ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

一文字菊

今週の高幡不動尊(11/12) 菊まつり から もみじまつりへ

絶好の行楽日和となった週末、これは12日(土)の高幡不動尊のようす。

菊と七五三御祈祷だけでなく、門の左側にブルーライトアップの掲示がある。
高幡不動尊201611
世界糖尿病デーにちなんで11月12日から19日まで開催されている
ブルーライトアップは別記事で。

菊まつり最後の週末となったこともあって人がかなりたくさん。いつもここに
鉢植えや球根などを売る露店を出しているおやじさん。お客とのやりとりを
聞いていると楽しい。
高幡不動尊201611
私もこのおやじさんから山ユリやカサブランカの球根と肥料を買っている。

いまも変わらぬ千歳飴、案外高いね。
高幡不動尊201611
じーちゃん、ばーちゃんが買ってくれるのかな。

不動堂横に飾られている千輪作り。菊まつりが始まった頃はまだほとんんど
咲いていなかったけど、ちゃんと咲いている。
高幡不動尊201611
千輪作りは、1本の苗の枝数を増やして半球形になるように咲かせたもの、
これが1本の苗から咲いているなんてね・・・

これは菊まつりで一番よく見る厚物と呼ばれる花びらが盛り上がった菊。
高幡不動尊201611
下は東京都知事賞を受賞した厚物の菊。
高幡不動尊201611
花びらがきれいに盛り上がっていることが評価ポイントの1つらしい。

下は管状の花びらがまっすぐ伸びて先端が巻いている管物と呼ばれる菊。
高幡不動尊201611
管の太さで太管、間管、細管(針管)に分けられるが、上が太管、下が細管。
高幡不動尊201611

これはちょっと変わった菊で一文字と呼ばれる菊。
高幡不動尊201611
皇室の紋章のように見えるので、御紋章菊とも呼ばれる菊。

高幡不動尊の菊まつりは11月17日で終わって、18日からはもみじまつりとなる。
高幡不動尊201611
大師堂周辺のもみじも色づいて来ている。
初夏には山あじさいが咲く山内のもみじはまだこんな感じ。
高幡不動尊201611
五重塔横のもみじ。ここはライトアップされるもみじで、だいぶ色づいて来ている。

高幡不動尊201611
この週末にはもっと色づいた姿を見ることができるかな。

今週の高幡不動Vol.420
(撮影 2016年11月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(11/08)菊まつりの様子

この週末は生憎のぐずつき模様となった東京多摩地区。

土曜日の午前中はまだ雨は降らなかったもののどんより曇り空。
 高幡不動201411-1
それでも、今まさに七五三参りの最盛期。
高幡不動201411-10
境内のあちらこちらで記念撮影。
千歳飴がちゃんと3本入り、5本入り、7本入りで売られている。
高幡不動201411-11

菊の品評会があったようだ。
高幡不動201411-2
上は内閣総理大臣賞。下は日野市長賞。
高幡不動201411-3
 小平市長賞、日野市長賞、昭島市長賞の間に農林水産大臣賞。
高幡不動201411-4
 菊をどのように見て評価するのか知りたいけれど、各賞の序列も気になる。下世話だけどね(笑)
御紋章菊とも言われる一文字菊。
高幡不動201411-9
 背丈を低く育てるだるま作りなので、普段なかなか上から見ることができない一文字菊をこうして上から見ることが出来る。

そろそろ紅葉の季節。
高幡不動201411-6
高幡不動尊山内のお地蔵さんの回りの木々が色づきはじめている。

高幡不動201411-5
大師堂前のカエデが赤くなってきた。
高幡不動201411-8
こうやって撮るともう紅葉真っ盛りの光景(笑)。

そして山茶花(サザンカ)、ツバキ科。
高幡不動201411-7
これから花が少なくなる季節に一人頑張るのがこの山茶花。 よろしくね。

 今週の高幡不動Vol.336
(撮影 2014年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動Vol.94(10/31)菊祭りが始まった

この週末は土曜日は終日、日曜日も午後までよく晴れて気持ちの良い秋の週末になった

高幡不動尊では「第39回菊祭り」が10/28から始まって多くの人が訪れていた
高幡不動尊菊祭り200910-1高幡不動尊菊祭り200910-2
なんだか菊祭りののぼりが妙にカラフルだなぁ・・・

不動堂前には菊人形が展示されている。浦島太郎と竜宮城の飾りのところに今年もカメが飾られていた。でも甲羅の菊はまだまだって感じ(下写真左)
高幡不動尊菊祭り200910-3高幡不動尊菊祭り200910-4
(上写真右)不動堂横、宝輪閣前には例年のように孔雀、三重塔などの菊人形が展示されているが、孔雀の羽もまだこれから

ここから下はまたレンタルしたキヤノンのEOS KISS X3で撮った写真

すぐに品評会(審査会?)があるそうなので、審査の対象となる菊の花はのんびりとした菊人形とは違ってすでに準備完了、見頃ですという状態
高幡不動尊菊祭り200910-8
やはり菊祭りの菊といえば、この花びらがこんもりと盛り上がった厚物の花だよね

花びらが管状になって直線的にのびた管物菊とよばれる花もなかなかきれい。管物も花びらの太さの違いで太管・細管が展示されていた。
高幡不動尊菊祭り200910-5

こちらはいつも菊祭りでしか見たことがないタイプ。花びらが大きな一重咲の一文字菊。菊のご紋のような花なので御紋章菊とも呼ばれるそうだ
高幡不動尊菊祭り200910-9

こちらは古典菊と呼ばれているものの1つ嵯峨菊。嵯峨天皇御寵愛の菊らしいが、細い花びらがなかなか優雅でいい
高幡不動尊菊祭り200910-7

昨年は1輪だけ飾ってあってこれは造花かなぁ?って思った風車菊。今年はたくさん展示されていた
高幡不動尊菊祭り200910-6
花びらの先端が筒状になっているので風車菊と呼ばれるようだが、なかなか変わっているいろいろな風車菊があるらしいが、この色と形のが一番風車らしいと思う

上にも書いたけど、菊人形を見るならばまだちょっと早い感じ。でもその他の菊はしっかりと咲いています

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ