ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

川平湾

2011年沖縄 石垣島観光

8月1日から4日までの沖縄旅行(その6)

台風の影響で4日朝一番の飛行機で那覇に向かうため、泣く泣くいろいろなものをキャンセルして西表島から石垣島に移動した8月3日。
どうせならば石垣島観光を楽しもうということで、ホテルでレンタカーを借りて石垣島の最北端を目指す。

島田紳助の夢の店「喫茶トムル」で昼食、そのあと訪れたのがこの石垣島最北端にある平久保灯台。
石垣島観光201108-1
素晴らしい眺め、平久保崎灯台よりも回りの海に見とれてしまった
灯台の右側の海岸線。
石垣島観光201108-2
サンゴ礁の海を目一杯アップで撮ってみる。
石垣島観光201108-3
ここでシュノーケリングしたらどんな素晴らしい光景が待っているのだろう。でも流れ(リーフカレント)が速そう。

灯台から左側の海岸線。こちらは遠くにうっすらと川平湾がある半島まで見える。
石垣島観光201108-4
このあたりはほとんどが牧場。いまでは石垣牛も有名だが、以前から西表島や石垣島では日本各地の有名ブランド牛の産地に黒毛和牛の仔牛を出荷しているのだそうだ(西表島のタクシーで聞いた話)。

川平湾に向かう途中にある米原(ヨネバラ)海水浴場に寄ってみる。ここも昨年時間がなくて寄れなかった場所。
石垣島観光201108-5
東京でイメージする「海水浴場」とはかなり違う
リーフまでの距離が比較的近いのがこの海岸のいいところ。ただし潮の流れなどには十分注意が必要。
石垣島観光201108-6
この米原海水浴場は海岸沿いにキャンプ場がある。学生時代ここで友人4人で1週間キャンプ&ダイビング生活をしたことがある。もちろんテント、炊事道具一式持参。

どれだけ暇人なのって感じだけど、時間はあるけど金がない学生時代、シュノーケリング用の3点(マスク、フィン、シュノーケル)だけでなく、スキューバダイビング用のBCジャゲットやレギュレターなども持って行った。さすがに重たいタンクやウェイトは借りたけどね

海の景色は昔の記憶と全然変わらないが、海岸の設備はまったく違う。あの頃は駐車場と言える場所もなく、トイレとシャワーがあっただけ。でもそれで十分満足だった。
石垣島観光201108-7
お店は小さなよろず屋さんがバス停のそばに1軒。バスは朝と夕方に1本ずつ、キャンプ帰りの人に手紙を渡して港でポストに入れてもらった。
公衆電話もなかったのでお店の電話で100番通話(交換手経由でつないであとで通話時間と料金を教えてくれる通話)。

すべて30年前の自分がやっていたこと。いま、そんな生活できる?できません・・・・携帯電話や車はなくてもいいから、インターネットだけは使わせて

続いて川平湾、何度来てもきれいな景色に見とれる⇒写真撮りまくり⇒同じような写真の大量生産
石垣島観光201108-8
島田紳助のお店のレシートで半額(1000円→500円)になるというグラスボートに初めて乗ってみた。以前とちょっと違う体験が出来てうれしい。
石垣島観光201108-9
「青いさんご礁」松田聖子の曲が流れている?そんなことはなかった・・・

グラスボートは巧みな操船技術で湾内の観察ポイントを回ってくれる。イダの浜で見ることができなかった、イソギンチャクとカクレクマノミ。
石垣島観光201108-11
シャコガイ、結構大きい、50cmぐらいはあったかな。
石垣島観光201108-10
川平湾の湾口の方に出て行く。下がサンゴだったり砂地だったり、深かったり浅かったりでいろいろな海の色になる。
石垣島観光201108-12
ジャガイモみたいなサンゴ、コモンシコロサンゴ。これは見たことがない。
石垣島観光201108-13
自分でシュノーケリングして見る海中とはずいぶん違うけど、まあそれは仕方ない。
ブーゲンビレアと青空。ほんとうにいい天気
石垣島観光201108-14
風はちょっと強かったけど、川平湾の波もそれほどではなく、台風の影響はほとんど感じられなかった。

夕方、石垣港に戻ってきた。夕陽がギンギラギン
石垣島観光201108-15
これならば明日は台風が来る前に東京に帰ることができるだろうと安心して、港近くの居酒屋でオリオンビールと泡盛を飲みながら、ゆっくり沖縄最後の夜を楽しむ
石垣島観光201108-16
しかし、この日の夕方16時の台風進路予想図を冷静に見ると、明日4日、那覇から羽田に向かう帰りの飛行機の時間、15時に那覇は完全に暴風圏内に入る予想。ガーン

8月3日16時写真


しかも上の予想図では台風は、沖縄本島よりもこの八重山の方に向かってくる気配。少なくとも石垣島だけは脱出しておかないと大変なことになりそう。

ここまで長い間おつきあいありがとうございます、今回はこの台風のおかげで、3泊4日の西表島旅行が那覇での3泊がプラスされて6泊7日になりました。この記事が4日目で残りはまだ3日間もあるのですが、次が最後の記事です。残りの3日間は台風でほとんどどこにも出かけることができず、写真がありません・・・

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

雪の週末に沖縄の写真でも

沖縄201008-12
東京都心でもうっすら雪が積る週末
こんな日には沖縄の暖かい景色と南国の花の写真で目だけでも暖かに

石垣島川平湾のグラスボート乗り場の様子。冬はどんな風景になっているんだろうね
沖縄201008-11

南国の花と言えばこのハイビスカス
沖縄201008-8
八重咲きの花はなんだか柔らかそう。
沖縄201008-5

青空とブーゲンビリア、オシロイバナ科。ちょっとオシロイバナに似ているかも。
沖縄201008-10
ブーゲンビリアの伝説っていう映画があったような気がして検索したらなかった。プルメリアの伝説だった

この色はトロピカルだ、食べものだったらきっと美味しいだろうね
沖縄201008-9
なんでも食べ物に見ないように・・・

サンタンカ(山丹花)、アカネ(茜)科。
沖縄201008-7
アカネ科ってあまり聞かないけど、コーヒーの木がアカネ科なんだそうだ。毎朝お世話になっています

アラマンダ、キョウチクトウ科。
沖縄201008-6
いま見ると黄色い花に元気をもらえる感じだけど、写真を撮った時は暑くてそれどころではなかったかも

石垣空港。ジェットエンジンって正面から見たら真円じゃないんだね。
沖縄201008-4
本当は真円だったんだけどゴツンとぶつけたみたいないびつな形
沖縄201008-3
これは宮古島の北部と池間島。サンゴ礁の部分がきれいに見えている。
沖縄201008-2
宮古島には30年前に那覇から乗った石垣島行きの船が1時間ほど停泊した時に少し上陸したことがあるだけ、1度ちゃんと訪れたい島だ

石垣島で買ったお土産、泡盛ゼリー。
沖縄201008-1
食べようとすると泡盛の匂いがして、口の中に入れるとザクザクした食感のゼリーで、ほんのり甘いけど後味が泡盛。独特な大人のデザート

雪国の人にしてみれば、東京っていつもこの程度の雪で大騒ぎだって思うでしょうね。確かにその通り
人も建物も道も何もかも密集しているので、ちょっと普段と違う状態になると、それがネックに滞りが生じて、その影響がまさに雪だるま状に膨らんでしまうのです。
明日は仕事。朝、電車がちゃんと動いてくれていますように

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

石垣島 川平湾

石垣島川平湾201008-10
沖縄石垣島の景勝地、日本百景にも選ばれている川平湾。南の島の楽園ってきっとこういう場所のことを言うんだろうね

はじめてここを訪れたのは学生時代の夏。たまたまその数ヶ月前のゴールデンウィークに日本三景(松島、天橋立、宮島)を1度に見ようと思い立ち、本州を電車で1周して見に行ったあとだった。その時に見た日本三景の素晴らしさに1歩も引けを取らないこの川平湾も日本三景に加えるべきだって思った記憶があるでも日本四景になってなんだか語呂が悪いけど・・・

思わず泳ぎたくなるが、この川平湾は潮の流れが速く遊泳禁止なんだそうだ。
石垣島川平湾201008-4

泳ぐことができないので、グラスボートなどで湾内のサンゴを巡る。手前のボートはどこかダイビングポイントに出かける船かもしれない。石垣島川平湾201008-3

もちろん素晴らしいのは海だけではない。
石垣島川平湾201008-5
こんな場所に住んでみたいなぁ

昼食に食べた八重山そば。沖縄県のそばはそば粉が使われておらず、その麺はどちらかというと、うどんやラーメン(中華麺)に近い。
石垣島川平湾201008-6
左上は青パパイヤのシリシリ(千切り)。特にクセもなくニンジンのようなレンコンのような食感で美味しかった。まあ何でも美味しく食べる奴なんですけど

赤いハイビスカスってやっぱり青い空や青い海に映えるね
石垣島川平湾201008-11
ピンク色のハイビスカス。これもよく見る色かな。
石垣島川平湾201008-7
この色はきれいだ、なんだかトロピカルフルーツのイメージで美味しそうな色。
石垣島川平湾201008-8

同じく青空に映えるブーゲンビリア
石垣島川平湾201008-9
ブーゲンビリアはオシロイバナ科、子供の頃、実をつぶして遊んだあのオシロイバナの仲間。和名はイカダカズラ。なんだかどんどん南の島のイメージから離れてしまう

これは川平観音堂。石垣島に観音堂ってなんだか珍しいような気がするが、新しいものではなく17世紀に創建されたものなんだそうだ
石垣島川平湾201008-2
なぜここに観音堂があるのかが記された看板。
石垣島川平湾201008-12
ざっとまとめると、「風待ちのために船から下りた小僧が、自分をおいて出航してしまった船を呼び戻すために神仏に祈ったら、その祈りが通じて風が吹き無事乗船ができた。数年後、和尚となって帰島して自分の祈願した地に観音堂を建てて祀った」ということらしい

こんなに素晴らしい景色の場所なのに、お土産物店もそれほど多くなく、昔と変わらない質素な観光地。
石垣島川平湾201008-1
この日は早朝に自宅を出て石垣島に到着した日なので、このあとホテルにチェックイン、家族揃ってお昼寝タイムとなった

次は、この翌日の午後に行った白保サンゴ礁でのシュノーケリングをアップする予定です。

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

2010年夏休み 石垣島

夏休み201008-11
今年の夏休みは石垣島旅行。上写真は美しい石垣島の中でも一番の景勝地となっている川平湾。石垣島は私は30年ぶり3度目だけど家族は初めて。

羽田空港6:25発の沖縄那覇空港行き
夏休み201008-13
朝4時前に起きたので機内ではずっと寝ていたが、沖縄の島が眼下に見るというアナウンスで目が覚める

夏休み201008-12
那覇空港で10:00発の日本トランスオーシャン航空の石垣行きに乗り換える。時間はあるけど金がない学生時代の過去2回は船で石垣島に渡ったので飛行機で石垣島に行くのは初めて、船だと1晩かかるけど、飛行機ならば1時間ほど、さすがに早い

下写真は川平湾と並ぶ景勝地、玉取崎展望台から石垣島の北東方向(平久保半島)の眺め。
夏休み201008-15
このアングルは玉取崎展望台の紹介写真によくある眺め

ハイビスカスを中心に、いろいろな南国の花を見ることができた
夏休み201008-10

夜は港近くの居酒屋で地元の料理(写真は石垣牛のサラダ)を食べる。
夏休み201008-3
レンタカーでホテルまで戻らなければならないのでビールや泡盛が店で飲めないのがちょっと残念

予報では曇りのち雨の日もあったけど、結局旅行中ずっといい天気で、きれいな夕陽も見ることができた
夏休み201008-9

高速船で西表島にも渡って、バラス島でシュノーケリング。
夏休み201008-7
バラス島は珊瑚の破片だけでできた西表島近くの小さな無人島。

2年前、沖縄でシュノーケリング中に水没したデジカメの代わりに買った防水デジカメ(OptioW60)がやっと本領発揮
夏休み201008-6

「ニモ」のモデル(カクレクマノミ)も見ることができた
夏休み201008-8
カメラは防水だけど、シュノーケリングでの写真撮影はかなり難しい。まともに撮れた写真はほんのわずか・・・

海遊びだけでなく、マングローブの川(ヒナイ川)をカヌーで上る。
夏休み201008-5
カヌーをおりてさらに上流にあるピナイサーラの滝の滝壺まで30分ほどトレッキング。
夏休み201008-4
ピナイサーラの滝は沖縄県最大の落差55mだそうだ。

最終日には石垣島鍾乳洞見物。
夏休み201008-2

帰りの那覇では羽田行きの飛行機の乗り継ぎの間に国際通りに
夏休み201008-1

居酒屋で夕食。これはヒジキの天ぷら、かき揚げのような感じだった。
夏休み201008-14
羽田行きの最終便に乗って夜23時過ぎに羽田に到着。行きは早朝、帰りは深夜で人の少ない羽田空港だった。

ざっと駆け足の夏休み写真日記
川平湾やマングローブ、南国の花などは写真を整理してまたアップします。たくさん写真撮りすぎで・・・

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ