ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

彼岸花

今週の高幡不動尊(09/16 その2) 彼岸花植栽地の様子

高幡不動尊の山の頂上部分(高幡山)が高幡城跡で、そこから境内と反対側に下った場所に小さな広場があり、そこが高幡城の馬場跡だとされている。

数年前からその馬場跡周辺に彼岸花の植栽地が整備されつつある。
高幡不動尊201709
目標10万本の彼岸花を植栽するそうだ。
高幡不動尊201709
枯れてしまっているのは2週間ぐらい前に先に咲いてしまった花。
なぜズレて咲くのかよくわからないけど、すべての花が同時に咲けばかなりきれいになるだろう。
高幡不動尊201709
赤い彼岸花の中に黄色や白色がちらほらと・・・
高幡不動尊201709

黄色い彼岸花は、ショウキズイセン(鍾馗水仙)と呼ばれるけど、こうして見ると赤い彼岸花と違いはなく黄色い彼岸花でいいよね。
高幡不動尊201709
白い彼岸花の方は、彼岸花には赤い花と白い花もあると言われて同じ彼岸花にしているのにね。
高幡不動尊201709

高幡不動尊201709
赤い彼岸花がたくさん咲いている中で白い彼岸花が咲いているとアクセントになって良い。
高幡不動尊201709
彼岸花で有名な埼玉県日高市の巾着田でも、白い花が咲いているところは写真を撮る人が列をなすらしい。
こうやって写真を撮っていると、並んで待つ気持はよく分かる。
高幡不動尊201709
彼岸花ってちょっと不吉で忌み嫌われる感じがあるけど、白い花があると紅白でなんかおめでたい感じにもなるしね。

今週の高幡不動Vol.461
(撮影 2017年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


今週の高幡不動尊(09/16) お地蔵さんと彼岸花

九州の近くでグズグズしている台風18号に秋雨前線が刺激されて、朝からいまにも雨が降りそうな
天気の東京多摩地区。

そろそろ彼岸花が見頃になる時期。高幡不動尊の山の中のお地蔵さんの回りで咲く彼岸花の様子。
高幡不動尊201709

高幡不動尊201709

この時期になると大日堂前などで紅白の彼岸花が咲いていたけど、山の中でこれほどたくさんの彼岸花が咲いていた記憶がない。
高幡不動尊201709

2年前から彼岸花の植栽地が整備されたけど、一緒に山の中にも彼岸花が植栽されて、それが徐々に根付いて咲き始めたのではないだろか。
高幡不動尊201709
秋らしい光景を作ってくれる。
高幡不動尊201709

ここはまだ蕾の状態のものが見られるけど、山の中はちょうどこの週末が見頃だろう。
高幡不動尊201709

お地蔵さんの回りだけでなく、山を登っている行く階段の回りなどでもきれいに咲いている。
高幡不動尊201709

にこにこ地蔵さんの回りでも。
高幡不動尊201709
頭にはパラパラと降った雨の跡。
高幡不動尊201709
こういう竹垣にも彼岸花は似合って秋らしい光景を作り出す。
高幡不動尊201709
せっかく彼岸花がきれいに咲いているのに、この天気だとお参りの人は少なくなるよね。
台風のおかげで秋の3連休がすべて雨になってしまうかもしれない・・・

今週の高幡不動Vol.460
(撮影 2017年9月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(08/20) タカサゴユリ

秋雨真っ最中の東京多摩地区。涼しいのはいいけど、週末に天気が悪いのはやめてほしい。

高幡不動尊の第三日曜日はござれ市。例年ならば酷暑の中でのござれ市になることが多いけど。
高幡不動尊201708
この日は雨対策しながらの開催。過ごしやすい気温だけどやっぱり雨が降る時は人手も多くない。

キツネノカミソリはまだ見頃が続いている。
高幡不動尊201708
キツネノカミソリはヒガンバナの仲間なんだと思える姿のヒガンバナ(左側)を見つけた。
高幡不動尊201708
キツネノカミソリに近寄って撮っていたらなんかいた。
高幡不動尊201708

いま、散歩道でもよく咲いているのが、タカサゴユリ(高砂百合)、ユリ科。
高幡不動尊201708
高幡不動尊でも大日堂前で2ヶ所。
高幡不動尊201708
弁天池でも咲いている。
高幡不動尊201708
テッポウユリと似ているけど、葉が細いのでたぶんこれはタカサゴユリ。

高幡不動尊201708
弁天池の蓮。一度にたくさん咲かずに少しずつ次々から次に咲いている。

高幡不動尊201708
こちらはヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。

東京(都心)は40年ぶりに20日間連続降雨らしいけど、次の週末こそ晴れてほしい。


今週の高幡不動Vol.457
(撮影 2017年8月13,20日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(08/13) キツネノカミソリ

3連休の東京多摩地区は、どんよりとした曇り空で雨が降ったり少し晴れ間が出たりと梅雨時のような
天気になった。

もう立秋も過ぎているので梅雨というより秋雨だね。どちらにしても嫌だけどね・・・
高幡不動尊201708
境内のずっと奥にある墓地にお墓参りする人は結構いるけど境内に人は少ない。

毎年お盆の頃に見頃になるキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科がしっかり約束を守って見頃
になっていた。
高幡不動尊201708
高幡不動尊では何ヶ所か咲いている場所があるが、この鐘楼に続く階段付近が一番写真を撮りやすい。
高幡不動尊201708
それは回りにカメラを構えるスペースがあることと、他の草が回りにあまり生えていないから。
高幡不動尊201708

晩夏に咲くキツネノカミソリ(狐の剃刀)は春先から夏前まで葉を茂らせるが、夏になると葉が枯れて
しまい、晩夏になると茎を一気に伸ばしてその先に花を咲かせる。
葉がカミソリのようだからついた名前だけど、葉が出ている時は全然目立たない・・・。
高幡不動尊201708
葉が落ちて何もないようなところから、いきなり伸びてきて花を咲かせるように見える状況をキツネに
化かされたことに例えてついた名前という説や、山の中でキツネが使うカミソリのようだから、キツネ
が生息するようなところで咲くからついた名前という説、草花では本来のモノより見劣りがするという
意味でキツネがついているという説といろいろある。まさに「諸説有り」の状況。
高幡不動尊201708
好みはいろいろあるけど、決して見劣りがするような花ではない。そもそも本来の花って何なんだろ
う。夏に咲く花だとするとユリかな?だったらちょっと形勢は不利かもしれない(笑)
高幡不動尊201708
群生しているすぐ横ではあるけど、こんな場所からポツンと花を咲かせる生命力こそキツネの名前がつ
いている所以かもしれない。
高幡不動尊201708

いろいろと歩き回っていたら、別の場所でかなり早めに咲き始めた彼岸花と並んだ写真が撮れた。
高幡不動尊201708
少し前にブログにアップした夏水仙もこれから咲く彼岸花も仲間、全部を総称してリコリスと呼ぶこと
もあるそうだけど、大雑把ないい方だね。
夏水仙とはよく似ているけど彼岸花とは遠い親戚ぐらいしか似ていない気がする。

今週の高幡不動Vol.456
(撮影 2017年8月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(10/1) 金木犀と銀木犀

いまにも雨が降りそうな曇り空で涼しい土曜日と晴天で真夏のように暑い日曜日の
週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の奥殿横にある大きなキンモクセイ(金木犀)からこの時期らしい香りが漂う。
高幡不動尊201610
キンモクセイ、モクセイ科。春のジンチョウゲ(沈丁花)と並んでいい香りがする花。
高幡不動尊201610
キンモクセイの香りって、なんだか不思議だけど、ある日一斉に香り始める気がする。
高幡不動尊201610
小さな花がたくさん集まっているが、花はすごく弱くて風などですぐ落ちてしまう。
高幡不動尊201610

実は高幡不動尊のトイレの横にはギンモクセイ(銀木犀)、モクセイ科も咲いている。
高幡不動尊201610
ギンモクセイもキンモクセイと同じいい香りがするが、キンモクセイより少し早い。
高幡不動尊201610
トイレの横にギンモクセイって消臭剤?って思ってしまうよね(笑)

高幡不動尊201610
キンモクセイの花とギンモクセイの花。よく似ているというか色が違うだけ。
高幡不動尊201610

奥殿横でなぜか八丈チドリというアジサイ(鉢植え)が咲いていた。
高幡不動尊201610
先日、弁天池でカキツバタが咲いていたけど、この日はアジサイの狂い咲き。

山の中の彼岸花はもうほとんど終わり。
高幡不動尊201610
彼岸花とお地蔵さん。今年はタイミングが合わずこういう光景をあまり撮ることができなかった。

弁天池ではシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科がたくさん咲いてちょっと明るい感じ。
高幡不動尊201610
10月下旬に始まる菊まつりまでがんばってほしい。
高幡不動尊201610
紅葉は菊まつりの次、出番はまだ先だね。

今週の高幡不動Vol.414
(撮影 2016年10月1,2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

近所の彼岸花 実りの秋

近所の田んぼで咲いている彼岸花。
彼岸花
毎年ここはきれいに彼岸花が咲くが、今日ちょうど見頃になっていた。
彼岸花

この1週間は毎日雨が降っていて、この日も早朝に降った雨でちょっとだけしずくがついている。
彼岸花
写真を撮っていると、だんだんと雲行きが怪しくなりいまにも雨が降りそうな感じになってきた。
彼岸花
実際、この30分後には雨が振り始めた。

まさに実りの秋の光景だけど、そろそろこのあたりでも稲刈りが始まる。
彼岸花
今年は高幡不動尊や昭和記念公園よりも、この田んぼの彼岸花が一番
きれいだったような気がする。

昭和記念公園 彼岸花

昭和記念公園の彼岸花。

先週ここ(ふれあい橋南西斜面)に来た時は、あと1週間ぐらいで見頃になると思った。
昭和記念公園201609-1
でも、相変わらずいまひとつの状態。
昭和記念公園201609-2
ホームページによると、まだ見頃になる前のようだけど、きれいに咲いている花と
枯れ始めている花が混在する、まるで見頃過ぎの状態。
昭和記念公園201609-3
アップで撮っても枯れ始めている花があると、いまひとつだよね。
昭和記念公園201609-4
例年、こんな感じではないんだけど、今年はどうしたんだろう。 
昭和記念公園201609-5
咲いている花は先週より多いんだけどね。
昭和記念公園201609-6
 とりあえずアップで撮る分には影響なし。
昭和記念公園201609-7
 
こちらは同じヒガンバナ科のタマスダレ(玉簾)。
昭和記念公園201609-9
たくさん並んで咲くとすごくきれいな花。

こちらは、ヌスビトハギの仲間。
昭和記念公園201609-8
実の形が盗人の足跡に似ていることからついた名前。どんな足跡・・・?

これはヤブラン(藪蘭)、ユリ科。
昭和記念公園201609-10

庭などでも見かけるけど、このヤブランのように斑入りの葉だと見映えが良い。
昭和記念公園201609-11


次の昭和記念公園の記事はコスモスだね。
 
昭和記念公園(Vol.181)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(09/17) 萩の花

三連休の東京多摩地区は沖縄付近でウロウロしている台風16号に刺激された
秋雨前線のおかげで天気が今ひとつ。

散歩ができたのは初日の土曜日だけ。
高幡不動尊201609
でもちょっと薄日が差したので、弁天池では、こんな秋らしい光景を見ることができた。

秋の花と言えば、草かんむりに秋でハギ(萩)、マメ科。
高幡不動尊201609
高幡不動尊では奥殿横で紅萩と白萩が咲いている。
高幡不動尊201609
秋の七草の1つにもなっていて、お彼岸にお供えする「おはぎ」はまさに「御萩」と書く、
高幡不動尊201609

毎年、紅白の彼岸花が並んで咲く大日堂前のこの場所は、今年は咲かないのだろうか・・・
高幡不動尊201609
大日堂前の違う場所で紅白に咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
もうちょっと近くで並んでほしいところだけどね。
高幡不動尊201609
彼岸花は曼珠沙華とも言うが、白い彼岸花は白花曼珠沙華と言うそうだ。

こちらは髪飾りのように咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
毎年ちゃんとお彼岸の時期に咲く彼岸花。

また弁天池のカキツバタ、アヤメ科が咲いている。
高幡不動尊201609
もう9月も後半、さすがに咲くには遅すぎるよね。

そしてこの花はサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201609
まだ9月後半、こちらはちょっと咲くのが早過ぎる(笑)。

今週の高幡不動Vol.413
(撮影 2016年9月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(09/10) 秋明菊

朝夕が涼しくて秋の訪れを感じる東京多摩地区。
この週末、土曜日はいい天気になって最高気温が30℃を超えたものの風が心地よい。

高幡不動尊弁天池でシュウメイギク(秋明菊)が咲き始めている。
高幡不動尊201609-5
名前に菊がつくものの、キク科ではなくキンポウゲ科。
高幡不動尊201609-6
秋に咲く菊に似た花ということでついた名前。確かに菊に似ているけど、
花の中心部分がちょっと違う。
高幡不動尊201609-7
高幡不動尊では白い花しかないがピンク色の花もある。

大日堂前で咲く紅白の彼岸花。
高幡不動尊201609-3
紅白が咲いているけど、ちょっと離れている。
高幡不動尊201609-2

下は2014年9月撮影の写真。例年、大日堂大玄関前で紅白の彼岸花が
並んで咲く。
高幡不動尊201609-8
この日はまったく影も形もなかったけど、ヒガンバナは、成長がすごく早いので
まだ可能性はある、期待して待とう。

山の中で咲くヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動尊201609-4
もう少し派手で写真映りが良いホトトギス(タイワンホトトギス)が弁天池で
咲くのはもう少し先になる。

暑さが一段落したためか、真夏の頃よりも参拝者が増えた境内。
高幡不動尊201609-1
次の日曜日はござれ市が開催される第三日曜日。暑さも一段落したので、
いい天気になってくれればいいんだけど。

今週の高幡不動Vol.412
(撮影 2016年9月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 秋の気配

9月2回目の週末、猛暑も一段落した昭和記念公園。

トンボがたくさん飛んでいた。
昭和記念公園201609-1
例え胴体が真っ赤でなくてもトンボは秋のイメージ。

イチョウと青空。
昭和記念公園201609-2
雲もなんとなく秋っぽくないかなぁ・・・

葉も色が変わりはじめていて、銀杏もいい色になってきている。
昭和記念公園201609-4
下を見るとすでに銀杏がたくさん落ちている・・・
昭和記念公園201609-3
まだあの匂いはしなかったけど。

日本庭園のコムラサキ(小紫)の実。
昭和記念公園201609-9
だんだんと紫色に変わりはじめている。
下はシロシキブ(白式部)。シロシキブはコムラサキの実が白色版で別名が白実の小紫。
昭和記念公園201609-8
紫色より分かり辛いけど、だんだんと白くなってきている。

昭和記念公園で彼岸花を見るならばまずはココ、ふれあい橋南西斜面。
昭和記念公園201609-5
ここは1月には日本水仙、7月には夏水仙が咲く場所。全部ヒガンバナ科なので
土の中で仲良くやっているんだろう。
昭和記念公園201609-6
まだちょっと早い感じ?次の週末には見頃かな。
昭和記念公園201609-7
北海道で利尻昆布をたくさん見たためか赤い昆布に見えた(笑)

日本庭園で咲いている鍾馗水仙とも呼ばれる黄色い彼岸花。
昭和記念公園201609-10
黄色い彼岸花が咲いている場所はなかなかないのに倒れていて残念。

ひまわり畑のパンパスグラス、イネ科。シロガネヨシという和名があるんだけど
パンパスグラスの方が名が通っている。
昭和記念公園201609-11
これが一番秋らしさを感じさせてくれるかな。
写真ではわからないけど、明らかに真夏とは違う爽やかな風も吹いていた。

昭和記念公園(Vol.179)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動尊(08/14) 高砂百合

お盆休みの週末も暑い日になった東京多摩地区。

見頃だったキツネノカミソリはもう終わりつつある。
高幡不動尊201608-2
キツネノカミソリは花が枯れるとすぐに実がなり、この緑色の実はそのうち真っ黒になる。

山を越えて彼岸花がたくさん植えられている場所に行ってみたら、なんだかたくさん咲いている。
高幡不動尊201608-1
彼岸花が咲く時期にはかなり早いけど、なんだろう・・・
高幡不動尊201608-7
植えられているはずの本数からするとかなり少ないから、気が早いのが咲いただけかな(笑)

こちらは弁天池で咲いているカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201608-3
早咲きの彼岸花と逆で、こちらはかなり遅咲き。でも涼し気な色でいいかも。

大日堂前で咲いているタカサゴユリ(高砂百合)、ユリ科。タカサゴユリは
別名細葉鉄砲百合と言われるように、花は鉄砲百合に似ているけど葉が細い。
高幡不動尊201608-8
下は弁天池で咲いているタカサゴユリ。ユリの花では割と遅く咲く品種。
鉄砲百合はもっと早く6月ぐらいに咲く。
高幡不動尊201608-4
タカサゴユリは種が風で飛ばされて広まるそうで、地面に落ちた種は、翌年は
芽を出すが花は咲かせず球根を太らせ、球根が十分太ってから花を咲かせるらしい。高幡不動尊201608-5
我が家の玄関先でも植えた覚えがないタカサゴユリが数年前から咲いているが、
少しずつ増えて来ている。生命力が強いユリだ。

ヒヨドリバナ、キク科。ヒヨドリが鳴く頃に咲く花が名前の由来。
高幡不動尊ではまだヒヨドリは鳴いていないけどね。
高幡不動尊201608-6
秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)の仲間でフジバカマを白くした感じ。

高幡不動尊201608-9
お盆なのでお墓参りの人がたまに訪れているようだけど、人が少ない高幡不動尊。

今週の高幡不動Vol.409
(撮影 2016年8月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(08/06) 狐の剃刀

8月最初の週末は2日間とも酷暑。散歩しているとだんだん頭がクラクラして来る・・・

そんな酷暑の中、高幡不動尊はキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科又はユリ科が見頃。高幡不動尊201608-4
狐の剃刀の名前の由来は葉が剃刀に似ていることから。でも、花が咲く時期に葉は出ず、
花が終わってから出てくるので、今はわからない。ここは草が一杯生えている場所だから、
花がなくなると、どれがキツネノカミソリの葉なのかわらかなくなるね(汗)。
高幡不動尊201608-3
キツネノカミソリは六地蔵さんの横から鐘楼に上って行く途中にたくさん咲いている。
高幡不動尊201608-5

8月後半頃と書いてあるので、今年は少し早めかな。
高幡不動尊201608-6
キツネノカミソリが咲いている近くて、彼岸花が咲いていた。
高幡不動尊201608-7
彼岸花は、お盆ではなくお彼岸の頃に咲く花だから、こっちもかなり早いよね。

こんなところにもセミの抜け殻が。
高幡不動尊201608-2
六地蔵さんの横から大空に飛び立てたセミは幸せかな。

この花はヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。
高幡不動尊201608-5
同じ夏の花のキツネノカミソリよりも鮮やかなオレンジ色。

これはミソハギ、ミソハギ科。盆花としてよく使われ、ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)
とも呼ばれる花。
高幡不動尊201608-8
ミソハギの名前はミソギハギを略したもの、あるいはハギに似てみそぎに使う花だからで、
お盆にこのミソハギの枝を水に浸して仏前の供物にみそぎをしたそうだ。

次の週末は山の向こう側の彼岸花がたくさん植えられている場所に行ってみよう。

今週の高幡不動Vol.408
(撮影 2016年8月6日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(12/12) 秋の名残り

12月2回目の週末、カレンダー上ではもう冬になっているが暖かな週末となった東京多摩地区。

前日はこの時期とは思えないほどまとまった雨が降ったが、この日は朝からいい天気になった。
高幡不動尊201512-1
七五三参りも終わって、賑やかだった境内が静かな境内に戻った感じ。

今年は暖かな日が続いて、まだ晩秋の風景を見ることができる。 
高幡不動尊201512-2
紅葉の色が全体的に枯れた色に変わってきたけど、これはこれでまたイイ感じかも。
高幡不動尊201512-4

ここはまだ紅葉が見頃の時の色を保っているかな。
高幡不動尊201512-7

落ち葉が敷き詰められた小道。
高幡不動尊201512-3

山アジサイが咲く場所の紅葉はこの1週間で一気に終わってしまった。
高幡不動尊201512-9
 
今年、彼岸花が植えられて、秋にはたくさんの花が咲いていた場所に行ってみた。
高幡不動尊201512-5
彼岸花の花が咲いた後、その場所を訪れることがあまりなかったが、冬はこんな感じなんだね。
高幡不動尊201512-6
なぜか白い花。スイセンの仲間のようだ。彼岸花の球根に混じって入ったのだろうか?

高幡不動尊201512-11
これからはツバキ科の季節。

土曜日は暖かでいい天気になったが、翌日曜日はシトシト冷たい雨の1日になってしまった。
今年は11月、12月に雨が多い。

今週の高幡不動Vol.379
(撮影 2015年12月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       

今週の高幡不動(09/21)お彼岸の様子

シルバーウィークはお天気に恵まれている東京多摩地区。

屋根修復&耐震工事が終わって、工事用の足場や覆いが取れた仁王門が高幡不動尊の参道から見えた。
高幡不動尊201509-9
久しぶりに昔の光景に戻った感じ。

高幡不動尊201509-10
お彼岸だけあって境内奥の墓地に向かう人がたくさん。

大日堂前で咲く紅白のおめでたい感じがする彼岸花。
高幡不動尊201509-1

高幡不動尊201509-3
山内のお地蔵さんの回りでも彼岸花がきれいに咲いている。
高幡不動尊201509-11
 
最終目標の10万株を目指して彼岸花植栽はいまでも整備が続いている。
高幡不動尊201509-4
 彼岸花の球根を1つ1つ手で植えていくそうです。
高幡不動尊201509-2
 種じゃないからねぇ。

高幡不動尊のホームページでは現在6〜7分咲き程度とアナウンスされている彼岸花植栽地の様子。
高幡不動尊201509-5


高幡不動尊201509-6
赤い彼岸花が一面に咲く様子はすごいけど、白い彼岸花が混じっている方がホットする。
高幡不動尊201509-7
 これはクロアゲハ、それともオナガアゲハ?
高幡不動尊201509-8
 彼岸花って蜜が出るんだろうか・・・

山の中でたくさん咲いているのがこのヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動尊201509-14
よく似たヤマジノホトトギスとは花びらの反り返りが違う。

高幡不動尊201509-12
秋の日差しに弁天池のススキが輝き始めた。

高幡不動尊201509-13
空も秋の雰囲気になってきたかな。
日影に入ると風が涼しく感じたこの日、暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったものですね。

そして、お彼岸を過ぎると彼岸花も急に元気をなくしたように枯れていきます。
 
今週の高幡不動Vol.369
(撮影 2015年9月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

彼岸晴れ

秋晴れ
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.09  浅川河川敷(東京都日野市)

彼岸晴れという言葉があるかどうかわかりませんが、お彼岸の秋晴れ。

彼岸の入りは明日ですけどね・・・(笑)



 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ