅葉の時期に備えて、ゆっくり休んでください

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

桜の花吹雪

桜の花びらが雪のように舞う様子(川編と山編)
実際に見た時は花吹雪のようでしたが、元の動画よりも画質が落ちているのでちょっとわかり辛いかもしれません

川編は多摩川堤防横の根川、山編は高幡不動です

高幡不動のしだれ桜

高幡不動に桜を見に行ったら、なぜかしだれ桜が目立った
花見でみるソメイヨシノはもちろんきれいだけど、しだれ桜というのもなんだか趣きがある。
高幡不動の垂れ桜-4高幡不動の垂れ桜-2

植物は太陽にむかって伸びるのが普通だと思うけど何故この桜は下に垂れる?でも、この垂れている姿が、また神社仏閣によく似合う
高幡不動の垂れ桜-1高幡不動の垂れ桜-3

桜に飽きたらやっぱり真白なユキヤナギ、何故かほっとする
高幡不動のユキヤナギ

多摩川でお花見

今日は暖かで絶好のお花見日和
いつもの高幡不動には行かずに多摩川で花見をした

ここは多摩川と浅川の合流地点で写真のように1km以上桜並木が続き、桜の木の下は用意されたようにちょうど花見ができるスペースがある
多摩川堤防の桜1多摩川堤防の桜2

道路と反対側には柵があってその向こう側には「根川」という川が流れている。残念ながら水はあまりきれいではないが写真で見る桜はきれい
根川の桜

天気は最高、家から自転車で10分ほどで行けるので駐車場の心配もなく、ビールを飲んで春を満喫
多摩川の反対側の方向まで軽く探索したら、対岸にどこかで見たような看板を見つけた。こんなところに高野フルーツパーラーの倉庫か?
多摩川対岸の看板
ホームページの情報だと府中食品工場というのが該当するかも。確かにここは中央高速国立府中ICまで5分ほどの場所なので配送にはいいのかもしれない

写真ではまだ満開のように見えるけど、よ〜く見ると、実は結構散り始め状態でした
散り始め


梅と桜、全部3月の写真です

東京の3月は梅と桜の花ざかり

まずは高幡不動五重塔の全景写真。左が3月8日、右が3月29日
あまり花がなくて、それほど違いがないかな
梅と五重塔(3/8)桜と五重塔(3/29)

次に五重塔のアップの写真。バックには梅と桜
左が3月8日の梅、右が3月29日の桜。花の密度が少し違う感じか
梅と五重塔UP(3/8)桜と五重塔UP(3/29)

最後は桜が咲くまでの早さ。上が開花前3月23日(日曜日)、下が3月29日(土曜日)。1週間もしないうちに満開
桜開花前桜満開

ユキヤナギ4

この時期のユキヤナギ(雪柳)って、結構きれいだと思いませんか

春は「梅」や「桜」で目線がついつい頭から上の方に集中してしまうけど、
ふと目線を下にすると、白くて小さな花が柳の葉のようにつながって
花の噴水のように群生しているユキヤナギが咲いている
ゆきやなぎ3ゆきやなぎ1

もちろん桜も日本の春の風景としては最高なんだけど、小さなまっ白い花のユキヤナギは、大きなバラの花束のカスミ草的な存在で、なんだかホッと息がつける存在
ゆきやなぎ2

よくみると5弁で雪白の花びらをもつ小さな花、ユキヤナギはバラ科で小米花(こごめばな)とも言うらしい。

でも、この時期以外は単に緑の垣根のようで存在感があまりない・・・

近くに桜とユキヤナギが一緒に見れる場所があるので、そのうち写真を
撮りたいと思っている


百草園梅づくし(4)思いのまま

「思いのまま」という1本の木に4色の花を咲かせる珍しい梅がある
おもいのまま-4

この前行った時は、まだほとんど花が咲いていなかったので、
また百草園に行った
あんなに人がいっぱいだったのに、今日の百草園は
もうほとんど人がいなくて閑散としている
おもいのまま-0

この「思いのまま」の木にあまり花が多くなくて写真が撮りにくい
写真ではいまいちわかり辛いけど、確かに1本の木から
白と淡紅色の花が咲いている
おもいのまま-2おもいのまま-1

さんざん探したけど、残念ながら1つの花に違う色の花びらを
つけた花は見つからなかった
今日見つけた中では、たぶんこの枝が一番「思いのまま」らしい
枝だったと思う
おもいのまま-3おもいのまま-5

今週の高幡不動Vol.16(03/22)

今日の高幡不動はポカポカ暖かく、空も気持ちよく晴れている
雲ひとつない、でも花粉だらけの晴天というところでしょうか

高幡不動0322-1高幡不動0322-2

さきほど気象庁から東京、静岡、熊本で桜の開花宣言があった
東京は昨年より2日遅いらしい、今年の冬は寒かったと思うんだけど、季節はきっちりペースを守っている感じ

桜のつぼみ

高幡不動の桜のつぼみもふくらんできた

梅と桜を比べて見る

いろいろ梅の写真を撮ったけど、写真を撮っていて梅と桜はずいぶん違うと思った

公園で梅を見ながら弁当は食べない・・・というのではなく咲き方が違う。(そもそも弁当を食べないのはまだ寒いから?)

でも梅と桜は咲く時期が違うので、どのように違うのか、実は説明できない。
ということで、梅(白梅)と桜(ソメイヨシノ)の写真を並べてみた。
桜はまだ開花していないので写真は昨年のもの

白梅の枝の感じ
梅枝

ソメイヨシノの枝の感じ
さくら枝

白梅の花のアップ
梅アップ

ソメイヨシノの花のアップ
さくらアップ

一言でいうと花の密集度が違う。梅は1列に並んでいるイメージ、それに比べて桜はギッシリつまっている。

梅は全体的に質素で木の1本1本を吟味してじっくり眺めるけど、桜の木は何本も並んでいるから、とても華やかで桜並木全体を見て楽しむ。酒宴には最適

桜はソメイヨシノじゃないとまたいろいろ違ってくる、もちろん梅の木も。
並べた写真も写し方や背景、咲き具合などいろいろ条件が違うので理科の実験レポートとしては失格だね

今週の高幡不動Vol.15(03/15)

昨晩はかなりしっかりした雨だったけど、今朝はすっきり晴れた
風もなく、今日の高幡不動は完全に「春」

でも花粉もビュンビュン?

高幡不動の梅もそろそろ見頃のピークを越えて、
今週は通常の2枚の写真に戻ります


高幡不動0315-01高幡不動0315-02

高幡不動の次のイベントは何だろう・・・

朝の通勤途中にて

朝の通勤途中、道端に菜の花が咲いていて思わず写した
場所は東急田園都市線梶ヶ谷駅横

菜の花2菜の花1

駅に向かう道でこんなに菜の花が咲いていると、朝から気分爽快。
特に天気がいい日は最高

看板をみると地域のボランティアの方が手入れしているみたいですが、朝からとってもうれしい気分で素晴らしい。
ありがとうございます


百草園梅づくし(3)

百草園にはいろいろな種類の梅が咲いていたけど、梅を花の色で見ると白色、薄黄色、桃色、紅色になる。
大雑把すぎる分類でもうしわけない > 梅

まず白色、一番オーソドックス。
白全体白アップ


次に薄黄色(蝋梅)、ちょっと変わっている?
私はあまり見たことがなかった。
蝋梅全体蝋梅アップ


そして桃色。種類としては次の紅色と同じ紅梅。
いつみても桃色の梅は桃の木?と思ってしまう
桃色全体桃色アップ


最後に紅色、最初の白梅の後ろに写っている紅梅のアップ。
梅というと実際に見ることが多いのは白梅、でも絵や写真では紅梅の方が「梅」らしい気がする
紅梅全体紅梅アップ


色ではなく、型が違うものを2つ。左がしだれ梅、右が盆栽の梅。
しだれ梅梅盆栽


「梅」の写真ばっかりで、少し飽きてきましたね
百草園には他にも季節の花がいろいろ咲いています。その中で一番きれいに咲いていたのが水仙。お口なおしに水仙の写真を1枚
水仙

この水仙の写真が一番まともに写っている写真だったりします

今週の高幡不動Vol.14(03/08)

高幡不動にも春が来ました
境内を囲む梅たちが結構多いんだと気づかされた日でした

高幡不動0308-1高幡不動0308-2

このまま暖かくなれば・・・というわけにはいかないのが春ですよね
高幡不動0308-3高幡不動0308-4

この時期は隣駅の百草園で「梅まつり」が開催されているので、お不動さんへの人出はちょっと一段落
でも、高幡不動の梅もかなりきれいですよ

百草園梅づくし(2)

百草園の中は丘陵地を利用した庭園になっていて、多くの文人、茶人などが句会や茶会を開いたようで若山牧水の歌碑、松尾芭蕉の句碑などがある。

百草園内散策1百草園内散策2


梅は庭園全体に咲き競うように植えられていて、散策路を歩きながら、いろいろな種類の梅が見られるになっている

百草園内散策3百草園内散策4

百草園というより梅の良さは花の色が違ういろいろな木があって、目に飽きが来ないこと
その中でも白と桃色が重なりあっている光景は、ソメイヨシノが一群となった桜の花見と大きく違う点

百草園内1百草園内3

この角度で見るとちょっと桜の花見っぽい
百草園内4

しかし梅の写真は難しい・・・
うす曇りだったので逆光にはなりにくけど、明るさとピントが微妙。特に白い梅は少しでも明るいと飛んでしまう

今回はさすがに携帯電話のカメラでは無理だろうと、コンパクトデジカメを持って行ったけど、撮影時の調整は露出補正(明るさの+/−)のみであとはオート。すくなくとも露出とシャッター速度の選択ができないとなかなか難しい

まあデジカメなんであとからレタッチソフトでいろいろ補正することができるので、フイルム写真よりは気が楽なんだけど


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ