ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

七五三

今週の高幡不動尊(10/9) 菊祭りの準備開始

運動会シーズンなのにほとんど晴れ間がなかった秋の3連休。
土曜・日曜の2日間は午前中が雨だったから運動会も中止になってしまっただろうね。
しかし今年の秋は雨が多い・・・

七五三祈願が始まった。少し早いなと思ったけど、11月15日まではあと1ヶ月ちょっと。
高幡不動尊201610
 
早くも着物を着た小さな女の子がお参りの来ている。いまならご祈祷もすいている。
高幡不動尊201610
この日も午前中は雨が降ったので、境内もまだ濡れた場所がある。
慣れない草履で滑らないようにね。
高幡不動尊201610
境内では、菊まつりの準備が始まっている。
高幡不動尊201610
第46回になる高幡不動尊の菊まつりは10月28日から11月17日まで。

境内に入ってすぐ右側のコムラサキ(小紫)の実がきれいな明るい紫色になっていた。
高幡不動尊201610
この小紫は紫式部より実が小さいけど、密集して成るので見映えが良い。 
高幡不動尊201610

キバナアキギリ(黄花秋桐)、シソ科。
高幡不動尊201610
同じ花の形で青い色のアキギリがあるが、黄色いアキギリなのでキバナアキギリ。
高幡不動尊201610
サルビアの花にも似ている。

弁天池の秋明菊。結構咲いているんだけど、ちょっとバラバラでまとまり感がない。
高幡不動尊201610

またもや、カキツバタが咲いてる。なんだろうねこの花は・・・(笑)。
高幡不動尊201610

菊まつりまでまだ半月ある。ちょっとネタ切れ気味の高幡不動尊でした(汗)。

今週の高幡不動Vol.415
(撮影 2016年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(11/15) 七五三の日の菊まつりの様子

11月15日は七五三。数え歳で男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳の時に成長をお祝いする七五三。
ちなみに15日なのは3+5+7=15。

週末の天気予報は土・日曜日とも雨模様だった東京多摩地区。
高幡不動尊201511-3
昨日から本降りだった雨が朝ぐらいに雨があがって、昼前から急速に天気が良くなり青空となった。
きれいな青空の日に七五三のお参りができてよかったね。

高幡不動尊201511-10
雨が降っていた痕跡。

第三日曜日なので、ござれ市が開催されているけど、菊まつりで露店を開く場所がほとんどない。
高幡不動尊201511-8
 
品評会が終わって、優秀な作品には賞の札が掛けられていた。
高幡不動尊201511-6
この3本に仕立てられるのが菊の基本的な仕立て方。
高幡不動尊201511-7
3本のうち奥の花を少し背が高くして、手間の2つの花を同じ高さに仕立てる。
高幡不動尊201511-5
根元見ると1本の苗が3本に分けられているのがわかる。

この青羽菊友会は毎年、小菊で富士山の形をつくった展示をしている。
高幡不動尊201511-11

芽先を摘み取る”摘芯”をくり返して、花の滝のように崖から垂れ下がった形に仕立てた懸崖作り。
高幡不動尊201511-12
これも根元を見ると1本の苗から作られたもの、すごいね。
高幡不動尊201511-1

高幡不動尊の菊まつりは11月17まで。
高幡不動尊201511-2
菊まつりが終わると、続いて紅葉まつりが始まる。
高幡不動尊201511-9
境内のモミジはかなり色づいて来ている。
高幡不動尊201511-13
雨上がりで青空がすごくきれいな日になった。
紅葉が見頃になってくる次の週末、天気になるといいなぁ。

今週の高幡不動Vol.374
(撮影 2015年11月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

今週の高幡不動(10/10) 吉祥草

10月の三連休の初日。昭和な人間にとって10月10日は体育の日って決まっていますが、
平成の時代では体育の日は10月の第2月曜日。

「七五三祈願御修行」、そろそろ七五三のシーズンだ。
高幡不動尊201510-8
 
仁王門の修理と同時に「高幡山」が新しくなっている。
高幡不動尊201510-1
 
今日はなんだかすごくお参りの人が多い。しかも正装、これは七五三参りの人たちかな。
高幡不動尊201510-2
お宮参りの人もいて、境内がおめでたい雰囲気。

おめでたいと言えば、この吉祥草(キチジョウソウ)、ユリ科。
高幡不動尊201510-4
この花が咲くと、その家に吉事があるというハッピーな花。
高幡不動尊201510-9
吉祥寺草ではなく、吉祥草ですからね(笑)。

弁天池の秋明菊、キンポウゲ科。
高幡不動尊201510-6
まだまだ見頃。この花の花期は長いね。
高幡不動尊201510-5

同じく弁天池そばで、ホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科が咲き始めた。
高幡不動尊201510-7
晩夏に咲く、ヤマジノホトトギスより派手で見栄えがする花なので写真が撮りやすくてありがたい。

そしてこれは山茶花、ツバキ科。ちょっと花びらの具合がよくないけど。
高幡不動尊201510-3
もう境内のあちらこちらで咲き始めている。
まだ焚き火の季節にはちょっと早いよ・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.371
(撮影 2015年10月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       

今週の高幡不動(11/13)七五三参りの光景

この週末は久しぶりに土曜・日曜とも天気が良くてお参り日和。
高幡不動201111-1
七五三参りのピークだったかもしれない。
これだけ境内に香炉の煙が漂うのは初詣の時期ぐらだろうか。
高幡不動201111-15
みんな我が子の頭や身体に一生懸命、煙りをかけていた。
高幡不動201111-12
この子は疲れて泣いているのではない、煙が目にしみただけ続きを読む

今週の高幡不動(11/14)七五三の境内

この週末は雨は降らなかったけどあまりはっきりしない天気
高幡不動尊201011-9
七五三が11月15日(月曜日)、菊まつりは11月17日までなので、この週末が最後になる。七五三参りは15日過ぎてもやっていたような気がするけどね
高幡不動尊201011-10

菊まつりが始まった10月下旬にはまだあまり咲いていなかった「つるのおんがえし」。よく見るとツルが羽根を模した菊をくわえている。
高幡不動尊201011-7
羽根も花が咲いておらず緑色だったクジャクもきれいになっている
高幡不動尊201011-8
このクジャクは境内でのお参りの記念撮影に大人気。
高幡不動尊201011-3

菊の花を使った箱庭を撮ろうとしたら、横にきれいな着物を着た女の子がいて、おもわずピントをそちらにあわせてしまった
高幡不動尊201011-2

かわいいイメージの菊の花といえば、このポンポン菊だね。
高幡不動尊201011-12
黄色は3歳の女の子、薄紫はちょっと成長した7歳の女の子かな。
高幡不動尊201011-11

きれいな着物を着ていても、やっぱり甘い物が食べたいよね
高幡不動尊201011-4
でも食べたいのはお母さんの方かも

この日も境内はたくさんの人出。あれ?ちょっと七五三っぽくない姿・・・
高幡不動尊201011-1
七五三に火消しの出し物でもあるのかと思ったら、特に何もなかったので、たぶん安全祈願のため御護摩修行に来たのだろね。

高幡不動尊のモミジもだんだん色づいてきた
高幡不動尊201011-5
菊まつりが終わった翌日から紅葉まつり、そして11月22日、23日は万燈会と秋の行事が続く
高幡不動尊201011-6
五重塔には提灯が飾られて、万燈会の準備がすすんでいる。こういう光景を見ると本当に秋だなぁって思う。

万燈会と同じ11月22日・23日は京王線高幡不動駅から高幡不動尊参道周辺では第5回「たかはたもみじ灯路」も開催される

今週の高幡不動Vol.143
(撮影 2010年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/31)第40回菊まつり

週末台風のおかげで、秋の晴れ間を見ることができなかった東京多摩地区
高幡不動尊20101031-10
台風一家はお父さんの機嫌が悪く晴天を連れてきてくれなかったので、どんよりとした境内。台風一家じゃなくて台風一過

10月28日から高幡不動尊で開催されている恒例の第40回菊まつりの様子
高幡不動尊20101031-11

まずは毎年展示されている亀の菊人形が、今年はどんな感じで展示されているかをチェック
高幡不動尊20101031-9
昨年は浦島太郎の場面として展示されていたが、今年は単独だった・・・・

クジャクも首から先の部分が飾り付けされてクジャクの姿になってきた、もちろん羽根の部分はまだこれからだけどね。高幡不動尊20101031-8

昨年ここには浦島太郎の場面が作られていたが、今年は「つるの恩返し」。
高幡不動尊20101031-7
でも、この通り、菊の花はまだまだ、今後に期待

台風の影響なのか、猛暑の影響が菊の生育に出ているのかよくわからないが、菊の鉢が1つも展示されていないコーナーもあって、菊まつりもこれからという感じ。
高幡不動尊20101031-3
次の週末に期待しよう

これは菊まつりの展示ではなく、弁天池まわりの菊。菊まつりの合わせたかのようにきれいに咲いていた
高幡不動尊20101031-5

この菊は少し倒れていたけど、台風の影響かな?
高幡不動尊20101031-4

不動堂の御護摩修行が終わったら七五三参りの人がたくさん出て来た
高幡不動尊20101031-2
普段の境内の様子と違うのは、皆きちっとした服装をしていることかな。

きれいな着物を着たお姉ちゃんとカッコイ羽織袴姿の弟くん。おみくじの内容はどうだったのかな
高幡不動尊20101031-6
子ども達もさることながら、このお母さんの帯のデザインがすごく印象的だった

高幡不動尊を出て京王線高幡不動駅前の花屋さん。
高幡不動尊20101031-1
菊まつりに七五三で、この週末がハロウィンだったことをすっかり忘れてしまっていた

今週の高幡不動Vol.141
(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.96(11/15)初詣以来の賑わいかも

11月15日は子供の成長を祝う七五三。もともとこの日は霜月の一五夜のあたるため、日本中のお祭が集中する日

11月は収穫を終えて神に感謝する月、そして15日は満月の日、さらに旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)で何事をするにも吉の日とされ各地で収穫祭が行われていたそうだ

まさにこの日の高幡不動尊の境内も「菊祭り」「紅葉」「ござれ市」と「七五三」が重なって、正月以来の賑わいになっていた
高幡不動尊20091115-8高幡不動尊20091115-7
(上写真左)御護摩修行のため不動堂にあがる人たちの列が大香炉の横まで伸びてきている。前日の土曜日が雨で今日がすごく良い天気になったことも人出が集中した原因かもしれないが、こういう列ができるのは初詣や節分の時ぐらいではないかな

境内では千歳飴が売られていた。鶴亀・松竹梅など昔ながらの縁起がいいデザイン
高幡不動尊20091115-9
千歳飴は子供の長寿を願って細長くさらに縁起の良い紅白で着色されている。開けてみたらミルキーだったりしたこともあったけど、高幡不動尊の千歳飴は昔ながらの飴。我が家もずいぶん前にお参りした

さて菊祭りも明後日11月17日で終わる、最後に私が注目した菊の花を少しだけ
この菊の花もよく見ると中心部が筒状になっている変わった花。いい天気の時にこういう白系の花を日向で撮ると色が飛んでしまいがち、こういう花は薄曇りの方がいい感じに撮れる
高幡不動尊20091115-3

落ち着いたいい色合いのこの菊もボンボン菊かな。おしゃれなプードル犬の足ってこういう毛の刈りかたをしたいなかったけ
高幡不動尊20091115-2

最後は典型的な形の大菊、花びらがこん盛りとして球のような形をした厚物。写真が少しアップしすぎでわかりにくいけど、3つの花の高さを揃えた「三本立て」
高幡不動尊20091115-1
一番奥の花が「天」、手前の花が「地」と「人」。「天」の花を一番高く、「地」の花が「人」の花と同じか少し高くなるように育てるのが腕の見せ所だそうだ。もちろん3本別々の苗ではなく、1本の苗から3本の枝を伸ばして作る。これが一般的な仕立て方だそうだけど、すごく手間がかかりそう

この1週間で境内の紅葉も見頃になってきた
高幡不動尊20091115-4
朝から天気が良く、日の当たった紅葉の赤い色がしっかり出るように撮ったら、全体的にちょっと暗〜い感じになってしまった。やっぱり薄曇りぐらいの方が紅葉も撮りやすいのかもしれない

次の週末(11/22.23)の萬燈会に備えて、今週の五重塔には提灯が見える
高幡不動尊20091115-6
この提灯に明かりが灯された萬燈会の雰囲気はなかなか独特でいい

昨年の萬燈会の時のブログ(2008年11月24日の記事)はこちら

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.95(11/07)立冬の境内

11月7日は立冬、暦の上では今日から冬
しかし、この日の東京多摩地区は朝からすっきりと晴れ渡り、最高気温が20℃を越すポカポカ陽気、まさに小春日和という感じ

境内は菊祭りに訪れた人と七五三参りの人でとても賑やかだった
高幡不動尊20091107-6高幡不動尊20091107-1
上の右写真の奥に小さく見える黄色い木を最後の写真で紹介する

この日もちょっと変わった菊を撮った。この写真はすべてCanon PowerShotSX1での撮影

これは「大掴み」という菊。一度普通に咲いた菊の花をぎゅっとわし掴みしたような花びら、なぜこんな風に咲くんだろう、不思議だよね
高幡不動尊20091107-2
奥州地方で発達したので奥州菊とも呼ばれているそうだ

この菊は典型的な菊の花の形をしているけど、すごく独特な色合いだった。この写真でしっかりとこの独特な色合いの感じを伝えることができたかどうか・・・
高幡不動尊20091107-3
上品な朱色に花弁の先に黄色が少し入った色合い、でも名前はわからなかった・・・

こちらは花びらの先が筒状になって風車のように見える風車菊。特に金風車と名付けられていたようだ
高幡不動尊20091107-8
秋の陽射しがあたって本当に金色に輝く花になっていた

オレンジ色の丸い花。この姿形からボンボン菊と呼ばれているらしい、名前の通りかわいい花だね
高幡不動尊20091107-7
今回の展示ではもう少し薄めの黄色、白色、白色に薄紫色のボンボン菊を見ることができた。

最後の2枚の写真はスプレー菊(スプレーマム)と呼ばれ、多数に別れた小枝から房状にたくさんの花を咲かせるタイプの菊。古くから日本で育てられていた大中輪菊や小菊と違って、近年外国から日本に伝えられた品種だそうで、他の洋花と相性も良くアレンジの利く花として人気があるそうだ

境内の賑わいは菊祭りだけでない、紅葉もしっかりとすすんでより一層美しさを増していた
高幡不動尊20091107-4
いつも思うことだけど、この背景に大師堂の古い瓦屋根がないのが寂しい・・・

申し訳ないことに、何故かいままでほとんど写真を撮ることがなかった大観音像。そのまわりの大きなイチョウの木もきれいな黄色に輝いている
高幡不動尊20091107-5
このイチョウの木は、最初の右側の写真で境内の一番奥に黄色に見えているぐらい大きな木

「菊」「七五三」「紅葉」のトリプルプレイで、高幡不動のお不動さんも、とても賑やかで楽しい秋の1日をお過ごしになったことでしょう

立冬とは思えない本当に気持ちの良い1日だった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.93(10/24)曇り空の風景

この週末は残念なことに、曇りから小雨が降る天気

(下写真左)境内では10月28日からの菊祭りの準備が着々と進んでいる。
天気が良くないわりには参拝客が普段より多いのは七五三のお参りの人が多いからかな。普段は見れないようなスーツや着物姿が見られる
高幡不動尊20091024-8高幡不動尊20091024-7

(下写真左)先週も撮ったサザンカの様子、たくさん花びらが散っている
こうやって花びらが散っているおかげで、この花が椿ではなくサザンカだってことがわかるんだけどね
高幡不動尊20091024-9高幡不動尊20091024-6
(上写真右)今週またデジタル一眼をレンタルした。今回は小型軽量で、コンパクトデジカメのように液晶を見ながら撮影ができるライブビュー機能にも定評があるオリンパスのE-620
2つ並べた左側が今回レンタルしたデジタル一眼レフカメラのE-620。右側が高倍率ズームの写真が撮りたいときに私が使うキヤノンのコンパクトデジカメ(PowerShotSX1)。本体の大きさがあまり変わらない
※左右の記述を間違えていました。キングしろたんさんありがとうございます(^^;)

ここから下の写真はすべてこのオリンパスE-620で撮った写真

五重塔を背景にサザンカを撮ってみた。やっぱり背景がしっかりボケてくれるところがデジタル一眼レフのいいところボケ味は使うレンズによって違うようだけど・・・
高幡不動尊20091024-1

高幡不動尊の境内には何本もサザンカが咲いていて、これはまた別のところに咲いているサザンカ。花の色が違うから別だって言わなくてもわかるか・・・
高幡不動尊20091024-3
花としてはすこし峠を越した状態かも

ひと葉ずつ赤く染まって、やっとここまで秋が登ってきましたっていう感じ
高幡不動尊20091024-2
横に日付の目印を書きたいんだけど、そんなことしたら怒られるだろうな・・・

実は紅葉の写真は少し曇り空の方が色がしっかり撮れることを知った。何を今さらって感じなんだけどね
高幡不動尊20091024-4
前回のブログのような晴天に輝く紅葉も確かにきれいなんだけど、曇り空のこんな紅葉の姿もなんだか落ち着いた感じでいいかなって思う     あらら歳かな・・・

コメントでいただいたように、紅葉って体感温度としては秋よりも少し冬に近い感じなんだけど、そういう紅葉の雰囲気って晴れた日よりも、こういう曇り日の写真の方が近いね
高幡不動尊20091024-10
いままで紅葉の写真を撮るのは晴れた日じゃないとダメだなんて思っていたけど、そんなことはなかった。曇りの日のこのシットリとした感じの紅葉もなんだかとってもいい。あ〜京都に行きたい・・・

紅葉しているモミジはまだ1本だけ。高幡不動尊のもみじ祭りは11月18日からですのでご注意を

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.48(11/15)七五三

今日は午前中はたまに薄日が差すこともあったが、どんよりとした曇り空夕方からはパラパラと雨も降り出した
せっかくの週末なのに2週続けてまたぐずついてしまった

高幡不動尊の境内は、こんな天気にも関わらず七五三のお参りでかなりの人出、やっぱり11月15日は七五三だ
高幡不動081115-1高幡不動081115-6

山の中の紅葉はまだだが、境内の木は先週よりずいぶん赤や黄色に変わっていた
紅葉は天気が良くないと色づきが全然違うため、三脚にセットしたカメラを紅葉に向けて、そのままじっと日が差すのを待っている人が何人かいた

(上写真左)ちょっとだけ日が差したので、すかさずその青空をバックに紅葉と五重塔。来週の萬燈会(まんどうえ)の準備だろうか、五重塔に提灯がぶら下がっている
高幡不動081115-4高幡不動081115-5
(上写真右)稲荷社と五輪塔のバックにひときわ赤く色づいた紅葉、こういう風景がお不動さんらしいかな

(下写真左)土方さんの周りには色付く木が少ない、赤くなった桜の葉っぱを入れて、なんとか紅葉の雰囲気
高幡不動081115-9高幡不動081115-7
(上写真右)菊まつりは11/17まで、翌日11/18から月末までがもみじまつり1日で菊からもみじへの入れ替え

菊まつりもこの週末が最後。(下写真左)日野市菊友会の展示、「高幡不動尊賞」と書かれている
高幡不動081115-2高幡不動081115-3
この中にまたまた変わった菊を見つけた(上写真右)

(下写真左)でも、やっぱり菊まつりといえば、こういうオーソドックスな展示だよね、まだまだしっかり咲いていた
高幡不動081115-8高幡不動081115-10
(上写真右)その中で、ひときわ黄色が濃く厚くてこんもりとした菊の花をアップで

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

今週の高幡不動Vol.43(10/11)

今日は朝から小雨模様、天気予報では昼前には雨はやむということだったが、なかなか雨がやまず散歩に出られたのが午後

雨がやむと急速に天気が回復し、高幡不動尊についた頃は、すごくいい天気。きれいな青い空を優先したら建物はかなりの逆光
高幡不動081011-5高幡不動081011-6
普段は午前中の写真なので、光の加減でイメージが違う

土方歳三像後ろの[みぞそば]は相変わらずつぼみが多い状態
高幡不動081011-1高幡不動081011-2
(上写真左)花が咲いている枝を探していたら、ハチに意地悪をされた。体で覆って花を見せてくれない

(下写真左)弁天池のカメ、甲羅干しかな、でもここは日陰
彼はここで秋空を見つめて何を考えているんだろうか、いつかはあの青い空を飛んでやるぞだったらすごいな
高幡不動081011-3高幡不動081011-4
(上写真右)弁天池そばにホトトギスが咲いていたしかしこの花、結構派手なので、外来の花かと思ったら日本だけに生育する固有種もある、ちゃんとした日本の花だった

それにしてもなぜホトトギスという名前なのか調べると、花びらにある紫の斑紋が鳥のホトトギスの胸の模様と似ているかららしい。ホトトギスの写真をインターネットで探して見たけど、う〜ん・・・木に魚のゴンズイと命名したのと似たようなものを感じる

(下写真左)高幡不動は今月末から菊祭りが始まる
高幡不動081011-7高幡不動081011-8
(上写真右)七五三のお参りはもうやっています

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ