ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

散歩写真

今週の高幡不動尊(05/06)早くもアジサイが

1週間前ゴールデンウィーク最終日、気持ちの良い晴れ間となった東京多摩地区。

高幡不動尊の山アジサイが咲く山の中に行って見ると早くもアジサイが咲き始めていた。
高幡不動尊201805
山アジサイは西洋アジサイよりも早く咲く、その山アジサイの中でもこの黒姫アジサイは早咲きの品種。
高幡不動尊201805
咲いてたといっても、これは花ではなく萼(装飾花)で中央部分が本物の花でまだ蕾。
こちらも咲き始めていた山アジサイ綾(あや)。
高幡不動尊201805
いまは白いけどもう少しすると淡い色がついてくる。

アジサイが咲く時期だというのに、モミジの紅葉?
高幡不動尊201805
モミジってよくわからないね(笑)

これは八重咲きの空木で八重空木(ヤエウツギ)という名札がついていたけど、花びらの外側が淡いピンク色なのでサラサウツギ(更紗空木)、ユキノシタ科ではないかと思う。
高幡不動尊201805
蕾の状態だとピンク色になっているのが良く分かる。
高幡不動尊201805

これはウツギ(空木)、ユキノシタ科。なんとかウツギという花が多いが普通のウツギ(汗)
高幡不動尊201805

これはバイカウツギ(梅花空木)、ユキノシタ科ではないかと思う。
高幡不動尊201805
梅の花に似ているウツギということでついた名前だそうだ。

これは大日堂前で咲いている、シャクヤク(芍薬)、ボタン科。
高幡不動尊201805

これも大日堂前で咲いているカルミア、ツツジ科。別名アメリカシャクナゲ。
高幡不動尊201805

ムサシアブミ、サトイモ科。中央に見えている薄紫色の馬のアブミに似た仏炎苞(ブツエンホウ)の中に花があるそうだ。
高幡不動尊201805
見た目が一気に地味になった(笑)

弁天堂回りではアヤメが終わってカキツバタ、アヤメ科が元気に咲いていた。
高幡不動尊201805
このカキツバタは秋でも咲く変なカキツバタなんだけどね(笑)

ゴールデンウィーク後半は概ねいい天気だったけど、高幡不動尊を参拝する人は少なめだった。
高幡不動尊201805
連休の翌週末5月12日、13日にひの新選組まつりがあるから、その時には人出が増えるだろう。

今週の高幡不動Vol.483
(撮影 2018年5月6日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

近所の春の光景

今年は千鳥ヶ淵や新宿御苑の桜のあと、すぐに昭和記念公園のチューリップが続いて近所の春の様子をアップするタイミングを逸してしまっていた(汗)

以下は4月最初の近所の春の光景。まずは多摩川沿いに人知れず咲く数百メートル続くソメイヨシノの桜並木。今年は例年より1週間以上早かった。
近所の春201804
桜並木に似合わない背景の煙突は日野市のクリーンセンター(ゴミ焼却場)。近所の春201804
この桜並木は多摩川の堤防ではなく、根川という川沿いに咲いている。
近所の春201804
川の両側にきれいな桜、これはまさに目黒川・・・とは程遠い(汗)

こちらは近所を流れる程久保川沿いのソメイヨシノ。
近所の春201804
桜が咲いているのは子どもたちが卒業した小学校の校庭。毎年きれいに咲く。
近所の春201804
ここで記念写真を撮った。たぶん入学式の時はここの桜が咲いていたと思う。
近所の春201804

こちらは同じく程久保川沿いの遊歩道に咲く八重桜。
近所の春201804
八重桜はソメイヨシノより少し遅く咲くので、ソメイヨシノが終わったあとに続いて楽しめる。
近所の春201804
八重桜は花の密度が濃いね。
近所の春201804
この桜が散ったあとは花びらの絨毯ができる。
近所の春201804
川の両側にきれいな桜、これはまさに目黒川・・・やっぱり程遠い(汗)

上の写真でも左側で少し咲いているが程久保川沿いでは黄色い花、レンギョウ(連翹)、モクセイ科もきれいに咲く。
近所の春201804
レンギョウは春の陽射しを浴びるときれいに輝く。
近所の春201804

最後は、最近なかなか見ることができないレンゲ(蓮華)、マメ科。
近所の春201804
近所でレンゲが咲くのはここだけなんだけど、昨年は咲いているのを見ることができなかった。
近所の春201804
でも花が終わりかけなのか、ちょっと色合いと咲き具合がいまひとつ。
近所の春201804
形がいいのを探したんだけど(涙)
近所の春201804

(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(04/07)枝垂れ桜と八重桜

天気は良いものの、いままでが暖かすぎてちょっと肌寒く感じる週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊は染井吉野は終わり枝垂れ桜と八重桜が見頃になっている。
高幡不動尊201804
高幡不動尊の八重桜は境内の入り口や駐車場など敷地の周辺部分に多い。
高幡不動尊201804
毎年恒例の春季大祭国宝まつりが4月27日〜30日まで開催。毎年4月28日は年に1日だけ五重塔に上ることができる日で今年は土曜日。
高幡不動尊201804

主に五重塔周辺で咲いている枝垂れ桜。
高幡不動尊201804
この枝垂れ桜は白色と薄桃色の花が混在する。
高幡不動尊201804

こちらの枝垂れ桜は見頃のピークを少し過ぎてしまったかな。
高幡不動尊201804
入り口の仁王門を入って右側、宝輪閣前の枝垂れ桜。
高幡不動尊201804
今年は少し花の付き具合が少ないように思う。

高幡不動尊前の道路の街路樹はハナミズキ(花水木)、ミズキ科。ミズキの中で花が目立つことからついた名前。
高幡不動尊201804
その名前の由来通りハナミズキは木全体が花だらけになって花がすごく目立つ。白い花だとあたりが明るくなるぐらい。
高幡不動尊201804
ハナミズキは結構大きな木に成長する。

4月8日はお釈迦さまの誕生日をお祝いする花祭り(灌仏会)。この日は7日なので花祭りイブ。
高幡不動尊201804
毎年花祭りの時期になると不動堂の前に置かれる花で飾った小さいお堂、花御堂。これはお釈迦様が
生まれたルンビニ園をかたどったものなんだそうだ。

花御堂の中央には右手を上げた誕生仏の立像が置かれていて、参拝者は甘茶をかけて誕生を祝う。
高幡不動尊201804
この誕生仏の姿は、お釈迦様は生まれてすぐに7歩歩いて、右手で天を、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊」と言った時の姿をかたどったもの。

甘茶をかけるのはお釈迦様が生まれた時、9匹の龍が現れて甘露の雨を降り注いだという伝説に基づくそうだ。
高幡不動尊201804
これも毎年恒例の甘茶接待。麦茶に砂糖を入れた甘茶ではなく、しっかりとアマチャを煎じて作られた甘茶。味はほのかに甘いほうじ茶に似ていてその後味にハッカのような爽快感があるお茶。

 今週の高幡不動Vol.480
(撮影 2018年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

近所のムスカリ

ムスカリ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 東京都日野市

春は黄色やピンク色の花が多い中で、鮮やかな青紫色の花を咲かせるムスカリ、ユリ科。

ムスカリ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 東京都日野市

別名でグレープヒヤシンスと言われるのがわかる気がする。

ムスカリ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 東京都日野市

花びらの先が少しだけ白いのがおしゃれなデザイン。

ムスカリ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 東京都日野市

昭和記念公園ではブルーのアクセントとしてチューリップと一緒に植えられる。

ムスカリ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2018.03 東京都日野市

ここは普段の散歩道とは違う場所にある空き地。毎年ムスカリがきれいに咲いてくれるお気に入りの場所。
回りはどんどん新しい家が建っていくので、いつかは見ることができなくなってしまいそう・・・

(撮影 2018年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     



近所の彼岸花 秋の風景

近所の田んぼで咲く彼岸花。

このところずっと彼岸花ばかり撮っていて、お腹いっぱい感があるけれども・・・(汗)
近所の彼岸花2017
普通の田んぼの横で咲くここの彼岸花は毎年きれいに咲くので外せない。

近所の彼岸花2017
なぜここの彼岸花がこれだけきれいに咲くのかよくわからないけど、名所と呼ばれるところのようにきれいに咲く。

ちょうど頭を垂れた稲穂と一緒に撮れるのもいいところ。
近所の彼岸花2017
ピントを彼岸花に合わせたり稲穂に合わせたりといろいろ楽しめる。
近所の彼岸花2017
稲穂と彼岸花、日本の秋の風景。

かなり密集して咲いているのでこういう感じの写真も撮れる、なかなかいい場所だ。
近所の彼岸花2017


近所の彼岸花2017
全体的にはこんな感じ。密度は濃いけどそれほど広がっているわけではない。
近所の彼岸花2017

ちょうど散歩に出ていた空之介がそばを通りかかったので、名前を呼んだら気がついたようだ。近所の彼岸花2017
トリミングに連れて行く前日だったので毛がモフモフの空之介。

(撮影 2017年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(09/16) お地蔵さんと彼岸花

九州の近くでグズグズしている台風18号に秋雨前線が刺激されて、朝からいまにも雨が降りそうな
天気の東京多摩地区。

そろそろ彼岸花が見頃になる時期。高幡不動尊の山の中のお地蔵さんの回りで咲く彼岸花の様子。
高幡不動尊201709

高幡不動尊201709

この時期になると大日堂前などで紅白の彼岸花が咲いていたけど、山の中でこれほどたくさんの彼岸花が咲いていた記憶がない。
高幡不動尊201709

2年前から彼岸花の植栽地が整備されたけど、一緒に山の中にも彼岸花が植栽されて、それが徐々に根付いて咲き始めたのではないだろか。
高幡不動尊201709
秋らしい光景を作ってくれる。
高幡不動尊201709

ここはまだ蕾の状態のものが見られるけど、山の中はちょうどこの週末が見頃だろう。
高幡不動尊201709

お地蔵さんの回りだけでなく、山を登っている行く階段の回りなどでもきれいに咲いている。
高幡不動尊201709

にこにこ地蔵さんの回りでも。
高幡不動尊201709
頭にはパラパラと降った雨の跡。
高幡不動尊201709
こういう竹垣にも彼岸花は似合って秋らしい光景を作り出す。
高幡不動尊201709
せっかく彼岸花がきれいに咲いているのに、この天気だとお参りの人は少なくなるよね。
台風のおかげで秋の3連休がすべて雨になってしまうかもしれない・・・

今週の高幡不動Vol.460
(撮影 2017年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(09/02) 彼岸花

9月最初の週末は夏の終わりを感じる週末となった。特に土曜は最高気温が24.5℃(東京)と、
夏日にさえならなかった。

早朝まで雨が降っていたが、雨がやんだあとは急速に天気が回復していい天気になった。
高幡不動尊201709
参拝者も少なく静かな高幡不動尊の境内。

境内から少し山の中に入ったところではヒガンバナがたくさん咲いている。
高幡不動尊201709
まだちょっと早い気がするが紅白そろってきれいに咲いている。
高幡不動尊201709
高幡不動尊ってこんなにたくさん白いヒガンバナが咲いていたっけ?と思うぐらい、あちらこちらで
白いヒガンバナが咲いている。
高幡不動尊201709

でも、よく見ると真っ白な花とそうでない白い花があることがわかる。
高幡不動尊201709
真ん中に薄い赤色が入っている白花がある。
高幡不動尊201709

完全に白い花はこんな感じ。下は2番目の写真を拡大したもの。
高幡不動尊201709

それと驚いたのは黄色いヒガンバナが咲いていたこと。もう何年も高幡不動尊に来ているけど、黄色い
ヒガンバナを見た記憶がない。
高幡不動尊201709
この黄色いヒガンバナは、ショウキズイセン(鍾馗水仙)という名前。
いままでは昭和記念公園の日本庭園で見ていたけど、高幡不動尊で見たのは初めて。
高幡不動尊201709
スイセンもヒガンバナ科だし、花はヒガンバナそっくりだから、黄色いヒガンバナと呼んでも
それほど間違いではないと思う(笑)

これは山を越えて高幡城の馬場跡に作られた彼岸花の植栽地。
高幡不動尊201709
結構咲いてはいるんだけど、まだこれからなのかな・・・
高幡不動尊201709

今週の高幡不動Vol.459
(撮影 2017年8月26、9月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(08/26) 夏の終わり

8月最後の週末、猛暑になった土曜日と秋の気配を感じた日曜日になった東京多摩地区。

キツネノカミソリ、ヒガンバナ科は花と花が終わった後の実が共存している。
高幡不動尊201708
ヒガンバナ科のキツネノカミソリの次の花は、本家の彼岸花。
高幡不動尊201708
お彼岸はまだ1ヶ月近く先だけど、高幡不動尊の山の中ではヒガンバナがもう結構咲いている。

夏の間、長く花を咲かせていたヒオウギ(檜扇)、アヤメ科もキツネノカミソリと同じで花と実が共存。
高幡不動尊201708

初夏に咲いていたアガパンサス、ユリ科は花が終わって実をつけている。
高幡不動尊201708
7月に咲いていた時のアガパンサスの様子。
高幡不動尊201707

アガパンサスの足元ではコムラサキ、クマツヅラ科が実をつけている。
高幡不動尊201708
コムラサキの場合は花はあまり目立たずに終わってしまうが、これから実がきれいになる。
高幡不動尊201610
これは10月頃のコムラサキ。この明るい紫色の実がコムラサキの魅力。

秋が名前に付く花、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。少し前から咲いているけど(笑)
高幡不動尊201708
真ん中の黄色がおしべ、変わった形だ。
高幡不動尊201708

高幡不動尊の駐車場で開催される納涼盆踊りは27日、28日。
高幡不動尊201708
盆踊りが終わると、高幡不動尊の夏も終わる。
高幡不動尊201708
五重塔横のモミジ。ほんの少しだけ色づき始めたかな。

今週の高幡不動Vol.458
(撮影 2017年8月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/17)  やまゆり

酷暑の3連休となった東京多摩地区。17日の海の日は東京都心で今年初めての
酷暑日になったそうだけど、内陸の多摩地区はすでに何度か酷暑日になっているに違いない。

あじさいの珠切りが終わった高幡不動尊。西洋あじさいが咲いていた四季の道の様子。
高幡不動尊201707
また来年にきれいな花を咲かせるためだとはいえ、一気に花がなくなった風景は
ちょっとさみしい。
高幡不動尊201707
でもすべてのあじさいの花が刈られたわけではない。
高幡不動尊201707
なんらかの特徴がある品種の花は残しているのだろう。

これはマンリョウ(万両)、ヤブコウジ科の花。
高幡不動尊201707
赤くて艶のある実と違って花は質素で目立たない。

これはヤブミョウガ、ツユクサ科。この花、なかなかピントが合わせづらい(汗)
高幡不動尊201707
実は最初が緑色で熟すと割りときれいな濃い青紫色になる。

ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科の花が咲き始めた。
高幡不動尊201707
弁天池で見つけた今年最初の1輪目。

あじさいまつりが終わる頃に咲き始めたやまゆり(山百合)。
高幡不動尊201707
自然に咲いているやまゆりは花の重さに耐えきれず地面に倒れそう。

ここは倒れないように竹で支柱が作られている場所。一部はもう枯れ始めている。
高幡不動尊201707
少し離れた場所でもやまゆりが咲いているといい香りが漂う。
高幡不動尊201707
やまゆりは日本特産のゆりで大正時代まで主要な輸出品だったそうで、やまゆりを原種に
品種改良されて、カサブランカを代表とする、オリエンタル・ハイブリッド系の品種群が
できたそうだ。
高幡不動尊201707
昨年まで、我が家の庭でもやまゆりが咲いていたんだけど、今年はダメだった・・・

高幡不動尊201707
夏の風物詩をみつけた。

今週の高幡不動Vol.452
(撮影 2017年7月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

近所の花菖蒲畑

近所の花菖蒲畑、6月にアップしそびれてしまった・・・(汗)。

その花菖蒲畑は、田んぼの端っこにある。
花菖蒲
ここは毎年見事な花菖蒲を見せてくれるので、この時期が来るのを楽しみにしている。
花菖蒲
たぶんこの田んぼの持ち主が趣味で世話をしているのだろうけど、すごく見ごたえがある。
花菖蒲
土作りや施肥などは回りの田んぼと一緒に世話しているんだろうけど、これだけ
見事に毎年咲かせるためには、株分けや植え替えなどが必要だから、かなりの労力が
かかっているはず。ありがたいことです。
花菖蒲

何種類かの花菖蒲が咲いているけど、有料の花菖蒲園とは違うので品種名はわからない。
花菖蒲
日本の伝統園芸植物である花菖蒲は江戸時代から品種改良がすすみ、現在では
2000品種以上存在するとも言われているので、そう簡単に名前はわからないよね。
花菖蒲

花菖蒲
また来年も楽しみにしています。

(撮影 2017年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/09)  あさじいまつりが終わって

この週末はいい天気で猛暑となった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内ではアガパンサス、ユリ科が涼し気な水色の花を咲かせている。
高幡不動尊201707
色は涼し気だけど、やっぱり暑い。
高幡不動尊201707

あじさいまつりは7日(金)で終わったが、まだあちらこちらできれいに咲いている
あじさいを見ることができる。
高幡不動尊201707
このウズアジサイ(渦紫陽花)は花びらが丸まっているからなかなか枯れないのか?

お地蔵さん(ではなく弘法大師像)の回りでもまだきれいに咲いているあじさいがある。
高幡不動尊201707

四季の道の西洋あじさいもきれいに咲いている。
高幡不動尊201707
でも、人がぐっと少なくなった。
高幡不動尊201707
あじさいまつりが終わったというのもあるが、猛暑だからかもしれない。
高幡不動尊201707
赤色系のあじさいもこんな色になっている。
山あじさい紅はなんとか花びらの形を保っているけど色がすごく濃くなった。
高幡不動尊201707

あじさいまつりが終わる頃には、やまゆり(山百合)が咲き始める。
高幡不動尊201707
この時期だけ見ることができる、あじさいとやまゆりのコラボ。
高幡不動尊201707
やまゆりは自立できないぐらい茎が延びるので支えが作られている。
高幡不動尊201707
やまゆりが咲いていると少し離れたところからでもいい香りがする。

我が家で咲いたイエローカサブランカ。すごくいい香りがする。
イエローカサブランカ
こちらはピンクカサブランカ。イエローほど色がついていない。
ピンクカサブランカ
この2つはカサブランカという名前はついているが正確にはカサブランカではなく、
売りやすいから付けられた名前なんだそうだ。
オリエンタルハイブリッド系のユリなので花の形はカサブランカそのものだけど。
我が家の本物のカサブランカはまだ蕾。

今週の高幡不動Vol.451
(撮影 2017年7月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

スポットライト 美山八重紫

スポットライト
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.05 高幡不動尊

木漏れ日がスポットライトのように山あじさい(美山八重紫)を照らしていました。

7月7日まで高幡不動尊あじさいまつり開催中。


金麦(麦秋至)

金麦
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.05 東京都日野市

ちょうどいまの時期は二十四節気をさらに三分に細分化した七十二候の麦秋至(むぎのときいたる)。

冬を越した麦が熟して穂が黄金色に輝く頃を、麦にとっての収穫の秋であることから「麦秋」と名付けられたもの。

写真を撮っていてビールが飲みたくなる光景(笑)。


京王百草園 アヤメの仲間

京王百草園の藤棚以外の花々。

心字池のそばで咲くアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201705
アヤメは葉が細いことと花びらの元の部分に網目の模様があるのが特徴。
京王百草園201705
ここは弁天池のそばだけどアヤメは乾いた土に生える。
ブログを始めた頃はアヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分けが全然つかなかったけど、
だんだんとわかるようになってきた(笑)。

こちらはイチハツ(一初)、アヤメ科。アヤメ科の中でいち早く咲くからついた名前と言われる。
京王百草園201705
特徴は、花びらにあるトサカ状の白いヒラヒラ。ハナムグリが蜜を吸っていた。
京王百草園201705
イチハツも乾いた土に生える。

こちらはジャーマンアイリス、アヤメ科。別名ドイツアヤメ、そのまんまの別名。
京王百草園201705
花の上の方が大きくひらひらになっているが特徴でなんとなく洋風に見える。
この日はカキツバタが咲いていなかったけど、カキツバタはもう少し後
から湿地に咲く。百草園では心字池回りに咲く。

こちらはオダマキ(苧環)、キンポゲ科。
京王百草園201705
下も同じくオダマキ。ちょっと色が薄い。
京王百草園201705

新緑の中の赤い色はカエデの花。
京王百草園201705
カエデの花は羽根のような形をしていて、秋に実がなり木から落ちる時に風に飛ばされて
遠くに運ばれるようになっているそうだ。
京王百草園201705

これはボタン(牡丹)、ボタン科。花はシャクヤク(芍薬)に似ているが葉が違う。
京王百草園201705
シャクヤクはもう少し後から咲く。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201705
花が波立つような形をしているからついた名前だそうだ。もう少しアップで撮って
おけばよかったかな(汗)

京王百草園201705
上はコデマリ、バラ科。下はオオデマリ、スイカズラ科。
名前は手毬の小と大の違いだけど、花はだいぶ違う・・・。
京王百草園201705
オオデマリは白いアジサイに似ているけど、咲く時期がかなり早い。

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 藤棚

藤がきれいに咲く時期なので藤棚を見に京王百草園に行ってみた。

前回訪れたのは梅まつり開催中の2月下旬、 久しぶりに訪れた
京王百草園は新緑に包まれた雰囲気になっていた。
京王百草園201705

手前で咲いている白い花はボタン。
京王百草園201705

この時期の京王百草園はいろいろな花を見ることができるが、まずは奥の方に見える
藤棚に向かう。

京王百草園の藤棚は毎年ゴールデンウィークの頃に見頃になる。
京王百草園201705
茶室の前にある藤棚はそれほど大きくはないが、日本庭園にしっかり溶け込んでいる。
京王百草園201705

京王百草園201705
藤棚の端の方のフジは花房が長く垂れ下がっているけど中央部分の花房が短い。
京王百草園201705
以前は棚全体に長く垂れ下がっていたんだけど、2,3年前にまったく花が
咲かない年があって、それ以後なんだか全体的に勢いがなくなってしまった
感じがある。
京王百草園201705
藤棚の見頃にあわせて、茶室の前に赤い野点傘や赤い毛氈を敷いた床机が
置かれて雰囲気ある光景になっていたんだけど、この日は置かれていなかった。

下写真は2013年5月3日に撮ったもの。
京王百草園201305
雰囲気がかなり違う・・・

このフジはノダナガフジ(野田長藤)、マメ科。ノダフジの園芸品種。
京王百草園201705
蜜がたくさん出るのだろうか、大きなハチがたくさん飛んでいる。
マルハナバチの仲間で、おとなしい性質だとわかっていてもその羽音が
かなり気になる。

京王百草園201705
少し離れて見ると緑の中に溶け込んでいていい雰囲気になっている。
京王百草園201705

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ