ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

千日紅

昭和記念公園 イエローキャンパス

11月5日(土曜日)の昭和記念公園、みんなの原っぱ西花畑のイエローキャンパス。
昭和記念公園201611

この日は秋らしい青空が広がるいい天気だったので、西花畑一面が明るい感じになっていた。
昭和記念公園201611
東花畑のキバナコスモス、花の丘のドワーフセンセーションに続いて、この西花畑の
イエローキャンパスが、いままさに見頃になっている。
昭和記念公園201611

イエローキャンパスの色は黄色よりも白色に近いとても明るい色。
昭和記念公園201611
天気がいい日に撮れて良かった。

少し離れた場所から西花畑を見ると、クリーム色の帯ができている。
昭和記念公園201611

同じみんなの原っぱ東花畑のキバナコスモスは来春の準備のためにすでに刈り取られていた。
昭和記念公園201611
来春にはここは菜の花畑になるのかな。

場所が変わってこちらはハーブ園。センニチコウ(千日紅)、ヒユ科に止まったキチョウ。
このチョウがイエローキャンパスの中を飛んでいたら見つけることができないかも(笑)
昭和記念公園201611
もうかなり寒くなってきているのに、まだチョウチョが飛んでいるんだね。

これはナスタチウム、ノウゼンハレン科、別名キンレンカ。
昭和記念公園201611
昭和記念公園はこういう感じで名札がついているので、花の名前がわかりやすい。

水鳥の池とススキ。とても秋らしい光景。
昭和記念公園201611
きれいな青空と山茶花。こちらはどちらかというと真冬の光景。
昭和記念公園201611
秋はあっという間に過ぎて行くね。

このあと、紅葉の様子を見るするため日本庭園に向かった。
 
昭和記念公園(Vol.188)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園(2015年8月)夏の花

お盆の週末の昭和記念公園の様子。

キキョウ(桔梗)、キキョウ科。秋の七草の1つだけど、咲くのは初夏から真夏。
昭和記念公園201508-1
 ここでは白いキキョウも咲いていたんだけど、すでに枯れかけてしまっていて写真はなし。

ランタナ、クマツヅラ科。花の色が微妙に変わることから七変化とも呼ばれる。
昭和記念公園201508-2
名前の通り、ランタナにはいろいろな色の花があるが、この色が一番落ち着いていて好きかな。

いま見頃のサルスベリ、ミソハギ科。百日紅と書くのは、百日間、紅色の花を咲かせることから。
昭和記念公園201508-4
確かにサルスベリの花期はかなり長く、百日はあながちウソではない。

この花は、千日紅、ヒユ科。百日のサルスベリに対応して、こちらは千日。
昭和記念公園201508-8
でも、千日って約3年だから、どれが昨年の花で、どれが今年の花なのか
わらかなくなるってことだよね。いくらなんで、そこまで花木は長くない(笑)

夏を代表する花、ユリ。その中でもかわいい感じなのが、このカノコユリ。
昭和記念公園201508-6
こちらは、高幡不動尊の弁天池でも咲いていた、タカサゴユリ。 
昭和記念公園201508-7
 
ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201508-5
ヒマラヤスギは名前にスギが付くけどマツ科なので、でかい松ぼっくりだね。

イチョウ並木を見上げてみると、ギンナンの準備中。
昭和記念公園201508-3
 
昭和記念公園201508-9
サギソウまつり。 
昭和記念公園201508-10
8月後半になって、気温が低い雨の日が続いたけど、サギソウの花は大丈夫なんだろうか。
今度の週末、晴れたら昭和記念公園に行って確認したいね。

 昭和記念公園(Vol.138)
(撮影 2015年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2012年8月)サギソウ

昭和記念公園201208-10
昭和記念公園の8月の花といえば、ヒマワリ、ナツズイセン、そしてこのサギソウ。

サギソウ(鷺草)はラン科らしく、ちょっと変わった花の形をしているが、名前の通り白鷺が羽を広げて飛んでいる姿に見える。
昭和記念公園201208-11
また別の名前の由来では、姫君が手紙をサギに託すが、そのサギが途中で射落とされ、その落ちた後にこの花が咲いたというもの。
この話、世田谷城のお姫様だったり、落ちた場所が多摩川のほとりだったりする話だからか、世田谷区の花になっている。
昭和記念公園201208-1
もう1つ白鷺と言えば、白鷺城とよばれる姫路城(正しくは「はくろじょう」と読むらしいけど)。このサギソウはちゃんと姫路市の市の花にもなっている。

山の斜面を白鷺がたくさん飛んでいる様子を山の尾根から眺めている感じ(を想像してね)。
昭和記念公園201208-2
昭和記念公園のサギソウまつりは8月4日から8月31日まで開催。

これは街路樹としても良くみかけるサルスベリ、ミソハギ科。
昭和記念公園201208-6
この花は花びらがシワシワで1輪1輪の区別がよくわからない。全体として楽しむ花かな。
昭和記念公園201208-7
暑い夏の時期に100日間も花を咲かせる偉い花、ということで百日紅とも呼ばれる。サルスベリを仮名漢字変換すると百日紅になる。

しかし、上には上がいて、こちらは1000日という名前の千日紅、ヒユ科。
昭和記念公園201208-3
夏から秋まで花の色が褪せないから付いた名前だそうだが、いくらなんでも1000日はないよねぇ、1000日といえば3年近いもんね。
昭和記念公園201208-4
上のような濃い赤紫色だけでなく、ピンク色や白色もあって咲いている様子は色とりどりな感じに見える。
昭和記念公園201208-5

西立川口そばで涼しげなミストのカーテン。
昭和記念公園201208-8
風鈴もあって、「涼」を呼ぶ!って感じ。
昭和記念公園201208-9
下を歩いてみたけど、特に涼しくはなかった・・・
さすがに真夏の炎天下じゃあ無理だったのかな。目だけはしっかり涼しませてもらいました

昭和記念公園(Vol.66)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ