ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

日野市

どんど焼き 2017年

2017年1月9日に開催されたどんど焼きの様子。
地元の自治会が開催するこのどんど焼きは2010年から復活して、今回で8回目となる。

どんど焼きは、地方によって左義長などとも呼ばれ、小正月(1月15日)に日本全国で
行われるお正月の行事。
焼いている火にあたると長生きするとか、焼いた団子食べると病気をしないなどと言われる。

前日までの組み上げられたヤグラに正月飾りや書き初めなどを巻きつける。
どんど焼き2017

ヤグラの準備は11月下旬から材料となるカヤや竹を浅川の河川敷や地元の
山から集めてくることから始まっている。 約2ヶ月間、かなりの労力が費される。

どんど焼きが復活した2010年から3年間ほど私もお手伝いしたけど、寒い時期に
本当に大変な準備が必要。

ヤグラを焼いたあとの火で焼くための団子も準備されている。
どんど焼き2017
これは当日の朝から団子1500個、竹1本に3個ついているので500本が用意された。

着火は11:00。3箇所から着火。もう1箇所は裏側で見えないけど・・・
どんど焼き2017

着火するとすぐにヤグラが煙につつまれる。
どんど焼き2017

万が一の事態に備えて、地元の消防団がすぐに放水できるように待機。
どんど焼き2017
これくら離れていても、結構な熱を感じる。

上写真は着火して左上から順に1分、2分、3分、5分。
どんど焼き2017
長い期間準備して組んだやぐらもわずか5分で焼き崩れてしまう。火は本当に怖い。

どんど焼き2017
5分ほどでヤグラは崩れてしまい、後は消防団員が危なくないぐらいになるまでに火を整える。

どんど焼き2017
焼き崩れてから火を整えている時間がかなり長く、その間に竹に刺さった団子が配られる。
どんど焼き2017

じっと子どもたちが待つ中で、団子を焼いてOKの合図が出たは11:50頃。
どんど焼き2017
子どもたちが一斉に団子焼き始める。私も息子が小さい頃は一緒に団子を
焼いたことがあったけど、油断すると地面についてしまう。
どんど焼き2017
なんだか釣り堀みたいだ(笑)
どんど焼き2017
この日は、前日からの雨が朝方にやんだものの、着火前の10時ぐらいから再び
小雨が降ったりやんだりするコンディションだったけど、無事に開催されてよかった。

(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

2011年 どんど焼

昨年から復活した近所のどんど焼き。今年も自治会の回覧板でお手伝いの募集があったので1日だけですがお手伝いに参加

どんど焼2011-14


どんど焼きのヤグラを組むところ。昨年は久しぶりの復活ということで、経験者が少なく、この段階でかなり苦労したが今年はその経験が生かされてスムーズに立ち上がった。
どんど焼2011-13
下から横方向に竹を回して、それを足場にして上の方を組んでいく。もちろん私は登っていない
骨組みができたらこんな感じでカヤをつけていく。なんだか原始人の住居のようだ。
どんど焼2011-12
どんど焼の準備はこのヤグラを組む前に河川敷からカヤを刈って運んだり、竹を用意して小枝をとったりという前作業がかなりある。しかも河川敷のカヤは勝手に刈ったりできないらしく、事前に届け出たりする必要があるそうだ。
ヤグラの中の様子。この中で火を焚けばかなり暖かいだろうね
どんど焼2011-11
この日は風もなく穏やかな日で作業をしていると汗が出るぐらい、しかし本番の明日は寒くなって風も強く吹くそうだ。火を扱うので寒さよりも風の方が心配

ヤグラに中にたくさんのカヤや松飾り、枝などを入れる。昨年は中に入れる量が少なくて、燃え方が今ひとつだったので、今年は大量に入れる。
どんど焼2011-10
そんなに入るのか?って思ったけど、全部入った。かなりの収納力だ

今年は昨年よりもかなり早く作業が終わった。私も昨年は何をどう手伝ってよいのかよくわからず単に写真を撮っているだけの状態だったが、今年は次に何をやるのかが少しだけわかったので、作業の役に立てたかな。

ヤグラを組んだ翌日(=どんど焼当日)に撮った完成形

どんど焼2011-7


どんど焼きはお正月に門松や注連飾りによって出迎えた神様を炎と共に見送る意味があり、左義長、どんと焼き、どんどさん、賽の神(道祖神のこと)など、地方によりいろいろな呼び方があるそうだ

火の粉が燃え広がらないように消防団がヤグラの回りに水をまく。今日は心配していた通り風が強い・・・
どんど焼2011-8
手前に見えるのが、皆さんお楽しみの笹に刺したお団子。
子供会の代表(?)が長い竹ほうきみたいなタイマツで着火。
どんど焼2011-14
昨年いただいたコメントでは、早朝のまだ薄暗い時間に火をつけるところもあるそうだが、この日の点火は午前11時
どんど焼2011-9
しかし着火して3分もたたないうちに崩れる。しかし本当に怖いぐらいに良く燃える。
どんど焼2011-6
昨年は中に入れた焼き物が少なかったので、ここでバラバラと崩れてしまったが、今年は昨年よりも形を保っている。

昨日同様、天気はすごくいいが風も強い。青空に煙のコントラストがきれいだど、あまり煙が広がるのはご近所さんに申し訳ないね
どんど焼2011-5
だんだんと、たき火ぐらいになってきた。ここまで着火してから30分ほど。
どんど焼2011-4
この段階でもまだ竹の弾ける音がしていた。ヤグラの中に入れる竹はあらかじめ金槌で叩いて割って入れたので、ヤグラ本体の竹だろうね。しかし竹の弾ける音ってすごい音だ

「そろそろお団子を焼く準備」のアナウンスで火の回りに人が集まる
どんど焼2011-2
ちょっと面白い光景。お団子を刺した笹を手に人々が勝ち鬨の声をあげているようだ。
どんど焼2011-3
みんなでお団子を焼く。人がたくさんいるけど、お団子が焦げないよう神経をつかっているからか、会話が少なくて思いのほか静か
どんど焼2011-1
見ているだけでも煙が目にしみる光景

準備などの日程の都合だろうか、昨年も今年も3連休に行われたが、もともとは小正月(1月14日から15日)に開催される行事なんだそうだ。
2年目のどんど焼きも無事に終了。でもお片付けは手伝っていなんだけどね

(撮影 PENTAX OptioW60+K-7 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.128)多摩川河川敷の桜

多摩川河川敷桜2010-5
前記事のように午前中はくもり空の高幡不動尊できれいな桜が撮れなかった。午後になると雲がとれて太陽が顔を出し始めたので、多摩川河川敷に行ってみた

多摩川河川敷桜2010-1
きれいに咲いている。ここは多摩川土手沿いに1Kmぐらいの桜並木が続く場所

多摩川河川敷桜2010-4
真横に日野市のクリーンセンター(いわゆる焼却場)があり、さらにすぐ横を流れるこの川も少し生活排水の臭いがするところなんだけど、写真に撮る分にはそんなの関係ないのですごくきれいだ

皮肉なことに夕方になるにつれだんだん青空が広がってきた
多摩川河川敷桜2010-3
桜の下に車がたくさん止まっているけど、ほとんど地元の人しかこない場所なので、出店もなにもなく、それほど人は多くない場所。下の地図の青い印のあたりかな。

より大きな地図で 河川敷の桜並木 を表示

午前中のうさを晴らすように桜を撮った
多摩川河川敷桜2010-8
良く見ると満開の1歩手前って感じかな
多摩川河川敷桜2010-6

河川敷ということもあり結構風もあって花に近寄って撮るのがなかなか大変だった
多摩川河川敷桜2010-2

時間を忘れて撮っていたら、少し陽が傾いてきた
多摩川河川敷桜2010-7
午前中のうっぷんは晴れたけど、もう少し早く晴れて欲しかったなぁ

(撮影 2010年4月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

2010年1月11日 どんど焼

どんど焼き2009-4
1月11日に近所でどんど焼があった
周辺の自治会や有志でどんど焼が行われているが、私の住む自治会では、ずいぶん前にとりやめになって以来、長らく開催されておらず、関係者の苦労の末、今年久しぶりに復活させたそうだ

昨年末に自治会の回覧板で、どんど焼準備のお手伝い募集があった。普段あまり自治会のお手伝いをする機会が少ないので、わずか1日だけだけどお手伝いさせてもらった。
どんど焼き2009-1
どんど焼の準備には河原からカヤを刈って運んだり、竹を用意して小枝をとったりという前作業もあったけど、私は開催日前日に会場となる小学校の校庭でやぐらを組む作業を手伝うことに

久しぶりの復活ということで、やぐらの組み方を知っている人がわずか数名しかいないそうで、いろいろと試行錯誤しながらの作業。
どんど焼き2009-2
できあがったやぐらしか見たことがないけど、どんど焼のやぐらってこうやって組むんだね

寒いかなぁと思ったら、天気も良くて風もあまり吹いていなかったので結構暖かい。
どんど焼き2009-3
しかし写真ばっかり撮っていて全然手伝っていないような・・・

さて以下からは開催当日の写真
完成されたどんど焼の姿。竹を数本組んだだけの状態にカヤやワラの肉付けがされて、なかなかしっかりとしたいい感じの姿になっている
どんど焼き2009-5
どんど焼は小正月(1月15日)に行われる火祭りの行事で、お正月に飾った門松やしめ縄、書き初めで書いた物を持ち寄って焼くもの。その火にあたったり焼いた餅を食べて無病息災を願うものだそうだ

朝から持ち寄られたお正月のお飾りが回りにつけられた。ダルマの下の書き初めには「己の弱さに負けず勉学せよ」とある。ここで燃やしてしまわず勉強机のそばにずっと貼っておいた方がいいような・・・
どんど焼き2009-6

こちらは書き初めらしい言葉が並んでいる
どんど焼き2009-7
正月のお飾りだけでなく書き初めが持ち寄られるのは、焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われているからだそうだ。

日本各地で開催されていたどんど焼が中止された原因の1つにダイオキシンの問題があったと記憶しているが、飾り物についているプラスチックなどの不燃物は取り除かれていた。

火の粉が燃え広がないように、消防団が回りに水をまいてから着火。
どんど焼き2009-8

乾燥している時期だけに、すごい勢いで燃えあがった、火はやっぱり怖いね
どんど焼き2009-9

組んだ竹が燃えてやぐらがくずれたところ。このようになるまで火をつけてからわずか5分たらずだったと思う。
どんど焼き2009-10

これが夏の夜だったらキャンプファイヤーなんだろうなぁ、なんて思いつつ、しばらくはこうやって燃える様子をみんなで眺めていた。
どんど焼き2009-11
この状態でも熱くて近くに寄れない

少し燃えたかが落ち着いてきたが、まだ時々燃えた竹がはじける音がしていた。どんど焼き2009-12
竹のはじける音って結構すごい音だよね

合図とともに一斉に子ども達が竹の先につけた餅(というか団子)を焼きはじめる。
どんど焼き2009-13
この日はこの冬一番の寒い日だったけど、火の回りにいるのであまり寒くない

これ、なんだか面白い光景かも
どんど焼き2009-14
焼けた餅は竹の先だけを切ってもらい、その場で食べてもよし、持ち帰ってもよし。こうやって餅を焼くことってあまりない体験だったので、みんななかなか楽しそうだった

お正月に門松や注連飾りによって出迎えた神様を炎と共に見送る意味があり、左義長、どんと焼き、どんどさん、賽の神(道祖神のこと)など、地方によりいろいろな呼び方があるそうだ。
今回のどんど焼きの看板には「賽の神 復活第一回どんど焼き会場」と書かれていたが、来年の第二回目も微力ながらお手伝いさせていただきます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

多摩川の土手脇でお花見

土曜日の午後は予報と違って、晴れ間が広がった。午前中よりずっといい天気になったので、散歩から帰宅したあと、すぐに自転車でお花見に行くことにした

場所は多摩川の土手脇、我が家はここ数年ずっとここで花見をやっている
ここは下写真のように桜並木が1kmぐらい続いている。自分の立っている場所から左右に撮ったけど素直にパノラマ写真にすればよかったかな
多摩川花見2009-6多摩川花見2009-7
地元の人は良く知っているけど、場所もわかり辛く、特に露店が出てるわけでもなく、駐車場もないので、これだけ桜が咲いているけど、花見をする人はそれほど多くない場所

午前中に高幡不動尊で撮った桜よりずっといい感じに撮れたやっぱり太陽を見方にするときれいに撮れる
多摩川花見2009-3

川の水面は太陽が顔を出すときらきらしていい感じに見える。でも実は水はあまりきれいではない、こうやって写真を撮っていると、どぶ川とまではいかないが、生活排水の匂いが少し
多摩川花見2009-1
ここは下の地図のように多摩川と浅川の合流地点付近で、多摩川の土手というよりクリーンセンター(簡単に書くとごみ処理場)と多摩川の間、ここから多摩川の水の長れまでは、まだ100m以上河原を歩かなければならない

上のきらきらした水面やこの水の流れは多摩川と浅川の間に流れる細い根川という川。写真として撮るとなかなかきれいだけど・・・上にも書いたように水はそれほどきれいではない
多摩川花見2009-8

(下写真)とりあえずお花見ってことで
多摩川花見2009-2多摩川花見2009-4
天気予報を見て花見は翌日にやる予定だったので、何も用意もできず途中で買ったお弁当やおはぎだったけど、きれいな桜の下でお花見ができてゆっくりくつろげた

まさに満開の桜に青空、この桜の木にはなぜか青色と黄色の風船がからまっている
多摩川花見2009-10

帰りに近所の畑で見つけた菜の花
多摩川花見2009-9
なんだかピンク色ばかりの写真が続いたので、最後に眼の箸休めとして黄色と緑色をどうぞ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.53)冬眠中の向島用水親水路

この時期の散歩道はあまり撮る物がない・・・

(下写真左)特にめずらしい光景ではないけど、散歩道の浅川土手から見た、ふれあい橋と青空。東京は年末年始からずっと好天が続いている
冬の向島用水路-1冬の向島用水路-2
ふれあい橋のたもとで浅川の土手から離れて、向島用水親水路を歩いてみた。親水路の雑木林(向島緑地)の木々も冬の装い(上写真右)
落ち葉がたくさんで火気厳禁って感じ

(下写真)子ども達が水に親しんで遊べるようになっている場所も、いまは鴨たちの遊び場。このときも鴨は水浴びしていた、水は冷たくないんだ
冬の向島用水路-3冬の向島用水路-4
冬の向島用水路-5冬の向島用水路-7
(上写真)新緑の頃は木々が輝いて見えるんだけど、いまは冬眠中
これでもまだ午後14時ぐらい、もう日が暮れそうな感じ

新緑が輝く夏の向島用水親水路の様子こちら

(下写真)水車小屋の回りの様子、とても静か
冬の向島用水路-6冬の向島用水路-10
冬の向島用水路-9冬の向島用水路-8
(上写真)水車小屋のベンチ。普段はだいたいここに誰かが座っているので前を通過するだけのことが多いけど、今日は誰もいなかった

小屋の中を除いてみたら、ちゃんと脱穀やそば粉の製粉などができる仕組みになっていた
ここでそば粉を製粉して、そば打ちの実演してくれないかな

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


散歩写真(vol.30)緑のコンペイトウ?

散歩の途中で見つけた木の実、まるで緑のコンペイトウがなっているみたいだった。花の名前はもちろん木の名前もあまり知らない私だけど、この木はたぶん「カイズカイブキ」だよね
緑のコンペイトウ-1緑のコンペイトウ-2

緑のコンペイトウ-4緑のコンペイトウ-3
早速、帰宅してインターネットで調べてみた
「カイズカイブキ」「貝塚伊吹」とも書き、園芸・造園関係では広く名前は通っているものの、本名は「イブキ」とか「ビャクシン」だとか。

また「カイズカイブキ」は梨やリンゴなどの病害である赤星病の中間宿主となるため、ナシ産地では条例により「カイズカイブキ」(ビャクシン属)の植栽を規制しているところもあるということがわかった、なるほど

しかし「実」の話はほとんど出てこない

ここ日野市は梨の産地でもあるので、ひょっとしてこの木が「カイズカイブキ」であるというところから間違えているのか・・・不明

どうみても緑のコンペイトウに見えることだけは間違いないんだけど

ちびたに聞いたら、近所の子供たちの間ではフジテレビ番組の「脳内エステIQサプリ」に出てくるモヤッとボールと呼んでいるそうだ、確かにそれにも見える

さすが子供たちはこういうのを見つけて楽しむのは早いな

その後の追記
この緑のコンペイトウはカイズカイブキと同じヒノキ科のコノテガシワの球果ではないかと思われます。
教えてくださったKarenLoveさんありがとうございました。
しまさんからもオウゴンコノテガシワだと教えていただきました。
ありがとうございました。
この球果をインターネットで検索してみると、球果は裸子植物の雌の
生殖器官と書いてあったり種子と書いてあったりしますが、このあたりは
私が裸子植物がちゃんとわからないので詳細不明です。
ちなみに「まつぼっくり」や「まつかさ」がこの球果の仲間だと
書いてあるページもありました。
またヒノキ科では、ヒノキ、コノテガシワ、カイズカイブキなどが
この球果をつける樹だそうです。
いろいろ勉強になりました、ありがとうございました


すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


散歩写真(vol.26)百草園のあじさい(パノラマ写真)

京王百草園に散歩、この日は暑かった・・・

百草園はもともと梅の名所で、あじさいは有名というわけではない、さらにそろそろあじさいの季節も終わりということで、園内では男性1人と猫1匹としか出会わなかった
百草園あじさい-2百草園あじさい-1

高幡不動尊は比較的山の中の散策路だけど、こちらは日本庭園の新緑にあじさいがとけ込んで、高幡不動尊とは一味違ったいい味わい
百草園あじさい-3百草園あじさい-4
ゆっくりと自然に浸るにはこの百草園はなかなかいいと思う

園内の山を登っていくと、ひっそりと芭蕉天神というのがあった
百草園あじさい-5百草園あじさい-6

山を登ったさらに奥の方には、あじさいが一面に咲いている結構人気のポイントがある。でも今日は誰もいないので独り占めして、ゆっくりパノラマ写真を撮ってみた
百草園あじさいパノラマ
土壌の成分がちょっとずつ違うらしく、一面に咲いているあじさいの
花の色が、左側から濃青水色青紫赤紫と違っている
のが面白い

微妙な色の違いと雰囲気がちょっと伝わりにくいかな、いまいちなパノラマ写真で失礼しました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.21)向島用水親水路(向島緑地)

この向島用水親水路は先日水遊びスポット憩いのスポットについて紹介させてもらったが、写真を撮って歩いているとまだ少しだけその先があることに気がついた

水車小屋やあずまやを抜けて、遊歩道を先に進んで行くと向島緑地という雑木林があった
親水緑地1親水緑地2
特に何かがあるわけでもない普通の雑木林

でもこういう場所を残すのは、実は結構大変ではないかと思う。何もないことの大切さって書類や申請書ではなかなか説明できないから
親水緑地5親水緑地6
雑木林の先には、ぽっかりと開けたこれまた何もない原っぱがある。
「ボール遊び禁止」の立て札はあるけど、たぶんここも子供たちがかけ回る大切な空地になっているのだろう

道案内の標識にも新撰組の「誠」が描かれているのがこの街らしい
親水緑地8親水緑地4
このすぐ先には、先日紹介した浅川のふれあい橋がある

ウォーキングとして一気に歩いてしまうとわずか4,5分の遊歩道だけど、こうやってじっくり歩くと色々なものが見つかって楽しい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです

散歩写真(vol.19)向島用水親水路(憩いのスポット)

先日子供の水遊び場を紹介した向島用水親水路の続き

この遊歩道は水路沿いに雑木林が植裁され、新緑に囲まれた散歩道でもあり、木陰で気軽に森林浴が楽しめる
親水公園1-1親水公園1-3

途中には水車あずまやがあって休憩スポットになっている
親水公園水車9親水公園水車1

親水公園水車2親水公園水車5
この親水路は、子供だけでなく大人も憩える場所として考えられているのがいいところ

実際に水車は水の流れで回っているので、水車小屋の雰囲気満点
親水公園水車4親水公園水車8
常に小屋の中で脱穀したりそば粉などを製粉していたりするわけではないが、たまに実演公開をするらしい

日野市観光協会の向島用水親水路のページはここ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです

散歩写真(vol.18)向島用水親水路(水遊びスポット)

普段の散歩道を少し離れたところに「向島用水親水路」という水路沿いの遊歩道がある

自宅から駅に行く途中にあるので、たまに近くの保育園の子供たちがお散歩で歩いているのを見かける
親水公園1-10親水公園水車10
説明板は日に焼けてちょっと読めなくなっているけど、ここに遊びに来る子供たちにはあまり関係ない

この遊歩道は、子供たちが水辺に降りやすいような工夫がされていて、気軽に水遊びが楽しめるようになっている
親水公園1-2親水公園1-5

親水公園1-7親水公園1-6
上写真右にはたくさんの鯉(?)が泳いでいるのが見える
都市近郊の用水路なので清流のようなきれいな水、流れではないけど、子供たちが水に親しむには問題ない水質・環境だろう

遊んでいる子供たち、楽しそう
これからの暑い日にはもっと沢山の子供たちが遊びに来るのだろう。
思わず「おーい!一緒に入れてくれ」って言いたくなる
親水公園1-8親水公園1-9
この道は緑と水の流れだけでなく、子供たちの遊んでいる姿にも癒される
憩いの遊歩道この遊歩道を企画・設計した人たちに感謝したい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ