ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

思いのまま

今週の高幡不動尊(1/2,4,9,11) お正月のようす

穏やかで暖かなお正月になった東京多摩地区。

今年の初詣は1月2日、混雑をさけて夕方にした。
高幡不動尊2016-1
この日の15時頃は参道に長い列ができていたけど、この時間(18時前)は
待つことなく入口の仁王門をくぐることができた。

それでも境内には不動堂にお参りする列ができていた。
高幡不動尊2016-2

もちろん初詣には空之介も一緒。
高幡不動尊2016-3
抱っこしていると暖かいんだよね(笑)。

五重塔から境内を見たところ。
高幡不動尊2016-4
こういう夜の光景はお正月ならでは。
高幡不動尊2016-5

ここからは1月4日の様子。
高幡不動尊2016-16
この時は参道には列ができていなかったが、仁王門から不動堂までお参りする列ができていた。

大日堂前のお参りの列。大日堂前にこういう列ができるのはこの時期ならでは。
高幡不動尊2016-9

境内にはまだたくさんの露店が出ている。
高幡不動尊2016-14

五重塔から境内を見たところ。上にある夜の光景とはまた違った感じ。
高幡不動尊2016-17

お正月らしい縁起物。
高幡不動尊2016-6
干支の置物。
高幡不動尊2016-7
そしてダルマ。金色のダルマはなんだか縁起が良さそう。
高幡不動尊2016-8
きれいな色のチョコバナナ。
高幡不動尊2016-10
この鮎は美味しそう。
高幡不動尊2016-18

1月4日は仕事始めの日だけどまだ参拝の人がたくさん。
高幡不動尊2016-11

ここからは1月9日。
高幡不動尊2016-12
列はできていなかったが、まだ大勢の参拝者で混雑している。
高幡不動尊2016-13
五重塔から境内をみた感じでは上の写真(1月4日)に比べると人も少なく、
露店も若干減った感じ。
高幡不動尊2016-15
そして玉こんにゃくの露店が定位置に出るようになった。

ここからは1月11日のようす。
高幡不動尊2016-19
不動堂にあがる階段に列ができているものの、境内の人はかなり減ってきた。

五重塔前の思いのまま(梅)が咲いているのを見つけた。
高幡不動尊2016-20
この梅は高幡不動尊の中でも割と遅めに咲く梅。暖冬とはいえ、早いなぁ・・・

高幡不動尊2016-21
玉こんにゃくの露店が定位置に出ているここからの様子もずいぶん落ち着いてきた。

 今週の高幡不動Vol.382
(撮影 2016年1月2,4,9,11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

梅 思いのまま

梅 思いのまま
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.02  高幡不動尊
 
高幡不動尊、五重塔の前に咲く梅「思いのまま」。

やはりこの梅を見ないと春が来ません。



2月の週末は1日だけ出社前に写真を撮ることができました(汗)


昭和記念公園(2014年3月) 梅「月影」

3月の昭和記念公園。立川口につながるこの場所はまだ冬色。
昭和記念公園201403-1

それでもさすがに3月半ば、梅園の梅が見頃になっていた。昭和記念公園201403-4
白梅、紅梅、そして黄色はサンシュ、ミズキ科。
梅園といいながらも、別名春黄金花と呼ばれるサンシュが結構人気。
昭和記念公園201403-3
梅園に黄色の梅が咲いている感じ。
昭和記念公園201403-14
青空を背景にした姿が似合う花だね。
昭和記念公園201403-2

昭和記念公園の梅園でも「思いのまま」が咲いている。
昭和記念公園201403-5

離れたところから見ると、少し青白く見えるこの梅は月影と呼ばれる品種。
昭和記念公園201403-6
白梅だけど花が薄緑色に見える。
昭和記念公園201403-7
それはガクが緑色だから。そして蕾も緑白色(笑)。
昭和記念公園201403-8

梅園を離れてクロッカスが咲いているこどもの森に向かう途中。クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-15
この花も薄緑色・・・
昭和記念公園201403-9
クリスマスローズには、こういう深いワインレッド色もある。こちらの色の方がいいな(笑)。

オオバナキバナセツブンソウ(大花黄花節分草)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-10
節分草より一回り以上大きくて、節分草というより福寿草に近い感じだよね。
まあみんなキンポウゲ科(笑)

ミシュチェンコアナ、ユリ科。名札があったから名前がわかったが初めて聞く名前。
昭和記念公園201403-12
薄青色の線が入った後姿がなかなかいい。
昭和記念公園201403-13
でも、この花によく似た花は他にたくさんありそう(汗)

ミニアイリス、アヤメ科。名前の通り、かなり小さめのアヤメ。
昭和記念公園201403-11
そういえばクロッカスもアヤメ科。
昭和記念公園201403-16
春のアヤメ科そろい踏み。

昭和記念公園(Vol.107)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


今週の高幡不動(3/16) やっと河津桜が咲いた

3月16日(日曜日)の高幡不動尊の様子。いい天気だけど気温は低め。

今日はお参りの人が少し多い。
高幡不動201403-1
先月は大雪のため中止になったござれ市。
高幡不動201403-2
梅が見頃で春らしい雰囲気になってきた。
高幡不動201403-3

大日堂横のヒュウガミズキ(日向水木)が咲き始めた、名前にミズキが付くがミズキ科ではなくマンサク科(笑)。
高幡不動201403-4
ヒュウガミズキはトサミズキより丸っこくて小さくオシベが黄色。

高幡不動201403-9
五重塔前の梅「思いのまま」、見頃になった。高幡不動201403-8
同じ花に白い花びらと紅色の花びら。そして同じ枝に白梅と紅梅。
高幡不動201403-7

上を見たらちょうど飛行機が飛んでいた。
高幡不動201403-10
これだけきれいに見えるということは、まだ空気が冬ってことだね。

河津桜が咲き始めた。今年はちょっと遅い。
高幡不動201403-5
高幡不動尊の河津桜は交通安全祈願殿の裏側にある藤棚のそば。
高幡不動201403-6
「さくらさく」合格通知のようだ。

 弁天池のところにヒヨドリが。
高幡不動201403-12
高幡不動尊の山の中では一番よく見かける鳥。
高幡不動201403-13
弁天池の鯉にあげるエサをもらっていた。

サンシュがきれいに咲いている。このサンシュはミズキ科。
高幡不動201403-11
春黄金花という別名があるけど、さすがに五重塔の金色には負けるね・・・

 今週の高幡不動Vol.307
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(3/9) 梅「思いのまま」

3月第2週の週末、天気が良くて日差しは春らしくなってきた。
でもまだ気温が低て寒い東京多摩地区。

真冬のすっきりとした青空と違って、ほんの少し霞がかった青空、これも春の兆し。
高幡不動201403-7
この日(毎月第二日曜日)はフリーマーケットの日だったが、参拝者はそれほど多くなかった。

奥殿のそばで沈丁花、ジンチョウゲ科が咲き始めた。
高幡不動201403-1
咲き始めたばかりだらか、まだそれほど香りが漂っていないが、近づくとしっかり春の香りがした。

大日堂に向かう山門が改修工事中。
高幡不動201403-3
2つの看板が仲良く並んでいるけど右の送別茶会会場の看板はこの日だけ(汗)
高幡不動201403-2
どんな感じに改修されるのだろうか。ちょっと楽しみでもあるが、古い姿を残してほしい気持ちも大きい。

先週咲き始めていた、五重塔横の梅「思いのまま」。かなり咲いてきた5分咲きぐらいかな?
高幡不動201403-4

思いのままの特徴は、1つの花に白と紅の花びらが混じった花を咲かせること。
高幡不動201403-9
ほとんど白梅だけど、たまに紅梅が咲いたりするのも、思いのままの特徴。
高幡不動201403-10

これは思いのままと並んで咲いている白梅。
高幡不動201403-5
この日はメジロが花の蜜を吸いにやってきていた。
高幡不動201403-12
いろいろ粘って100枚ぐらい撮ったかな(汗)
高幡不動201403-11
歩留まりはかなり悪いけど、いい感じの梅にメジロが撮れた。
高幡不動201403-15
カメラ女子のちびてりさん(ブログはここ)によると、この梅にメジロは「ウメジロー」と呼ぶそうだ。
なかなかいいネーミング。

藤棚のそばにある河津桜も1輪だけ咲き始めていた。
高幡不動201403-8
次は、河津桜にメジロを撮りたいところ。こちらは「カワジロー」かな(笑)
ちなみに2011年3月に撮った「カワジロー」はこちら

弁天池まわりの福寿草。
高幡不動201403-13
花は咲いているけど、茎や葉がまだ少ししか伸びていない。
高幡不動201403-14
一駅隣りの京王百草園で咲いている福寿草と随分成長の度合いが違う。

同じく弁天池まわりのふきのとう。まるで「ふきのとう」という独立した植物があるかのごとく呼ばれるが、
フキの花の蕾(花茎)なので植物としてはフキ、キク科。
高幡不動201403-6
フキはイチョウのように雄株と雌株が別個体の雌雄異株で花が黄色いのが雄株、白が雌株なんだそうだ。
キンモクセイやジンチョウゲも雌雄異株。春と秋の代表的ないい香りの植物が雌雄異株だね。

前の週末は春の予兆だったが、さらに1歩春に近づいた。
さて今度の週末は、どこまで春の姿を見ることができるだろうか。

今週の高幡不動Vol.306
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(3/3)やっと春の予兆

弥生3月に入った高幡不動尊。特に行事はなく静かな境内。
高幡不動201403-1
 2月の最後にちょっとだけ春を感じる暖かい日があったが、その後はまた寒い日々が続き
除雪された雪がまだところどころに残っている。
高幡不動201403-2
 
弘法大師像前の紅梅は見頃。ここだけは一足早く春が来ている感じ。
高幡不動201403-3
 そして、この紅梅の目の前、奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科がほんのすこしだけ咲き始めた。
 高幡不動201403-4

大日堂前の枝垂れ梅。4〜5分咲きかな。
高幡不動201403-5
 
そして五重塔前の梅、思いのままも咲き始めた。
高幡不動201403-6
 この白と紅が交ざった花を探すのが高幡不動尊の早春の楽しみ。
 高幡不動201403-7
この日はちょっと遠い場所に1輪だけ見つけた。
 
春黄金花と呼ばれるサンシュ、ミズキ科も咲き始め。
高幡不動201403-8
名前の通り、この花は春の日差しを浴びると輝くように明るくなる。
そんな光景もあと少しで見ることができる。

交通安全祈願殿の後ろ、藤棚の側にある河津桜。蕾が膨らんで開花寸前という感じ。
高幡不動201403-9
先日、このブログで2011年の3月5日の写真をアップしたのはこの河津桜。
ここの河津桜が咲くとメジロがやってくる。

土方歳三像のすぐ後ろ、弁天池そばのアセビ(馬酔木)、ツツジ科。
高幡不動201403-10

そしてこの時期、一番期待している福寿草、キンポウゲ科がやっと顔を出してきた。
高幡不動201403-11
先週までここは雪が覆っていたから、出遅れたのだろか。

同じ弁天池の回りでしっかり咲いている1輪をみつけた。
この時は曇っていて花がしっかり開いていないのが残念。
高幡不動201403-12
昭和記念公園では福寿草はもうとっくに咲いている。高幡不動尊は1ヶ月近く遅い。
逆に昭和記念公園梅園の「思いのまま」はまだ蕾が堅かった。植物によりいろいろだね。

今週の高幡不動Vol.305
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

高幡不動尊 思いのまま

今度の週末(3月17日)は東京都心のソメイヨシノ開花予想日。梅の姿はいまアップしておかないと、桜にバトンタッチしてしまいそう。今年は寒かったはずなのに、なんだか桜の開花は早くない?

この時期は季節が大きく動くので、他の花の写真もどんどんアップしないと季節に取り残されてしまう。

このブログでは何度も紹介している、1つの木に白い花と桃色の花を咲かせる梅「思いまま」。
高幡不動201303-5
これは1つの枝に白い花と桃色の花が咲いている。
高幡不動201303-6
これは1つの花に白い花びらと桃色の花びら。
高幡不動201303-9
こちらは濃い桃色に白い花びらが少し。
高幡不動201303-10
桃色の比率が大きい花は案外少ない。
高幡不動201303-11
初めて思いのままという梅を知ったのは京王百草園。春になると、この花が咲く様子を追いかけている。
高幡不動201303-12
思いのままが咲いて今年もやっと高幡不動尊に春が来たことを実感。

思いのままは京王百草園に数本、昭和記念公園の梅園にも数本あるが、高幡不動尊五重塔そばのこの思いのままが一番早く、しかもたくさんの花をつける。

入り口の仁王門と宝輪閣の間、ちょっと目立たない場所に咲く椿。
高幡不動201303-1
秋から咲いている山茶花と入れかわって今は椿が見頃。
高幡不動201303-8
こちらは山内で咲いていた白に桃色の斑入りの椿。

上杉憲顕の墳から納札堂に抜けるところの小さなボケ。いつの間にか咲いていた。
高幡不動201303-2
いつもチェックしている大日堂前の大きなボケはまだ蕾。
高幡不動201303-7
このボケが咲くとすごく華やかになる。

高幡不動201303-13
新しい大師堂隣の行堂そばで咲いているトサミズキ(土佐水木)、マンサク科。
高幡不動201303-14

香りで春の到来を伝えてくれる花、ジンチョウゲ(沈丁花)、ジンチョウゲ科。まだ咲き始め。
高幡不動201303-3
秋の香りが金木犀だとすると、春の香りは沈丁花。沈丁花という名前は沈香(沈水香木という香木)の香りに似ていて、葉の形が丁字(クローブ)に似ていることからついた名前だそうだ。

この週末は早いモノで今年3度目のござれ市が開催される。

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2013年、梅写真」に参加しています

(撮影 2013年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/03)弥生3月に

東京で春一番が吹いてすごく暖かな日があった週の週末。
高幡不動尊の境内でも春らしい姿を見ることができるのはないかと少し期待して訪れた。
高幡不動201303-1
週末はまた寒さが戻ってきたためだろうか、参拝者は少なめの境内。

先週・先々週は少しだけしか咲いていなかったミツマタ、ジンチョウゲ科がたくさん咲き始めた。
高幡不動201303-2

大日堂前の枝垂れ桜、やっと少し咲き始めた。
高幡不動201303-3

大日堂横のマンサクが一足先に見頃。
高幡不動201303-4

先週、蕾がふくらんで咲き始める寸前だった五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201303-5
全体的にはまだこんな感じで少しだけど咲き始めた。
高幡不動201303-6
同じ枝に白・紅・桃の花を咲かせる「思いのまま」らしく、白い花にほんの少しだけ桃色の花びらが交じっている。
高幡不動201303-7

弁天池の福寿草、背が伸びてきた。
高幡不動201303-11
反対側から見ると・・・
高幡不動201303-10
なんだかひょろっと茎が伸びている。

ふきのとう。早く食べないと花が咲いてしまうよ(笑)。
高幡不動201303-8

これはサンシュユ、ミズキ科。別名が春黄金花と呼ばれ、早春を代表する花木。
高幡不動201303-9
もっと花が咲いて、そこに日射しが当たると、木全体が黄金色に輝く。
3月に入ってやっと春らしくなってきた。

今週の高幡不動Vol.256
(撮影 2013年3月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 カタクリの花

京王百草園201204-1
梅まつりが終わった(3月25日まで)京王百草園。今年は遅咲きの梅がまだ見頃。
京王百草園201204-14
きれいな青空に紅梅と白梅。
白い花がモクレン、下の桃色の花は梅。
京王百草園201204-13
日本庭園らしい風景。でも、この場所のメインは藤棚。きれいに見えるのは5月かな。
京王百草園201204-7

梅「思いのまま」。この梅の存在を初めて知ったのは百草園のこの木だった。
京王百草園201204-6
百草園の「思いのまま」は花の数も少なく、高幡不動尊よりもかなり遅咲き。

私のイメージでは桃色の梅は早咲きが多いけど、まだきれいに咲いている桃色の梅もある。
京王百草園201204-5
この紅梅はサバシコウ、佐橋紅と書くそうだ。
サバシコウ 京王百草園201204-3

これは冬に咲く桜と紹介されることもあるケイオウザクラ(啓翁桜)。梅も桜も同じバラ科サクラ属だけど、こうやって花をよく見るとなんとなく違う。花が似た品種もきっとあるんだろうけど・・・
ケイオウザクラ 京王百草園201204-4
花の付き方も違っていて、梅は枝にそって並んで咲くが桜は固まって咲く傾向がある。
京王百草園201204-2

この時期にここを訪れる楽しみはこのカタクリ(片栗)の花を撮ること。
京王百草園201204-8
カタクリはユリ科。春先に花をつけた後、夏までに葉をつけるが、葉はわりとすぐに枯れてしまい、あとは球根のみで越冬する、いわゆるスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる植物。
京王百草園201204-9
白鳥を思い浮かべる姿。
京王百草園201204-11
スプリング・エフェメラルは春の早い時期に活動を始める虫が媒介する虫媒介。京王百草園201204-10
まだまわりに花がすくない時期のためだろうか、たくさんの虫が飛んでいた。写真はたぶんマルハナバチの仲間。

京王百草園201204-12
この梅の花は先日の台風なみの低気圧の嵐で散ってしまっただろうか・・・

京王百草園はそろそろミツバツツジが咲く時期。地味な場所だけど、四季の花が次々と楽しめる所。

(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/25)3月最後の日曜日にやっと春らしい光景

高幡不動尊201203-9
高幡不動尊の河津桜が咲いた。3月の最後の日曜日になってやっと春らしい写真でトップを飾ることができた。

高幡不動尊201203-1
この日は天気予報が「前線の通過」を伝えていたが、まさに晴れたり曇ったり雨が降ったりとめまぐるしい天気。朝方はどんより曇っていたためか、せっかく河津桜が咲いたのに、境内の参拝者はあまり多くなかった。

青い空に白い雲、一瞬夏と見間違えてしまいそうな空。
高幡不動尊201203-13
この時はちょうど晴れて、いいタイミングで梅「思いのまま」が撮れた。
高幡不動尊201203-12
1つの枝に白色、桃色、紅色の花が咲くのがこの「思いのまま」の特徴。
高幡不動尊201203-14
最も「思いのまま」らしい姿がこれ。1つの花に桃色と白色の花ビラ。
高幡不動尊201203-18
これは桃色が多めのパターン。
高幡不動尊201203-17
こういう白地に桃色の斑入りパターンもある。このパターンの方が花としてはきれいかも。

大日堂から六地蔵さんに通じるところで咲いているヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。
高幡不動尊201203-3
ここは日陰。しかも薄い黄色の花はちょっと撮りづらい。
高幡不動尊201203-2
良く似た花にトサミズキ(土佐水木)があるが、一房の花の数が少なくておしべの色が黄色なのがヒュウガミズキ。トサミズキはおしべがオレンジ色でもっと目立つ感じ。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ。
高幡不動尊201203-5
春の日射しで明るく撮れたので、久しぶりに六地蔵さんの正面写真もアップしておこう
高幡不動尊201203-4

山アジサイの咲くあたりではショウジョウバカマ、ユリ科が咲いていた。
高幡不動尊201203-7
この花も春の花。
高幡不動尊201203-6
ショウジョウとは中国の伝説上の動物で猿のような顔で「大酒飲み」らしい。この花をショウジョウに見立てて葉をハカマに見立てたのが名前の由来なんだそうだが、なんだかよくわからない由来だ・・・

弁天池に行くとカメが甲羅干しをしていた。
高幡不動尊201203-15
何か動く黒い物が・・・よ〜く見てみるとオタマジャクシが一杯。
高幡不動尊201203-8
花以外でも春を感じることができる日だった

高幡不動尊の河津桜は交通安全祈願殿の裏側、藤棚のそばに数本ある。
高幡不動尊201203-11
メジロが居たけど、ちょっと撮りづらい位置。このあとどこかに飛んで行ってしまった。しばらくこの場所で粘って待ってみたけど戻ってこなかった

この河津桜のすぐ横には大きな椿の木があって、その下にはまだきれいな状態の椿の花。
高幡不動尊201203-16
華やかに咲いている桜のそばにこの姿。
これが春の季語になっている「落ち椿」。ちょっと哀愁を感じる春の光景だ。


今週の高幡不動Vol.208
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/18)梅「思いのまま」が咲いた

週末になると天気が悪くなる嫌な周期になっている東京多摩地区。この週末も土曜日は朝から雨、日曜日はどんより曇り空で昼すぎからパラパラと小雨が降った。

工事中のビルの入り口にも見えるが、高幡不動尊不動堂の屋根の補修工事が始まったようだ。いつも同じ光景の写真ばかりだったが、とうとう違う光景になった。

高幡不動201203-1
賽銭箱はこんな状態。これ、ちょっと狭くないかな・・・
高幡不動201203-2
裏側に回ってみる。この日は第三日曜日。恒例のござれ市が開催されているが、工事の影響で不動堂の回りにはあまり店が出せない。
高幡不動201203-3
出店スペースが狭くなったためだろうか、境内奥にこんな看板が出ている。
高幡不動201203-10
いつもは五重塔に上がる階段前にある「ござれ市受付」が大日堂前に出ていた。
高幡不動201203-12
普段のござれ市ではこのあたりにお店が出ることはないんだけどね。
先週やっと咲き始めた大日堂前の枝垂れ梅の脇にもお店が。
高幡不動201203-11

LPレコードというより、SPレコードが似合う年代物。コロムビア・ポータブル蓄音機グラフォノーラ高幡不動201203-4
値段は15000円。インターネットで調べるとまあ妥当な値段、交渉して少し安くしてもらえればいい感じかも。でもちゃんと使えるのかな?
高幡不動201203-5
きれいで目についたミミズクの小さな置物。
これは励ましりょうまくんという坂本龍馬のキャラクタグッズかな。
高幡不動201203-7
これは加トちゃんキャラクターだね。
高幡不動201203-8
このお店はいつもこういう鮮やかな陶磁器を出品しているので、いつも楽しみにしている。
高幡不動201203-9

ジンチョウゲ(沈丁花)が咲き始めた。まだ少しだけだけどいい香りがあたりに漂っていた。
高幡不動201203-6

早咲きの河津桜の蕾はこんな状態、もう少しかな。
高幡不動201203-13

先週咲く寸前まで蕾がふくらんでたい梅「思いのまま」が咲き始めた。
高幡不動201203-14
思いのままらしい姿。1つの花に白と桃色の花びらがまざっているのはまだ2,3輪。
来週にはもう少し撮れると思う。できれば青空をバックに

今週の高幡不動Vol.207
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(01/22)じっと春を待つ

東京地方の乾燥注意報が35日連続で止まった。乾燥が続くと火災やインフルエンザの流行などの心配もあり、そういう時のお湿りはホッとできる。

でも、わざわざ週末に雨や雪っていうのは勘弁してほしい(涙)
22日の高幡不動尊境内。夜中まで強く降った雨は朝にはやんだが、まだ地面が濡れている。
高幡不動尊201201-2
次の土曜日が1月28日の初不動大祭・だるま市で、この日(22日)は特に行事などはないが、思ったより参拝者が多いのはやはり1月。

28日は仕事になってしまって、初不動には行けそうにない。残念だけどまた来年。まだ今年は1ヶ月も経っていないというのにもう来年に期待か
高幡不動尊201201-7
ちょっとブルーシートが目立つ。これは初不動に備えて店を撤去せずにいるからだろう。

山内を歩くと冬枯れで撮るモノが見つからない。これはまだ固いアジサイの芽、春はまだ遠い。
高幡不動尊201201-3
これはアセビ、ツツジ科。春に咲く花だけど、なぜかちょっとだけ咲いていた。
高幡不動尊201201-4
これはユキヤナギ、バラ科。これも春には小さな花が白い柳のようになる花。
高幡不動尊201201-5
これは梅。それも同じ枝に白やピンクの花を咲かせる品種「思いのまま」。でもまだ蕾は堅そう。
高幡不動尊201201-6
下は昨年2011年3月にこの梅「思いのまま」を撮った写真。
高幡不動尊201201-12
そして、この日は高幡不動尊からの帰りの散歩道でカワセミ君を撮ることができた。
続きを読む

2011年の梅も見納め

2011年梅-5
2011年の梅写真もそろそろ終わり。最後の記事のトップはピンクの髪飾りをつけたような「思いのまま」。
リボンをつけたキティーちゃんのようだ
2011年梅-3
これが「思いのまま」の写真で一番良く見るパターン。

枝全体で見ると、淡紅や白が入り乱れて咲いている。
2011年梅-4
たくさんの白い囲まれた淡紅の花。大勢の男性の中に女性が1人、これは女王様状態?
2011年梅-9
でも、白い梅もなんとなく淡紅が入っているから、回りの男もちょっとそっち系かも

シベまで紅色の紅千鳥。盆栽にしたらすごく春を感じる盆栽になるだろう。
2011年梅-1

一重の白色でガクが薄緑なので全体的に淡い色あいの月影。
2011年梅-7
紅千鳥とはまた違って、日本の素朴な春のイメージ。
2011年梅-6

淡紅色の枝垂れ梅。後ろは高幡不動尊で大日堂の鳴り龍を拝観する時に入る大玄関。
2011年梅-8

そして梅にメジロ。小さくて花の蜜を吸って飛び回っている、かわいい鳥だね。
2011年梅-2
次は桜なんだけど、今年は昨年より少し遅れている感じがする。

いま大変残念なのは、昭和記念公園が閉園していること。これは昨年3月中旬の昭和記念公園の菜の花畑。
春の花
ホームページには「地震の影響などにより当面の間休園」とアナウンスされているが、この菜の花畑を開放すれば多くの人が心を休めることができると思う。

閉園していた京王百草園は18日(金)から通常営業している。計画停電の間は「そばの販売」は休止ということだが、それほどエネルギーを消費することなく、訪れた人に憩いの場が提供されている。

いま私たちができることは過度の自粛ではなく、復興のための行動・支援だと思う。 もちろん過度の自粛にしても復興のための行動・支援にしても、それぞれのおかれた状況や判断により異なるとは思うけど。

最後になりましたが、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興を願っています。

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつりの様子(2011年3月5日)

3月5日の京王百草園の梅まつりの様子

園内のほぼ中央、松連庵(しょうれんあん)の前にある樹齢300年といわれる「寿昌梅(じゅしょうばい)」。たくさんのつっかえ棒がこの梅の木の長い歴史を物語っているようだ
京王百草園201103-1
いままで何枚も京王百草園の写真をアップしてきたけど、この寿昌梅の写真をアップしたのははじめてかもしれない。幹と枝がすごく広がっているので、どのように撮っていいのか今ひとつわからない

心字池越しの枝垂れ梅、奥にはお茶会や句会、歌会など催される三檪庵(さんれきあん)が見えている。
京王百草園201103-3
枝垂れ桜って風情がある風景をつくるね。

今回は紅千鳥という紅梅がきれいに咲いていて一際目を引いた
京王百草園201103-6
青空に映える紅色。
京王百草園201103-14
この紅千鳥はシベも紅色。なんだか色っぽい梅だ

園内に何本かある「思いのまま」も咲き始めた。
京王百草園201103-12
同じ枝に白と淡い紅色の花が咲いている。
逆光で光が透けた1枚だけ淡紅色の花びらもいいかな。
京王百草園201103-2
京王百草園の「思いのまま」は高幡不動尊のとは違って遅咲きだね。

さすが梅まつり、園内は梅見物の人で賑わっていた。ちょっと平均年齢高めですけど
京王百草園201103-5

カンザキアヤメ。園内は梅の桃色や紅色に囲まれていてこの紫色が目の休息になった。
京王百草園201103-9

「寿昌梅(じゅしょうばい)」の足下には福寿草もたくさん咲いている。
京王百草園201103-8

年明けから咲いているロウバイもまだ健在。いい香りを漂わせている
京王百草園201103-11
スイセンも健在。でもちょっと終わりかけかな・・・
京王百草園201103-13

「南高」という札が見える、梅干しで有名な南高梅なんだろうね。
京王百草園201103-10
美味しい梅干しが食べたい

見晴台からの景色はこんな感じ、春の賑やかさが出てきた
京王百草園201103-4
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されているが、梅まつりが終わったあとの静かな百草園もお勧め

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(02/20)曇り空のござれ市

この週末、2/19土曜日は気温が低かったがよく晴れた
高幡不動201102-1
天気はいいが、特になんの行事もなく参拝者が少ない静かな境内

強風に倒されたのか雪が積もった影響なのか草がなぎ倒されていた
高幡不動201102-4
小枝もたくさん落ちていたが、これはスギかな。まだ花粉が飛んでいない状態のようだ。
高幡不動201102-5
見ているだけで鼻がムズムズしそうだよね

奥殿横のミツマタが少しだけだけどやっと咲き始めた
高幡不動201102-2

大日堂前の枝垂れ梅。
高幡不動201102-3
日陰で相変わらずうまく撮れないけど、枝垂れた枝がすごくいい感じなので、毎回撮ってしまう。
高幡不動201102-9
反対側から撮ると、新しい大師堂が背景に見える。

五重塔前の思いのまま。また少し咲いている花が増えてきた。
高幡不動201102-12
1枚だけピンクの花びらでちょっとオシャレな花だ

先週見かけなかった玉こんにゃくのお店が定位置に復活
高幡不動201102-7
明日は第三日曜日、月に1度のござれ市(がらくた・骨董市)の日。

そしてここからは翌日。2/20日曜日は気温は高くなったが、どんより曇り空。
高幡不動201102-8
この時期は梅の枝の下のござれ市。小さなシンガーミシン、なんだか懐かしい。

曇り空だけど、晴れた土曜日よりも人がたくさん
高幡不動201102-10
このスペースは前日はこんな感じでガラーんとしていたんだけどね
高幡不動201102-6
土曜日の人でだと、お店も開店休業だろうけど、日曜日の人出ならば、玉こんにゃくも売れたかな
高幡不動201102-11
ちょっと寒いぐらいの方が熱々の玉こんにゃくは売れるだろうね

今週の高幡不動Vol.157
(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち