先日、手打ち蕎麦屋に行く時に、5月に行った百草園駅すぐそばの大宮神社から始まる七生丘陵散策路(東コース)を歩いた。

大宮神社も山の中の雰囲気だったけど、この散策路もどこかの山の中に入っていく感じ
手打ち蕎麦むら岡2手打ち蕎麦むら岡1

(下写真左)ここはどこ?というようなうっそうと木が茂った道を5分ほど歩くと、ひと山越えて少し開けた道に変わる。さすがに本物の山中ではないので距離は短い
七生丘陵散策路1手打ち蕎麦むら岡3

(上写真右)これは普通の家?と思うようなすごく素敵な建物を発見
どこかの保養施設のロッジのようだけど、表札もあって普通に人が生活している感じだった

目的の手打ち蕎麦屋に到着。「手打蕎麦 むら岡」いい感じの店構え
手打ち蕎麦むら岡9手打ち蕎麦むら岡8
ここは定年後の店主が開いた家族経営の店なので、休みの日は売り切れてしまう。3月に百草園梅まつりを見た帰りに寄ったけど、その時は13時ですでに売り切れだった。

少し狭いけど明るい店内と注文したお蕎麦
手打ち蕎麦むら岡11手打ち蕎麦むら岡10

むら岡そば1むら岡そば2
土日祝日限定の2色そば(しそとノーマルの2色)、岩のりとろそば、ごまようかん←超美味です
蕎麦はコシがしっかりあるけど、ツルんとした食感のそば。定年後とはいえさすがプロ、自分で打つそばとは全然違う、当然です・・・

今回は12時前に到着したので、売り切れにはなっていなかったけど、約1時間待った
暇なので、歩いて1,2分のところにあるジェラート屋さんの牛舎、もぐさファームに行ってみると、今回は子牛がいた、なかなかかわいい
手打ち蕎麦むら岡6手打ち蕎麦むら岡5
ちびたが子牛を見ていきなり「お正月の羽根つきで失敗した時みたい」と言った。
意味がわからず良く聞いてみると、目の回りや口の回りを墨で塗られたみたいな顔しているからだそうだ
子供の印象はストレートだでもなぜこんな顔しているの

食後の運動は、再び七生丘陵散策路(東コース)に戻って、先に進む。
手打ち蕎麦むら岡12七生丘陵散策路2
山の中をまた5,6分歩くと、急に開けた普通の道に出る、今日はこの百草園入口(上写真左の石壁が途切れたところ)までで終了

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログ ランキングです