ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

日本庭園

昭和記念公園(2012年6月)菖蒲田

昭和記念公園201206-1
先週末(6/17)の昭和記念公園の菖蒲田の様子。

ハナショウブ(花菖蒲)はアヤメ科。野生の野花菖蒲を品種改良した園芸植物。
昭和記念公園201206-3
葉が菖蒲に似ていて、きれいな花が咲くことから「花菖蒲」と呼ばれるようになったそうだ。

晴れ間から日射しが照りつけた時、輝いて見えた。
昭和記念公園201206-6
ハナショウブはあじさいと並んで梅雨時の花だけど、こういう姿もなかなかいい。
昭和記念公園201206-5
ここの花菖蒲には1つ1つ品種の名札がたっているが、これは「愛知の輝き」。黄色い菖蒲は珍しいそうだ。
昭和記念公園201206-2
黄色い菖蒲としては黄菖蒲をよく見かけるが、これは外来植物が日本の定着して野生化したんだそうだ。

昭和記念公園の菖蒲田はすぐ隣にスイレンが咲いている。
昭和記念公園201206-4

昭和記念公園は西洋あじさいも見頃になっていて、この菖蒲田のそばでもきれいに咲いている。
昭和記念公園201206-7

週間予報ではこの週末はあまり天気が良くない予報だったので、この日は人が少ない方だったかもしれない。
昭和記念公園201206-8
 
昭和記念公園の花菖蒲は日本庭園でも見ることができる。
昭和記念公園201206-10
ちょうど上の人と同じところで撮ったのが下の写真。考えることは皆同じだね
昭和記念公園201206-9
ここは背景に水面と木の橋が入るのがいいね。

水面に映った花菖蒲。
昭和記念公園201206-11
水の中に森があるように見える。
昭和記念公園201206-13
ホームページの情報では花菖蒲の見頃は過ぎたようだが、まだあじさいは見頃になっているので、この週末もまだいろいろと楽しめると思う。雨さえ降らなければね

沖縄は梅雨が開けたそうですね、うらやましい

昭和記念公園(Vol.61)
(撮影 2012年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.6)日本庭園

昭和記念公園日本庭園-8
新幹線に乗って早春の京都に行きました・・・いいえ、これも3月中旬の昭和記念公園の様子

上の風景は四阿(あずまや)「昌陽」からみたところ。外から見るとこんな場所
昭和記念公園日本庭園-7
四阿(あずまや)は東屋・亭とも書き、四方に棟をもった家屋のことであるが、庭園の休息や眺望を楽しむために造られた建物を意味することが多いそうだ

池の景色よりもなんだかカメの甲羅干しが気になるよね
あちこちに顔を出している池の石の上にはカメが甲羅干しをしていた
昭和記念公園日本庭園-2

昭和記念公園の中でもここは平成9年4月に出来た日本庭園。伝統的な文化活動の場として日本人が育んできた自然観を広く多くの人々に感じ、触れていただくために造られたそうだ
昭和記念公園日本庭園-1
「池泉回遊式庭園」というそうで、菜の花畑や広い芝生の広場とはかなり趣が違う

昭和記念公園日本庭園-6
日本庭園にはこんな茶屋もあったりする。数寄屋造りの茶屋「歓楓亭」、500円でお茶(お菓子付き←大切)もいただけるそうだ

昭和記念公園日本庭園-4
意識して見るとアセビっていろいろなところで咲いているね
昭和記念公園日本庭園-3

この写真は3月中旬だったので、竹林のそばに紅白の梅が咲いていた
昭和記念公園日本庭園-5
もう今頃は昭和記念公園も桜(ソメイヨシノ)が見頃になりつつあるだろうから、ちょっと季節外れな風景、お許しを・・・

(撮影 2010年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち