ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

多摩川

近所の春の光景

今年は千鳥ヶ淵や新宿御苑の桜のあと、すぐに昭和記念公園のチューリップが続いて近所の春の様子をアップするタイミングを逸してしまっていた(汗)

以下は4月最初の近所の春の光景。まずは多摩川沿いに人知れず咲く数百メートル続くソメイヨシノの桜並木。今年は例年より1週間以上早かった。
近所の春201804
桜並木に似合わない背景の煙突は日野市のクリーンセンター(ゴミ焼却場)。近所の春201804
この桜並木は多摩川の堤防ではなく、根川という川沿いに咲いている。
近所の春201804
川の両側にきれいな桜、これはまさに目黒川・・・とは程遠い(汗)

こちらは近所を流れる程久保川沿いのソメイヨシノ。
近所の春201804
桜が咲いているのは子どもたちが卒業した小学校の校庭。毎年きれいに咲く。
近所の春201804
ここで記念写真を撮った。たぶん入学式の時はここの桜が咲いていたと思う。
近所の春201804

こちらは同じく程久保川沿いの遊歩道に咲く八重桜。
近所の春201804
八重桜はソメイヨシノより少し遅く咲くので、ソメイヨシノが終わったあとに続いて楽しめる。
近所の春201804
八重桜は花の密度が濃いね。
近所の春201804
この桜が散ったあとは花びらの絨毯ができる。
近所の春201804
川の両側にきれいな桜、これはまさに目黒川・・・やっぱり程遠い(汗)

上の写真でも左側で少し咲いているが程久保川沿いでは黄色い花、レンギョウ(連翹)、モクセイ科もきれいに咲く。
近所の春201804
レンギョウは春の陽射しを浴びるときれいに輝く。
近所の春201804

最後は、最近なかなか見ることができないレンゲ(蓮華)、マメ科。
近所の春201804
近所でレンゲが咲くのはここだけなんだけど、昨年は咲いているのを見ることができなかった。
近所の春201804
でも花が終わりかけなのか、ちょっと色合いと咲き具合がいまひとつ。
近所の春201804
形がいいのを探したんだけど(涙)
近所の春201804

(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

散歩写真(vol.128)多摩川河川敷の桜

多摩川河川敷桜2010-5
前記事のように午前中はくもり空の高幡不動尊できれいな桜が撮れなかった。午後になると雲がとれて太陽が顔を出し始めたので、多摩川河川敷に行ってみた

多摩川河川敷桜2010-1
きれいに咲いている。ここは多摩川土手沿いに1Kmぐらいの桜並木が続く場所

多摩川河川敷桜2010-4
真横に日野市のクリーンセンター(いわゆる焼却場)があり、さらにすぐ横を流れるこの川も少し生活排水の臭いがするところなんだけど、写真に撮る分にはそんなの関係ないのですごくきれいだ

皮肉なことに夕方になるにつれだんだん青空が広がってきた
多摩川河川敷桜2010-3
桜の下に車がたくさん止まっているけど、ほとんど地元の人しかこない場所なので、出店もなにもなく、それほど人は多くない場所。下の地図の青い印のあたりかな。

より大きな地図で 河川敷の桜並木 を表示

午前中のうさを晴らすように桜を撮った
多摩川河川敷桜2010-8
良く見ると満開の1歩手前って感じかな
多摩川河川敷桜2010-6

河川敷ということもあり結構風もあって花に近寄って撮るのがなかなか大変だった
多摩川河川敷桜2010-2

時間を忘れて撮っていたら、少し陽が傾いてきた
多摩川河川敷桜2010-7
午前中のうっぷんは晴れたけど、もう少し早く晴れて欲しかったなぁ

(撮影 2010年4月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.97)秋の河川敷

連休中に河川敷を散歩した時の写真

この日は浅川(多摩川支流)の河川敷から富士山が良く見えた。頂にしっかり雪が積もってちゃんと富士山らしい姿。手前の橋は水遊びなどでよく紹介する日野ふれあい橋
河川敷の風景-1
ここからの富士山は冬になるともっときれいに見えるんだけど、この時期としては結構きれいに見えたかな

これは多摩川に架かる府中四谷橋という橋の上から見たところ。一番右の多摩川(クローバー)に左側から浅川(ラリックマ)と程久保川(覆面レスラー)が合流してきているのが見渡せる場所
BlogPaint
3つの川とも一級河川なんだけどかなり大きさが違うので、印の大きさを川幅の大きさに比例させてみた
ちなみに一番右のハートマークは後の写真をここから撮ったという印

橋の下の様子。秋の斜めの日差しが水面に当たって輝いているとついつい撮りたくなる
河川敷の風景-3
いつも撮ってはみるんだけど後で撮った写真を見ると、その時見た感じとはちょっと違うんだよね・・・

秋の河川敷といえば、やはりこんな感じで河原一杯に広がるススキの風景だよね
河川敷の風景-4

多摩川の河川敷はサイクリングロードにもなっている。この日は連休で天気が良かったので、サイクリングを楽しむ人も多かった←三輪車みたい
河川敷の風景-6
横をビュンビュン通過されるとちょっと危ないような気もする

上から2番目の多摩川に程久保川と浅川が合流する地点を横からみたところ(ハートの場所
こうやって風景を切り取って写真にすると、自然が広がるすごくいい感じの場所に見える確かにいい場所なんですけどね
河川敷の風景-5
この写真の奥の方、程久保川と浅川が合流する地点は人工的にワンド(湾処)と呼ばれる地形を作っていて、草むらが深く水も淀んだ流れになっていて、何かが潜んでいそうな感じがする場所。なんだかワクワクするので、子ども達が小さかった頃は探検コッゴなどといいながら良くここに遊びに来た
ワンドについてはこちら⇒Wikipediaへ

あの頃は探検しに行こう!と言えば喜んでついてきたけど、いまそんなこと行ったら、シラーっとするかな

さすがにこの時期は夏とは違って、午後になると早めに日が傾いてくるのがわかる。日差しに輝くススキがきれいに撮れたらうれしいなぁなどと思いながらススキに近づいて撮った
河川敷の風景-8
結構風が強かったなぁ・・・
河川敷の風景-7
もうちょっと夕方になるまで粘ればよかったんだけど、距離にして6kmちょっと、だいたい1時間半ほどの散歩で結構疲れてしまって、とても夕方までここに留まる根性がなかった・・・
この日は午前中もいつもの散歩(高幡不動尊へのお参り)をしたしね

やっぱりいい写真を撮るためにはもっと体と根性を鍛えないと

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.93)浅川潤徳 水辺の楽校

9月5日(土)いつもの散歩道である、多摩川支流の浅川土手を歩いていると、日野ふれあい橋の下で大勢の人が水遊びをしていた
水辺の楽校200909-1
秋の気配はするものの、まだ日差しが強いこの時期は水辺でバーベキューなどをする人が多い場所なんだけど、それにしてもちょっと人が多い気が感じがした

近づいてみると「浅川潤徳 水辺の楽校」という横断幕やのぼりがあった。水辺の楽校ってなんだろう?
水辺の楽校200909-3水辺の楽校200909-2
天気がいいから、たまたま大勢が同じところで水遊びをしているだけではなさそうだね

(下写真左)おや!魚でも見つけたのかな、すごく楽しそうだ
水辺の楽校200909-6水辺の楽校200909-4
(上写真右)ズボンどころか全身濡れている子どもや、泳いでいる子どももいるぞ、いいなぁ

みんなバラバラで遊んでいるように見えるけど、子ども達はみんな同じようなライフジャケットを着用している
水辺の楽校200909-7水辺の楽校200909-5
もともと水深も深くなく、流れも穏やかな場所で、きちんと親たちが一緒にいるから、思う存分あそべるよね、楽しいだろうなぁ

こんなイベントがあるって事前に知っていたら、私もちびたを連れて遊びに来たのになぁ潤徳はお隣の小学校だから、ちびたの小学校までは情報が伝わってこなかったのかな・・・

帰宅してすぐにインターネットで調べてみた
水辺の楽校(がっこう)とは、子どもたちの水辺での遊びや、自然体験を豊かにしてもらうことを目的として、国土交通省が推進しているプロジェクトで、河川管理者や市区町村が、その地域のボランティアなどと一体となって、子ども達と水辺の関係を考え、地域の特色を生かした取り組みを行っているそうだ

この日の浅川はなかなかきれいな水だった上の方に何本か見える細長い黒い影は鯉だと思う。
水辺の楽校200909-8
学生時代は水質調査なんかもやっていたので、透明な水を見ても、ついついDO(溶存酸素量)やBOD(生物化学的酸素要求量)はどれくらいなんだろうなんて思ってしまうけど、そんなことは考えない方がいいね

このふれあい橋のすぐ上流に多摩川水系浅川の高幡橋観測所がある。
水辺の楽校200909-9
水位を観測する目盛りの部分がなんだかカラフルだなぁって思いながら散歩を続けた

水辺の楽校は全国的なプロジェクトらしいけど、こういう活動ってワクワクしてすごくいいなぁ

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示される場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


多摩川の土手脇でお花見

土曜日の午後は予報と違って、晴れ間が広がった。午前中よりずっといい天気になったので、散歩から帰宅したあと、すぐに自転車でお花見に行くことにした

場所は多摩川の土手脇、我が家はここ数年ずっとここで花見をやっている
ここは下写真のように桜並木が1kmぐらい続いている。自分の立っている場所から左右に撮ったけど素直にパノラマ写真にすればよかったかな
多摩川花見2009-6多摩川花見2009-7
地元の人は良く知っているけど、場所もわかり辛く、特に露店が出てるわけでもなく、駐車場もないので、これだけ桜が咲いているけど、花見をする人はそれほど多くない場所

午前中に高幡不動尊で撮った桜よりずっといい感じに撮れたやっぱり太陽を見方にするときれいに撮れる
多摩川花見2009-3

川の水面は太陽が顔を出すときらきらしていい感じに見える。でも実は水はあまりきれいではない、こうやって写真を撮っていると、どぶ川とまではいかないが、生活排水の匂いが少し
多摩川花見2009-1
ここは下の地図のように多摩川と浅川の合流地点付近で、多摩川の土手というよりクリーンセンター(簡単に書くとごみ処理場)と多摩川の間、ここから多摩川の水の長れまでは、まだ100m以上河原を歩かなければならない

上のきらきらした水面やこの水の流れは多摩川と浅川の間に流れる細い根川という川。写真として撮るとなかなかきれいだけど・・・上にも書いたように水はそれほどきれいではない
多摩川花見2009-8

(下写真)とりあえずお花見ってことで
多摩川花見2009-2多摩川花見2009-4
天気予報を見て花見は翌日にやる予定だったので、何も用意もできず途中で買ったお弁当やおはぎだったけど、きれいな桜の下でお花見ができてゆっくりくつろげた

まさに満開の桜に青空、この桜の木にはなぜか青色と黄色の風船がからまっている
多摩川花見2009-10

帰りに近所の畑で見つけた菜の花
多摩川花見2009-9
なんだかピンク色ばかりの写真が続いたので、最後に眼の箸休めとして黄色と緑色をどうぞ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

多摩川でお花見

今日は暖かで絶好のお花見日和
いつもの高幡不動には行かずに多摩川で花見をした

ここは多摩川と浅川の合流地点で写真のように1km以上桜並木が続き、桜の木の下は用意されたようにちょうど花見ができるスペースがある
多摩川堤防の桜1多摩川堤防の桜2

道路と反対側には柵があってその向こう側には「根川」という川が流れている。残念ながら水はあまりきれいではないが写真で見る桜はきれい
根川の桜

天気は最高、家から自転車で10分ほどで行けるので駐車場の心配もなく、ビールを飲んで春を満喫
多摩川の反対側の方向まで軽く探索したら、対岸にどこかで見たような看板を見つけた。こんなところに高野フルーツパーラーの倉庫か?
多摩川対岸の看板
ホームページの情報だと府中食品工場というのが該当するかも。確かにここは中央高速国立府中ICまで5分ほどの場所なので配送にはいいのかもしれない

写真ではまだ満開のように見えるけど、よ〜く見ると、実は結構散り始め状態でした
散り始め


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち