ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

寒緋桜

昭和記念公園(2014年3月) クロッカス

前回に続いて3月の昭和記念公園の様子。

まずは、この日の目的でもあった、こどもの森で咲いているクロッカス。
昭和記念公園201403-1
春の日差しをいっぱいに浴びて咲いている。
昭和記念公園201403-14
黄色や明るい紫の花が多く白いクロッカスは少なめ。
昭和記念公園201403-2
同じ黄色の花、ラッパスイセンも一緒に咲いている。
昭和記念公園201403-13
少し離れた所から見てもこの辺りはパッと明るく見える。

これはチューリップ。
昭和記念公園201403-11
ホームページでは原種系チューリップと紹介されていた。
昭和記念公園201403-12
小さな青色はオオイヌノフグリ。こここどもの森は春の花が勢ぞろいしている。

この花は何だろう?
昭和記念公園201403-10
ブルーがすごくきれいなので思わず撮ったが名前がわからない(汗)

ホームページでこもれびの丘で、カタクリ、ユリ科が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201403-7
カタクリはまさに春の妖精。春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。
昭和記念公園201403-6
スプリング・エフェメラルと呼ばれ、春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。

アズマイチゲ、キンポウゲ科。この花もカタクリと同じスプリング・エフェメラル。
昭和記念公園201403-8
昭和記念公園は、こうやって名前の表示板を設置してくれているのがうれしい。

オキナグサ、キンポウゲ科。まだ完全に開花していない感じ。
昭和記念公園201403-9
アズマイチゲ、福寿草、節分草など早春はキンポウゲ科の花が目立つ気がする。

道端に咲いていたスミレ。春だね。
昭和記念公園201403-5
ちょっとアップで。
昭和記念公園201403-17

みんなの原っぱ東花畑は、すぐそばにソメイヨシノがある。(これは3月23日の様子)
昭和記念公園201403-4
菜の花は少し咲き始めていたが、ソメイヨシノはまだ開花前。

ここからは残堀川沿い。(以下は3月23日の様子)
昭和記念公園201403-15
この日ソメイヨシノにはまだ早かったが寒緋桜は見頃。

すぐそばの修善寺寒桜も見頃になっていた。
昭和記念公園201403-16
河津桜にはメジロ。春のお決まりの取り合わせ。
昭和記念公園201403-3

お彼岸の3連休からまだ1週間しか経っていないが、季節が急に動き出した感じ。 

3月26日(水)に昭和記念公園のソメイヨシノの基準木が開花したそうだ。
この週末は天気が今一つになってしまったが、ソメイヨシノはまだ少し早め。来週末の天気に期待したい。

 昭和記念公園(Vol.108)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

昭和記念公園(2011年3月)寒緋桜が見頃

昭和記念公園201103-13
桃色が濃い桜、寒緋桜(カンヒザクラ)が見頃。背景には菜の花が見える、ちょっと春らしい景色

震災後、閉園していた昭和記念公園がこの週末の2日間開園した。
昭和記念公園201103-1
今後は計画停電の影響を考えて開園されるそうだ。

節電のため噴水が出ていない でも、たまにはこういうカナールもいいんじゃない。
昭和記念公園201103-2

自販機ぐらい販売休止中でも平気、開園さえしてくれれば、ゆっくり散策ができる。
昭和記念公園201103-5

いまはハクモクレンとサンシュが園内を賑やかにしている。
昭和記念公園201103-3

この花は桃。名札があって気がついたけど、よく見るとまさに桃色。
昭和記念公園201103-4

実は一番楽しみにしていた菜の花畑は、ちょっと早かった。
昭和記念公園201103-7
でもよかった。閉園中に見頃を迎えていたら、誰にも見られないなんて淋しいからね。

チューリップも準備万端。だけどまだ早い
昭和記念公園201103-8
ムスカリといろいろな品種のチューリップで描く模様は、こうやって、早くから整備するんだね。
昭和記念公園201103-9
普段、水が流れているところも、節電のため水がなくなっている。

ムスカリは一足早く咲き始めている。ムスカリは別名がブドウヒアシンスやグレープヒアシンスと言われるだけあって、花がブドウの実のように見える。
昭和記念公園201103-12
少しだけ咲いているチューリップもあった。
昭和記念公園201103-10
緑のなかで、1つだけ咲いていたこのチューリップは色が目立つね
昭和記念公園201103-11

最後にまた寒緋桜(カンヒザクラ)。
昭和記念公園201103-14
寒緋桜(カンヒザクラ)はバラ科サクラ属、緋寒桜(ヒカンザクラ)とも呼ばれが、彼岸桜(ヒガンザクラ)と混同されやすいため、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれることが多い。
昭和記念公園201103-6
沖縄で桜といえば、このカンヒザクラを意味する。この濃い桃色が空の青さを強調するね

昭和記念公園(Vol.29)
(撮影 2011年3月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ