ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

万燈会

たかはたもみじ灯路 2016年11月

高幡不動尊の万燈会と同じ日(11/22・23)に開催される「たかはたもみじ灯路」

高幡不動尊参道周辺の商店街を中心に開催され、今年で11回目。
たかはたもみじ灯路2016
高幡不動尊参道に並べられた灯籠。上は高幡不動駅側から、下は高幡不動尊から見たところ。
たかはたもみじ灯路2016
今年は参道にペットボトルに飾りを付けたペットボトル灯籠も飾られている。
たかはたもみじ灯路2016
近所の保育園生が作ったそうだ。こういうのもいいね。

参道の商店街とその周辺の街灯の明かりを落として実施される。
たかはたもみじ灯路2016

参道からの脇道は、毎年いろいろと趣向を凝らしたものになっている。
たかはたもみじ灯路2016
新撰組が活躍した時代の雰囲気?
たかはたもみじ灯路2016
毎年モミジの葉と灯籠が飾られ、燃えないように回りに水がまかれているが、
今年は特に念入りに水がまかれていた。先日事故があったからだろうね・・・
たかはたもみじ灯路2016

ここはムラサキ色のライトで、ちょっとムーディな小道。そういえばムーティ勝山は何処?(笑)
たかはたもみじ灯路2016
ここは長い道に飾られた灯籠。
たかはたもみじ灯路2016

たかはたもみじ灯路2016
ここはスーパーの前で明るいため、灯籠が飾られていなかったが、
昨年から、明るさに負けない絵灯籠が飾られるようになった。
たかはたもみじ灯路2016
絵灯籠の飾り付けコンテストが開催されたようで、受賞した絵灯籠が飾られていた。
たかはたもみじ灯路2016
おもてなし屋台、ミニコンサート、モデル写真撮影会、スタンプラリーなども
開催されている。
たかはたもみじ灯路2016
高幡不動尊では万灯会が開催され、夜の高幡不動尊界隈が賑わう2日間だった。

年内はこれが最後の記事となります。
今年もつたないブログを見に来ていただきありがとうございました。
来年も相変わらずのブログになると思いますが、よろしくお願い致します。

高幡不動尊 万燈会 2016年11月

万燈会は高幡不動尊で毎年11月に行われる秋一番の行事。
高野山や東大寺ではお盆の頃に行われるが今年の高幡不動尊は11月22日・23日だった。
高幡不動尊萬燈会201611
万灯会は仁王門の大きな提灯が目印。

数年前から境内では飾り灯籠が置かれるようになった。
高幡不動尊萬燈会201611
同日の開催される、たかはたもみじ灯路との連携かな。
高幡不動尊萬燈会201611
たかはたもみじ灯路の記事はまた別に。

この日の主役は五重塔。
高幡不動尊萬燈会201611
御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の冥福をお祈りする行事で、
五重塔で塔婆供養が行われる。
高幡不動尊萬燈会201611
五重塔の回りをロウソク(御燈明)の灯りが囲む。
高幡不動尊萬燈会201611
1本1本名前が書かれている御燈明は普通のローソクとは違って炎がすごく強く、
ちょっとした風では消えることはない。
高幡不動尊萬燈会201611
この御燈明(みあかし)料は1000円。

こちらは願い事を書いて五重塔を囲む流れに浮かべる浮燈明。
高幡不動尊萬燈会201611
浮燈明料は500円。

高幡不動尊萬燈会201611
もみじまつり期間中なので五重塔周辺の紅葉がライトアップされている。
高幡不動尊萬燈会201611
少し登ったところから紅葉越しに五重塔を見たところ。
高幡不動尊萬燈会201611
きれいに紅葉がライトアップされているんだけど、肝心の五重塔がかなり隠れてしまう。
もう少し景観を考えると撮影ポイントとして人が集まるんだろうけどね(汗)

夜の高幡不動尊入り口。
高幡不動尊萬燈会201611
こういう夜の光景を見と大晦日の夜を思い出す。人の数が圧倒的に違うけど(笑)。


高幡不動尊 万燈会(2015年11月22日)

年末になり、ブログネタもなくなってきたので、少し前、11月の万燈会の様子。

今年(2015年)の高幡不動尊万燈会は11月22日・23日に開催された。これは初日11月22日に撮ったもの。
高幡不動尊万燈会2015-9
入口の仁王門前には同じ日に開催されている「たかはたもみじ灯路」と同じ灯籠が灯籠が並べられ、
門の両側には万燈会の提灯がかかげられている。
高幡不動尊万燈会2015-10
 
万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
高幡不動尊万燈会2015-3
万燈会は夏(お盆の時期)に催されることも多いが、この高幡不動尊では紅葉の11月に五重塔で催される。
高幡不動尊万燈会2015-2
五重塔では塔婆供養が行われるが、ちょっと出遅れて供養が終わったところだった(汗)。

五重塔の回りをぐるっとロウソク(御燈明)の灯りが囲む。
高幡不動尊万燈会2015-1
普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃えている。
高幡不動尊万燈会2015-6
御燈明には1本1本名前が書かれていて御燈明料は1000円。
高幡不動尊万燈会2015-14
五重塔の回りを流れる浮燈明。
高幡不動尊万燈会2015-5
浮燈明にはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮燈明500円。

高幡不動尊万燈会2015-7
この夜は月もきれいに出ていた。写真ではわからないが、例年より暖かで心地よい夜。
高幡不動尊万燈会2015-8

五重塔の回りのモミジがライトアップされていたが、今年は色づきが少し遅め。
高幡不動尊万燈会2015-4
でも、この写真じゃあ、紅葉の色づきはわからないよね(汗)。

高幡不動尊万燈会2015-13
不動堂前の境内には飾り灯籠が並べられていた。
高幡不動尊万燈会2015-12

高幡不動尊前の交差点から見るいつもの光景も、見慣れた昼の感じとはちょっと違って
どちらかというと年末大晦日の夜の感じ。
でも、大晦日の夜の人出はこんなもんじゃないからね(笑)。
高幡不動尊万燈会2015-11
この写真の反対側では、「たかはたもみじ灯路」が開催されている。

(撮影 2015年11月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

燃えるような五重塔 高幡不動尊万燈会

高幡不動尊 万燈会
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.11 高幡不動尊

高幡不動尊の万燈会。

燃えるような五重塔が夜空に浮き出ていました。


高幡不動 万燈会の様子(11/23)

11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会の時の仁王門には「萬燈會」と書かれた大きな提灯が下げられる。
高幡不動尊万燈会201411-2

万燈会は16時からなので、少し前に行ってまだ明るい夕方の紅葉を撮ってみた。
高幡不動尊万燈会201411-3
割と早い時間から提灯には灯りがつきはじめている。

境内の宝輪閣前に並べられた夢灯篭。昨年は普通の白い灯篭だった気がする。
高幡不動尊万燈会201411-7

日が落ちて間もない頃、まだ明るさが残る空を背景にした五重塔、空の色がいい時間帯。
高幡不動尊万燈会201411-4
できれば雲が少し出て、赤く染まってくれればもっと良かったんだけどね。

紅葉まつり期間中でもあり万燈会と時は紅葉もライトアップされる。
高幡不動尊万燈会201411-5
鐘楼を眺めるこの場所は、昼間と全然違う雰囲気。
高幡不動尊万燈会201411-6
ライトアップされた紅葉の中の五重塔。手前が完全に紅葉でないところが逆に自然(笑)。

境内のこの位置は毎週散歩で撮っている場所。夜だとまたちょっと違う感じだよね。
高幡不動尊万燈会201411-8

五重塔の回りを囲む御燈明(みあかし)にも火が灯って五重塔全体が夜空に明るく浮き上がる。
高幡不動尊万燈会201411-9
この御燈明は、普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃える。
高幡不動尊万燈会201411-10
万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
この五重塔で塔婆供養が行われる。下写真はその様子の一部。
高幡不動尊万燈会201411-14
この御燈明には1本1本名前が書かれている。御燈明料は1000円。
高幡不動尊万燈会201411-12
こういう場面を見ると単なるライトアップ行事とは違うなぁと感じる。
 
高幡不動尊万燈会201411-11
 こちらはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮燈明500円。
高幡不動尊万燈会201411-13
 
高幡不動尊万燈会201411-15
五重塔の回りがロウソクの炎で囲まれるこの姿は 1年で万燈会が行われる2晩だけ見ることができる。

高幡不動尊で万燈会が開催される日、高幡不動尊参道とその商店街では「たかはたもみじ灯路」が開催されている。その様子はまた別に。

 (撮影 2014年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(11/23)紅葉の様子

3連休の週末。昼間は11月とは思えない暖かい日となった東京多摩地区。

いい天気の境内。11月中は七五三参りの人が多い。
高幡不動201411-2

この週末、11月22日・23日は高幡不動尊では万燈会が行われる。
高幡不動201411-1
 
高幡不動201411-3
 境内のいろいろなところで万燈会の準備がされている。
高幡不動201411-10
万燈会はこの五重塔で行われるが、その様子はまた別記事で。
高幡不動201411-8

菊まつりが終わった高幡不動尊は、引き続き紅葉まつりになる。
高幡不動201411-12
菊まつりと違って何かが展示されるわけではなく、この色づいた木々の紅葉を見て楽しむおまつり。
高幡不動201411-11
時期をあわせたように五重塔周辺の紅葉が見頃となっている。

高幡不動201411-9
大師堂周辺もきれいに色づいている。

高幡不動201411-4
大日堂大玄関横の大きなドウダンツツジ。ドウダンツツジは花と葉の紅葉と2度楽しめる。

これは鐘楼そばのモミジ。
高幡不動201411-5
サーチライトは夜のライトアップ用。夜にまたここに撮りに来ることにする。

高幡不動201411-6
山内の山アジサイが咲くあたり。ここから見る紅葉だけ少し遅れている感じ。
 
五重塔から見える2本のイチョウがきれいに色づいている。
高幡不動201411-7
上の写真は五重塔側から、下の写真はその反対側(駐車場)から撮ったもの。
高幡不動201411-13
 万燈会は夕方16時から、今年は少し暖かな万燈会になりそうだ。
 
今週の高幡不動Vol.337
(撮影 2014年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

高幡不動尊 万燈会と たかはた もみじ灯路

高幡不動もみじ灯路
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.11 高幡不動尊参道
高幡不動尊万燈会
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.11 高幡不動尊
 
 11月22日と23日、高幡不動尊の万燈会と参道や商店街ではたかはた もみじ灯路が開催されます。

万燈会は16時から、もみじ灯路は18時から。


高幡不動尊 紅葉と万燈会 2013

2013年11月23日・24日に行われた高幡不動尊 万燈会とその日の紅葉の様子。

この週末は天気に恵まれ、見頃になった紅葉を十分に楽しむことができた。
万燈会2013-11
ここは、最近毎週定点撮りしている場所。左から五重塔、アケボノスギ(メタセコイア)、奥殿と並んでいる。
万燈会2013-13
五重塔の大師堂側にあるこのモミジは比較的早い時期から色付いていたが、この日は燃えるような赤色になっていた。

万燈会2013-14
鐘楼のあたりは下から紅葉を見上げる感じになる。
万燈会2013-12

ここからは夕方の様子。
万燈会2013-2
まだ少し明るい頃から提灯に灯りが灯る。
万燈会2013-1
秋の日はつるべ落とし。少し待っているとすぐに暗くなっていく。
万燈会2013-3
まだ少し空が明るいぐらいの光景が一番いい感じだと思う。
万燈会2013-6
とっぷりと暮れるとこんな感じ。五重塔の回りを囲む御燈明(みあかし)が灯されている。

入り口の仁王門。大きな提灯が万燈会の雰囲気を感じさせる。
万燈会2013-5
ここには「たかはたもみじ灯路」と同じ灯籠が並べられている。

不動堂の前にも同じ灯籠が並べられている。
万燈会2013-4

万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。五重塔では塔婆供養が行われる。
万燈会2013-8
五重塔を囲む御燈明が雰囲気をぐっと盛り上げる。
万燈会2013-7
この御燈明は、普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃える。
万燈会2013-16
1本1本名前が書かれている。御燈明料は1000円。

万燈会2013-9
五重塔の回りを囲む池(?)を流れる浮燈明。
万燈会2013-10
こちらはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮き燈明500円。

紅葉まつり期間中でもあり、紅葉のライトアップもされている。
万燈会2013-15

昼間見た鐘楼のあたり(上から4枚目の写真)もライトアップされて夜はこんな感じ。
万燈会2013-17
万燈会の日はとても寒く小雨がパラつくことが多いが、今年はいつもの年より暖かく天気も安定していた。
高幡不動尊の万燈会はこの時期だが、お盆の頃に行うところもあるようだ。真夏の夜の万燈会もいいだろうね。

これを撮ったあと、参道と商店街周辺で行われている「たかはたもみじ灯路」に向かった。

(撮影 2013年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 
 

今週の高幡不動(11/17)菊まつり最終日のござれ市

11月のござれ市は、菊まつりの中で開催される。菊まつり中といっても実はこの日が最終日なんだけど(笑)
高幡不動201311-1
久しぶりに好天に恵また週末。菊まつりにござれ市、さらに七五三参りの人とあわせて境内はかなりの人。

これは管物と呼ばれる、花びらが管状の菊。
高幡不動201311-13
まだ見頃の菊の展示がこの日で終わってしまうのはちょっと残念。菊まつり最終日の様子はまた別の記事にて。 

写真の奥の方は大師堂前、色づく木々が見える。
高幡不動201311-4
菊まつり期間中は菊の展示で、ござれ市の出店場所が限られるのため、境内奥の大日堂前でも出店される。そのための案内板。
高幡不動201311-5
この看板は普段は五重塔への階段あたりにあったような・・・

大日堂前に店が出るのは、年末年始とだるま市の時ぐらいかな。
高幡不動201311-7
私にとってはこの写真の上の方の大日堂奥の木々の色づきが気になる。ここが色づくと紅葉を背景にした六地蔵さんが撮れるから。

かわいいカエルの楽団トリオ。
高幡不動201311-3

これは懐かしい電卓。表示が液晶ではなく蛍光表示管のものがある。
高幡不動201311-2
そろそろクリスマス飾りの季節だね。
高幡不動201311-11
 
菊まつりが終わると次は紅葉まつり。境内にはすでに見頃になっている木々がある。
高幡不動201311-12
いま紅葉を撮る人が一番集まっているのは太子堂前から五重塔を眺めるあたり。
高幡不動201311-8
 この週末(11月23・24日)は万燈会だ。
高幡不動201311-10
五重塔すぐ横の山の紅葉も少しずつすすんでいる。
高幡不動201311-9
五重塔に近いあたりはかなり色づいているが、山アジサイが咲くあたりが見頃になるのはもう少しかな。
 
今週の高幡不動Vol.290
(撮影 2013年11月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

高幡不動尊 ブルーライトアップ

11月14日は世界糖尿病デー。この日は日本だけでなく、世界各地でブルーライトアップが実施される。

私の散歩スポットである、ここ高幡不動尊でもたぶん昨年からこの日を含む数日間ブルーライトアップが実施されるようになった。
高幡不動ブルーライトアップ2013-12
しかしなぜ、ブルーなんだろう?とネットで調べたら、糖尿病のシンボルマークであるブルーサークルのブルーなんだそうだ。
ではなぜブルーサークル?と続く疑問には、ブルーは国連や空のイメージ、そして団結をあらわす輪(サークル)で、世界に広がる糖尿病に対してグローバルに団結して戦おうという決意をあらわしているそうだ。

これはブルーライトアップがはじまった11月9日(土曜日)の様子。
高幡不動ブルーライトアップ2013-3
17時点灯とあったが、少し早めに到着したらすでに提灯にはブルーのライトが灯っていた。

五重塔だけでなく、境内のあちらこちらのライトや提灯がブルーになっている。
これは法輪閣の様子。
高幡不動ブルーライトアップ2013-6

ライトアップの様子だけは面白くない、せっかくいつも散歩しているお不動さんなので、できるだけ同じ場所の昼間の様子と並べて紹介することにする。
まずはメインの五重塔を不動堂の横あたりから見た様子。回りの木々も色づき始めている。
高幡不動ブルーライトアップ2013-2
夕陽を背景にした様子が撮りたかったけど、この日はどんより曇空。
これくらの明るさの時がいい感じに見えるんだけど残念。
高幡不動ブルーライトアップ2013-4
暗くなると、普段のオレンジ色のライトアップと提灯のブルーライトが混じりあって幻想的な五重塔になる。
高幡不動ブルーライトアップ2013-13
一番最初の写真がまさに2つのライトが混じりあった状況。じーっと見入ってしまう。
高幡不動ブルーライトアップ2013-14

この提灯のブルーライトはLEDを使っているんだろうね。
高幡不動ブルーライトアップ2013-8
なんだか冷蔵庫の中をイメージしてしまう光景。冷蔵庫の中ってこんな色ではないのに(笑)。

次は大師堂の前あたり。ここもちゃんとブルーのライトになっている。
高幡不動ブルーライトアップ2013-5
写真ではかなり暗く感じるがそれほどでもない。
高幡不動ブルーライトアップ2013-11

入り口あたりから五重塔を眺めたところ。
高幡不動ブルーライトアップ2013-1
暗くなるとお土産物屋さんの灯りがなんだか恋しくなる。
高幡不動ブルーライトアップ2013-9

毎週ブログ記事にのせている境内から不動堂を見た場所の様子。こちらも夜の雰囲気になっている。
高幡不動ブルーライトアップ2013-7
そして最後に入り口の仁王門。
高幡不動ブルーライトアップ2013-10
万燈会になると、仁王門の両側に大きな提灯が吊るされるが、ブルーライトアップの時はない。

ブルーライトアップは11月9日から11月14日まで。
そして高幡不動尊の万燈会と「第8回たかはたもみじ灯路」は11月23日・24日。
11月は楽しみな行事が続く。
 
(撮影 2013年11月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

高幡不動尊 万燈会2012

2012年11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
高幡不動尊万燈会201211-13
仁王門前には、同じ日に開催されている、たかはたもみじ灯路と同じような灯篭が並べられている。
(たかはたもみじ灯路の様子はまた別記事で)

高幡不動尊万燈会201211-10
不動堂の両脇の菊飾り。

高幡不動尊万燈会201211-8
境内をHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影。いくつか露店が出ている。
高幡不動尊万燈会201211-9
ブルーライトアップに続き、今回も五重塔が主役。
高幡不動尊万燈会201211-5
万燈会では五重塔前で塔婆供養が行われる。
高幡不動尊万燈会201211-6
滅多に使わない内蔵フラッシュでの撮影。

五重塔の周りにはたくさんのロウソク(御燈明)が灯されて雰囲気を盛り上げる。
高幡不動尊万燈会201211-7
この御燈明(1本1000円。)は、ちょっとぐらいの風では消えずしっかりと燃える。
高幡不動尊万燈会201211-3

この日は昼過ぎまで雨が降っていたが、夕方前に止んでくれた。
高幡不動尊万燈会201211-2

浮燈明(500円)。願い事を書いて五重塔の周りに浮かべる。
高幡不動尊万燈会201211-4
やぱり「家内安全」だよね
高幡不動尊万燈会201211-12

入り口の仁王門と反対側からHDR撮影。
高幡不動尊万燈会201211-11
紅葉のライトアップもされている。
高幡不動尊万燈会201211-1
万燈会が終わると高幡不動尊の秋も終わりに近い。
11月末でもみじまつりが終わると冬はもうすぐそこ。

(撮影 2012年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(11/04)菊まつりで不動堂の足場がなくなる

11月最初の週末は2日間ともいい天気になった東京多摩地区。

屋根補修工事の足場がすっきりと外され、例年通り正面の両脇に菊まつりの飾りが設置された不動堂。
高幡不動201211-10
上は11月3日(土曜日)の様子。下はほぼ同じ時間の翌4日(日曜日)の様子、すごい賑わい。七五三のお参りが多いようだ。
高幡不動201211-12
後ろ姿もすっきり。すっきりすぎてちょっと小さく見える。
高幡不動201211-4
真新しい屋根を見上げる。
高幡不動201211-3
ツヤツヤ感〜
高幡不動201211-11
飛行機雲が映える秋の青空。
高幡不動201211-13

菊まつ期間中は、この賑やかなのぼりが入り口で迎えてくれる。
高幡不動201211-1

毎年お馴染みのカメがやっと登場。
高幡不動201211-2
今年は奥の山と合わせて「ウサギとカメ」という看板があった。

この細長い筒状の花びらの菊は管物と呼ばれる種類の菊。
高幡不動201211-5
審査会を前に入念な手入れをしている。
高幡不動201211-8
幅広い花びらが円形に咲いて皇室の御紋章のようにも見える一文字と呼ばれる品種の菊。
高幡不動201211-6
花びらに綿を詰めて形を整えるんだそうだ。
高幡不動201211-7
このタオルはどういう意味があるんだろう?
高幡不動201211-15

境内の紅葉も少しずつすすんできた。
高幡不動201211-14
五重塔を見ると11月22日・23日の万燈会の提灯が準備されていた。
高幡不動201211-9
10月が暖かだったためか、少しだけ色づきが遅れているように思うけど、今年の色づき具合はどうかな。


今週の高幡不動Vol.239
(撮影 2012年11月04日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(11/26)紅葉の様子 万燈会とたかはたもみじ灯路

東京多摩地区も紅葉の季節になってきた。ここ高幡不動尊は例年より1週間ぐらい遅い感じ。
高幡不動尊201111-14
五重塔には万燈会の提灯。今週は22日と23日に万燈会とたかはたもみじ灯路が催された。 
高幡不動尊201111-19
五重塔と大師堂周辺のモミジはもう真っ赤に色づいているが、それ以外の場所は、見頃までいま一歩。
高幡不動尊201111-18
続きを読む

今週の高幡不動(11/20)紅葉に囲まれたござれ市

秋の高幡不動尊は行事が続く。10月から開催されていた菊まつりが17日に終わると、翌日18日からすぐにもみじまつりが始まった。
高幡不動201111-11
そして11月20日は第3日曜日、恒例のござれ市が紅葉の中で開催される。
高幡不動201111-3
土曜日は嵐のような天気だったが、日曜日は回復して太陽が顔を出してくれた。
高幡不動201111-9
続きを読む

高幡不動尊 万燈会(2010/11/23)

2010年11月、高幡不動尊の万燈会の様子
高幡不動尊万燈会2010-7

毎週撮っているのと同じ位置からの写真。三脚は使っているものの、撮り慣れていないため、いまひとつな写真
高幡不動尊万燈会2010-3
夜のお参りは、この万燈会と年末年始の時ぐらいかな。
高幡不動尊万燈会2010-1
仁王門も万燈会らしく提灯が灯されていい雰囲気に
高幡不動尊万燈会2010-5

手舎と五重塔。この日は人がたくさん訪れるので露店もたくさん出ていた。
高幡不動尊万燈会2010-4
毎週のように散歩の途中でお参りしているけど、なかなかこういう夜の姿を見る機会はない。
高幡不動尊万燈会2010-12

さすがに提灯はロウソクではなく電灯なんだけど雰囲気はいいね。
高幡不動尊万燈会2010-13
万燈会(萬燈会)とは、仏さまに灯明を供え七難即滅・七福即生、並びにご先祖様の冥福をお祈りする行事で、夏(お盆の時期)に催されることも多いが、この高幡不動尊では紅葉の11月に五重塔で催される。
高幡不動尊万燈会2010-9
法要が終わったあとの様子。法要の前後はすごい人なんだけど一段落した感じかな

五重塔を囲むように灯されたロウソク。普通のロウソクとはちょっと違う。
高幡不動尊万燈会2010-14
提灯とロウソクの炎が幻想的できれいなのが万燈会のいいところ
高幡不動尊万燈会2010-6
下から見ると五重塔が炎に包まれたようにも見えてしまう
高幡不動尊万燈会2010-10

この日は紅葉のライトアップもされている
高幡不動尊万燈会2010-2

今年は大師堂が工事中であまりいい撮影ポイントがなかったかな・・・
高幡不動尊万燈会2010-11
この写真を撮っている時に雨が降り出した、今年はなんだか天気が不安定
高幡不動駅周辺で開催されている第五回「たかはたもみじ灯路」も22日は雨で中止になったそうだ

今回は三脚を使って撮ったけど、機動力がかなり落ちるし、まだ三脚が使い慣れていないため、かなりたくさんの没写真が撮れてしまった。まだまだ勉強が必要

(撮影 2010年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ