ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

散歩写真

今週の高幡不動尊(10/22) 菊まつり直前

いまひとつはっきりとしない天気の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊できれいに咲いていたサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201610
こちらは別のサザンカ。
高幡不動尊201610
サザンカもいろいろと品種があるんだろうね。

高幡不動尊の境内は菊まつりの準備が着々と進んでいて、あとは主役の菊が
運び込まれるのを待つばかりとなっている。
高幡不動尊201610
次の週末(というよりもこの記事をアップした翌日)は菊まつりが始まっているからね。
高幡不動尊201610

境内には七五三参りの人も。菊まつりが始まると人が多くなるから今のうち。
高幡不動尊201610
この日の午前中はいい天気だったんだけど、午後は急に曇ってきてしまった。

少しずつ紅葉も始まっている。
高幡不動尊201610
いい感じにちょっと色が良くなくて残念。
高幡不動尊201610

ヤブミョウガ、ツユクサ科の実。
高幡不動尊201610

秋明菊、真っ盛り。菊まつりまでがんばって弁天池を飾ってくれた。
高幡不動尊201610

弁天池横のホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。
高幡不動尊201610
このホトトギスは下写真のように昨年までは大きな株だったのに剪定されてしまった。
高幡不動尊201610
10月28日から第46回高幡不動尊 菊まつりが始まる、11月17日まで。
次の週末はいい天気になるといいな。

今週の高幡不動Vol.417
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 ホトトギス

秋の昭和記念公園、コスモス以外に見たかったのはホトトギス。
ホトトギス、ユリ科は鳥のホトトギスの胸にある模様と花の斑点模様が
似ていることからつけられた名前。

こちらは、みんなの原っぱ近くで咲いていた、ホトトギス(タイワンホトトギス)。
昭和記念公園201610
高幡不動尊で咲いているホトトギスと同じで割りとよく見かけるホトトギス。
昭和記念公園201610

ところが、こもれびの丘南側斜面の園路沿いに咲いているホトトギスはちょっと違う。
これもタイワンホトトギスだと思うけど、微妙に花の色が違う。
昭和記念公園201610
これもタイワンホトトギスと同じような色なんだけど、蕾の色がちょっと違う。
昭和記念公園201610
こちらは色は同じだけど花びら全体に色がついている。
昭和記念公園201610
これは、全体的に色が薄い感じで、ヤマホトトギスに近いかな。
昭和記念公園201610

いろいろ微妙に違っていて面白い。
昭和記念公園201610
ここには白い花のホトトギスも咲いている。
昭和記念公園201610
白花のホトトギスはきれいだけど、ホトトギスの名前の由来となっている、
花びらの斑点模様がほとんどわからない。
昭和記念公園201610
ホトトギスはここまで。

ヤマラッキョウ、ユリ科。花火のように見える。
昭和記念公園201610
上は蕾で下が花。逆さにすると線香花火みたいにみえるだろう。
昭和記念公園201610
地下に球根があるが食用にはしないそうだ。

イヌショウマ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201610
上が蕾、下が花。
昭和記念公園201610
そして下は少しずつ花が枯れているものかな。
昭和記念公園201610
みんなの原っぱのコスモスのところには人がたくさんいるけど、こもれびの丘は
地味な山野草ばかりなので、人が少なくてのんびり散歩ができる。

昭和記念公園(Vol.185)
(撮影 2016年10月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(10/9) 菊祭りの準備開始

運動会シーズンなのにほとんど晴れ間がなかった秋の3連休。
土曜・日曜の2日間は午前中が雨だったから運動会も中止になってしまっただろうね。
しかし今年の秋は雨が多い・・・

七五三祈願が始まった。少し早いなと思ったけど、11月15日まではあと1ヶ月ちょっと。
高幡不動尊201610
 
早くも着物を着た小さな女の子がお参りの来ている。いまならご祈祷もすいている。
高幡不動尊201610
この日も午前中は雨が降ったので、境内もまだ濡れた場所がある。
慣れない草履で滑らないようにね。
高幡不動尊201610
境内では、菊まつりの準備が始まっている。
高幡不動尊201610
第46回になる高幡不動尊の菊まつりは10月28日から11月17日まで。

境内に入ってすぐ右側のコムラサキ(小紫)の実がきれいな明るい紫色になっていた。
高幡不動尊201610
この小紫は紫式部より実が小さいけど、密集して成るので見映えが良い。 
高幡不動尊201610

キバナアキギリ(黄花秋桐)、シソ科。
高幡不動尊201610
同じ花の形で青い色のアキギリがあるが、黄色いアキギリなのでキバナアキギリ。
高幡不動尊201610
サルビアの花にも似ている。

弁天池の秋明菊。結構咲いているんだけど、ちょっとバラバラでまとまり感がない。
高幡不動尊201610

またもや、カキツバタが咲いてる。なんだろうねこの花は・・・(笑)。
高幡不動尊201610

菊まつりまでまだ半月ある。ちょっとネタ切れ気味の高幡不動尊でした(汗)。

今週の高幡不動Vol.415
(撮影 2016年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

近所の彼岸花 実りの秋

近所の田んぼで咲いている彼岸花。
彼岸花
毎年ここはきれいに彼岸花が咲くが、今日ちょうど見頃になっていた。
彼岸花

この1週間は毎日雨が降っていて、この日も早朝に降った雨でちょっとだけしずくがついている。
彼岸花
写真を撮っていると、だんだんと雲行きが怪しくなりいまにも雨が降りそうな感じになってきた。
彼岸花
実際、この30分後には雨が振り始めた。

まさに実りの秋の光景だけど、そろそろこのあたりでも稲刈りが始まる。
彼岸花
今年は高幡不動尊や昭和記念公園よりも、この田んぼの彼岸花が一番
きれいだったような気がする。

釣鐘草

釣鐘草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市
釣鐘草

 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市

釣鐘草(ツリガネソウ)、桔梗科。別名風鈴草。

花の形はまさに釣鐘だけど、下向きよりも横から少し上向きに咲くことが多い。

初夏に咲く花なのに暑さに弱いそうだ・・・。
 
キキョウ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市

こちらは同じキキョウ科のキキョウ。確かに釣鐘草を丁寧に開いた感じ(笑)。


凌霄花

ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市

凌霄花(ノウゼンカズラ)、ノウゼンカズラ科。つる性植物でオレンジ色の南国っぽい花を咲かせる。

凌は「しのぐ」、霄は「そら」で、つるが木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。

丈夫で育てやすいことから、庭木として育てられ、この近所の凌霄花も見上げるぐらいの高さになっている。

綿毛

タンポポ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.5 東京都日野市

「たんぽぽ」の名前の由来は、たねの綿毛が丸く集まっている(写真)の姿が、綿を丸めて布などで包んだ「たんぽ」に似ていることから、「たんぽ穂」となり「たんぽぽ」になったとされる。

この姿を見ると、ついつい写真を撮りたくなる・・・(汗)。


春の紫色 3種

春の紫色
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

散歩道で見つけた、1つの庭で春に咲く紫色の花が3種類同時に咲いている様子。

ミツバツツジ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

手前下がミツバツツジ、ツツジ科。普通のツツジと違って葉が出る前に花を咲かせる。

ハナズオウ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

左上がハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。ハナズオウには白い花もある。 

キクモモ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市
 
ハナズオウの奥がキクモモ(菊桃)、バラ科。名前の通り菊の花に似た桃。

意図して集めたのならば、なかなかオシャレ。

この写真を撮ったのは少し前で、今はミツバツツジが葉の状態になり、少し奥で薄紅色のハナミズキが咲いている。
そこまで揃えたとなると、すごいと思う。

 

晩秋

落ち葉
  D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.12 高幡不動尊

紅葉で木々を色付けた後も、こうして楽しませてくれます。

こういうのを見ると撮りたくなります(笑)
 

何かの会合?

キチョウ
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.10 浅川河川敷(東京都日野市)


この場所に何があるのかわかりませんが、一度飛んで逃げた蝶もまたここに戻って来ます。

 

紫露草

ムラサキツユクサ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.10 東京都日野市

ムラサキツユクサ(紫露草)、ツユクサ科。

写真がいまひとつですが、同じツユクサ科のツユクサ(露草)とは随分と違う感じ・・・
 
 

露草

ツユクサ
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.09 昭和記念公園

ツユクサ(露草)、ツユクサ科。別名が藍花、月草、蛍草。

梅雨時期に咲く花でツユクサというわけではなく、露(朝露)を帯びた草という意味で、今頃が見頃の花。

雑草扱いされる花ですが、花びらの青色がきれいな花です。
 

上品な紫

コムラサキ
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.09 東京都日野市

コムラサキ、クマツヅラ科の実。

とてもいい色ですが、鳥が食べている様子をあまり見ないので不味いのでしょうか(笑)

 

彼岸晴れ

秋晴れ
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.09  浅川河川敷(東京都日野市)

彼岸晴れという言葉があるかどうかわかりませんが、お彼岸の秋晴れ。

彼岸の入りは明日ですけどね・・・(笑)



 

秋の風景

稲穂と彼岸花
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.09  東京都日野市
稲穂と彼岸花
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.09 東京都日野市

稲穂に彼岸花。日本の秋の風景です。
 
白い花はニラの花です。
 
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ