ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

夕陽

昭和記念公園(2012年11月)夕景と富士山

昭和記念公園、11月下旬の様子。季節が変わって随分前のような気がする。
昭和記念公園紅葉201211-12
これはカヤの仲間かな。晩秋らしさを演出してくれる。

立川口そばのカナールの夕景。まだ色づいたイチョウの葉が残っていた頃。
昭和記念公園夕景201211-5
風がなく、雲が水面にきれいに映っている。

昭和記念公園イチョウ並木201211-12
昭和記念公園からの帰り、立川口から駅に向かう途中に振り向いたら、富士山が見えた。
昭和記念公園夕景201211-2
手前にいろいろなものがあるので場所を変えて動いてみる。
昭和記念公園夕景201211-1
富士山頂はかなり風が強いのだろうか。雲が山頂から下に流れているようにも見える。
昭和記念公園夕景201211-6
ススキを入れると秋らしい夕景になる。
昭和記念公園夕景201211-4
この時はまだ暖かだった。今時期だったら寒くてこんなに撮っていられないかも(笑)。

いつも昭和記念公園では花木ばかりを撮っているけど、この時期は富士山も良く見えるんだね。冬になったら昼間の富士山も見てみよう。

昭和記念公園(Vol.76)
(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

石垣島 底地ビーチの夕陽

夏休みの石垣島旅行では、景勝地川平湾の反対側に位置する底地(すくじ)ビーチにある石垣シーサイドホテルに泊まった。
石垣島の夕暮れ201008-10
日が傾いてホテルの建物がきれいに光って見えている、我が家は結構お安いツアーなので、部屋はこの建物ではない

石垣島の夕暮れ201008-11
マリンハウス。マリンジェットやバナナボートの手配だけでなく、日中はここでバドワイザーなんかが飲めるようだ。でも実際は暑くてここでは飲んでいられないかも

これを撮ったのは19時少し前。日没の時間がホテルの掲示板に書かれていたが、確かこの日は19時30分ぐらいだったので、まだ日が沈むまで30分以上ある。
石垣島の夕暮れ201008-9

傾いた夕陽にブーゲンビリアがきれいに輝く
石垣島の夕暮れ201008-8

プールサイドで日が沈むのを生ビールを飲みながら待つ、至福の時
石垣島の夕暮れ201008-7
飲み放題なので、生ビールもセルフ。セルフと言ってもこのビールサーバーにジョッキを置いて黄色いボタンを押して見ているだけだけどね。
石垣島の夕暮れ201008-6
勝手にジョッキを傾けたり、最後に泡を出したりと、なかなか賢い

19時20分、日の入りまでもう少しだ。
石垣島の夕暮れ201008-5
ところで日の出・日の入りって太陽がどのようになった時のことをいうのだろう?帰宅して調べたら、「太陽の上辺が水平線・地平線に重なった時」なんだそうだ。簡単に言えば、日の入りは太陽が沈んだ瞬間、日の出は太陽が顔を出した瞬間ってこと。

ちなみに太陽と違って月の場合は中心部分で判断するそうだ。それは太陽と違って月は満ち欠けがあるから。満月の時はいいけど三日月の時の月の上辺なんて辺じゃなくて点になってしまってわかりづらいからだそうだ、な〜るほど

19時25分、そろそろ沈みはじめた。日の出・日の入りの定義だとまだ日没していないタイミング。
石垣島の夕暮れ201008-4

どんどん沈みはじめている。ちょうど夕陽のところに邪魔な人影が
石垣島の夕暮れ201008-3
良く見たらうちの子供たちだった、オイオイ邪魔だよ
左が高1のお姉ちゃんで、携帯で夕陽を撮っている。右が中1の弟(ちびた)。お姉ちゃんが写メを撮りに行くって言ったので、1人だと心配だから一緒に行ってあげてって言ったんだっけ

あっという間に沈んでしまった。19:45。実はこの写真を撮った時は日没が太陽が消える瞬間の時間であることがわかっていなかったので、その瞬間の写真はない
石垣島の夕暮れ201008-2
鳥たちも、真っ暗になる前に巣に戻らなくてはいけないのだろう。太陽が沈んだこのひと時は空の色が刻一刻と変わってなかなかいい時間帯だ

照明がつくと、日中はごく普通に見えたプールやプールサイドが、すごくきれいに変身して見える。これはまさに南国マジック
石垣島の夕暮れ201008-1
この夕方は早朝に羽田を出て昼前に石垣島に到着した旅の初日。最初からきれいな夕陽が撮れてすごくラッキーだった

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.101 )浅川河川敷の夕景

天気の良い秋の日に、背の高い木(プラタナスかな?)を下から見上げたところ。紅葉ときれいな青空が一緒に楽しめる
河川敷の秋の夕景-1
これは10月末にキヤノンのキスデジ(EOS Kiss X3)をレンタルした時に撮った秋の夕方の景色。

こういう日の夕方は河川敷の景色がきれいに見えるだろうなあと思って、せっかくキスデジを借りたので夕陽を撮りに出かけてみた
河川敷の秋の夕景-2
秋の夕陽を浴びてススキがきれに輝いている

これもススキだけど、上のとは明らかに違う。一口にススキって呼ぶけど、よく見て見るといろいろな種類がありそうだね
河川敷の秋の夕景-3
だんだん風が強い季節にもなってくるけど、この時は寒い風ではなかった、それもそのはず、西日を背中にして右からの風は南風

この場所でススキが夕陽に光る姿を見るには少し見る方向が違った
河川敷の秋の夕景-4
今はもうこの写真を撮ってから1ヶ月近くが経過し、こんなフサフサしたいい感じのススキを見るとこができないけど、ギリギリ季節外れになる前にアップできたかな

この橋は私の散歩写真でたまに登場する日野ふれあい橋。まだ少し太陽が高いかな・・・
河川敷の秋の夕景-5
このちょっとまだ明るい夕陽が画面いっぱいに広がるシーンをテレビでよく見たような記憶がある。昔の日曜ロードショーのオープニングだっけなぁ

この場所はちょうど日が沈んでいく方向になるので水面がキラキラ光ってきれい
河川敷の秋の夕景-6
この橋の下は川の流れを眺めながら話をしているカップル人をよく見かけるが、この2人組はギターを弾いているようだった、最近ちょっと珍しいかも

いよいよ夕陽が沈む時が近づいてきたけど、水平線近くには雲があってその中に太陽が隠れてしまった。この写真がこの日一番低い位置まで沈んだ太陽
河川敷の秋の夕景-7
沈みゆく太陽の姿が少しだけ水面に映っているけど少し色が違う。水面に映った景色の方がきれいだったりするけど、なんか不思議だ

このキヤノンのキスデジ(EOS Kiss X3)はそれほど苦労することなく、とてもいい写真が撮れた。私と相性がいいるのかもしれない
そんなことを言っておきながら、結局初めてのデジタル一眼はPENTAXのK-7に決めた
ライブビューで撮るならばオリンパスE-620が良かったんだけど、気がつくといつのまにか、ほとんどの写真をファインダをのぞいて撮っていた
それにコンデジより重い一眼レフはファインダーで撮る構え方が安定するしね

今日はいい天気だったのでK-7を持って散歩に出て高幡不動尊の紅葉を撮ってきた

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

沖縄 みゆきビーチホテルからの眺め

そろそろ東京でも木枯らしが吹こうかという時期ですが、またまた8月の沖縄旅行の話題で、今回は泊まったみゆきビーチホテルのテラスからの眺め

泊まった客室の場所がとっても良くて、ここにアップしたほとんどの写真はホテルのテラス(というよりベランダ)から撮ったもの

ホテルのビーチは、コンパクトながらもちゃんと整備されていて、とてもきれいで気持ちよかった
みゆきビーチ-11みゆきビーチ-6
上写真左が午前中で海の色がきれいに見える、右は夕方でかなりの逆行。でも夕陽が目の前に沈む

南の海にはやっぱり背の高いヤシの木が似合う
みゆきビーチ-12みゆきビーチ-4
1本の直線ではないこのヤシの木の微妙な曲がり具合がまた南国って感じ

テラスから目の前に沈む夕陽。車で岬まで行かなくても、ここで見ることができてすごく得した気分欲を言えばもうちょっと赤く染まってほしかったかなぁ
みゆきビーチ-7みゆきビーチ-8

沖縄の夕方は長くて19時半をすぎてやっと暗くなってくる
みゆきビーチ-10みゆきビーチ-9
(上写真右)大滝詠一のナイアガラ・ソング・ブックなどで流行った、鈴木英人のイラストに似た雰囲気の風景がとてもよかった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません



ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ