紅葉鑑賞で行った北海道ツアー、銀泉台の紅葉の次に良かったのは十勝にあるこの福原山荘。

ツアー最終日の午前中に銀泉台に行った後、天気は急に悪くなり昼には雨が降り始めた。
福原山荘に到着した時は、たまたま雨がやんでいたので、しっとりとした紅葉を楽しむことができた。
福原山荘
風がなく、しかも池の水面が黒色だったので、紅葉がきれいに水面に映った姿を撮ることができた。

福原山荘って何?ツアーの日程表の最終日に書かれた期間限定特別公開福原山荘を見て思った。
下は入り口付近にあった見取図。3つの池と5つの滝があるようだ。ちなみに上の池は彫刻の池。
福原山荘
福原山荘とは、十勝・釧路地方を中心に展開するスーパーフクハラの創業者である福原治平の私有地の庭園で、同氏が長年にわたり蒐集してきたコレクションを一般に公開している福原美術館が管理・運営しているそうだ。
福原山荘
広い庭園の中にポツンとある建物、すごく質素だけどここが山荘なんだろうね。
こんな広いところだとなんだか淋しいし夜になると怖そう・・・としか思いつかない発想も悲しい(汗)
福原山荘

きれいに手入れされた庭園でカエデが真っ赤に紅葉していた。
福原山荘
雨で濡れた葉がつややな赤色になり、背景に緑色の木々があるってすごく際立つ。
北海道では天然のカエデは少ないそうなので、これらのカエデは植えて育てられたのだろう。
福原山荘
大雪山系の山々とは違って、ここはまだ紅葉の時期としてはまだ早めだったようで、紅葉の滝周辺もまだ色づいていない。
福原山荘

ここは入り口近いどんぐりの池。
福原山荘

ここはその名の通り彫刻の池。彫刻の背景の紅葉は水面の方がきれいに見える。
福原山荘
これも同じ彫刻の池。きれいに水面に映る紅葉。
福原山荘
同じ写真を水面の部分だけトリミングするとよくわかるけど、水面に映った紅葉の方がコントラストがはっきりしてきれいに見える。
福原山荘
まったく知らないところでノーマークだったけど、紅葉の時期限定で無料公開されているこの福原山荘はすごくいい所だった。こういう形での社会貢献もいいね。

このあとまた雨が降り始めたが、とかち帯広空港に向かい羽田への帰路についた。
ところでこの北海道の紅葉ツアーのウリは、3つの絶景遊覧を巡る旅。
 [1]旭岳ロープウェイ
 [2]黒岳ロープウェイ
 [3]然別湖遊覧
ブログでは、いい写真が撮れた順に紹介しているのに、まだどれも紹介していない(笑)

(撮影 2017年9月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ