ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

弁天池

高幡不動尊のハス

ハス
D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 高幡不動尊
ハス
D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 高幡不動尊
 
ハスはすごく優しい色をしている。うまく撮れないんだけど。

弁天池の光景はススキも入って、季節としての夏は終わりつつある感じ。

でもこの先、厳しい残暑が待ち構えていそうでこわい(汗)

今週の高幡不動(7/27)猛暑の境内

東京が猛暑日になった週末、健康のために散歩に出たら逆に暑さで身体を悪くしそうな感じ。

そんな日の高幡不動尊の境内。参拝者がほとんどいない。
高幡不動201407-1
 
いい天気と言えば確かにいい天気なんだけどひたすら暑い。
高幡不動201407-2
 
修復工事が終わった山門のそばに、あじさいに似た花が咲いている。
高幡不動201407-3
ノリウツギかな?ノリウツギはアジサイ科(植物分類体系によってはユキノシタ科)に
分類されるだけあってアジサイに似ている。 
高幡不動201407-4
 
これはアオイ科のフヨウかムクゲか?
高幡不動201407-5
 葉っぱの感じからするとムクゲのような気がする。

ヒオウギ、アヤメ科。見た目が派手な花だけど、この花はまだこれから。
高幡不動201407-6

このベゴニアに似た花はシュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
高幡不動201407-7
名前に「秋」がついているだけあって、晩夏から秋にかけて咲く花。まだちょっと早い(笑)

弁天池のハス。
高幡不動201407-10
暑い日差しを避けて葉の陰に隠れている感じ。
高幡不動201407-9
ススキが入ると見た感じだけは秋っぽい。
高幡不動201407-8
でもまったく秋ではない。暑すぎて人が少ないがこれは真夏の高幡不動尊らしい光景。
高幡不動201407-11
来週末は8月、夏はまだこれから。先が思いやられる・・・
 
今週の高幡不動Vol.323
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動Vol.133(08/28)お不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊のご縁日、通称お不動さんの日
高幡不動尊20100828-10
さすがにお不動さんの日だけあって、境内にはお参りの人がたくさん。たくさんと言っても普段の週末に比べてっていうぐらいだけど

やっぱり暑い日にはこういう露店に視線が・・・
高幡不動尊20100828-9
しかも、ここは境内の一番いいポジション

目だけ涼しくなったけど、やっぱり暑くて水の涼を求めてついつい弁天池に
高幡不動尊20100828-8

弁天池の横にある交通安全祈願殿で車のお祓いをするお坊さん。暑くないのかな。
高幡不動尊20100828-4

葉っぱの上に虫でもいるのか?と思ったら・・・
高幡不動尊20100828-6
すぐ上のサルスベリの木から落ちたのだろう。
高幡不動尊20100828-5
先週見たキツネノカミソリはもうほとんど枯れてしまっていたが、サルスベリは7月からずっと元気に咲き続けている、すごいなさすが百日紅だ

お不動さんの駐車場では盆踊りの準備が終わっていた。この週末は夕方から盆踊り大会だ
高幡不動尊20100828-7
でもいまはまだ日差しが強くて暑い。踊っている姿が想像できない

境内の露店ではこんな感じでジャコや川えびを売っていた。
高幡不動尊20100828-2
こんなやりとりができるのも露店のよさかも
高幡不動尊20100828-1

もうすぐ9月、でもまだ残暑が厳しいね
高幡不動尊20100828-3

帰り道の田んぼでは稲穂が少し頭を垂れはじめていた。
高幡不動尊20100828-11
草木は着実に秋の準備をはじめている。来週は9月だもんね

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.131(08/14)お盆

お盆休みの高幡不動尊、お彼岸とは違ってお墓参りの人はそれほど多くない。
高幡不動尊20100814-9
天気予報では、この日は1日くもり空。日差しがないこともあって、暑さが一段落したかと思ったけど気温は30℃以上。酷暑のせいで体が35℃の世界になれてしまったのか

いま、あちらこちらでサルスベリ(百日紅)がきれいに咲いている。
高幡不動尊のサルスベリは土方さんから見えない位置。鬼の副長土方歳三も、誰もいないときにこっそり振り返って見ているかな
高幡不動尊20100814-8
遠近感のためか、なんだか土方歳三像が模型っぽく写っている

今日のメインは弁天池回り。お盆と言えば仏さま、仏さまと言えばハスの花
高幡不動尊20100814-6
先週、葉の陰に隠れていたつぼみが咲いていた。
高幡不動尊20100814-10
昔はこういう雫の水も大切な飲み水になったんだろうね。どんだけ昔の話だ・・・
高幡不動尊20100814-2

弁天池回りのヒオウギ(檜扇)もかなり咲き始めた。
高幡不動尊20100814-5
ヒオウギはアヤメ科。名前の由来は葉の並びが「檜扇」という扇子みたいだからだそうだ。
葉を写した写真がない
高幡不動尊20100814-4
しかし派手な花だよね。
これはテッポウユリかな。まだこれから
高幡不動尊20100814-3

この日は近所の散歩を早めに切り上げて昭和記念公園に向かった
目的は、この小さなシラサギが飛ぶ姿(サギソウ)を見るため
高幡不動尊20100814-1
昭和記念公園には真夏にもかかわらず、たくさん花が撮れたので、サギソウの写真を含めてまた別に

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(番外編)弁天池まわりで春の宴会?

春を感じる2月のある日、あまりに気持ちいいのであま酒でも飲もうか
弁天池の春2010-2

あま酒を片手に弁天池へ。冬の間は池のすみっこでおとなしくしていた池の亀も元気に泳ぎだしてきていた
BlogPaint
あま酒の飲み過ぎで酔いが回ったのかな・・・なんか会話しているぞ

冬眠から覚めて、新幹線や中央線、高崎線で集まってきた亀らしい
BlogPaint

あ、そんな会話の途中に大きな白いミニスカートの鯉が
BlogPaint
この弁天池に何年も住んでいそうなのに、なぜか関西弁、完全にあま酒に酔ったかも
このあと私の記憶は途切れ途切れで、写真にするとこんな感じ
BlogPaint
ライカのレンジファインダーカメラと最新のPENTAX K-x、どちらもいい色しているね
なんだろう?かすれた記憶になぜか水道の蛇口が目立つ
そういえば弁天池回りに咲いているアセビ(馬酔木)の花に形が似ている。見間違えたか・・・・
土方像後ろのアセビ201002-2
この水道の蛇口にはスポットライトがあたっているようだ
アセビって馬が酔う木って書くだけあって、これを食べると酔ってしまうんだ(実際は苦しむので食べないそうだが)、そうかあま酒に馬酔木が入ったのを飲んでしまったのか

アセビの側の土方さんは、あまりの騒がしさに関わりあいたくなくて背中を向けて知らん顔している
BlogPaint
その言葉は高知弁。竜馬じゃないよ!これは土方さん・・・NHK大河ドラマの見過ぎだって。やっぱり酔っている

クラクラする頭で弁天池の上を見あげると、早春を代表する花、サンシュが少し咲き始めていた
弁天池そばのサンシュ
サンシュは別名「春黄金花(はるこがねばな)」。葉の出る前に黄色の小さな花をたくさんつけてすごくきれい。なんだかすごく悪酔いしたような春の1日だったけど、青空をバックにしたこの花を見てスッキリした

Panasonic LX3は室内用カメラとしては最強だと思っていたけど、ぜんぜん撮れていなかった。設定がISO200だったり、接近して撮るのにマクロにしていなかったりなんだか撮り方がボロボロ

今週の高幡不動(番外編) 失礼しました

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.120)高幡不動尊弁天池の福寿草

福寿草201002-1
キンポウゲ科のフクジュソウ(福寿草)。花の少ない時期に黄金色の花を咲かせるので、春を告げる花の代表とされている

旧暦の正月(2月)頃咲き出すことから別名ガンジツソウ(元日草)やツイタチソウ(朔日草)などとも呼ばれる
福寿草201002-4
幸福の「福」と長寿の「寿」というめでたい名前で正月用に盆栽として出回るが、正月に飾られる花は室(むろ)などでの促成栽培で、普通に咲くのは今頃となる

この福寿草は高幡不動尊の弁天池回りで咲いているのを見つけた
福寿草201002-6
太陽の光に敏感で、昼間でも曇ってしまうと数分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開くそうだ。下の写真は曇りの時に撮ったもの
福寿草201002-2
寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないための工夫なんだそうだ

こんなにかわいくてきれいな花だけど、有毒・・・食べてはいけない
福寿草201002-5
上の写真でも少しだけ葉が見えるけど、花が終わる頃、にんじんの葉のような、こまかい葉が一面に広がる

福寿草は、すでに江戸時代前期頃には、新年を祝うめでたい植物として鉢植えなどにして出荷されていたらしい。春を待つ人の気持ちは昔から変わらないんだね
福寿草201002-3
 福寿草のように春先に花をつけ、夏まで葉をつけたあと、次の春までは地下の根茎や球根などで過ごす一連の草花を総称してスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)というそうで、セツブンソウやカタクリなども同じ特徴を持つそうだ

カタクリの花はもう少したつと京王百草園で見ることができるが、実は梅まつりで見物の人が梅の花を見上げている足元で福寿草もたくさん咲いている。その京王百草園の梅まつりの様子は次回に

(撮影2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.85(08/29)あまりの暑さに土方さんも額に汗・・・

ここ数日、朝夕は秋を感じさせ、日中の日射しもその強さが一段落したように思えた多摩地区だけど、この日(8/29)は真夏日が復活した1日だった

高幡不動尊の境内は先週に続いてお参りの人が少なく、夏の太陽だけが元気に輝いていた
高幡不動尊090829-2高幡不動尊090829-1
夕方には前線が通過して雨が降る予報だったが、午前中はすごくいい天気

毎年この時期にはお不動さんの駐車場で盆踊りが開催されるが、さすがにこの時間はまだ誰もいない
高幡不動尊090829-4高幡不動尊090829-3
盆踊りの舞台だけが影のない駐車場のアスファルトの照り返しのなか、じっと夕方の祭りを待っていた。しかしいくらなんでもちょっと辛いよね

とにかく日射しが強いので、日陰を探しながら境内を奥に進む。
大日堂の横でほっと一息左側に小さいけれど六地蔵さんが見える
高幡不動尊090829-6
この木陰の先にはまたまた強い日射しが待ってる・・・そちらに進むのはやめよう
実はあの先は墓地なので普段から入る事は遠慮しています

上の写真の左側の木陰にある山道を少し登って、久しぶりに緑の中の真夏の五重塔を眺める
高幡不動尊090829-7
緑もいいけど、早く紅葉の季節にならないかな〜ぁなんて思ったして
真夏はあまりに暑くて、散歩も短めになっているけど、秋になればもっと散歩ができるしね

五重塔の回りではハトも日陰を選らんで休んでいるが、わざわざここに居なくても、自分で飛んでどこか大きな日陰に行った方がいいのではないかと
高幡不動尊090829-9高幡不動尊090829-8
あまりの暑さに土方さんの額にも汗が・・・あれ?白い汗、これはひょっとしてハトが
副長大変です頭の上でハトが粗相しました

暑くて頭がクラクラしそうななか、弁天池に行って見ると今週はシュウメイギク(秋明菊)が咲いていた
高幡不動尊090829-5
秋明菊は秋に菊に似た花を咲かせるところからこの名前がついたが、キク科ではなくキンポウゲ科でアネモネの仲間だそうだ

ユリやヒオウギも枯れはじめていて、もう今週は高幡不動尊で花の姿を写真に撮ることはないかなぁ・・・なんて思っていたときに、とってもありがたい花だ

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.84(08/22)暑くて人もまばら

お盆を過ぎてから、東京多摩地区は連日晴天続き。朝夕は少し涼しい感じがするものの、日中は遅れてやってきた真夏の雰囲気

暑い暑い高幡不動尊の境内は、ほんとうに人がいない・・・
高幡不動尊090822-7高幡不動尊090822-1
交通安全のご祈祷が始まるときに、申し込んだ人の名前が放送で呼ばれるが、この時は1人だけ

暑い時はやはりついつい「水」がある方へ
高幡不動尊090822-2
この日は参拝する人も少なかったので、この手水舎もゆっくり撮ることができた

手水舎(ちょうずや・てみずや)は、拝礼の前に手を洗い口をすすいで身を清める場所のこと。古来、神社に参拝する折、近くを流れる川の水や湧き水で手を清めていたが、時代とともに、きれいな水が確保できなくなったことから、それに代わる施設として境内などに御手洗場を設けるようになったのが起こりといわれている
手水舎での作法は左手、右手とすすいだ後、左手に水をためて口をすすぎ、もう一度左手をすすいだ後に残った水で柄杓をすすぐのが一般的だそうだが、口まですすぐ人はあまり見かけないような気がする

(下写真左)いつものように境内を奥に歩いて大日堂手前の山門をくぐる。右側に「茶室 知足庵」とあるが、これが普段は関係者以外は立ち入りできない豊泉寮の奥にある茶室
高幡不動尊090822-5高幡不動尊090822-4
(上写真右)大日堂横で強烈な「ミ〜ンミンミンミンミンミィ〜」というミンミンゼミの鳴き声が聞こえたので探して見つけたのがこれ。ちょっと場所が悪くて撮り辛らかったけど、たくさんいるアブラゼミとは違うので記念に1枚

土方歳三像の隣で咲くサルスベリ。百日紅というのはこの花にはすごくぴったりの名前で、先月からずっと咲き続けている。
高幡不動尊090822-3
「副長!もう少し左です・・・」

真夏の高幡不動尊は、さすがにあまり撮るものがないなぁと思いつつ、いつものように弁天池に行ってみると、今日は噴水の横できれいなユリの花が咲いていた
高幡不動尊090822-6
この写真は先週の最後の写真のちょうど反対側。順番にいろいろなものを撮らせてくれる場所だね

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.83(08/15)トンボの産卵?

今日は湿度が低くて気持ちよく晴れた

高幡不動尊の境内は、お盆休みで露店もまったく出ていない。お参りに来た人もパラパラという感じでとっても静かだ
高幡不動尊090815-4高幡不動尊090815-3
日射しはかなり強いけど、カラッとしたきれいな青空、緑も茂ってとっても気持ちの良い夏の景色

昨晩天気予報でやっていたが、東京地方で土曜日と日曜日の両日とも雨が降らずに晴れたのは5月の9日・10日以来だそうだ

先日は抜け殻だったけど、今日はアブラセミの成虫。かなり近くまで寄ることができた
高幡不動尊090815-6
昔はよく捕まえたアブラゼミだけど、こんなに近くで見ることも最近は減ってきてしまったなぁ

いつもシオカラトンボがたくさん飛んでいるあたりで、水面をたたくような動きをずっと繰り返していたトンボがいた。これはトンボの産卵かな?
高幡不動尊090815-10高幡不動尊090815-5
時々シオカラトンボが絡みに近寄っていたけど、これは何トンボだろう。久しぶりに動画も撮った

セミの声の後ろのうなり声は御護摩修行

弁天池は、先週と同じようにオレンジ色のヒオウギが咲き、蓮の花が開き始めていた
高幡不動尊090815-8

夏はどうしても水辺が恋しくて弁天池周りをウロウロするけど、噴水もあってやっぱり涼しげだよね
高幡不動尊090815-7
さて明日の東京地方は雨が降らずにきれいに晴れるかな

コメントへの返事、みなさんのところのご訪問が遅れます。申し訳ありません

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.82(08/09)曇り空だけど暑い

今朝からたまに日が差したりする薄曇りの空模様、ただ暑いだけの今日の高幡不動尊の境内はお参りの人も少ない
高幡不動尊090809-8高幡不動尊090809-1
さすがの鬼の副長土方さんもかなり暑いんだろうね、前を向いて立っているのが精一杯。となりに百日紅の木があるんだけど、見る余裕はなさそうだ

先週咲いているのをみつけた「きつねのかみそり」が、今日はそこらじゅうで咲いていた。
高幡不動尊090809-2
(上写真)これは鐘突堂の手前に咲く「きつねのかみそり」。葉がない状態で咲いている姿がどこかヒガンバナと同じような雰囲気を感じる

(下写真)山内の散策道を歩くと、道を覆うようにアジサイが咲いていた。かなり遅咲きだね・・・
高幡不動尊090809-3
この時期の散策道はあまり人が歩いていないから、歩くとクモの巣がいっぱい体や顔にあたる。写真でみるとなかなかいい感じに見える道だけど、実際に歩くとこれがかなりうざい誰か先に前を歩いて

(下写真左)弁天池の周りに行くとこの前よりもたくさんのヒオウギが咲いていた。
高幡不動尊090809-6高幡不動尊090809-7
(上写真右)かなり遅いけど今年初めて見つけたセミの抜けガラ。ここからお不動さんの山に向けて飛んで行ったんだろうね。でも土の中から出てきてこの葉っぱにどうやってぶら下がったのだろうか・・・

(下写真左)弁天池の奥の方で甲羅干しをしている亀。
昨年見たときは彼は1人で空を見上げていつか飛ぶぞって想っていたようだけど、今年は前に仲間がいる。オレはいつかあの空を飛ぶんだぜって仲間に自慢しているんだろうな
高幡不動尊090809-4高幡不動尊090809-5
(上写真右)彼の頭の上に広がっている、きっと気持ちいいよ、がんばれ

夏の高幡不動尊にはオレンジ色の花がたくさん咲いていたが、今日のメインはこれかな
高幡不動尊090809-9
弁天池そばの社務所前にある自動販売機で買ったAQUARIUS ZERO。シトラスフレーバーのすっきりした後味が売りらしい。
これを飲みながら、こんなきれいな砂浜でビーチバレーをしてみたい
沖縄プライベートビーチ200808
(上写真)昨年、沖縄の「ペンションへのこ」みどりさんのご紹介で行ったプライベートビーチ、まさにパラダイスでした

昨日は母の初盆のお参りで三重まで日帰り。ちょっと疲れが溜まったのか昼寝をしても気分がいまいち、体力回復のためにジャガーさんのお土産のを飲んでみた。
高幡不動尊090809-10
シトラスフレーバーのすっきりした後味とはかなり違ってけど・・・まだちゃんと生きてます

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.79(07/18)鳩の天下

夏休みに突入した3連休、梅雨が明けてすぐは天気が安定してギンギンの晴天が続くはずが、いまひとつはっきりしない天気

高幡不動尊の境内はとても人が少なく、ひょっとしたら鳩の方が多いかもって感じ
高幡不動尊090718-9高幡不動尊090718-4

(下写真左)弁天池にかかる弁天橋。この弁天橋も今日は鳩のもの、先に見えるのが弁天堂。どんだけ「弁天」が並ぶんだか・・・
高幡不動尊090718-1高幡不動尊090718-6
(上写真右)これは少し前の写真だけど、お坊さんがこうやって鯉にエサをあげると、手に鳩がとまって鯉のエサを食べる。さすがに罰が当たるので、お坊さんの頭にはとまらなかったけどね

(下写真左)弁天池のハスの葉にシオカラトンボ。ずっと期待していたカエルではなくてちょっと残念。しかもなぜか羽がボロボロ
高幡不動尊090718-8高幡不動尊090718-7
(上写真右)同じく弁天池まわりで見つけたユリ、これはカサブランカかな。先週咲いていたヤマユリなどをもとに品種改良されたものらしい

この時期はいろいろな種類のユリの花が咲いているが、高幡不動尊を出て散歩を続けていると、畑のそばで見つけたオニユリ
高幡不動尊090718-3高幡不動尊090718-2
ボケ(木瓜)のように木や花には、ちょっとなんとかしてあげたいという名前がつけられていることがあるけど、このオニユリっていうのは花の感じにピッタリという気がする

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.77(07/04)のんびりムード

高幡不動尊のあじさいまつりは、この週末(7月5日まで)で終わる。長かったようで、終わってみるとなんだかアッという間だった

まだ梅雨の真最中だけど、またいい天気の土曜日になった。午後から雷雨があるかもしれないという予報だけど、午前中は完全に夏の日という感じ
高幡不動尊090704-2高幡不動尊090704-1
(上写真右)これまであまり撮らなかった場面。一番左が五重塔、中央が丈六不動三尊像などが安置された奥殿、左に少し写っているのが上杉憲顕之墳。上杉憲顕が自刃した場所で、ここはよくお坊さんがお経をとなえて供養している光景を目にする。

(下写真左)四季の散歩みち。あじさいを見に来ている人も、もうかなり少なくなっている
高幡不動尊090704-6高幡不動尊090704-7
(上写真右)人が少なくなって、また普段のようにお地蔵さんの写真もゆっくり撮ることができる。これは山内八十八ヶ所巡拝第二十一番(舎心山太竜寺)。
山内八十八ヶ所は高幡不動尊山内に設けられた四国八十八ヶ所霊場のうつしで第二十一番(舎心山太竜寺)は徳島県阿南市にある真言宗高野派のお寺

訪れる人もすくなくなって、なんとなく境内がのんびりしている
(下写真左)弁天池の大きな鯉。これじゃあ大きさがわからないので、そのうち隣にたばこの箱(ハイライトがいいかな)を置いて写真を撮りたいね。そばでは親ガメの上に子ガメが乗って甲羅干しをしている
高幡不動尊090704-9高幡不動尊090704-8
のんびりムードに乗じて、土方歳三像の頭の上で日向ぼっこしているハト
そんなところにいると「副ちょ〜ぉぉの頭に失礼だろ〜」ってにぽぽさんに怒られるよ

境内一番奥の豊泉寮の庭ではユリ科のニッコウキスゲ(日光黄萓)がきれいに咲いていた。
こうして花の写真を撮って御紹介できるのは、私が花の名前をよく知っているのではなく、高幡不動尊ではこうやって名札が立ててあるから
高幡不動尊090704-3

これはオミナエシ科のオミナエシ(女郎花)、かわいくてとてもきれいな花だ昔から名前はよく聞くけど、なんだか最近全然見ていなかったような気がする。
高幡不動尊090704-5
同じオミナエシ科でオトコエシ(男郎花)という、形がそっくりの白い花もあるそうだ

この豊泉寮は、あじさいまつりの間だけ一般公開されているので普段は入ることができない。これらの花はもう来週末には見ることができないかも

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.79)高幡不動尊 弁天池まわりのあじさい

高幡不動尊弁天池0906-9
この前の週末晴れた日曜日(6/7)の高幡不動尊弁天池回りの様子。
先日は赤いスカシユリが咲いていたが、この日はオレンジ色のスカシユリがきれいに咲いてた

あじさいまつり期間中なので、敬意を表してあじさい越しに撮ったけど、スカシユリだけで十分きれい
高幡不動尊弁天池0906-10

高幡不動尊のあじさいは、すにで見頃になっている山内の山あじさいと同様、弁天池回りの西洋あじさいも、そろそろ見頃になっている
高幡不動尊弁天池0906-8
天気が良いとはっきりくっきりしたコントラストの強い写真が撮れる。私はこういう写真が結構好きなんだけど、あじさいの花には似合あわないかも、この写真もオレンジ色のスカシユリが主役の写真

弁天池ではスイレン(睡蓮)の花が咲いていた。最初はハス(蓮)の花なんて思っていたけど、ハスとスイレンって全然違うよねよかったブログをアップする前にちゃんと気がついて
高幡不動尊弁天池0906-3
スイレンって本名(和名)はヒツジグサというらしい。この花のどこが羊?って思ったけど、そもそも字が違う。
ヒツジグサは未草と書きヒツジは昔の時間の「未」で、未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることからつけられた名前だそうだ

まあ、そんなことよりも写真を撮る立場としては、葉っぱの上でカエルが昼寝でもしていてくれると、すごくいい絵になるんだけど、そううまくはいかない残念

先日はまだ少し赤くなりかけだった山あじさい紅(くれない)。
高幡不動尊弁天池0906-2
きれいな赤色に変わってきているけど、ちょっとこの写真は派手すぎるかも
赤やオレンジのスカシユリと違って、やっぱりあじさいに強烈な太陽の光は似合わない

何度か撮っているこの西洋アジサイは、青空にも負けず、いい感じに見頃をむかえている
高幡不動尊弁天池0906-11
弁天池は、高幡不動尊に入って左側の土方さんの像の後ろ。福徳弁財天を祀っている朱塗りの小堂がある池で、この周辺の西洋あじさいは見頃だった。
でも五重塔まわりや四季の道の駐車場に近い場所の西洋アジサイはもう少しって感じ

今回、晴天の下であじさいを撮ってみて、天気が良い時にいい感じの写真が撮れるとは限らないことを強く感じた、まだまだだねぇ
でも、個人的には好きなんだよね、こういう感じの写真が

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.72(05/31)明日からあじさいまつり開催

この週末は土曜日・日曜日とも雨が降ったりやんだりのぐずつき模様

高幡不動尊の様子もどんよりとした曇り空で梅雨を思わせる感じ思ったより人がいたのは、そろそろあじさいを見に来た人が訪れ始めたからかな。
高幡不動尊090531-7高幡不動尊090531-3
露店も先週より少しだけ増えたような気がする

6月1日から7月5日まで高幡不動尊は「第26回あじさいまつり」が開催されるが、この日のあじさいの咲き具合は下のような感じ
(下写真左)西洋アジサイが壁のように咲いている四季の道の、駐車場に近い場所、ここの西洋あじさいはまだまだ色づいていない花がほとんど
高幡不動尊090531-1高幡不動尊090531-5
(上写真右)山内八十八カ所巡拝路の山あじさいがたくさん咲いているところ、ここの山アジサイはもうずいぶん咲いている

同じ西洋あじさいでも、弁天池まわりの花はもうずいぶん咲いているものがある。奥の朱塗りの小堂が弁天堂で福徳弁財天を祀っている
高幡不動尊090531-6
西洋あじさいはこんもりと大きな珠になるので、やはり見映えがいい

山あじさいも、大日堂前のくろひめあじさいなんかは、もうしっかり見頃になっている
高幡不動尊090531-4
山あじさいは、花が全体的に小さめだけど、神社仏閣に似合う日本らしい趣のある感じがする

今回一番目を引いたのがこの山あじさい 紅(くれない)。咲き始めは白いがだんだんと赤くなるらしく、あちらこちらで赤くなり始めている花があってなかなかきれい
高幡不動尊090531-2
まだまだあじさいはこれからだけど、花によってはもうしっかり咲いているそろそろ三脚を立ててじっくり写真を撮っている人も見かけるようになってきたがまだまだ見に来ている人が少ないので、のんびりとあじさいを見ることができる

この週末のあじさいは、いかにも梅雨時の花らしい、どんよりとした写真になってしまった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.52(12/20)正月支度

今日は天気も良く、この時期にしては暖かいので、気分よく散歩に

高幡不動尊の境内は、今週も人が少なくとっても静か。空がとっても青くてきれいだけど、このところあまり変わり映えのない風景かな
高幡不動081220-3高幡不動081220-8
賽銭箱まわりが板で囲まれると、見た感じがずいぶん変わるんだけど、今年はまだの様子。それでも不動堂の回りは、着実に初詣の準備が進んでいる
高幡不動081220-4高幡不動081220-5
(上写真左)初詣の参拝客は、反対側から上って、こちら側に誘導されて降りる流れになる(上写真右)お守りやお札などが売られる窓口

子どもが弁天池でエサをあげていたが、寒いためかコイが少し寄ってくるだけ、あまり動きが活発ではない
高幡不動081220-6高幡不動081220-7
せっかくエサをあげているのに、ちょっとつまらなそう

もう少し時期が早ければこんな感じだったのにね(下の写真は10月頃の様子)
高幡不動081220-2高幡不動081220-1
コイのエサの取り合いに、亀とカモが参戦して、なかなか賑やかだった。もう弁天池も冬だね

今日はこのあと、車の正月支度。年末年始のスキーに備えて、この冬で5シーズン目になるスタッドレスタイヤは夏用タイヤにして、新しいタイヤを買いに行った

今回はどのタイヤにするか、カー用品店の価格などをいろいろ調べた結果、ブリヂストンのタイヤ館へ向かう。確か4年前のこの時期に同じタイヤ館で2時間近く待たされた

今日は、お客も少なくというかガラガラで、ピットでの交換作業もすぐ終わって、ちょっとラッキー多摩地区では、ここ数年雪が降っても、積もることが少ないためか、それともこのご時世なのか・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません



ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ