ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

日本水仙

京王百草園 日本水仙とロウバイ

昨年末の12月27日の京王百草園の様子。

この時期は受付が無人。入園料を受付前に置かれた箱に入れる。
京王百草園201412-1
お釣りが必要な場合は、階段をあがって松連庵(お休み処)に行く必要がある。

夏は木々の葉で覆われる階段も冬は葉が落ちて明るい。
京王百草園201412-2
木々があると夏は木陰で涼しく、冬は日向で暖かくとなるわけだね。

今年は早くも日本水仙が咲いているということで期待して行った。
京王百草園201412-6
咲いているどころかもう見頃になっていた。
京王百草園201412-8
これだけたくさん咲いていると、まだ冬が始まったばかりだというのにちょっと春を感じる。
京王百草園201412-7

京王百草園201412-9
 
京王百草園でこの時期に咲き始めるのはロウバイ、ロウバイ科。
京王百草園201412-4
この日は少しだけ咲いていた。
花全体が黄色なので素心蝋梅(ソシンロウバイ)だろう。
京王百草園201412-5
蝋細工のような梅に似た花が名前の由来。まさに見た通り。
京王百草園201412-10
花に近づくとあの特有の甘い香りがして、なんだか懐かしい気分。
京王百草園201412-3
なぜか地面に花が落ちていた。強い風でも吹いたのかな・・・?

今回もほとんどがコンパクトデジカメ(Canon PowerShot G7 X)で撮影した写真。
散歩写真としてはコンパクトデジカメでもまったく問題ないが、花の接写(マクロ)だけは
写りが今ひとつだったので、デジタル一眼レフ(PENTAX K-5IIs)での写真を採用。

撮れた写真にそれほど差はないとしても、写真を撮るという楽しみはデジタル一眼レフの
方が大きいかもしれない(笑)。

京王百草園は年末は12月29日までで年始は1月4日からの営業。

(撮影 2014年12月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

日本水仙 そして有馬記念予想

日本水仙
   Canon PowerShot G7 X 2014.12 京王百草園

京王百草園はもう日本水仙が見頃になっていました。例年より1週間以上早いと思います。


そして28日は有馬記念。今年も懲りずに予想です。

今回は単勝1.X倍という断トツの人気馬が不在で混戦模様。

本命◎ ゴールドシップ。    やはり最後は地力の強さに期待。ステイゴールド万歳って気分です(笑)
対抗○ ラストインパクト。   ディープ産駒にはちょっと苦手なコースかもしれませんが金鯱賞組として期待。
単穴▲ ジャスタウェイ。    今年はこの馬は外せないでしょう。東京2400で2着だったんですから、ここも平気でしょう。
   △ ジェンティルドンナ。  過去に女傑と言われた馬が何頭もこのレースに挑戦して散ったような記憶が(汗)
   × エピファネイア。    ジャパンカップが単なるフロックでなかったことを証明できるか?菊花賞馬なんですからね。

結局人気筋の予想ですが(汗)、それでも今回は比較的いいオッズが期待できます。



 

京王百草園 梅が見頃(2014/03/08)

梅まつり開催中の京王百草園に散歩で行ってみた。

いつもお約束の入り口写真。階段奥の方に紅梅・白梅が少し見えて春の雰囲気。
でも、この週末は天気は良いが気温は低くさらに冷たい風が吹いて寒い。
京王百草園201403-1
 
梅まつり開催中、しかも梅が見頃になった週末だけあって人は多い。
京王百草園201403-12
梅まつり開催中の週末はいろいろなイベントが開催されている。
京王百草園201403-3
3月15日(土)はハープコンサート、16日(日)はマジックショーが予定されているようだけど、
天候などにより中止の場合もあるので、詳しくは京王百草園のホームページを確認。

野点傘(のだてかさ)に赤い敷物の縁台。雰囲気があるね。
京王百草園201403-7
お茶会(和菓子付き)は500円 。まだ外は寒いので、お茶は三檪庵の茶室でいただけるようです。

茅葺屋根の松連庵の回りの白梅・紅梅。松連庵回りの定番風景はこれ
京王百草園201403-6

奥に見える竹の緑が少しアクセントになっているかな。
京王百草園201403-2

空気は冷たいけど日差しはしっかりと春になっている。 
京王百草園201403-11
この白梅の枝をメジロが飛び回っていたんだけど、ここではうまく撮れなかった。

雪吊りの回りも色とりどりに。そろそろ雪吊りの役目も終わりかな。
京王百草園201403-9
でも園内の日陰にはまだ雪が・・・
京王百草園201403-8
 
寿昌梅の回りでは福寿草がたくさん咲いている。
京王百草園201403-4
すぐそばの高幡不動尊では、まだ数輪咲き始めただけ。この咲き方の違いはなんだろう。
京王百草園201403-5
春の日差しをいっぱいに浴びてしっかり花を開いた状態。
 
春一番に咲くマンサク(満作)、マンサク科。
「まず咲く花」、「豊年満作」などが名前の由来になっているが、まんず変わった形の花だ。
京王百草園201403-10
背景の紅色は紅梅。

京王百草園201403-13
大雪で一度倒れた日本水仙がしっかり起き上がって咲いている。 

梅まつりは今週末3月16日(日曜日)まで。
今、梅は見頃になっているが花期が比較的長く、遅咲きの梅もあるので、
梅まつりが終わっても、しばらくは梅を楽しむことができるだろう。

(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 八重寒紅

1月の3連休最終日の京王百草園の様子。

ホームページに園内で毎年一番最初に咲く梅が咲いたという情報があったので行ってみた。
 京王百草園201401-3
木々の葉が落ちて妙に明るい感じの階段をのぼる。
京王百草園201401-15
年末にホームページでロウバイが1花だけ咲いたという情報を見て訪れたが、どこで咲いているのか結局見つけることができなかった。そのためブログの記事にもできなかった(涙)

でも毎年一番最初に咲く梅はわかっている。訪れてみるとやはりこの梅「八重寒紅(ヤエカンコウ)」だった。
京王百草園201401-7
実はこの3連休の初日に昭和記念公園のホームページで梅が咲いたという情報を見て訪れたが、咲いている姿を見つけることができなかった。昭和記念公園は広いからね・・・
 
今年最初の梅を京王百草園で撮ることが出来てよかった。
京王百草園201401-6
 京王百草園には数本のバラがある。梅はバラ科だけどちょっと似ているかも(笑)。
京王百草園201401-8

年末に訪れた時には咲いている姿を見ることができなかったロウバイ、ロウバイ科も見頃になっていた。
京王百草園201401-14
蝋細工のような梅に似た花が名前の由来。
京王百草園201401-9
古いランプが光っているようにも見える。
京王百草園201401-4
周辺にはロウバイの独特の甘い香りがしていた。

年末から咲いている日本水仙、ヒガンバナ科も見頃。
京王百草園201401-5
この花が咲くと春が近い。というか冬の峠を越えた気分。
京王百草園201401-1
 青空を背景に見ると、ますます春が近いような気分になる、
京王百草園201401-13

この時期は見晴台からの眺めがよい。
BlogPaint
上はスカイツリー(ハート)と新宿の高層ビル・都庁(音符)が、下には東京タワー(星)と六本木ヒルズ(クローバー)が見えている。
BlogPaint
見晴台の反対側は富士山、でかい。
京王百草園201401-12

若山牧水歌碑前のベンチからはうっすらとだけど筑波山(高さ877m、距離約90km)も見える。
京王百草園201401-2
真ん中の黒いスカイタワー西東京(高さ195m、距離約13Km)の後ろが筑波山。
ということは、筑波山からこの京王百草園が見えるということだね。

 (撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 梅まつりの様子 最終日

3月17日、京王百草園で開催されている梅まつり最終日の様子。
京王百草園201303-7
この日は晴れたり曇ったりだったけど、太陽が顔を出た時は春爛漫の気分。

京王百草園201303-1
少し前はまだ冬枯れ色だった園内に緑色が増えて春が実感できる。

京王百草園201303-5
きれいな紅色の紅千鳥
京王百草園201303-4

八重咲の梅。
京王百草園201303-8
園内では主に遅咲き系の梅が見頃になっている。
京王百草園201303-9

白、紅、桃色の梅が入り乱れて咲いている。
京王百草園201303-10
下の方に少しだけ黄色が見えるが、これは寒い時期からずっと頑張って咲いているロウバイ。

京王百草園201303-3
枝が上に伸びて、花が枝にそって咲いているのが梅らしい姿。

啓蟄が過ぎて、早咲きの梅の花びらが散る心字池にも蛙が顔を出す。
京王百草園201303-6

梅まつりの中、咲き始めた桜、ケイオウサクラ(啓翁桜)。
京王百草園201303-2
いまでもまだ日本水仙がきれいに咲きそろっている。
京王百草園201303-12
青空に映える黄色はレンギョウ、モクレン科。
京王百草園201303-11
今年は咲き始めが少し遅かったので梅まつりが終わっても、まだしばらく梅を楽しむことができそうだ。

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2013年、梅写真」に参加しています

(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 梅まつりの様子 つるし雛まつり

梅まつり開催中の京王百草園。
3月3日桃の節句に訪れると「つるし雛まつり」が開催されていた。
京王百草園201303-3
つるし雛まつりの会場となっている三檪庵の茶室一杯に飾られている。
京王百草園201303-5

つるし雛の飾りには1つ1つ意味があるそうだ。
この鳩は神の使いとも言われ皆の成長を願ってのもの。
京王百草園201303-4
赤い目のウサギは呪力があり神の遣いといわれている。
京王百草園201303-8
柿は栄養価が高く滋養があり長寿の木とされ、厄払いの効果もあるとされている。
京王百草園201303-7
農家の軒先に吊してある干し柿のようで、普段の飾りにしてもいい感じだ。
京王百草園201303-6
かわいい。ミノムシみたいだ(笑)

もちろん、梅もかなり咲いていて、この日は5分咲きだった。
京王百草園201303-13
茅葺き屋根と紅白の梅。ここにもつるし雛。障子との組み合わせを見て故郷を思い出す人もいるだろう。
京王百草園201303-11
花は花のように可愛らしく育ってほしいという願い。
京王百草園201303-12
この飾りの花は白梅かな。

梅と雪つり。日本庭園らしい光景。
京王百草園201303-10
梅が咲き始めた週末だけあって人がかなり多い。
京王百草園201303-2
ここでこれだけの人を見られるのは年に何回あるかな・・・失礼(汗)

「まず咲く」「まんず咲く」が名前の由来のマンサクが見頃。
京王百草園201303-9
日本水仙も梅に負けじと頑張っている。
京王百草園201303-1
残念ながらこの「つるし雛まつり」は3月3日で終わり。
京王百草園のホームページを見ると、梅はもう7分咲きになっているそうなので、この週末は見頃の梅を見るチャンス。

(撮影 2013年3月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年2月)福寿草と菜の花

前回アイスチューリップと節分草だった、2月の昭和記念公園の続き。

冬の東京らしい乾燥しているがいい天気。ロウバイの黄色が映える青空。
昭和記念公園201302-8

日本水仙が少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園201302-2
きれいに咲きそろうのはまだこれから。
昭和記念公園201302-1
渓流広場で見つけたラッパスイセン。この日咲いていたのはこの1輪だけ。
昭和記念公園201302-12

シナマンサク、マンサク科。シナマンサクは前年の枯れた葉がたくさん残った状態で花が咲く。
昭和記念公園201302-3
黄色いチリチリの花びら、中央の暗赤い部分が口を開いたようにも見える。
昭和記念公園201302-4
早春に他の花より先に咲くので、「まず咲く花」、から「まんさく」になったという説や、たくさんの花を咲かせるので「豊年満作」から命名されたという説がある。

福寿草、キンポウゲ科も咲き始めた。
昭和記念公園201302-5
福寿草は最初は茎が短い状態で花が咲くが、徐々に茎も葉も伸びてくる。伸びた状態の福寿草を横から見るとちょっと変な感じ(笑)。
昭和記念公園201302-6

秋にはコスモスの丘になっていたこの丘、ただいま春のシャーレーポピーの丘に生まれ変わるための準備中。
昭和記念公園201302-9

寒咲き菜の花がずいぶん咲き始めていた。
昭和記念公園201302-11
今年は寒さで生育が余り良くないらしい。
昭和記念公園201302-10
それでも、こうやってみると春らしい光景。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。この花はいつもうつむき加減で撮り辛い(汗)。
昭和記念公園201302-7
節分草、福寿草、クリスマスローズ、どれも同じキンポウゲ科。キンポウゲ科は虫媒花で美しいため観賞用に栽培される花が多いそうだ。

虫媒花(ちゅうばいか)が美しいのは、虫を誘引するため美しく目立つためだそうだが、虫にとっての魅力的な姿と人間が美しいと感じる姿にはある程度共通性があるんだろうか。

プラタナスと呼ばれることが多いモミジバスズカケノキの木の果実。
昭和記念公園201302-13
そもそもスズカケと呼ばれるのは、果実が鈴に似ているかららしい。これって鈴に似ている?

昭和記念公園(Vol.80)
(撮影 2013年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 ロウバイと寒咲アヤメ

今年最初の京王百草園への散歩は1月7日になった。
京王百草園201201-13
12月中旬ぐらいから咲き始めるロウバイが今年は遅めになり、やっと見ることができた。
京王百草園201201-14
真冬の青い空を背景に小さな黄色い花がきれいに光って見える。
京王百草園201201-1
まだしっかり咲いているのは一部の木だけ。でも周囲にはロウバイ独特の甘い香りが漂っている。
京王百草園201201-16

こちらは寒咲きアヤメ。
京王百草園201201-11
いつもこの時期にアヤメ?と言われるが、寒咲きのアヤメもあるようだ。
京王百草園201201-12
地中海沿岸原産だそうだ。地中海沿岸って寒いのか暑いのか?
続きを読む

京王百草園 梅まつりがはじまるよ

私の散歩コースの1つ京王百草園。2月5日(土)から恒例の梅まつりが開催される
京王百草園201101-13

京王百草園は江戸時代から続く落ち着いた日本庭園。
京王百草園201101-3
多くの文人や茶人がここで句会や茶会を開いたそうで、若山牧水の歌碑や松尾芭蕉の句碑などがある。

これは入り口の受付。日本庭園のムードを壊さないような造りになっている。
京王百草園201101-4

冬の間に雪が付いて枝が折れないように枝に縄を張った雪吊り。都心より寒い多摩地区とはいえ、最近は雪が積ることが少なくなった。でも冬の日本庭園らしい姿
京王百草園201101-8
いまは早咲きの梅が咲き始めているが紅梅が目立つね。

園内で一番高い見晴台から見るといまはこんな感じ
京王百草園201101-9
まだまだ枯れた色が全体を占めているけど、あと1ヶ月もすればこの景色も春爛漫の色に変わるはず

梅の背景は小さな竹林。まだ寒い日が続いているが天気のいい日はすべてが輝いて見える。
京王百草園201101-12
逆光の白梅
京王百草園201101-10
アップで見ると梅の花ってすごくいい顔しているよね
京王百草園201101-7

でもいま京王百草園の主役はこのロウバイ。甘い香りが漂っている
京王百草園201101-2
アップで見るとロウバイ(蝋梅)の名前の通り花が蝋っぽい。
京王百草園201101-5

そしてこちらも今が見頃の日本水仙。たくさんの笑顔がこちらを見ている
京王百草園201101-11
そしてカンザキアヤメも咲いている
京王百草園201101-6

京王百草園の最寄り駅はもちろん京王線の百草園。梅まつり開催中の休日は普段停車しない急行が停車する。いつも停まってくれると楽なんだけどね。
京王百草園201101-1
京王百草園には駐車場がないので、タクシーか徒歩になる。百草園駅から10分程度の距離だけど、途中にかなりの急坂があるので注意が必要
百草園駅にはタクシー乗り場がないので、タクシーに乗るならば聖蹟桜ヶ丘か高幡不動から。

次に行く頃はもう梅が見頃になっているかな

(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ