ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

山茶花

今週の高幡不動尊(02/19)  河津桜が咲いた

日曜日は風が強い晴れの日になった東京多摩地区。

きれいな青空は背景にピンクの河津桜がきれいに咲いている。
高幡不動尊201702
こうやって花をアップで撮ると、もう見頃になっている感じだけど・・・
高幡不動尊201702
咲いているところだけを撮っただけで、全体としてはまだ咲き始めの
1〜2分咲きという感じ。
高幡不動尊201702

青空に飛行機雲がいいアクセント。
高幡不動尊201702
この日は第三日曜日なのでござれ市が開催されているが、不動堂前には
それほどお参りの人がいない。
高幡不動尊201702
露店も出ていたりするんだけど、寒い時期だからか、ござれ市にしては
人が少ないかな。
高幡不動尊201702
3月のござれ市は3連休とも重なるのでもっと賑やかになるだろう。

昭和記念公園の梅園でも咲き始めたサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201702
この花が咲くと、木全体が明るくなるんだけど、まだまだこれから。

大日堂前の枝垂れ梅は5分咲き。
高幡不動尊201702
枝垂れ梅の奥にお参りする人の姿。のどかな光景。

思いのままはもう満開に近い状態だけど、今年は桃色と白色の花びらが
混じった花がなかなか見つからない。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702
梅が見頃になり、そのあとに桜が咲き始めて、花が少ない時期に頑張った
この山茶花が主役の時期も終わりになってきた。

今週の高幡不動Vol.430
(撮影 2017年2月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(02/12)  思いのままが咲いた

この週末は冬晴れとなった東京多摩地区。風が冷たいけど日差しが暖かい。

高幡不動尊五重塔前の梅「思いのまま」が咲いた。
高幡不動尊201702
1つの枝に白色と桃色の花が咲いているのがまさに思いのまま。
高幡不動尊201702
昭和記念公園や京王百草園にも思いのままはあるが、まだほとんど咲いていない。
ここは日当たりがいいためか、いち早く咲き始める。

この花は桃色より少し濃い目の色。
高幡不動尊201702

1つの花で白色と桃色の花びらがある花は見つからなかった。
まだ3分咲き程度なので、これからだね。

高幡不動尊201702
境内は山茶花がだんだんと終わりはじめて、椿が目立つようになったきた。
高幡不動尊201702

お正月から初不動・だるま市、節分と行事が続いた境内が落ち着きを
取り戻しつつある。
高幡不動尊201702
不動堂の幕はついているし、まだ少し露店が出ている。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702

五重塔前で以前から咲いていた白梅はもう見頃になっている。
高幡不動尊201702
これぐらい咲くとメジロがやってくる(この日撮ったメジロの写真は別記事で)。
高幡不動尊201702

そして河津桜も咲き始めていた。まだこれだけだけど(汗)。高幡不動尊201702
伊豆でもう河津桜が見頃になっているニュースを見たけど、高幡不動尊は
まだ少し先かな。でも急に暖かい日がある一気に咲くかもしれない。

今週の高幡不動Vol.429
(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(01/22)  弘法大師像前の紅梅

この週末は土・日曜日とも冬らしい良い天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔まわりで咲いていた山茶花。
高幡不動尊201701
山茶花は花が少ないこの時期にはありがたい存在。

これは奥殿横の弘法大師像とその前の紅梅。
高幡不動尊201701
ちょっとわかりづらいけど弘法大師像は左下、紅梅は右上。

高幡不動尊201701
紅梅は先々週よりもだいぶ咲いてきた。
高幡不動尊201701
背景は奥殿の屋根。

そしてこの紅梅の前(奥殿前)のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201701
見頃になるのは2月後半だけど、1輪だけ咲いているのを見つけた。

これは五重塔前の思いのまま。さすがにまだつぼみは固いね。
高幡不動尊201701

この日の境内は、正月とだるま市の間の週末にしてはお参りの人がすごく多い。
高幡不動尊201701
正月が終わって先々週はなかった不動堂にあがってお参りする人の列が復活している。
この人出の理由は前夜(1月21日)にテレビ東京で放送されたアド街ック天国が
高幡不動だったからだろう。

大師堂にお参りする人の列。これだけの列は正月でもあまり見ることがないぐらい。
高幡不動尊201701
これは放送で大師堂前の、お参りすれば四国巡礼をしたことと同じご利益がある
といわれる「お砂ぶみ石」が紹介されたからに間違いない。その理由は、お参りの人が
多いと必ず長い列ができる大日堂前には列ができていなかったから。

この石の下には、四国八十八ヶ所の砂がまとめて納められているそうだが、1人が
立てる程度の大きさなので普通のお参りよりも時間がかかる。

番組で紹介された、和菓子店「季寄せ」、寿司屋の「すしの おおまさ」にも行列が
出来ていた。テレビの力はすごいね。
高幡不動尊201701
次の週末1月28日(土曜日)は、初不動でだるま市が開催される。
今年は週末になるので、久しぶりにだるま市に行くことができるかと思ったら
仕事だ(涙)。

今週の高幡不動Vol.427
(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(12/10) 冬晴れ

西高東低の気圧配置になり、今シーズンで一番きれいな冬晴れになった東京多摩地区。

秋のいろいろな行事が終わった高幡不動尊の境内は、普段の静けさを取り戻しつつある。
高幡不動尊201612
大観音像と五重塔。
高幡不動尊201612
色づいた葉がすっかり落ちて、見晴らしがよくなったためきれいな冬晴れの空が
見えるようになった。
高幡不動尊201612
夏は木々の葉が茂って陰になり涼しかったこの場所も、冬は明るい場所になる。

五重塔横もほとんどの葉が落ちてしまって、だんだんと冬の色に変わってきた。
高幡不動尊201612
水たまりに映った空もきれいな青。
高幡不動尊201612

奥はモミジで手間の葉はアジサイ。一応紅葉している。
高幡不動尊201612
ここは背の高い西洋アジサイが壁のように並んでいる場所。
高幡不動尊201612
サザンカ(山茶花)、ツバキ科。これからしばらく高幡不動尊はこの花の天下。

紅葉したドウダンツツジに山茶花の花びら。
高幡不動尊201612
ヤツデ(八手)、ウコギ科の花。聞いたことがない科だ・・・
高幡不動尊201612
八手の大きな手の上に小さなモミジの手。

さぁ、高幡不動尊の冬が始まった。

今週の高幡不動Vol.423
(撮影 2016年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 イエローキャンパス

11月5日(土曜日)の昭和記念公園、みんなの原っぱ西花畑のイエローキャンパス。
昭和記念公園201611

この日は秋らしい青空が広がるいい天気だったので、西花畑一面が明るい感じになっていた。
昭和記念公園201611
東花畑のキバナコスモス、花の丘のドワーフセンセーションに続いて、この西花畑の
イエローキャンパスが、いままさに見頃になっている。
昭和記念公園201611

イエローキャンパスの色は黄色よりも白色に近いとても明るい色。
昭和記念公園201611
天気がいい日に撮れて良かった。

少し離れた場所から西花畑を見ると、クリーム色の帯ができている。
昭和記念公園201611

同じみんなの原っぱ東花畑のキバナコスモスは来春の準備のためにすでに刈り取られていた。
昭和記念公園201611
来春にはここは菜の花畑になるのかな。

場所が変わってこちらはハーブ園。センニチコウ(千日紅)、ヒユ科に止まったキチョウ。
このチョウがイエローキャンパスの中を飛んでいたら見つけることができないかも(笑)
昭和記念公園201611
もうかなり寒くなってきているのに、まだチョウチョが飛んでいるんだね。

これはナスタチウム、ノウゼンハレン科、別名キンレンカ。
昭和記念公園201611
昭和記念公園はこういう感じで名札がついているので、花の名前がわかりやすい。

水鳥の池とススキ。とても秋らしい光景。
昭和記念公園201611
きれいな青空と山茶花。こちらはどちらかというと真冬の光景。
昭和記念公園201611
秋はあっという間に過ぎて行くね。

このあと、紅葉の様子を見るするため日本庭園に向かった。
 
昭和記念公園(Vol.188)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(09/17) 萩の花

三連休の東京多摩地区は沖縄付近でウロウロしている台風16号に刺激された
秋雨前線のおかげで天気が今ひとつ。

散歩ができたのは初日の土曜日だけ。
高幡不動尊201609
でもちょっと薄日が差したので、弁天池では、こんな秋らしい光景を見ることができた。

秋の花と言えば、草かんむりに秋でハギ(萩)、マメ科。
高幡不動尊201609
高幡不動尊では奥殿横で紅萩と白萩が咲いている。
高幡不動尊201609
秋の七草の1つにもなっていて、お彼岸にお供えする「おはぎ」はまさに「御萩」と書く、
高幡不動尊201609

毎年、紅白の彼岸花が並んで咲く大日堂前のこの場所は、今年は咲かないのだろうか・・・
高幡不動尊201609
大日堂前の違う場所で紅白に咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
もうちょっと近くで並んでほしいところだけどね。
高幡不動尊201609
彼岸花は曼珠沙華とも言うが、白い彼岸花は白花曼珠沙華と言うそうだ。

こちらは髪飾りのように咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
毎年ちゃんとお彼岸の時期に咲く彼岸花。

また弁天池のカキツバタ、アヤメ科が咲いている。
高幡不動尊201609
もう9月も後半、さすがに咲くには遅すぎるよね。

そしてこの花はサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201609
まだ9月後半、こちらはちょっと咲くのが早過ぎる(笑)。

今週の高幡不動Vol.413
(撮影 2016年9月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(12/19) お正月準備中

急に寒くなった週末。でもこれが平年並みと言われてしまうと、やっぱり暖かい方がいいなぁと思ってしまう。

冬らしい晴天を背景とした不動堂。冬の東京多摩地区はだいたいこの光景。
高幡不動尊201512-3
右側に白い部分が出来ているが、これは初詣客を交通整理するお巡りさんが立つボックス。
DJポリスではないのがちょっと残念。
高幡不動尊201512-4
初詣期間中は、正面の階段ではなく、このスロープをつかって不動堂に上る。
高幡不動尊201512-5
そしてこちら側のスロープから下りる。

入口の仁王門も段差をなくしてスロープ化され「元旦大護摩御修行」の掲示。
高幡不動尊201512-2
着々とお正月の準備がすすんでいる。
高幡不動尊201512-10

山内では正月飾りにも使われるマンリョウ、ヤブコウジ科が赤い実をつけている。 
高幡不動尊201512-6
こちらは正月準備完了(笑)。 

これは、秋明菊、キンポウゲ科の花が綿毛化したもの。
高幡不動尊201512-9
1ヶ月前には、こんな感じで咲いていた花が・・・
高幡不動尊201512-1
 
五重塔を背景に山茶花。
高幡不動尊201512-7
山茶花や椿は花が少なくなるこの季節、貴重な存在。 
高幡不動尊201512-8
今年もあと2週間。気忙しい年末に突入。
次の週末は有馬記念もあるしね(笑)

 今週の高幡不動Vol.380
(撮影 2015年12月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(12/06) 12月最初の紅葉の様子

12月最初の週末。土曜日はポカポカ陽気と言えるぐらいの暖かさ。
翌日曜日は冷たい風が吹いて12月らしい寒い日になった東京多摩地区。

午前中は少し青空が見える天気だったけど、昼頃からどんどん曇が多くなった。
高幡不動尊201512-11

モミジまつりは11月30日で終わったけど、一番色づきが遅い六地蔵さんの回りもやっと見頃になった感じ。
高幡不動尊201512-2

高幡不動尊201512-3
残念ながら、今年は肝心の葉っぱがかなり落ちてしまって密度が今一つかな。
高幡不動尊201512-1

六地蔵さんの前の奥殿屋根付近。
高幡不動尊201512-4
毎年ここを見て、秋の京都に行ったつもりに・・・でもちょっと寂しい(汗)
高幡不動尊201512-13

六地蔵さんの横から山を登ったところにある鐘楼。
高幡不動尊201512-5
六地蔵さん後ろから見えるのはこのあたりの紅葉。

鐘楼から五重塔方向のモミジの色づき。
高幡不動尊201512-6
どんより曇ってきてしまったけど、色づき具合はここが一番かな。
高幡不動尊201512-14

五重塔の横の山の中。山アジサイが咲くあたりも今年一番きれいな状態。
高幡不動尊201512-7
この秋は暖かい日があったので、紅葉の色自体はいまひとつかもしれない。
高幡不動尊201512-8

五重塔側から上の山アジサイが咲く場所の方を見る。
高幡不動尊201512-9
すでに終わっているモミジもあってちょっと残念。

紅葉に負けじと山茶花もきれいに咲いている。
高幡不動尊201512-10
山茶花と椿がこれからの主役。
高幡不動尊201512-12
紅葉が終わると、年末年始まで静かなお不動さんになる。
ということは、ブログのネタがなくなる(笑)

今週の高幡不動Vol.378
(撮影 2015年12月6日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

今週の高幡不動(11/15) 七五三の日の紅葉の様子

前回の続き、七五三の日(11月15日)の境内周辺の紅葉の様子。

大師堂と聖天堂前のカエデ。
高幡不動尊201511-2
ここのカエデがしっかり色づくと五重塔を背景にした紅葉の光景を見ることができる。
高幡不動尊201511-7
 
かなり色づいてきているんだけど、まだ完全に緑のカエデもある。
高幡不動尊201511-1
このカエデ、あと1,2週間で色が変わるんだろうか?

山アジサイが咲く山内はまだほとんど色づいていない感じ。
高幡不動尊201511-4
ここのカエデがきれいに色づくと山が赤く染まったようになる。
高幡不動尊201511-1
ちなみに上写真は昨年11月下旬頃の様子。

この赤い実はイイギリ(飯桐)の実。ナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれる。
高幡不動尊201511-3
冬になって葉っぱが落ちても、この赤い実が残るのが特徴。

高幡不動尊201511-5
冬に向けて花が少ない境内はサザンカの天下。
高幡不動尊201511-6
この色の花はいいなぁ。

五重塔前のイチョウ。
高幡不動尊201511-8
反対側(駐車場)から見るとこんな感じ。秋のお不動さんに来たっていう気持ちになる風景。
高幡不動尊201511-10

弁天池そばで咲いていた皇帝ダリア、キク科。
高幡不動尊201511-9
五重塔を背景に撮ったんだけど、ちょっと花がしおれた感じに見えるのが残念。
皇帝ダリアは背がすごく高いから、なかなかいい感じに撮れないんだよね・・・(汗)

高幡不動尊で一番好きな紅葉の景色はここ。六地蔵さんの回りの紅葉。
高幡不動尊201511-12
上の写真は昨年11月下旬頃の様子。今年の紅葉の色づきはどんな感じになるでしょうね。

高幡不動尊の「もみじまつり」は11月18日から11月30日まで。
たぶん、この週末から紅葉の見頃になりそう。

今週の高幡不動Vol.375
(撮影 2015年11月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

今週の高幡不動(10/10) 吉祥草

10月の三連休の初日。昭和な人間にとって10月10日は体育の日って決まっていますが、
平成の時代では体育の日は10月の第2月曜日。

「七五三祈願御修行」、そろそろ七五三のシーズンだ。
高幡不動尊201510-8
 
仁王門の修理と同時に「高幡山」が新しくなっている。
高幡不動尊201510-1
 
今日はなんだかすごくお参りの人が多い。しかも正装、これは七五三参りの人たちかな。
高幡不動尊201510-2
お宮参りの人もいて、境内がおめでたい雰囲気。

おめでたいと言えば、この吉祥草(キチジョウソウ)、ユリ科。
高幡不動尊201510-4
この花が咲くと、その家に吉事があるというハッピーな花。
高幡不動尊201510-9
吉祥寺草ではなく、吉祥草ですからね(笑)。

弁天池の秋明菊、キンポウゲ科。
高幡不動尊201510-6
まだまだ見頃。この花の花期は長いね。
高幡不動尊201510-5

同じく弁天池そばで、ホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科が咲き始めた。
高幡不動尊201510-7
晩夏に咲く、ヤマジノホトトギスより派手で見栄えがする花なので写真が撮りやすくてありがたい。

そしてこれは山茶花、ツバキ科。ちょっと花びらの具合がよくないけど。
高幡不動尊201510-3
もう境内のあちらこちらで咲き始めている。
まだ焚き火の季節にはちょっと早いよ・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.371
(撮影 2015年10月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       

今週の高幡不動(12/14)落ち葉

12月第2週目の週末。静かな高幡不動尊の様子。

冬晴れの境内。真冬の光景。 
高幡不動201412-2
 入口の仁王門付近の段差をなくすカバーが設置された。
高幡不動201412-11
これは年末年始に大勢の人が来て段差でつまずかないようにするために毎年設置される。
高幡不動201412-1
これが境内側。混雑すると足元なんか見えないからこのカバーはすごく大切。


五重塔の回りのモミジの様子。
高幡不動201412-9
秋の名残を少し残しつつも冬に向っていることがよくわかる光景。
高幡不動201412-6
境内や山の中の至るところに色づいた葉がたくさん落ちている。
 高幡不動201412-4
落ち葉の季節だね。
高幡不動201412-5
でもこの落ち葉の掃除は大変。
高幡不動201412-8
ニコニコ地蔵さんも我々が見ていない時に掃除を手伝ってくれているんだろう。

高幡不動201412-3
太陽の南中高度が最も低くなる冬至(12月22日)が近づき木々の影が長い。

初冬の花、山茶花。
高幡不動201412-7

そしてこちらは弁天池で咲いていたカキツバタ。
高幡不動201412-10
9月、10月に咲いているのを見かけることはあるが、もう12月、狂い咲きにも程があるよね(笑)。


今週の高幡不動Vol.340
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


今週の高幡不動(12/28)終い不動

今年最後の週末、冬らしい乾燥した青空が広がった高幡不動尊。
高幡不動201312-1

不動堂はすっかりお正月仕様になっている。
高幡不動201312-2
不動堂は準備完了のようだが、境内のあちらこちらでまだお正月の準備をする様子が・・・
高幡不動201312-4
お参りの人の間で脚立をたてて作業中。
高幡不動201312-13

あちらこちらでペンキの匂い。
高幡不動201312-11
弁天橋もお色直し。
高幡不動201312-14

この冬一番の冷え込みとなり、お線香を焚く香炉でついつい暖をとってしまう。
高幡不動201312-3
大日堂前にある御佛足石にたまった水が完全に凍っている。
高幡不動201312-9
写真ではわかり辛いけど、1円玉は氷の中。
高幡不動201312-10
昔、夏になると駅のコンコースに指輪や花などいろいろなモノが入った氷柱が置かれていたのを思い出した。
子どもの頃は指でこすって溶かしたよね。
高幡不動201312-17
凍った水たまりに逆さ五重塔(笑)

毎月28日はお不動さんの日で市が立つ。12月28日は1年最後のお不動さんの日、終い不動。
 高幡不動201312-5
この市の特徴は年齢層が高いこと(汗)
高幡不動201312-15
だから売っているモノも漬け物、干物、野菜類が多い。
高幡不動201312-8
この干し柿は美味しそうだった。
高幡不動201312-7
この銀杏は高幡不動尊のイチョウから落ちたものなんだね。
高幡不動201312-6
 
 この時期は花が少ない。
高幡不動201312-12
山茶花、椿の独壇場(笑)
 
高幡不動201312-16
年が明けて最初のお不動さんの日(1月28日)は初不動でだるま市となる。

今年1年もお忙しい中、つたないブログを見ていただいてありがとうございました。
また来年もこんな感じでやっていきますので、よろしくお願いします。 
空之介
皆様、よいお年をお迎えください。

 今週の高幡不動Vol.296
(撮影 2013年12月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動(02/10)福寿草

連休中日の高幡不動尊。きれいな青空が広がって参拝者も多く賑わっていた。
高幡不動尊201302-3

第2日曜日はフリーマーケットの日。ござれ市に比べると少し地味だけど、手作りで味のあるモノが並んでいることが多い。
高幡不動尊201302-4
昔懐かしい風車と竹とんぼ。
高幡不動尊201302-5
ビーズで作った小物。
高幡不動尊201302-6

弘法大師像前の紅梅は例年だと3〜5分咲きになっているが、今年は遅れている。
高幡不動尊201302-1
五重塔の回りの白梅。
高幡不動尊201302-2
ここもまだ咲いているのは数輪。

遅れていた弁天池まわりの福寿草(キンポウゲ科)が咲き始めた。
高幡不動尊201302-12
春が全然来ていないわけではないんだね。
高幡不動尊201302-12
弁天堂横ではふきのとうも顔をだしている。
高幡不動尊201302-10
ふきのとうってキク科なんだそうだ。

高幡不動尊の山内はまだ冬景色。お地蔵さんもちょっと退屈かもしれない。
高幡不動尊201302-7
お地蔵さんの視線の先にある山茶花でメジロを見つけた。
高幡不動尊201302-9
花の蜜を求めて飛び回わっていた。
高幡不動尊201302-8
早く梅の蜜が吸いたいよ〜ぉ。とは言っていなかったけど、きっと梅の咲くのを楽しみにしているだろう。

今週の高幡不動Vol.253
(撮影 2013年2月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(12/18)今年最後のござれ市

このところ日に日に寒くなる東京多摩地区、完全に冬だ。
高幡不動201112-9
ハナミヅキの木に色付いた葉が1枚。他の葉は枯れてしまっている。何かのために針金でぶら下げられているわけではなかった。

花の少ないこの時期の高幡不動尊の山はツバキ科ツバキ属の天下。
高幡不動201112-11
この花はお地蔵さんに似合う花なんだけど、お地蔵さんのそばってなぜか日陰になっていることが多くて残念。
高幡不動201112-10
続きを読む

今週の高幡不動(01/22)福寿草が咲いていた

乾燥した晴天がもう何日続いているのだろうか、カラカラの東京多摩地区

今日は特に行事がなく比較的静かな境内。
高幡不動尊201101-10
いつものように不動堂にお参りしたあと、奥の大日堂に向かう。これはお正月仕様の大日堂前の「山門」。
高幡不動尊201101-9
いままでK-7ではずっと使っていなかったシャドー補正をK-5でON(弱)にして使ってみたら、屋根の下の薄暗い部分が自然な感じできちんと写ったのでちょっとうれしかった写真

きれいな空を見ていたら、いまさらながらに大日堂の瓦屋根の曲線の美しさと鬼瓦に気がついた
高幡不動尊201101-8
この鬼瓦、古代鬼面という種類の鬼瓦のようだ。
高幡不動尊201101-7
ちなみに鬼瓦をつくる職人さんのことを鬼師と呼ぶそうだが、なんだか違う姿を想像してしまいそう・・・

いま高幡不動尊の山の中は寒椿と山茶花がたくさん咲いている。山茶花なのか寒椿なのか花をみても見分けがつかないから、地面を見て花びらが落ちているか花ごと落ちているかを探す<emoji:asease>
高幡不動尊201101-5
お地蔵さんの回りでもきれいに咲いている。
高幡不動尊201101-6
自然のままなので、なかなかきれいな状態の花ってなかなか見つからない。
高幡不動尊201101-4

境内に戻ると、あまざけの甘い香りの誘惑
高幡不動尊201101-3
健康のための散歩なので、この誘惑に負けることはない
高幡不動尊201101-1
数は減ったがまだ露店がいくつか出ている。たぶん今月28日の初不動・だるま市か2月3日の節分ぐらいまではこんな感じが続くのかな。

弁天池まわりに行って見ると、春を告げる花の代表、福寿草が咲いていた。まだこの1輪だけだけど、今年はこんなに寒いのになんだかちょっと早いような気もする
高幡不動尊201101-2
キンポウゲ科の福寿草。お正月飾りの鉢植えにも使われたり、名前も幸福の「福」と長寿の「寿」からなるおめでたい花なんだけど、茎と根に毒がある毒草。なんだか皮肉なものだね

今週の高幡不動Vol.153
(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ